• このエントリーをはてなブックマークに追加
〈スクープ速報〉神社本庁で内紛 内部告発の部長を懲戒解雇
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

〈スクープ速報〉神社本庁で内紛 内部告発の部長を懲戒解雇

2017-09-13 16:00
  • 7

 全国8万社の神社を包括する宗教法人・神社本庁で、不動産売却を巡る問題を指摘していた部長が9月4日付で懲戒解雇されたことが週刊文春の取材でわかった。

 神社本庁では、青山、中野、百合ヶ丘の職員宿舎が同じ不動産会社に売却されたが、いずれも即日に転売されていたことが発覚し、問題となっていた。

「2015年11月の百合ヶ丘の職員宿舎売却では、内規で競争入札と定められているが、『市場価格が変動するので緊急性がある』との理由で、随意契約となり、新宿区の不動産会社に決まった」(神社本庁関係者)

 宿舎は1億8400万円で売却されたが、同じ日に都内の別の不動産会社に2億1240万円で転売。その後、さらに埼玉県内の不動産会社に約3億1000万円で転売された。短期間で約1億3000万円、7割も価格があがったことになる。

 神社本庁内で、宿舎が格安で売却された経緯について、部長らが問題を指摘。神社本庁ナンバー2の熱田神宮宮司の下に調査委員会を発足させたが、真相解明にはいたらず、宮司は一身上の都合を理由に8月末に辞任した。

 そして、問題を指摘した部長は、9月4日付で懲戒解雇され、別の部長も降格処分を受けた。2人は、訴訟の準備を進めているという。

 神社本庁は、次のように回答した。

「職員宿舎の売却は、第三者による調査委員会で適法かつ不当ではなかったと報告されています。それ以外の点については内部のことでお答えすることはできません」

 神社本庁は、神道政治連盟(神政連)を実動部隊として「日本会議」「美しい日本の憲法をつくる国民の会」などの安倍政権を支持する保守系の団体の活動を支えており、政治への影響も注目される。

 週刊文春9月14日発売号では、神社本庁で大きな影響力を持つ神政連会長の存在などとあわせて、この問題を詳報している。

a1ac71db475699b7a1da2f6ecb71c7a02c273dab
解雇通知 禁無断転載/文藝春秋

52e6393c52d5222d8ac49543361522a465f5b6af
憲法改正を支援(公式サイトより)

    ◇    ◇

※記事の全文は9月14日午前5時に「週刊文春デジタル」にて公開します。→ 今すぐ入会!

チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥864 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
ころころ転がすこと自体違法なんだよ!知らなかったのかこいつら?
5日前
×
恥を知れ
5日前
×
日本会議派の神社が、改憲に向けて少しきな臭い事をしてるみたい
5日前
×
市場価格が変動するので緊急性がある?

おかしいだろ?
5日前
×
こんな奴らが社を殺したのか...
5日前
×
右翼を騙る売国奴の多い事多い事。
5日前
×
そもそも思想って右翼も左翼も国の、国力の為のものだろ。こういうゴミは何故沸くんだ。
5日前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。