• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 「漫画家・芸術家 ろくでなし子」ロングインタビュー全文

    2014-09-01 16:0021
    本日は漫画家 ろくでなし子(ろくでなしこ)さんのインタビューをお届けします。

    こちらのインタビューは、去る8月22日に放送された「みっつBAR」というニコ生番組の中で行なわれたものです。


    91012bbe559423000f9c2341bde61cf5af60c838

    「みっつBAR」は漫画家のなかむらみつのり&佐藤秀峰が企画し、漫画 on Webチャンネルがお届けする生放送番組。

    前回まではこちら

    なかむらみつのりさんがBARのマスターに扮し、毎月1回(20日~30日頃)、漫画家や漫画原作者など漫画関連の豪華ゲストをお迎えして、漫画や人生についてグラスを片手に語り合う番組です。
    僕は放送の準備や機材の操作を担当、放送中、お話にも時々参加しておりますよ。





    第 6回目となる今回のゲストは漫画家・美術家のろくでなし子さん(代表作「デコまん)でした。
    今、もっとも話題の漫画家・美術家です。
     今年7月、自身の女性器を3Dプリンタ用データにし、活動資金を寄付した男性らにデータ送付の形でダウンロードさせたとして「わいせつ電磁的記録頒布罪(でんじてききろくはんぷざい)」の疑いで逮捕、1週間後に釈放されたことは、記憶に新しいですね。

     気になる事件の真相(?)、留置所ネタはもちろん、漫画家デビューからデコまんへ繋がる道のりをたっぷり語っていただきました。

    では、さっそくどうぞ。

    こちらの記事は、放送内容を書き起こした物です。


    7265a76d72fc90b38315beca5f91099e06aa2162

     なかむらみつのり(以下 マスター):漫画家 なかむらみつのりpresents「みっつBAR」がOPENします。毎回豪華ゲストを迎えて、漫画や人生についてグラスを片手に語り合います。
    第 6回目となる今回のゲストは漫画家・美術家のろくでなし子さん。代表作「デコまん今、もっとも話題の漫画家・美術家です。
      今年7月、自身の女性器を3Dプリンタ用データにし、活動資金を寄付した男性らにデータ送付の形でダウンロードさせたとして「わいせつ電磁的記録頒布罪(でんじてききろくはんぷざい)」の疑いで逮捕、1週間後に釈放されたことは、記憶に新しいですね。 
     気になる事件の真相(?)、留置所ネタから、漫画家デビューまでの道のりやデビュー後のお話、創作へのこだわりをたっぷり語っていただきます。果たして今宵はどんな話が飛び出すやら。
     と言うことで、ろくでなし子さんに来ていただきました。よろしくお願いいたします!
        
          
    ろくでなし子:よろしくお願いします。「まんこ(という言葉の使用)」はOKですよね?
     
     
    マスター:ハイ!「まんこ」OKです。今日は逮捕されずに無事に来てくださいました。では、秀ちゃんプロフィールご紹介して。
     
     
    佐藤秀峰(以下 店員S):はい、漫画家の佐藤秀峰です。こちらでは主に裏方をやらせていただいております。さっそくプロフィールをご紹介させていただきますね。  

     ろくでなし子さんは「まんコラム二スト」。日本性器のアート協会会員(会員2名)。自らの女性器(まんこ)を型どりデコレーションした立体作品「デコまん」造形作家。漫画家さんでもありまして、単行本『デコまん~アソコ整形漫画家が奇妙なアートを作った理由』(ぶんか社)が発刊されております。

    2012年6月米国シアトルのエロティック・アートフェスティバルに作品正式出品。
    2012年9月銀座ヴァニラマニアにてデコまん展開催。
    2012年12月週刊アサヒ芸能の裏流行語大賞に「デコまん」ノミネート。
    2013年4月銀座ヴァニラ画廊のヴァニラ画廊大賞展にて女性器照明「シャンデビラ」展示。
    2013年6月イギリスHuffington post誌に活動が取り上げられる。
    2013年9月まんこの3Dスキャンデータを使った世界初のマンボートを制作。その制作費用はクラウドファンディングを利用し最終的に100マン円のボッ金が集まった。
    2013年10月たまん川(多摩川)にて世界初の3Dマンボート試乗。
    2013年11月オランダのメトロポリスTV
    に活動が取り上げられる。
    2014年3月広島ホームテレビ「アグレッシブですけど、何か?」に出演。まんこがモザイク無しで公共の電波に流れる快挙を果たす。
    2014年5月 新宿眼科画廊にて初の個展となる「まんことあそぼう!よいこの科学まん個展」開催。2ちゃんねるにもまとめができ、2週間の会期中は大盛況。まんこちゃんソフビなどのグッズが飛ぶように売れる。

    公式ホームページ http://6d745.com/
    Twitter : @6d745

     ちなみに「デコまん」とは「女性器を石膏に型どり、デコ電のようにデコレーションしたデコまん、ジオラマを載せたジオラまん、リモコンで動くリモまん、センサーに反応すると水が飛び出す噴水まんなどなど、女性器の概念をくつがえす、誰も見たことがないアホアート」です。
     
     
    マスター:はい。では、トークの前に乾杯しましょう。カンパ〜イ!
     
     
    ろくでなし子:マンパ〜イ!
     

    店員S:せっかくですからこれまでにろくでなし子さんが作った立体の作品を見ながら、ご本人に解説していただきましょう。これは何ですかね?


    f09abe3f91d77c30731b2e3f1c5740ec82c120c4

    d89b36fe6848ea8336ee3b74c2ba120dd4cf36d2

    ろくでなし子:これは「シャンデビラ」です。シャンデリア的な。アクリルでできています。これまで展示会をやってきましたけど、見に来ておいて「文句を言うおじさん」というのがいるんですよ。「こんなのアートとは認めない。まんこは暗闇の中で布団をそっとめくって見る物だ!」と。それで照明にしました。
     
    マスター:そんなこという人がいるんだ。風俗嬢に説教する親父みたいだな。


    ろくでなし子:でも、多いんですよ。
     

    マスター:これは?


    c6f8db0c82d7fe815b383069da6953aea8e81774
     
    ろくでなし子:これはアクセサリーですね。誰かに「アートって言うけど、どんなことをやってるの?」と訊かれた時に、これを身につけていると、「こういうのです」と見せやすいんです。「ネックリス」と言います。

     
    マスター:「ネックリス」かよ!ああ、カワイイですね。自己紹介用的な。
    これは?これスゴイですね。細かい所までよくできてるじゃないですか。


    626f50e6754a84a94a8f729d4014ba50bed73981
    ろくでなし子:これが「ジオラまん」ですね。建物の部分などは普通に売られているキットですね。ジオラマのキットを買ってきて型取りしたまんこにくっつけていきます。
     
     
    マスター:これはオナホールですか?


    f39bebb9372b85946a3e0e3f9c6c476f1184350f
     
    ろくでなし子:「チンデレラ」と言います。これはパッケージのデザインだけ。TENGAのダサイ版?
     
