• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 雑誌を作ろう!プロジェクト  Vol.13「読み切りを描こう その11」

    2014-10-28 23:001
    52pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    「そうだ雑誌を作ろう!!
     
    新作読み切りを30ページ描こう!
     
    全部で500ページ原稿を集めたら雑誌が作れるじゃん!
     
    そしたら50カ所で電子書籍販売できるじゃん!!
     
    クラウドファンディングで雑誌制作資金を募ることもできるじゃん!!
     
    もしも、2号3号と続いて、作品ごとに原稿が溜まれば、作品単位でもう1回販売できるじゃん!」

    ということで始めました「雑誌を作ろうプロジェクト」ですが、引き続きユルユルと進行中です。


    ・これまでの経緯はこちら
    ・雑誌掲載予定作品「厳ダインプロジェクト」の進行状況はこちら



    今回は「読み切りを描こう」シリーズその11です。
    相変わらず作画の毎日です。
    線画部分まではアナログかデジタル化の違いはあれ、普段の原稿制作と似たような行程を踏んでいるので、それほど悩むことなく描き進めています。
    しかし、色を塗る段階になると試行錯誤の繰り返し…と言うか、迷路にはまり込んでいます。

    下の写真は作品中の1ページですが、4回塗り直しました。


    aa05a98fcb2dd6aa238c1451ec0bc6921369d46e

    …と言っても、写真じゃ違いがあまり分かりませんよね。
    最初に塗ったのはこちら。


    6addf7a7d4d31b7c59abe6fc866a81b259eed18a

    ベタをしっかり入れたほうが作業時間の短縮になるはずだと思い、最初に黒の部分を塗り、続いて中間色部分もグレーで塗りました。
    その後、肌や服など個別に色をつけてみました。
    このやり方だとモノクロの原稿にもう一手間かけたくらいの労力でできるのですが、彩度が低くなってしまうため、全体的に暗い印象になってしまいました。
    もう少しキレイなグレーを塗れないかということで何度か塗り直し、最終的にOKにしたのがこちら。


    a81c56117606a9821ae34e5b0625c5b296ac03d6

    少し、色が明るくなっているのが分かるでしょうか。

    原稿が40ページもあるので、1枚1枚にかけられる時間には限りがあります。
    と言うか、制限時間を決めないといつまでたっても終わりません。
    1枚の絵に1ヶ月かけることもできますからね。

    僕の考える制限時間は、白紙の状態から完成まで8時間くらい。
    全体的な統一感を保ちつつ、手抜きに見えないように一定レベルの画面を作ることを気にかけています。
    そのために何度も習作を繰り返しているような状態です。
    1回目は白紙から完成まで10時間くらいかかってしまいましたが、4回目では6時間くらいでできるようになりました。
    マラソンの練習で同じコースを何度も走り、タイムを気にしながらペース配分やコース取りなどを組み立てる感じ
    4回合計で30何時間かはかかっていると思うので、こんなことなら思う存分時間をかけて描いても同じなんじゃないかという気がしないのでもないのですが…。

    こちらをClip Studio(描画ソフト上で見るとこんな感じ。


    844934ed0579b878df7f49be38893e9f8c0bcf64

    B4サイズ 600dpiで制作しています。
    レイヤーの分け方はこんな感じ。

    c6cd038ec292d7c5c8c99ea288e37fde5e761548


    枠線、フキダシレイヤーを最初に作り、コマを割ってフキダシを描きます。
    その後、下描きレイヤーに下描き。
    人物、背景レイヤーを作り、下描きをなぞってペン入れ。
    ペン入れ後、ベタレイヤーにベタを入れ、彩色。
    彩色はコマ毎にフォルダ分けして行ない、後から調整しやすいようにしています。


    それぞれの行程を順に見ていきましょうか。

    まずはコマ割りしてフキダシを描き、下描きまでした所。
     
  • 「ブラックジャックによろしく」二次利用報告 2014 10/11〜10/17

    2014-10-27 17:301
    52pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    この記事は2012年9月15日から二次利用フリーとなりました拙著「ブラックジャックによろしく」について、事後報告をいただいた利用事案を週イチでご紹介させていただく定例記事となっております。

    二次利用規約はこちら

    フリー化から1年間のまとめ報告は下記

    「ブラックジャックによろしく」二次利用フリー化 1年後報告 前編

    「ブラックジャックによろしく」二次利用フリー化 1年後報告 中編

    「ブラックジャックによろしく」二次利用フリー化 1年後報告 後編

    引き続き「ブラックジャックによろしく」をご自由にご利用くださいませ。

    「いいね」と僕が思った利用例にはハンコが押してあります。

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14←こんなの。

    と、その前に、今回は「ブラックジャックによろしく」の続編にあたります「新ブラックジャックによろしく」について、お知らせがあります。
    まずはこちらをご覧ください。

    じゃん。



    台湾版「新ブラックジャックによろしく」1巻発売

    79e832cad46a785cc39f8f46b8119d0bd628bd56

    台湾原動力出版より「ブラックジャックによろしく」に続いて、中国繁体字版「新ブラックジャックによろしく」の第1巻が10/22に台湾で発売されました。
    2巻以降も随時発売される予定です。

