• このエントリーをはてなブックマークに追加
いまなんつった? 第454回 宮藤官九郎「オスとして」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

いまなんつった? 第454回 宮藤官九郎「オスとして」

2017-09-07 05:00
     整った顔に生まれなくてよかった。週刊誌を開くたびに、中吊りを見上げるたび、つくづく思う。もし自分が端正なイケメンだったら、斎藤工だったら、山崎賢人だったら、一線のこちら側で踏み止まることが出来るだろうか。あるいは神戸だかの市議レベルの顔立ちだったとして、新幹線の中で手を繋ぎたい衝動を抑えられただろうか。 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2017-09-25 12:30
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。