     
    マスター:いや、カッコイイですよ。これは?


    147a55a4f0a3df76b76388e57c66b8c497984e44
     
    ろくでなし子:「スイーツまん」です。お菓子みたいな物をストラップやアクセサリーにするのが流行った時期があったので、そのイメージですかね。
     
     
    マスター:コレ、いい感じじゃないですか。これはビラビラですね。なし子さんの(まんこ)ですか?


    67a45f19fa3f5256a2dd8b0fbf99fbef8952711c
     
     
    ろくでなし子:これはアサヒ芸能の企画で、AV女優さんのまんこを型取らせてもらって作ったものですね。女優さん誰だったかな…?忘れちゃった。結構有名な方だったんですけど…。
     
     
    マスター:これは?


    a8d25798f44280d01afc2aeff44f1aa07fe5f282

     
     
    ろくでなし子:こっちは週刊プレイボーイのデコまん記事にて作成したものですね。これもAV女優さんのまんこで作りました。名前は…忘れました。
     
     
    マスター:忘れたのかよ! これはどこにまんこがあるんですか?


    4b5013719f3aadd8f645a305f8d8e538ddcbdbf8
     
     
    ろくでなし子:真ん中ですね。ココ。これもアサヒ芸能の袋とじ企画で作ったものです。AV女優さんのまんこを使って。女優さんは…誰だっけな…?あれ、忘れちゃったなぁ。
     
     
    マスター:肝心な所を全部忘れちゃってるじゃないですか。これは?


    e5836547766ac1f6cde155ae02100282a72d3929
     
     
    ろくでなし子:これは「製氷まん」です。凍らせるとまんこの形の氷ができます。
     
     
    マスター:え?どういうこと?
     
     
    店員S:これが型になっていて、水を張って凍らせると素敵な形の氷ができるということですかね?
     
     
    ろくでなし子:そうそう。
     
     
    マスター:ああ!これはビラビラがありませんね。


    ろくでなし子:ビラが無いのが私のまんこです。整形してビラビラ取っちゃったんですよ。
     
     
    マスター:そうか、そうか、取ってるんでしたっけ。これは「お祭りやぐらまん」ですか?見たことあります。


    7d2769d7baf72cdf1b424573d9131f7e00ce16cd

    fb7476834b32ffe62a38be86919405b9f538de2d
     

    ろくでなし子:そうです。これがシアトルのアートフェスティバルに出品された物になりますね。300ドルくらいで売れました。まだお金が入ってこないんですけど…。


    店員S:これは素敵ですね。


    76fd847022ab5849c8fab87bfaa3f047c8e67247

    bdd02495c2d0e0419770e9a49153a109430b9377
     
     
    ろくでなし子:「戦場まん」ですね。兵士一人一人に色を塗ったり、作るの大変だったんですよ。
     
     
    店員S:戦場という命を奪い合う場所に命が出てくるものが置かれているというのが、思想を感じますよね。素晴らしいです。アートだと思います。
     
     
    マスター:これは蜜に集まってきている虫ですか?


    7b3c8d4e45abbfc88d48d35098434e02a08faf9f
     
     
    ろくでなし子:「虫かごまん」です。
     
     
    マスター:これはオセロですか?


    a7b151718c3dc7c6ad5f8eb68a883197a0f9bea6
     
     
    ろくでなし子:これはオセロの中島知子さんが話題になった時に作った「オセロ中じまん」です。時事ネタですね。
     
     
    店員S:ろくでもないですね。こちらは何ですか?


    5a91aa5d74174f830699129778e62a805b087b53
     
     
    ろくでなし子:これは「ファーストガンダまん」です。ラジコンで動いたり、ピーピーと音も出るんです。中国製の安いラジコンをくっつけたら、動かすと変な音が出て。


    e7d5987a82cc3774664fb67bd72e7f232de5255b

     
     
    店員S:わ、ザクもありますよ。名前が「赤い彗星まん」って酷い!しょうもないなぁ。
    こっちは何ですか?


    cfa570122df0b66fa4fb4a81d2465ac38093a7c9
     
     
    ろくでなし子:これは「月面まん」です。ニール・アームストロング宇宙飛行士が初めて月面に降り立ったときの気持ちを想像して作りました。
     
     
    店員S:これも深いですね。未知との遭遇、生命との出会いですよね?
     
     
    マスター:これは?これオシャレじゃないですか?


    4e16b37437c539bf8e712d226bb53196ad4e3ee2
     
     
    ろくでなし子:これは「iPhoneカバーまん」ですね。手取りで型を取ったので、結構分厚くなっちゃって、カバーとしては重くてダメなんです。
     
     
    店員S:これは?いいですね。深い思想…、宇宙を感じます。


    bff817d70b69310b62017d4bf057607677c0db6e
     
     
    ろくでなし子:「大仏ライトまん」ですね。
     
     
    マスター:ああ、クリちゃんが光ってるんだ。
    …と、こんな感じのことをやっていらっしゃる方です。皆さん、ご理解いただけたでしょうか。

    それで、今はアーティストとしての活躍が目立っていますけど、元々は漫画家さんなんですよ。漫画家からなぜこのような作品を作るようになったのかを、これからお聞きしていきたいと思いますが、その前に漫画家になるまでのお話を聞かせてください。2012年に「デコまん」という単行本が出ていますけど、その前から漫画家として活躍されていたんですよね?

    42be99a2d4f5106a4c6334514035c6dc7cfc8db7
     

    ろくでなし子:最初は講談社さんでデビューしました。「KISS」という雑誌で。新人賞に応募して受賞→増刊号でデビューですね。割とすんなりデビューまでは行ったんですけど、その後が苦労しましたね。
     
     
    マスター:苦労?デビュー作はどんな作品だったんですか?
     
     
    ろくでなし子:「キンタマ占い」の話ですね。
     
     
    マスター:今と変わらないじゃないですか!
     
     
    ろくでなし子:当時のKISSの増刊号に30P載ったんですよ。自分の中では結構名作だと思ってるんですよ。ミヨ子握ります!というタイトルで。「『占井ミヨ子』という主人公がキンタマを握ると未来が分かる」みたいな話です。
     
     
    マスター:ろくでもねえな!
     
     
    店員S:元々、狂っていらっしゃったんですね。
     
     
    マスター:デビューはおいくつですか?その後、どうやって「デコまん」につながるんですか?
     
