全自動ミラクル交換マシーン製作メモ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

全自動ミラクル交換マシーン製作メモ

2013-12-25 22:42
  • 3
  • 4
ポイントアップはいくらあっても足りない!!
けど、ミラクル交換でポケマイルを貯めるのは面倒くさい…

そんなアナタに!はい!
全自動ミラクル交換マシーン!!


ということで今回はこの全自動ミラクル交換マシーンの製作メモをご紹介します。

-用意するもの-
・ニッパー
・プラスドライバー
・紙やすり(粗いもの、細かいもの)
・テスター

-制作に必要な部品-
ミニモーター低速ギヤボックス (4速)
ユニバーサルアームセット
・ダイオード
・いらないUSBケーブル
・土台用の木版等
・5VのUSB電源アダプター
・スポンジ板

ステップ1.ギアボックスの組み立て
説明書通りにギアボックスを組み立てましょう。
ギア比は314.9:1の20rpmにします。rpmとは1分間に20回転するという事ですね。
簡単なので特に問題は無いでしょう。
付属のクランクプレートをシャフトの左右に装着するのをお忘れなく。

ステップ2.電源の作成
比較的長時間の連続運転を想定しているため、乾電池では容量不足。
今回はUSBから電源を取ることにしました。

まずは要らないUSBケーブル(USB Aオスのあるもの)を用意します。
100円均一でも売っているのでなければ安いものを用意しましょう。

下の写真の赤い部分のようにAオス側の反対側でケーブルをぶったぎります。

すると、中から4本の線が出てきます。

白と緑はデータ送受信用の線なので今回は使いません。
赤が+5V、黒がグラウンドとなっているのでこの2本から5Vの電源を得ることが出来ます。
今回はコレを電源として使います。

この赤と黒の線をギアボックスのモーターと繋いでUSBを電源に差し込めばモーターが
動きだすはずです。
※パソコン等のUSBから取るとショート等した場合のトラブルが怖いので、
 コンセントからUSB電源を取るタイプのアダプターを使用することをオススメします。

しかし、今回使用するモーターは乾電池2本の3V用であるため、そのまま5Vの電源に
繋いでしまうと発熱してモーターが焼けてしまう可能性があります。
そこで、ダイオードを途中で挟んで電圧を降下させます。
ダイオードには向きがあって反対だと電流が全く流れないので注意しましょう。

基板にはんだで固定するのが当然望ましいですが、ない場合はドライヤーの熱で収縮する
チューブ
で固定と絶縁保護をしましょう。

ダイオードを赤線側に繋いでテスターで電圧が3V程度になったのを確認したら
ギアボックスのモーターと繋いで土台に固定してしまいましょう。

ステップ3.クランク機構の作成
次にモーターの回転を上下運動に変換する機構を組み立てます。
まずユニバーサルアームの穴を下の写真のように広げます。
ニッパーで丁寧に不要部分を切り取り、粗いヤスリで平らにした後に細かいヤスリで
滑らかに仕上げます。この部分は常に摩擦が生じる場所なので丁寧にヤスリをかけましょう。


次に完成したユニバーサルアームをクランクプレートに切断します。
回転部分用のオレンジ色の軸があるはずなのでそれを利用して取り付けましょう。
取り付け後に横長の穴の部分にグリスを塗っておきましょう。


次にクランクプレートに取り付けたユニバーサルアームの真ん中当たりに
支柱をたてて取り付けましょう。支柱は他のユニバーサルアームを利用します。
接続はオレンジ色の回転部分用の軸を使います。


反対側も同様に作ります。
反対側のクランクプレートへの接続は90度ずらして接続しましょう。

ここまでできたら一度電源を入れて動作を確認してみましょう。
上手く作れていれば、ユニバーサルアームがゆっくりと上下運動をするはずです。

ステップ4.DSとの接触部分の調整
最後に実際に3DSと接触する部分を作ります。
一方のアームは下の画像の赤い丸で囲った位置をタッチ、もう一方はAボタンを押すように
位置を調整していきます。


タッチ用のアームは残ったユニバーサルアームを使います。
3DSが傷つかない用に先にスポンジ板を貼り付けましょう。
スポンジ板は100円均一に売っていると思います。

その後アームが一番下った状態でタッチパネルの所定の位置をタッチ、
Aボタンをしっかり押しこむようにアームと3DSの位置を調整して固定します。
アームは下の画像のように3本で固定するとずれないようになります。


ステップ5.動作確認
ここまでできたら実際に動かして動作を確認してみましょう。
先ほどのミラクル交換のボタンがある画面にして電源をON!
上手く行けば勝手にどんどんボックスの左上のポケモンを交換し続けるはず。

手持ちのポケモンが交換されてしまう場合は、秘伝技持ちのポケモンが来た時に
交換がそこで止まってしまうのでアームの位置や、ギアボックスの速度等を
調整してみましょう。

私が作ったものの動作はこんな感じ。


結構簡単でしょ?
皆様も冬休みの自由工作にいかがでしょうか~?

※制作や使用によるトラブル等は皆様の責任でお願い致します。ノークレームノーリターン。
広告
×
wwwwww画期的杉ワロたwwww
54ヶ月前
×
販売して欲しいくらいです・・・ 電源装置周りをもうちょっと詳しく見たかったりします、自分も作ってみたいです。
31ヶ月前
×
細かい設計図周りを公開していただきたいです!
数年前の記事になりますがご一考お願いします
23ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。