• このエントリーをはてなブックマークに追加
〈スクープ速報〉“スーパーボランティア”尾畠春夫さん“初の著書”が刊行延期のトラブル
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

〈スクープ速報〉“スーパーボランティア”尾畠春夫さん“初の著書”が刊行延期のトラブル

2018-10-10 16:00
  • 7

 山口県周防大島町で行方不明だった2歳男児を救出し、一躍時の人になった“スーパーボランティア”の尾畠春夫さん(78)。その尾畠さんが著書『一歩前へ』をアチーブメント出版から上梓するという。同社のホームページによれば、発売日は10月12日(10月9日時点)、帯には「初の著書!」と大きく謳われている。

 アチーブメント出版の担当者は当初、「週刊文春」の取材にこう答えていた。

「8月下旬に出版のお話をしました。その時に(尾畠さんから)『印税も契約書も不要』と伝えられました。もちろん、(尾畠さんから出版の)承諾も得ています」

 ところが――。

「出版の了解については、サインして判を押すことが法律的に必要だと聞いている。私は、それは一切していません」

 そう憤るのは、当の尾畠さんだ。

「出版社は『これは違反本です』と書くべきです。私は、自分で本を出すことは考えていません」(同前)

 改めてアチーブメント出版に確認を求めたところ、「12日の発売日は延期します」として、以下のように回答した。

「尾畠さんからは『出版を希望する各社が足並みを揃えた形なら、契約する』と言われたので、尾畠さんの望まれる形にしたい」

 10月11日(木)発売の「週刊文春」では、アチーブメント出版の編集・契約手法や、尾畠さんが著書の出版を断る理由、などについて詳報している。

f67cd09668d362b385a0ed68d4e6bd0ee5c94019
「すべてを語った!」という“違反本”(アチーブメント出版HPより)

5060cfc2057923500d01f07f53f0a3f3602e1aac
「出るところに出る」と憤る尾畠さん (C)共同通信社

    ◇    ◇

※記事の全文は10月11日午前5時に「週刊文春デジタル」にて公開します。→ 今すぐ入会!

チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
週刊文春デジタル
更新頻度: 毎週水,木曜日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥864 (税込)

チャンネルに入会して購読

×
クソ出版社しね
5日前
×
やっぱりお金欲しいんだね。
5日前
×
あのアホドキュメンタリーに出ちゃった時点でもうどんどん持ち上げてそして、身内だますか、嘘スキャンダルで叩き落とされるだろうなw。無難にnhkか地元局だけ出てればいいのに。
1日前
×
そりゃ現地に迷惑かけ無いボランティアなんだから金無いと活動できないだろう
1日前
×
自分で本を出すことは考えていません、って言ってるんだとしたらお金云々じゃなく書いてないんでは…?
てか契約書も無いのに原稿が存在するの???著書って自分が書いたものって意味じゃないん???
1日前
×
くそ編集者がやっちゃった案件でしょ、これ。契約書も何も無い時点でお察し。
22時間前
×
>>私は自分で本を出すことを考えていません。 ってことは本人の認識としては「インタビューとか受けて、それを誰かが出す本にコメントとして掲載される」とかそういう認識だったってことか?
20時間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。