     
    ろくでなし子:デビュー(漫画賞受賞)は26歳です。デビュー作以降、他に描いたのは「月に一度、生理が来ると激ヤセして美人になる主人公」とか…、シモに絡めた漫画しか描けなくて、編集部に20人編集者がいたとしたら、面白がってくれるのは1人か2人という感じでした。今と同じですね。(作品に)まんこを絡めると、一部面白がってくれる人はいるけど、他の多くの人は「まあ、まあ、まあ」と言うか、まんこはダメなんです。
     「キンタマ占い」が載った時代はまだ大らかだったんですけど、段々、漫画という物が売れなくなってきて、シモに厳しくなってきたと言うか。載らなくなってきたんです。
    で、手っ取り早いのは体験物とかじゃないですか。
     
     
    マスター:あるね。「本当にあった◯◯」系。
     
     
    ろくでなし子:そうです。で、ぶんか社に行くんですね。体験物はすぐ載るし、ページも短ければ短い程載ると言うか、4コマとかエッセイとか。そのほうが自分に合っていたんですね。バカであればある程良いみたいな、笑える話ということでOKなので。
     
     
    マスター:あっちはちょっとアングラなほうが好まれる部分がありますよね。
     
     
    ろくでなし子:そうそう。それでたどり着いたのが、まんこの整形。エッセイ漫画って流行った時期があったじゃないですか?
    それしかできなかったんですよね。シモしかできない。講談社に持ち込んでた時は、編集者にネームを直せっていわれるじゃないですか。そうすると私は素直に直しちゃうんですよね。どんどん勢いが無くなるじゃないですか。で、後から気がつくんです。直す前のほうが面白かったなって。
     
     
    マスター:向こうが直せって言ってきたのに、直したら前のほうが良かったと言われたり、ありますよね。
     
     
    ろくでなし子:友達の漫画家がネームを(編集者に)「直せ」って言われて直したら、「あんまり良くない」って言われて、それで最初のネームを直さずに出したら、「良くなった」って言われて。「見てねーじゃん!」って。
    ぶんか社はそういうのも無く、そのまま載るので。それである時、まんこの整形があるんだなって知って、面白そうなのでノリでやりました。
     
     
    マスター:ちょっと待ってください。普通に想像すると、「まんこに何かコンプレックスがあったのかな?」とかそういうことを考えますけどそうではなかった?単行本では悩んでいた風に描いてありましたけど。
     
     
    ろくでなし子:それは編集者に言われて描いたんです。私のノリが軽過ぎて読者がついていけないから、少し悩んだ態を装って描けと。で、そんな悩んでないんだけど、小さい頃にいじめられた経験もありますし、まあ、悩んでいると言えば悩んでいるようにも描けるか、と。実はそんなに悩んでもいなくてノリだけだったんですけど。
     
     
    マスター:それは漫画を描くために整形したってこと?それとも整形したから漫画に描いたんですか?
     
     
    ろくでなし子:半分半分ですね。ビラビラしているのが嫌だったので、整形があるならしたいとは思って、それでぶんか社の編集さんに「整形するので描きたいんですけど」っていったら、「やりましょう」と言うことになりました。
    最初は3回の予定だったんですけど、ぶんか社的に「まんこはキャッチー」だったらしくて、「もう少し描きませんか?」となって、で、ただ整形するだけじゃ面白くないので、ついでに型でも取ってみようと。じゃあ、デコレーションしてみようかな、電気を付けてみようかなと、さっきお見せした作品達ができました。
    できたのを周りの友達に見せたら笑っていたので、「ウケが取れた。シメシメ」というくらいだったんです。
     
     
    マスター:漫画家って対面でお客さんの反応が分からないからね。ミュージシャンとかなら、お客さんの反応である程度分かるじゃないですか。友達が笑ってくれたというのはデカイですね。
     
     
    ろくでなし子:そうそう。「プッ」って苦笑する感じでしたけど、笑ってくれたんで、「あ、良かったな」って。その後、単行本も出て、「シメシメ」という感じですよ。それだけだったんですけど、そしたら、あるインターネットニュースサイトが取り上げて記事にしてくれたんですよ。そしたらすぐに2ちゃんでお祭りになりまして。
     
     
    店員S:ありましたね。「コイツは真性のキチガイだ!」って言われていましたね。
     
     
    ろくでなし子:そう。すごかったんですよ。それで初めて、「なんでまんこがこんなにダメなんだろう?」と思ったんです。周りからも(まんこという言葉を使うのは)ダメだと言われるので、私も「MK」とか言い換えた言葉を使っていたんですけど、「何でダメなんだろう?」って。
    よく考えたら、子供の頃から「まんこって言葉はダメだ」って思っていて、それが「なぜダメなんだろう?」っていうのは、あまり考えたことが無かったんですね。
    で、「アレ?言っても良くね?私一人くらい」と思ったんですよ。
    酷い人だと、私がこういうことをやっていると知ると、あからさまに嫌な顔をするんですよ。「ウエェ〜〜」って、「気持ち悪〜い」って顔をするんですよ。
    「お前だって、その気持ち悪いまんこから産まれてきたんだろう?」と。「日本のまんこ観、変!」って。
    そこから真剣になったんです。
    でも、やればやる程、「怒ってくるおじさん」というのが出てくるんです。40代50代のおじさんが「女がそんなことするなんて!」って怒ってくるんですよ。
     
     
    店員S:SNSでよく絡まれていますよね。わざわざ検索して見に来ておいて、怒るっておかしいですよね。
     
     
    ろくでなし子:そうですよ。銀座で「デコまん展」をやった時も、見に来ておいて怒る人がいるんです。


    87972037d9c3afb0786d3f9fc3e89f156ee29676

    さっきの話で、「風俗に来ておいて、風俗嬢に説教するおじさん」ということですね。まったくワケが分からないですよね。
    私って怒られるとムカついて燃えるタイプなんですよ。「じゃあ、もっと大きいのを作ってやる」「ボート作る」って。
     
     
    店員S:ボートは良かったですよね。「まんこのボートを作って川に漕ぎ出す」って、例えば、ガザ地区の人達から見たら、「日本ってなんて平和なんだろう?超ラブ&ピースじゃん」という感じがすると思うんですけどね。水にまんこが浮かんでいるんですよ?
     
     
    ろくでなし子:いいでしょ?
     
     
     
    マスター:さて、デコまんの話もした所で、今回の核心に入りましょうか。
    先日、逮捕されましたよね。報道では、「クラウドファンディングで資金を募って、3Dスキャンしたまんこのデータを元に『まんボート』というボートを作って、お礼として支援者にそのデータをあげたら、警察がやってきて逮捕された」という流れでした。

     
     
     

    実際はどうでしたか?
     
     
    ろくでなし子:そうでしたね。逮捕されたのは7月で、私はぼんやりしていて全然気がついていなかったんですけど、実際は3月頃から捜査していたんですって。5月に個展をやったんですけど、それにも刑事がこっそり見に来ていたらしいですよ。
    オープニングで「まん汁(豚汁)パーティー」をやったんですけど、「あれ、結構すぐ無くなっちゃったね」とか、見に来ていて知っているんですよ。
     
     
    マスター:刑事だって分かりましたか?
     
