• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • いまなんつった? 第477回 宮藤官九郎「尻」

    2018-02-22 05:00 19時間前 
     週刊誌で連載を持つということについて、改めて考えています。
     例えば巻頭記事が知ってる俳優さんの不倫報道だったりした場合、連載陣はどんな心境なのだろう。少なくとも俺はいたたまれない。中吊りを見るたび思う。あーあ、今週号、売れちゃうんだろうな。
    「不倫の記事目当てで買ったら、宮藤君のエッセイ載ってたよ」
     こっちは10年以上書いてるのに申し訳ない気持ちになる。 
  • いまなんつった? 第476回 宮藤官九郎「効率悪いじゃないスか」

    2018-02-15 05:00  
    『ゆとりですがなにか』というドラマを書いた頃から、若者が恋愛をしなくなった、という話をよく聞きます。
    「だって効率悪いじゃないスか」
     確かに、フラれて落ち込んだり、彼氏に浮気されてムカついて仕事が手につかない等マイナス面は多い。あらゆる事が合理化、マニュアル化された現代において、相手の気持ちという、予測不能なものに左右される恋愛は効率悪い。だったら自分ひとりの時間を充実させたい。 
  • いまなんつった? 第475回 宮藤官九郎「うわ、来たよ!」

    2018-02-08 05:00  
     大学時代のサークルの新年会に行って来ました。
    「今日、江古田で軽音の新年会やりま~す」
     当日に届くそんなメールには「どうせ来ないだろうけど一応」というニュアンスがプンプン込められている。そういう会にあえて積極的に参加して反応をみるというのが、最近のブームです。
    「え、来たんスか!?」
    「うわ、来たよ!」
    「来ましたねえ!」 
  • いまなんつった? 第474回 宮藤官九郎 「好きでやってるんでしょ?」

    2018-02-01 05:00  
     小室哲哉さんの引退宣言について様々な意見があります。
     不倫と介護のことは憶測で語っちゃいけないので触れません。僕が気になったのは、罰として(戒めとして)音楽活動を辞めるというニュアンスに対して「それ罰か?」と誰も言わなかったこと。
     果たして小室さんから音楽を奪うことは罰なんでしょうか。
     我々は今まで小室哲哉に音楽を“やらせてあげていた”のでしょうか。
     難しい問題です。 
  • いまなんつった? 第473回 宮藤官九郎「忙しいですね」

    2018-01-25 05:00  
     役者やってないと心が荒む。繰り返しそう呟いたのが効を奏したのか、ポツポツと俳優の仕事に恵まれております。
     本当なんです。パソコンの中で完結する仕事の怖さは、協調性がどんどん失われていくこと。面白ければ他は何でも良い。好きな時間に起きて誰とも喋らず、疲れたら横になり腹が減ったらなんか食う。自由で孤独。たまに俳優として、撮影現場で大勢の人に見られながら「よーいスタート!」のかけ声で一斉に別人に成りきり、他人の書いたセリフで他人と会話する。ああ今、俺は俺じゃない。心が洗われます。