• このエントリーをはてなブックマークに追加
44
  • 特攻の島7
    • 302
    • 0
    • 0

    沖縄は米軍に占領され、戦艦大和は沈んだ。 迫りくる本土決戦を目前に、最後の回天戦が始まる! それは停泊する敵艦ではなく、洋上を航行する敵艦に突っ込むという成功率の低い作戦だった!

  • 特攻の島4
    • 247
    • 0
    • 0

    水中特攻兵器「回天」と渡辺たちを乗せ作戦海域へと向かった潜水艦・伊53潜は米軍に発見され爆雷の雨を浴びる。 敵駆逐艦に囲まれた水深100メートルの海中ーー。危機的状況の中で、渡辺の戦友・関口は人間魚雷「回天」で出撃した。渡辺たちの命をつなぐために…。

  • 海猿4
    • 170
    • 0
    • 0

    海上保安官の中でも、1%しかいない潜水士。その資格取得のため潜水訓練に参加した仙崎大輔。 海中という異常な空間で命を預けあう相棒(バディ)は、工藤始。 友情とは……!?仲間とは……!?大輔、20歳の青春!!

  • 海猿7
    • 134
    • 0
    • 0

    日本中が騒然となった不審船事件。その最前線で、海上保安庁史上46年ぶりの実践射手となった仙崎大輔。任務を終え、帰港する巡視船「ながれ」と大輔を待っていたのは……。 関門海峡で、大規模海難発生!!要救助者2名とともに炎上する船内にとり残された大輔……。 そこにあるのは…“強き生存への意志”!!

  • 海猿5
    • 162
    • 0
    • 0

    「もう一度、空を見よう…!!」潜水士資格取得のため、厳しい訓練をともにくぐり抜けてきた仙崎大輔と、その仲間たち。盟友、工藤の死を経て、彼らは、遂に最終訓練を迎える!! そして……海上保安庁史上、46年ぶりの射手となった大輔。 彼は、問いかける……「僕たちにとって、仕事って、なんだろう?」

  • 特攻の島6
    • 451
    • 0
    • 0

    水中特攻兵器「回天」での作戦に臨んだ渡辺。だが「回天」の故障により出撃できず帰還した。 再びの特攻作戦へ志願する渡辺だったが、板倉指揮官は拒否。渡辺に後進の指導を命じる。 目標を失い、心定まらない渡辺に、軍上層部の人間から心無い言葉が…。

  • ハードタックル -佐藤秀峰短編集-
    • 47
    • 0
    • 0

    漫画家 佐藤秀峰のデビュー作や雑誌未発表作を含む幻の初期作品集 デビュー作「おめでとォ!」初集中連載作品「ハードタックル」を含む4篇を収録!

  • 海猿2
    • 689
    • 0
    • 0

    福岡県・八幡崎親子4人の乗ったプレジャーボートが転覆した。両親は救出されたが、幼い姉弟2人が行方不明に……。出勤命令を受けた第七管区・海上保安部の巡視船「ながれ」。その乗組員、仙崎大輔は、大きな衝撃に襲われる。行方不明になったのは、大輔を慕う近所の子供だった!!本当の勇気、本当の勇者とは!?生と死の狭間で、大輔が叫ぶ!!

  • 海猿10
    • 109
    • 0
    • 0

    後輩ができた。懲戒処分を受け、停職になった。 あんなに好きだった恋人、美晴と別れた。 誰かが言ってた……終わりは次の始まりなんだって……。そして最後の事件が起きようとしていた。

  • 海猿11
    • 117
    • 0
    • 0

    乗員・乗客411名。J-WING206便は機体に異常を抱えたまま、博多湾、海上への着水を試みる! 海上へ並べられた滑走灯…それは、希望の光となるのか…!? そして交わされた約束…大輔は、深々度潜水に挑む!!

  • 海猿12
    • 312
    • 0
    • 0

    水深50m超。この未知の世界で、大輔は闘っていた。 命の力…命のつながり…それを証明するために!!変わらない過去と…まだ見えない未来…そのはざま…一瞬の今を…懸命に生きる大輔とその仲間達の物語…ここに完結!!