     
    ろくでなし子:人が多すぎて分かりませんでしたね。最終日にも来てたらしいんですよ。
    だったらと言うか、個展をちゃんと見たのなら、まんこをいやらしいものとして扱っていないことが分かるはずなのに、全然伝わっていないんです。クラウドファンディングの概念すら理解していないんです。
    自称芸術家って言われていることにも、最近慣れ過ぎちゃって、「どうでもいいや」みたいになってきましたね。でも、酷いですよね。
    取り調べの時に職業を訊かれて、最近、漫画を描いていないので「漫画家じゃないよなぁ?」と思って、じゃあ、「芸術家です」と答えました。
     
     
    マスター:ちょっと話を戻しますけど、ガサ入れの時はどうでしたか?個展のパーティーの時にガチャッて手錠をされた訳じゃないでしょ?
     
     
    ろくでなし子:いえいえ、警察が言うには、私が免許を持っていないから特定しにくかったらしいんですよ。「どうやらこの五十嵐恵という人物は『ろくでなし子』と同一人物らしい」とは思っていたけど、私は車の免許とか顔写真入りの身分証明書を持っていなかったので、国民健康保険くらいだと同一人物らしいとは思いつつも、決定的に絞り込めないんですって。
    そう言えば、個展の時に変な女の人が来たんですよ。「デコまんって売ってないんですか?」って。根掘り葉掘り訊いてきて、ちょっと変な雰囲気だったんですけど、一応、個展なので「この人、まんこが好きなんだな」「興味があるんだな」って、無下にもできないし質問に答えたんですね。「今月ワークショップがあるんで来ませんか?」って、携帯の番号も教えちゃったんですね。
    知らない人に携帯の番号は迂闊に教えないほうが良かったと、後からぼんやり思っていたんですけど、「まあ、あの人ワークショップ来てくれそうだしな」とそれ以上考えなくて。携帯番号で本名が調べられますからね。
    そしたら、その携帯番号に連絡が来て、そのすぐ後に来たんですよ。ガサ入れが。あの女の人が多分刑事だったんです。
     
     
    マスター:じゃあ、ガサ入れは家に?
     
     
    ろくでなし子:家に。土曜日の朝10時半くらいでした。
     
     
    マスター:カメラは来ました?
     
     
    ろくでなし子:それは後。小岩署に連れて行かれたんですけど、小岩署の前でマスコミのカメラが待ち構えていてバシャバシャやられました。「いっぱい(マスコミが)来てるねー」って警察に言われましたけど、「お前らがリークしたんだろ!」って。
     
     
    マスター:ガサ入れの時は誰が来ました?
     
     
    ろくでなし子:刑事が10人くらいですかね。その日、住んでいるマンションの工事をやってたんで、最初は「工事の人かな?」って思ったんですよ。同居人が玄関に出たんですけど、ピラッと紙(令状)を見せられて「ガサ入れだ」って。前の日、お風呂に入ってなかったし、髪もボサボサでノーブラだし、「え?何何?ちょっと待って」って感じですよ。本当に急に来て、パソコンとか急に開き出すんですよ。
     部屋の周り私の作品がたくさんあって、その中に東スポの企画で取った岩井志麻子先生のまんこがあったんです。企画でお会いした時にダメ元で「(型を)取らせてもらえませんか?」って訊いたら、ノリの良い方で取らせてくれたんですよ。それが置いてあって。

    志麻子先生のまんこなんて一生に一度しか取れないので、型から石膏で2,3個コピーして、それを乾かしている最中だったんですよ。警察は「これは五十嵐さんの…アソコかな…?」って訊いてくるんです。
    いろいろ可笑しくて、「こいつら『まんこ』って言えねー!」というのと、「それ私のまんこじゃねーし」と。でも、これで「志麻子先生のまんこだ」って言ったら、火の粉が先生にも飛んでしまうと思って、「わたしのまんこです!」って言い張ったんですよ。
     その他にもまんこ作品があるから、「これは五十嵐さんの…かな?」と訊かれる度に「わたしのまんこです!」「わたしのまんこです!!」と何度も言いました。
     
     
    店員S:なんて言うか…、良い話ですね。
     
     
    マスター:素晴らしいですね。捜査史上、他にない!
     
     
    ろくでなし子:最初は刑事も苦笑という感じで、「これは?」「これは?」と訊くんですけど、わたしは「作品名を訊かれているのかな?」と思って、「『ガンダまん』です!」と。「これはiPhoneカバーかな?」と訊かれたら、「違います!これはiPhoneの入らない『iPhoneカバーまん』です!!」と正式名称を。
    「これは手で?作ったやつかな?それとも3Dスキャン?」と、そういうのも訊いてくるので、「それは3Dじゃありません。手取りのまんこです!」と「まんこ」「まんこ」と1時間半くらい連呼していました。
    段々、警察の人たちも慣れてきちゃって、隣の部屋から「こっちにもまんこありました!」「まんこ発見!」ってまんこ麻痺してきちゃって。
     
     
    マスター:確かに、慣れてきちゃいますよね。
     
     
    店員S:僕らも放送前に何て言おうか話し合いましたもんね、マスター。一応、TPOとか考えるし、女性の前でドン引きされるんじゃないかって、何て呼ぼうか話し合いましたよね。
    で、放送40分頃まではマスターは「おまんてぃ」とか時々濁してしゃべっていたのですが、今は「まんこ」「まんこ」言ってますもんね。
     
     
    マスター:慣れました。あいさつ程度ですよ。「よう、まんこ!」くらいの。
     
     
    ろくでなし子:「YO! MANKO~!」みたいな。
    で、この人たち、家に来て何かやってるけど、それまでは逮捕されるとか全然思ってなかったんですよ。そしたら、「じゃあ、令状出てるから」って紙を見せられて。「何時何分、五十嵐恵を逮捕する。言いたいことはあるか?」と言われて、ガッシャンと手錠をはめられました。
     
     
    マスター:ガシャンとやられちゃったんだ。言いたいことって何を言うの?
     
    ろくでなし子:ですよね、「はぁ?意味分かんない」って言いました。その時に初めて「あ、これ逮捕だったんだ」って、「私犯罪者なんだ」ってやっと分かったんですよ。それまではヘラヘラしてたんですよ。警察の人が一生懸命「まんこ、まんこ」って言ってるのが面白かったので、ニヤニヤしちゃって。「着替えろ」って言われて、「適当に何でもいいから」くらいの勢いで言われたんですけど、「これは警察に行く途中で写真とか撮られて、すぐに2ちゃんとかでお祭りになる」と思ったので、静止されかけたのを振り切って、まゆ毛描いて、ビューラーでまつ毛も上げて、ほお紅もつけて、顔だけ作って。
     
     
    マスター:それで車に乗せられたんですか?
     