    素晴らしいですね。
    二次利用の輪が海外に広がり、ついに続編の出版に結びつきました。
    台湾版の出版に関しては、日本版の版元にあたる小学館にもご報告済み。
    先方から「すごく嬉しい。感激しました」と返答をいただき、「あ、自分たちが絡んでいない案件でも喜んでくれるんだ」と、調子に乗って製版データをご提供いただけないか交渉をいたしましたが、そちらはありがたく門前払いをいただきました。
    それについては予想通りだったので特に何もないのですが、そういう事態に備え、実は以前から独自に製版所に依頼し、原稿を元にした製版データを制作しておりました。
    (1巻あたり20万円かかるんですけどね…)

    今回の台湾版では、そちらの製版データを使用して本を作っています。
    印刷も非常にキレイで、僕のほうでかなりこだわって指示を出し、データ化していただいたので、日本版よりも多分キレイです。

    「ブラックジャックによろしく」とは異なり、二次利用フリーではありませんので、通常の出版契約に基づき出版され、印税もきちんといただいています。
    海外とエージェントを通さずにお仕事ができたことも非常に良い経験となりました。

    こうした事例は、今進めているものを含めて、今後増えてくると思います。
    恐らく、紙から自前で製版データを作る作家は、今の所、僕くらいだと思いますが、他の作家さんが続けるよう成功事例を作れたらいいなと思っています。



    では、本題にまいります。



    「ブラックジャックによろしく」

    二次利用報告

    2014 10/11~10/17


    利用件数 7件




     

    01.ユートク薬品 肩こりジャックによろしく(HPイラスト利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    特設HP   http://www.yutokuyakuhin.co.jp/zx/jack/

    ケンコーコム商品PRページ http://pr.kenko.com/p/pr_0442001/

    6488cb1557896701f8e3a28d56ac6da0b01976d5


    5f6fd91637b8b0634c756df50a7bb036e33973d1



    ea438339dba17c944dd6ba6da8bec85bc3711da6


    c241a17d291b78fe50746562691d21a778caa7a4


    以前、電車内広告やパンフレットで利用頂いたユートク薬品の商品「パスタイムZX」の特設サイトでご利用頂きました。
    リピートして使っていただけると、本当にありがたいです。
    しかも、使い方も面白いですよ。
    ぜひサイトでご確認ください。






    02. Uploaded(ダウンロードサンプル利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    ef448b4f67812790ef4623b8239946ad2db5abd2

    d519fe31a9996a6b7910bc537ad1738db59c3b91

    Uploadedというオンラインストレージの解説サイトでサンプルとしてのご利用です。
    サンプル利用、大歓迎です。
    サービスを実感し、漫画も読んでもらえたら最高ですね。






     
    03.ミトモ地所HP、Facebookイラスト利用)


    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    HP  http://www.mitomo-est.co.jp/


    Facebook  https://www.facebook.com/MitomoEst

    10a05a785d63bd1c598e8303fc465b174383a7b2

    不動産屋さんのHPでのご利用です。
    毎週トップ画像を更新してご利用いただいているようです。





     
  • 厳ダイン(きびだいん)プロジェクト RAIL19

    2014-10-27 17:001
    今週もやってまいりました。
    厳ダインプロジェクトRAIL19です。

    「厳ダインプロジェクト」とは、佐藤漫画制作所 作画スタッフの厳男子きびだんごと佐藤ダインが合体して進める読み切り漫画制作プロジェクト。
    毎週金曜日はプロジェクトの日と決めておりまして、2人は「特攻の島」の作画はお休み、プロジェクト漫画の制作にいそしんでおります。

    今回は、彼(彼ら)から告知があるようですよ。
    もはや恒例の『アレ』だそうです。


    企画について、前回まではこちら

                                     佐藤秀峰


    1408624504285_re.jpg

    そう!

    そのまさかのオレだ!!!


    最近めっきり寒くなったよな?
    押入れにしまっていた掛け布団を久々に取り出したら何か変な匂いがしたぞ…。
    でもそんなの気にしねぇ!!それがオレだ!!!!

    そんなオレは毎週金曜は電車の漫画を描いている!!!


    1414316980312_re.JPG


    1414317010963_re.JPG


    1414317043017_re.JPG


    さて今日は告知がある。

    そう、もはや恒例の作画放送だ!!!!

    日程は10月31日(金)19時開始ッ!!!!

    リア充の奴らは仮装を楽しむのもいいだろう…。
    しかし、家でまったりする予定の良い子のお前らは絶対見るようにッ!!!!

    ハッピーハロウィン!!!!!!


     



    ということで、10/31に作画生放送をするそうです。
    「月末だし31日の夜に晩ご飯でも一緒に食べない?」と誘ったら、「お前はリア充か!?仮装する予定のないヤツはオレの放送を見ろ!」と怒鳴りつけられました。
    傷心の僕は、只今、一緒にご飯を食べてくれる人を募集中です。
    予約困難な人気店をスムーズに予約した上、全額おごってくれて、僕の自慢話をにこやかに頷きながら聞いてくれる人希望です。


    ではでは。



    佐藤秀峰