• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • ツチヤの口車 第1036回 土屋賢二「インチキの原理」

    2018-02-22 05:00  
     信じてもらうのは難しい。かりにわたしが「わたしはハンサムだ」と言っても、本人が言っているにもかかわらず、だれ一人として信じようとしない。
     かりに夫が「男は金を使うべきだ」と主張すると、妻は「証拠かデータを出せ」と言うだろう。夫が「二〇一七年の厚労省の統計では、惜しまず金を使った男は、金を使わない男の一・八四倍長生きする」とデタラメのデータを出して初めて、小遣いが月千円増額になる。 
  • ツチヤの口車 第1035回 土屋賢二「審査・選別される側の人々」

    2018-02-15 05:00  
     有名シェフにならなくてよかった。フランスのミシュラン三ツ星シェフがミシュランの掲載を辞退するらしい。審査から解放されて自由に作りたいからだという。審査され評価される重圧はそれほど大きい。
     ミシュランの審査員は舌の肥えたグルメだろうが、どんな味覚オンチでも勝手に評価できるグルメサイトもある。わたしは、妻の料理を、無理やりとはいえ、高く評価させられている人間だ。そんな人間でも評価できるサイトだ。そんなサイトが成り立つのも、当てにならない評価を参考にする愚か者がいるからだ(その一人がわたしだ)。
     
  • ツチヤの口車 第1034回 土屋賢二「大げさな時代」

    2018-02-08 05:00  
     正直に言うが、わたしは謙虚で控えめだ。自分で言うのもはばかられることだということは分かっている。そう思って、他人が言ってくれるのをいまかいまかと待っていたが(「辛抱強い」も加えようかと思ったほどだ)、待てど暮らせどだれも言ってくれないから、自分で発表するしかない。 
  • ツチヤの口車 第1033回 土屋賢二「キャッシュレス化への不安」

    2018-02-01 05:00  
     本格的キャッシュレス化が到来しそうだ。キャッシュレス化は一部実現済みだ。現金を一度も見ないで、労働した対価でインターネットを使って餅を買うことができる。それを実現する具体的方法については省略する。省略するなと言われたら、デタラメを書くしかない。それほど複雑な仕組みなのだ。理解できないほど複雑だからゴマカされているかもしれないという不安は残るが、わたしは逆にトクをしているかもしれないという希望で不安を打ち消している。
     
  • ツチヤの口車 第1032回 土屋賢二「悩みを一掃する方法」

    2018-01-25 05:00  
     ツチヤ師(筆者とは別人の超聖人である)がショッピングモールの片隅に置いてある椅子にお座りになって、さえない中年男の悩みを聞いておられた。まわりを崇拝者が囲んでいる。
    「貧乏です。粗末な物しか食べないのに痛風です。夫婦仲が悪く、キャバクラでもモテません」
     師が説かれた。
    「そんな悩みは一掃できる。この世に自分一人しか存在しないと考えよ、それが難しいなら、人類が全員自分と同じ状態だと想像せよ。はっきり言おう。他人との比較をやめよ。過去の自分との比較もやめよ」