     
    ろくでなし子:腰縄までつけられて。
     
     
    マスター:同居人はどうしてたんですか?
     
     
    ろくでなし子:それが逮捕までされると思ってなかったみたいで、「仕事があるから」って途中で出かけちゃって、「ああ、このままだと同居人は私が逮捕されたことに気がつかないんじゃないか」って思いました。
     
     
    マスター:警察ではどんな話を訊かれるんですか?
     
     
    ろくでなし子:生い立ちとか「どうしてこの活動始めたのか?」とか、「今後もこの活動を続けていくのか?」ということも訊かれました。
    「当然やるに決まってるじゃん」って答えました。悪いことだと思っていませんし。
    その供述調書を取るんですけど、調書はフォーマットがあって「私は黙秘権について説明を受けました」という欄にチェックを入れるようになっているんですよ。で、聞いてないので「聞いていません」と言うんだけど、「あ、忘れてた。いいよね?」とか言うんです。「聞いてないよ!」って言うんだけど「いいじゃん。これで」って言うので、「良くない!」って何度も言って「書き直してください。」と。「私は黙秘権については聞きませんでした。後から聞いてしぶしぶ了解しました」という文面に書き直させたんですよ。
    で、指でぺったんって指紋も取られて。
    後から聞いたら、多分、それじゃ調書として使えないみたいですね。
     
     
    店員S:僕は逮捕の日は第一報をネットのニュースで知って、すぐスタッフに言いに行きました。「ちょっと、この人オレ知ってるんだよ!逮捕だって、マジ!ウケる〜!!」って。
    自慢しました。みんなで喜んで、その日、帰りに夜中に焼き鳥屋に1人で寄って、そこでもテレビで「自称芸術家の女逮捕」ってろくでなし子さんのニコ生か何かの映像が流れていて、そこでも大ウケしました。「テレビ出てるわ、すっげ!」って。すぐに「心配してます」ってメールを書いたんですけど、何日経っても返信が来なくて、「あ、逮捕されたんだからそうか」って納得しました。
     
     
    ろくでなし子:携帯も取られてましたからね。だって、ガサ入れの瞬間から携帯を取られて誰とも連絡取れなくなっちゃいましたから。同居人も家族も誰も私が逮捕されたことを知らないんですよ。酷くないですか?
     
     
    マスター:酷い。最低限、周りに伝えるくらいのね。
     
     
    ろくでなし子:その日、友達とご飯を食べる約束をしていて、それも連絡できないんですよ。酷くないですか?
     
     
    マスター:一週間でしたっけ?
     
     
    ろくでなし子:6泊7日で、ちょっとした海外旅行ですよ。
     
     
    マスター:檻に入ったんですか?
     
     
    ろくでなし子:檻です。あ、さっき言い忘れたんですけど、手錠をガッチャンってやられた時も内心は「美味しい〜〜!!」って思っていました。
     
     
    マスター:漫画に描けますもんね。
     
     
    ろくでなし子:絶対描きますよ。「美味しい〜〜!!!!」って。
     
     
    店員S:それは芸人ですよ…。
     
     
    ろくでなし子:初体験だらけじゃないですか。「え〜!指紋も採るんだぁ〜♡」とか、犯罪者らしく写真も撮られたり。「どうしよう〜〜♡」って笑顔になっちゃって。
     
     
    マスター:6泊7日でしたっけ?パンティとかブラジャーはどうするんですか?
     
     
    ろくでなし子:ブラジャーはしないんですよ。ノーブラ。パンツは買わされるんですよね。
     
     
    マスター:留置所は?
     
     
    ろくでなし子:逮捕されたのは小岩署なんですけど、女性留置所が小岩署にはないらしくて、湾岸署なら空きがあるということで、そっちに連れて行かれることになりました。湾岸署って聞いたら、一瞬、「踊る大走査線」の曲が頭の中で流れるじゃないですか。「わあぁ〜〜〜♡」ってなって。
     
     
    マスター:本当にろくでなしだなぁ。で、湾岸署はキレイでした?
     
     
    ろくでなし子:湾岸署はキレイらしいですね。シャンプーとか石けんとか日用品は買わされるんですよ。家から持って行ってはダメなんですって。持って行っていいのは服とか。でも、ヒモのついたものは全部ダメ。
     
     
    店員S:ああ、首を吊ったら困るから。
     
     
    ろくでなし子:そんなことで死ぬわけないのにね。わたしは後ろにヒモがついている服とかばっかりもっていたので、「Tシャツでも持ってけ!」って言われるので「じゃあ、コレ」(放送で着ていたTシャツ)と持って行こうとすると「それはダメだ!」と。このTシャツはまんこがプリントされてるんですよね。3Dまんこをポリゴン化して二次元に戻してプリントしたものなんです。

    186ac6523a9d5a7795def6bfad3d3fad7158ad2e

     
     
    マスター:湾岸署に連れて行かれてどんな生活なんですか?
     
     
    ろくでなし子:むっちゃヒマなんですよ。何にもやることがないんです。新聞は読ませてもらえるんですよ。留置所は読売新聞で、読売には(自分のことが)載っていなかったんで、「あー、良かった」と思ってたら、朝日には載っていたらしくて、それをお父さんが読んだみたいですね。
     初日は辛かったんですよ。自分は何も悪いことをしていないのに、いろんな自由を制限されて、身内や友達に連絡が取れないというのはスゴく辛いんですよ。誰も味方がいない。誰も信じられない。部屋に一緒にいる人も初めて会った人ばかりだし。同じ部屋にいた人は窃盗だとか、他の部屋には殺人の人とかもいたらしいですね。
     ヒマだから説明し合うんですよ。なんでここに来たのかを。みんな優しいんです。何でかって言うと、みんな味方がいないから。寂しいから、辛いから。いじめとかも全然ないし、むしろ結束が堅かった。看守が敵だから。
    でも説明が難しかったですね。「まんこのアート」って言って分かるかなぁ?って。同じ部屋にいたのは不法滞在の中国人と窃盗と傷害の人だったんですけど、これはどうやって説明したら分かってもらえるかなぁ?と。
     
     
    マスター:どう説明したんですか?
     
     
    ろくでなし子:「一応、わいせつ物をー…、何か頒布的な感じでー…」とそこから広げて、「実はまんこのアートをやっていて」と。そしたら、不法滞在の中国人はドン引きしていました。
    仲良くはしていましたよ。コラムのお仕事で「あなたのまんこ観を聞かせてください」というのをやっていたので、「留置所のまんこ観を聞ける!」と思って聞いたんですけど、意外とみんな普通と言うか、あまり盛り上がらなかったんですね。なぜなら、みんな自分の罪状が不安すぎてまんこどころじゃないんです。わたしだけ状況を楽しんじゃっていたみたいで。

     楽しかったですよ。楽しくはないですけど、描きたいことがいっぱいできたので。男性では刑務所の体験を描いた作品はありますけど、女性留置所はないじゃないですか。入れられた人の気持ち描いた漫画ってあんまりないと思うんですよ。シメシメと。ホリエモンはあの人、独房ですよね。普通の相部屋で女性で、はないかなぁと。
     
     
    マスター:ちなみに留置所のメシは不味いの?
     
