• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • 尾木のママで 第97回 尾木直樹「中学生ビンタ事件に一言」

    2017-09-14 05:00  
     世田谷区教育委員会が主催した中学生バンド「ドリームジャズバンド」の演奏会で、世界的トランぺッター日野皓正さんが生徒のドラム演奏をやめさせようと往復ビンタした事件。週刊文春が報じて大きな話題になったけど、ビックリしたのは、テレビのコメンテーターの多くが擁護派だったこと。「日野さんの気持ちが分かる」とか「わがままは許されないと教えるべき」とか、教育のなんたるかを知らない拙劣な意見ばかり! 
  • 〈世界的トランペッター〉日野皓正(74歳)が中学生を「往復ビンタ」動画

    2017-08-31 05:00  
    カメラはその一部始終を収めていた。コンサート終盤のアンコール。笑い声が絶えず、穏やかな会場の空気を一変させたのは、「世界の日野」が放ったビンタだった。教育委員会の肝煎りイベントで発生した「体罰」問題。ご本人は「これがジャズ」と仰るのだが……。 
  • 〈スクープ速報〉世界的トランペッター・日野皓正が中学生を往復ビンタ

    2017-08-30 16:00  
     8月20日、「世田谷パブリックシアター」で行われた公演「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」。このコンサートは世田谷区教育委員会の主催で、区が取り組む「新・才能の芽を育てる体験学習」の一環だ。
    「約600人が入る会場はほぼ満席。中学生の演奏が始まると、会場は大いに盛り上がりました。アンコールの後半、ソロタイムで、舞台の隅にいた日野さんが、ドラムを叩く男の子に歩み寄って体罰を加えた。私を含め参加者は、あまりに突然のことで何が起こったのか、理解できませんでした」(参加者)
     毎年、公募で区内の中学生が集められ、4カ月間、日野氏をはじめとした数名の講師のもとで、練習を積む。そして8月のコンサートで、その成果を発表する。日野氏は第1回目から、この中学生バンド「ドリームジャズバンド」の指導にあたっている。
     別の参加者はこう困惑する。
    「お金を払って観にいったのに、連れて行