  • 海猿3
    • 193
    • 0
    • 0

    たけちゃん…!!大輔の叫びがこだまする。福岡県・八幡崎、プレジャーボート転覆事故。船底にとり残された子供を救うため、保安部は、ある作戦を決行!!生か死か?許された時間は2分。その結果は……。そして2ヶ月後。新聞記者・浦部美晴が、大輔の過去を追う。そこにあるのは、悲しき記憶なのか…それとも……。

  • 特攻の島3
    • 273
    • 0
    • 0

    「回天」創案者の一人・仁科は、第一回目の回天攻撃作戦で戦死。 その後、第二回目の作戦命令が下るが、それは仁科も、そして渡辺たちも困難と考える、再度の泊地攻撃作戦だった。納得いかぬまま潜水艦に乗り込んだ渡辺たちは、早くも米軍に発見され…。

  • 特攻の島5
    • 263
    • 0
    • 0

    敵艦隊停泊地の眼前で、潜水艦・伊53潜に搭載された水中特攻兵器「回天」に乗り込んだまま意識を失った渡辺。 「回天」内で発生したガスと浸水により、一刻を争う事態に、船長が下した決断は、敵艦隊の待ち構える中へ浮上することだった!

  • 海猿6
    • 146
    • 0
    • 0

    日本中が騒然となった不審船事件。その最前線で、海上保安庁史上46年ぶりの実践射手となった仙崎大輔。任務を終え、帰港する巡視船「ながれ」と大輔を待っていたのは……。 関門海峡で、大規模海難発生!!要救助者2名とともに炎上する船内にとり残された大輔……。 そこにあるのは…“強き生存への意志”!!

  • 海猿8
    • 106
    • 0
    • 0

    大輔が転任した巡視船「かいこう」の任務はマラッカ海峡での海賊退治だった!! 追いつめられた海賊は人質を海へ。救助作業に向かう大輔達潜水士。その時、一発の銃声が轟く…。 そして、池澤航海士が殉職。先輩を殺された大輔が選ぶ道は…。命ってどういうことなんだろう?

  • 海猿9
    • 104
    • 0
    • 0

    池澤先輩を殺した海賊達が助けを求めている…憎むべき海賊を救助に向かう大輔。死ぬべき命なんて…存在しない…。 マラッカ海峡での任務を終え日本に戻った大輔を待っていたのは、後輩の入谷弘治。 「次は自分が池澤さんになる」と決意をする大輔だが…。

  • 特攻の島2
    • 332
    • 0
    • 0

    水中特攻兵機「回天」。その第一回目の攻撃作戦命令が下された。 特攻隊員の人選を任されたのは創案者の一人・仁科関夫。戦死することを約束された隊員たちを指名する重責の中、仁科が選んだのは…!?

  • 新ブラックジャックによろしく2
    • 1,448
    • 0
    • 1

    「僕は医者です……赤城さんに死んで欲しくありません……」――。幼い頃に発症したI型糖尿病によって末期腎不全となり、このままでは死に至る可能性が高い看護師・赤城(あかぎ)。そんな彼女を助けるには腎臓移植が必要だと知った研修医・斉藤英二郎(さいとう・えいじろう)は、自分の腎臓を提供しようと考え始めるが、そこにはさまざまな問題が……!?

  • 新ブラックジャックによろしく1
    • 1,585
    • 6
    • 5

    正義感の強い研修医が臓器移植の当事者となって、苦悩しながらも奮闘する姿を描いた人気医療コミックの続編。永禄大学付属病院の研修医・斉藤英二郎(さいとう・えいじろう)は、最後の研修先である泌尿器科で働いていた。そんなある日、斉藤は知り合いの看護師・赤城(あかぎ)が透析施設から出てくるのを目撃する。そして、指導医の近藤ムツミ(こんどう・むつみ)から、透析の現実と腎臓移植の話を聞いた斉藤は……!?