     
    ろくでなし子:マズイです!お米は美味しいです。白米です。オカズが不味いんです。とにかくしょっぱいんです。で、コロッケ。揚げ物ばっかり。朝からコロッケ。コロッケとご飯と漬け物。粉のみそ汁か、粉のスープ?インスタントラーメンのスープみたいのがついてきます。コロッケ、コロッケ、コロッケですよ。
    1回、夕飯にわらじの裏みたいな形の、多分、いろんな肉をミンチして成形したものだと思うんですけど、変な肉が出てきて、それは一口かじって、「うわっ、無理」って食べられませんでした。みんな残していました。向こうとしては「一応、肉出してやったぜ」みたいな。
     
     
    マスター:出る時はどうでしたか?「おい、五十嵐!出ろ!」みたいな?
     
     
    ろくでなし子:そこまで高圧的じゃなかったですけど、まあ、高圧的ではあるんですが。「釈放だから」みたいな。番号で呼ばれていて「20(ニーゼロ)」と呼ばれていたんですけど、「ニーゼロ、ちょっと来て」ってついていったら、「釈放だから」と言われました。「はぁ!?」って感じですよ。
     
     
    店員S:その頃、世間では釈放を求める署名が2万人分集まったり、義援金が集まったり大盛り上がりしていたわけです。僕はずっと笑ってましたけど。
     
     
    マスター:オレはニーゼロに釈放に署名しましたよ。秀峰さんもしたでしょ?
     
     
    店員S:僕はしません。するワケないじゃないですか。ずっと笑ってました。メールしたのに返信がなかったですし。だって失礼じゃないですか。僕に対して。
     
     
    ろくでなし子:ハハハ。釈放の時に小競り合いがありました。お財布とかレシートまでいちいち、最初に持ってきたものが無くなっていないか確認してから返されるんですけど、一番気の合わない看守がそれをやる役目で。
     で、初日にレースのついたパンツをはいてたんですよ。レースはそれをほどいてヒモ状にしたら、また首を吊るんじゃないかということでダメなんですよ。取り上げられちゃうんですよ。だから、6日前の洗っていないパンツをいきなり返されるんですよ。もういらないじゃないですか。そんなに新しいパンツじゃなかったし、「捨ててください」って言ったら、「ダメだ!」って意地悪するんです。「はぁ?」と思って、「これは置いていきますよ」という物を入れていくカゴの中に、看守が見ていない時にパンツを押し込んでおいたんですね。
     で、釈放されて、でも釈放されてもそのことを誰も知らないじゃないですか。携帯は小岩署に取られているし、返してもらえないので公衆電話に向かったんです。その電話代も自分の持っている小銭しか使えないので100円を入れて、そしたらお釣りが返ってこないんですね。公衆電話は使わなさすぎて、そういうの忘れてたんですよ。100円入れて弁護団の団長の先生に電話して留守だったので切ったらお釣りが返ってこないんですよ。「え〜!」と思って、他の弁護士さんの携帯に架けても繋がらないし、どうしようと思ってたら、さっきの嫌な看守がカッカッカッって歩いてきて、「コレ忘れてったから!」って、さっきのパンツを私の荷物に押し込んでいったんですよ。
     その後、後ろを見たら友達がいたんですよ。面会に来た友達がそのまま署内に残っていて、そこでようやく知り合いに会えて「良かった〜」って抱き合って、ホッとしました。
    パンツは湾岸書の自動販売機のゴミ箱に押し込んできてやりましたけどね。
     
     
    マスター:マジかよ〜。オレが欲しかった〜〜!
     
     
    ろくでなし子:違うでしょ!やり返してやりました。ゴミなんだから捨てさせろよと。お前らが勝手にわたしを拉致ってきたのに、帰る時は勝手に帰れって意味が分かんない。
     

    マスター:彼らはペンの怖さを知らないですよね。だから知らしめてやってください。漫画に描いてくださいよ。今日は口頭でお話いただきましたけれど。
     
     
    ろくでなし子:まだまだ描き足りない、描けることがいっぱいありますから。
    まだ犯罪者と決まっていない人たちがいて、中には明らかに殺人を犯した人もいるでしょうけど、まだ容疑者なのにものすごく人権を無視したことがたくさん行なわれているんですよ。
    もう「冤罪だらけじゃねー?」って感じでした。
     
     
    店員S:起訴、不起訴はもう決まったんですか?
     
     
    ろくでなし子:まだ全然。延ばされている気がします。
     
     
    店員S:先程、黙秘権の説明をされずに調書を取られたって言ってましたけど、じゃあ、もう一回くらい警察に呼ばれて、調書を取られる感じなんですかね?
     
     
    ろくでなし子:多分そうですね。証拠として使えないだろうということなので。
    でも、警察にはたくさん酷いことをされたんですよ。この事件って正直言って大した事件じゃないんですよ。なのに本名、年齢…まではまだいいですよ。住んでいる所の○丁目まで晒されましたからね。酷くないですか?
     
     
    マスター:晒すって誰に?
     
     
    ろくでなし子:メディアですよ。警察の情報のままメディアが○丁目まで報道しましたからね。容疑者の段階で(警察は)マスコミにリークしているんです。
     
     
    店員S:先程、小岩署の前でマスコミが待ち構えていて写真を撮られたっていってましたけど。
     
     
    ろくでなし子:さっきも言いましたけど、それも警察がリークしてるからですよ。住所の○丁目まで晒されて、スゴく怖いことですよ。
    でも、マンションの大家さんは意外と気がついていなくて、今日もすれ違ったら「いってらっしゃーい」って。こういう所は東京砂漠はいいですね。地方だったらアウトですよ。
     
     
    店員S:正直、今回の事件で今まで自分のことを知らなかった人が知ってくれたり、「箔が付いた」みたいな部分はありませんか?
     
     
    ろくでなし子:ガサ入れの時に、壁に貼ってあった「今年の目標」みたいな紙まで持っていかれたんですよ。1月に書いたんですけど、今年の目標は3つあって、1つ目は「まんこ展をやる」でそれができたんですよ。2つ目は「まんこアプリを作る」でそれも実現したんですよ。後、「まんこを世界に発信する」と。他に「レディ・ガガと友達になる」とかも書いてましたけど。
    それで、まんこ展が終わった後にポートフォリオを作ってたんですよ。こんな作品を作っていますみたいな。でも、この事件によって、世界中のメディアが記事にしてくれたんですよ。BBCとかロイターとか、外国人記者クラブで記者会見をして、なので、「世界にまんこを発信する」は叶ったんですよ。
     
     
    マスター:1つ訊いてみたかったんですけど、まんこの型を取る時は毛はどうするんですか?


    店員S:ええ!?今、事件を総括している大切な場面ですよ!?
     
     
    ろくでなし子:ああ、私の場合は◯×△`#$〜〜〜


    店員S:ええ!?そっちに乗っちゃうんですか!?
     
     
    マスター:ほう!VIO! Vというのは%&*`@:〜
     
     
    ろくでなし子:ああ、文脈的に@@++#$%*+〜
     
     
    下ネタ、割愛


    マスター:まん毛はあったほうがいいですか?アンケートとってみましょう!


    下ネタ、割愛


     
    全員:おお〜。
     
     
    店員S:最後に質問コーナーいきますか?ご質問のある方はコメントでどうぞ。
     
     
    マスター:作品はどこで買えますか?
     
     
    ろくでなし子:押収されちゃったからなぁ〜。
     
     
    マスター:スリーサイズとか「AV出れますか?」とか、セクハラ的な質問ばっかりだなぁ。
     
     
    店員S:それやめましょう。男って結局そうじゃないですか。「まんこ」って言葉がアリになっちゃうと、「この人何でもアリだな」みたいになっちゃて、突撃してくるじゃないですか。
     
     
    ろくでなし子:それ、そうなんですよ。考えたら、その最後の戦いが警察だったんですね。最たるVSが、最大のセクハラが警察ですね。
     
     
    マスター:ということで今日はありがとうございました。
     
     
    ろくでなし子:ありがとうございました〜!
     



    以上、ろくでなし子さんのインタビューでした。
    文章は毎回、僕が書き起こしているのですが、これ程、人生の中で「まんこ」という文字をキーボードで打ったのは初めての経験でした…。

    ろくでなし子さんは現在、留置所の体験を漫画にしている最中だそうで、そちらも拝見できる日がスゴく楽しみですね。



    次回は
    マンガボックス にて『僕のおじいちゃんが変な話する!』連載中の浦田カズヒロさんが登場予定です。

    08095dee39cff9286d00c6ab7d4dd376e2a7c33a
     
    放送予定日など詳細は決まり次第告知いたします。

    次回もお楽しみに!
     
     
     
     
     
     
     
  • 「ブラックジャックによろしく」二次利用報告 2014 7/26~8/22

    2014-08-28 18:301
    52pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    この記事は2012年9月15日から二次利用フリーとなりました拙著「ブラックジャックによろしく」について、事後報告をいただいた利用事案を週イチでご紹介させていただく定例記事となっております。

    二次利用規約はこちら

    フリー化から1年間のまとめ報告は下記

    「ブラックジャックによろしく」二次利用フリー化 1年後報告 前編

    「ブラックジャックによろしく」二次利用フリー化 1年後報告 中編

    「ブラックジャックによろしく」二次利用フリー化 1年後報告 後編

    引き続き「ブラックジャックによろしく」をご自由にご利用くださいませ。

    「いいね」と僕が思った利用例にはハンコが押してあります。

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14←こんなの。



    今回は「描男 kakuo」の二次利用が1件ありましたので、そちらもご報告。


    「描男 kakuo」

    二次利用報告

    2014 7/26~8/1


    利用件数 1件


    01.描男kakuo Tシャツ(グッズ利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    0595d477ef5bf23d1d931daab69ab8c2b002c1d9

     


    【ClubT】 clubt.jp/myshop/S0000046368.html


    【Zazzle JP】 http://www.zazzle.co.jp/235496960610498317


    【Oh Yeah!】 ohyeah.jp/a/4079.html


    【Facebook】 http://www.facebook.com/revive.factory



    【Twitter】 https://twitter.com/REVIVE_FACTORY



    売れるといいですね〜。
    売れないだろうなぁ〜…。






    では、ブラよろのほうも。

    今回はご報告を溜め込んでしまいました。
    7/26~8/22の約1ヶ月分をまとめてご報告させていただきます。
    いろいろすいません…。



    「ブラックジャックによろしく」

    二次利用報告

    2014 7/26~8/22


    利用件数 38件




     

    01.「ブラックジャックによろしく」から読み解く面倒くさい人と上手につきあう心理学(書籍利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    8be8fc1ccc23b67e55479ec527568e502aca7430

    8000aad80b7dc317df474bb6ae5b90eeefc289c7

    b7b4b8ae307fcff98a96b1436b9d9e36c667626d


    「『ブラックジャックによろしく』から読み解く」とタイトルにあるように、書籍全編に渡ってに大きく引用されました。
    実はカバーイラストの執筆をご依頼いただき、僕が描き下ろしております。
    本の内容については監修などしておりませんので誤解無きよう。
    8月5日発売。







    02.
    HYPER JAPAN ダーツライブブース(展示会利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    f7d920353302193aa3a9e0b0605dd91f879c45c2

    e2e2d9fc996adffc23ec6428d44ddf79d8a00e78

    63c783da8f00aebd31341a36a1e52802691b6c39

    2014年7月25日~27日までイギリスロンドンで開催されたHYPER JAPANというイベントのダーツライブさまのブースでパネルとパンフレットにてご利用いただきました。
    ロンドンっ子の心に刺さればいいなぁ。

    HYPER JAPAN

    http://hyperjapan.co.uk/










    03.アポセレクト(HPイラスト利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    e04a32d2acbcaa0715d7ef5b1893814ad7b2c97b

    全国に500の薬局を展開する日本調剤株式会社さまの通販サイトでのご利用です。
    今年こそ脱メタボ!










    04.OVA Relationship is hope 自殺の現状 (HPイラスト利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    076420f8813350a2ecd49315a2b89f2293ecd8f4

    93a0667759633be214d187da626d18615e58616a

    自殺予防を目的とした団体OVA(オーヴァ)のHPでご利用いただきました。
    まもなくNPO法人化するとのことです。









    05.天才火消しエンジニア霧島(HPイラスト利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    59b3099e0b88158e13077c105ead923c05aafa61

    webエンジニア、プログラマのための学習、転職サービスpaizaのサイト内でのご利用です。
    僕のイラストをトレースして使用しているそうですよ。
    いい味出てるなぁ。











    06.セカンドライフ(アバターアイテム利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    2b8d8d30588522b0b862321e31c84a5087e3d3a7

    4632d8ba582943a26f170b80f3cd89ff9e3c1a18

    d6672c62cb8072956fa71125fc03da7772df51a4

    素材画像

    https://www.flickr.com/photos/hiko_hd/9925505086/

    https://www.flickr.com/photos/hiko_hd/14569261017/

    「セカンドライフ」というソーシャルゲーム内で自分で3Dでアイテムアバターを作成して展示、販売など出来るそうなのですが、そこでのご利用です。

    「座布団」というアイテムを使い、メニューでComicを選ぶと、

    自分のアバターが「ブラよろ」を読み始めるそうです。
    それをみてニヤニヤするという使い方だそうです。

    ゲームの中でも読んでください!










    07.もしもIT屋がWEB漫画サイトを作ったら(ブロマガ利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    2bb61e394fa052dd0dbee03ccfa3a51837e875bc

    7f30444c834e4ca2f9f078a33116bf132b0f33d1

    実際に作ってください!










     

    08.ランチビーグル(Youtube利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    3715c178a82f75771841ef28a7984ca1dcc822bd

    95aa8b7a3a0f111864bcfd6112415d6b0e41069b

    中食専用レジ袋ランチビーグルのPR動画内で利用いただきました。
    いいんじゃないでしょうか。










    09.青空学園祭(パンフレット、ポスター利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    4bfeebf94172ec382d77527d5baf3c07436d93a5

    bb8059166fa623cf08a78d274b59cb23ac3b9cbc

    岡山県内の私立高校3校が合同で行う学園祭。
    ポスターは岡山県内のコンビニ、パンフレットは岡山県の中学校で生徒に配布されるということです。
    ポスターの作り手が楽しんで作っている感じがいいですね。








    10.たいちじゅく(新聞広告利用、Facebook利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    eea38deaeead9cb808deb8fc95bcdd53b4122999

    塾の広告でのご利用です。
    Facebookと伊豆新聞(伊東市版)に掲載されたそうです。








    11.無料マネー講座(チラシ利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    ca984d289473647bc45b6e0c60fe09a242bc0520


    生協の職員さん向けに配られたチラシだそうです。
    へえ〜、こんなのがあるんですね。










    12.ラップス大間々店(チラシ利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    beaf5c19c3b3e2b491a4b25b79620f2058ae079d

    安定のパチンコ案件。
    全国的に広がりを見せるともっといいんですけどね。










    13.ROHM(HP,weiboイラスト利用)

    HP http://micro.rohm.com/cn/manga/index.html

    公式weibo(中国版ツイッター) http://weibo.com/2597359587/Bhj398sBw?mod=weibotime

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14


    4ed5596f1bbe72cfd058286481b4c6f4e8782d06


    09554babf96ba3ae135c1c3262072364835ada1c


    中国のサイトでのご利用です。
    現在、第9話まで公開中。
    引き続きご利用されるそうです。
    反響はどうなのかな?









    14.富士通 VOCをよろしく(Facebook利用)

    f55190f8898688399c1ef8dce1b1e6dc2d40df14

    e062a990d65021f5b4e8c484d5ef80d8b71bb432

    a792393567cd2abe21f5fc9f185754e07adc725e

    富士通さまのご利用です。
    ありがたいですね〜。



     
  • 厳ダイン(きびだいん)プロジェクト RAIL13

    2014-08-28 16:001
    ご無沙汰です。
    夏休みは福島に行ってきました。
    月曜日から仕事を再開しておりますが、何だか調子が出ません。
    ブロマガの更新も滞りがちですいません。

    前回の記事で、ブロマガ有料会員数について「現在は20万人が見えている頃かも知れません」と書いたばかりですが、最近、まさにそのような発表があったようです。

    ニコニコチャンネルの有料登録者数が20万人突破、人気チャンネル&平均配額は?


    記事によると「有料ニコニコチャンネルの年間分配額は、3,000万円以上が6チャンネル、1,000万円~2,999万円未満が27チャンネル、500万円~1,000万円未満が27チャンネル、100万円~500万円未満が86チャンネル、50万円~100万円未満54チャンネルという結果に。有料登録会員数が100位以上のチャンネルの年間平均分配額は、844万7,555円となっており、一般ユーザーで収益をあげている例も少なくないとのこと。

    僕のブロマガは、100万円〜500万円未満の86チャンネルに入ります。

    記事では、有料会員数上位100チャンネルの年間平均分配額は844万555円となっておりますが、この数字はあまり意味の無い物のように感じます。
    500万円以上の分配額のチャンネルは60チャンネルになっていますので、844万円以上稼げる可能性のあるチャンネルは最大で60チャンネルしかなく、そもそも100チャンネルもないのです。

    さらに言うと、ここに書かれている50万円〜3000万円以上のチャンネル数の合計は、ちょうど200チャンネルになります。
    チャンネル自体は、現在は566チャンネルが開設されているそうなので、50万円以下の収益のチャンネルは366チャンネルあるということになります。
    つまり、平均会員数よりも多い会員数を獲得しても、200位以下は年額50万円以下しか稼げません。
    月額にして4万円以下。
    100位以下の年間平均分配額を出したら、恐らく数万〜数十万円程度になるのではないでしょうか。
    これらのデータを見ていると、会員数トップの一部チャンネルが利益を独占し、他はそれほど儲かっていないというピラミッド構造が見えてくる気がします。

    こうした状況の中で「月数万円程度の副収入を得るために、どこまでブロマガに力を注げるか?」と問われると、やはり片手間にならざるを得ないチャンネルが多いのではないでしょうか。
    片手間の記事、チャンネルにお金は払えないと言うことでユーザーの財布のヒモは緩まないでしょうし、悪循環に陥っている気がします。
    これを好循環に切り替えるには、なかなか難しい問題が横たわっているだろうなと。
    チャンネル開設者の1人としては、ぜひ良い方向に向かってほしいのですが。




    ということで本題。

    今週もやってまいりました。
    厳ダインプロジェクトRAIL13です。

    「厳ダインプロジェクト」とは、佐藤漫画制作所 作画スタッフの厳男子(きびだんご)と佐藤ダインが合体して進める読み切り漫画制作プロジェクト。
    毎週金曜日はプロジェクトの日と決めておりまして、2人は「特攻の島」の作画はお休み、プロジェクト漫画の制作にいそしんでおります。

    今回はコピペのお話(?)とお知らせがあるようです。

    企画について、前回まではこちら

                                     (佐藤秀峰)


    よう!お前ら元気か?


    1408624504285_re.jpg


    オレさこう見えても腹が弱くてさ。
    よくダムが決壊しそうになるんだよ。
    フルーチェ食ったらたいていフルーチェがケツからコピペですわ。

    ところで電車の運転士ってトイレどうしてると思う?
    トイレ無いだろ運転室。

    電車も時間通りに動かさなきゃならんから外のトイレも使えないねーじゃん?

    答えはシンプル!

    我慢!!

    1408625151110_re.jpg

    えっ?我慢できないときはどうするかって?

    答えは漫画に描くから楽しみに待っててくれ!


    そしてもうひとつ告知!!



    今回はもしかしたらいつもとかなり違う感じの放送になるかもしれない!
    それはまだわからないがな!!
    楽しみに待っててくれじゃあな!



    ということで、コピペは置いておきまして、生放送があるようです。
    いつもとは違うらしいので楽しみですね。
    お時間のある方はぜひご覧ください。  

                                佐藤秀峰