• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 6件
  • 週刊藝人春秋Diary 第53回 水道橋博士「〈2018年4月8日〉デンジャラス・ジラフ 樹木希林(2)」

    2018-05-24 05:00 27分前 
     50歳を過ぎてから、人生の前半生は物語の「伏線」。読書で喩えれば、「付箋」だらけだと気がついた。
     その回収に向かい、物語の頁を捲るのが後半生だ。
     2016年10月15日――。
     女優・樹木希林に青天の霹靂で呼び出され、山梨へ向かった。
     23歳の時、ボクはビートたけしの弟子として芸人になった。しかし、それ以前、10代後半はモノカキ志望だった。そして、当時、ボクが最も敬愛していたのが、反骨のルポライター・故・竹中労だ。
     山梨県甲府市の桜座で開催された竹中労追悼イベントに、突如、飛び入りすることになった。10日前、樹木からの突然の電話がなければ、此処へ来ることはなかっただろう。 
  • 週刊藝人春秋Diary 水道橋博士 第52回「〈2016年10月5日〉デンジャラス・ジラフ 樹木希林(1)」

    2018-05-17 05:00  
     樹木希林と出会ったのは5年前、2013年3月2日のことだった。
     当時ボクは、東海テレビの情報番組『ぷれサタ!』の司会を務めていて、そこで、ゲストに招かれた樹木と初対面を果たした。
     樹木の出演は、同局制作のスペシャルドラマ『約束~名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』の再編集映画版の、劇場公開の宣伝も兼ねていた。
     東海テレビには阿武野勝彦という名物プロデューサーが居て、代々、社内制作で独自のドキュメンタリーを作り続けており、テレビ放送だけにとどまらず、劇場公開までするシステムを確立していた。 
  • 週刊藝人春秋Diary 水道橋博士 第51回「〈2014年3月1日〉ロッケンロール! 内田裕也」

    2018-05-09 05:00  
    「U.F.O.ソース、濃くて旨いから……、ロッケンロール!」
     内田裕也がエジプトハゲワシの扮装で銀髪を立てて叫ぶ「日清焼そば U.F.O.」のCM。きゃりーぱみゅぱみゅ「ファッションモンスター」のダンスを御年78歳が披露している。
     昨年、日本のテレビ界は、松居一代vs船越英一郎夫妻のリアル・サスペンス劇場、夫婦間デスマッチに夢中になったが、ボクに言わせれば、芸能界最強&最凶の夫婦は、内田裕也&樹木希林夫婦に決まっている。そして、「U.F.O.」とは、ボクに言わせれば「内田裕也は夫婦ともども恐ろしい!」の略なのだ。なにしろ、ボクには、この夫妻に絡まれた恐ろしい過去がある――。
     
  • 週刊藝人春秋Diary 水道橋博士 第50回「〈2018年4月1日〉拝啓 週刊新潮様」

    2018-04-25 05:00  
     去る4月1日――。
     ボクは、たけし軍団の兄さん3人と共にブログで声明文を発した。
     一連の「ビートたけし独立」報道に対する異論と、オフィス北野の森社長に対し、法律面から懸念を持たざるを得ないことを表明したのだ。
     今回の騒動は、1986年のフライデー襲撃事件と並ぶ、平成の“無血フライデー事件”とも言える騒動であり、師匠の“怒り”に“響き”で応えた、たけし軍団の決意表明であったとも思う。
     そして、2週間後の4月15日。 
  • 週刊藝人春秋Diary 第49回 水道橋博士「〈2017年12月21日〉鶴瓶噺」

    2018-04-19 05:00  
     笑福亭鶴瓶師匠との共演、ももいろクローバーZとの初共演にボクは桃色に色めき立っていた。
     2017年12月21日――。
     世田谷区砧(きぬた)にあるTMCスタジオで、関西テレビ『桃色つるべ』の収録だった。
     この日は5本撮りのスケジュール。休憩時間、スタジオで立ったまま休んでいる鶴瓶師匠のもとに挨拶にうかがった。
     流石、落語界の重鎮、座っても、立っても様子がイイ! 
  • 週刊藝人春秋Diary 水道橋博士 第48回「〈2017年10月7日〉ミスター・ライアー大仁田厚」

    2018-04-12 05:00  
     邪道極まれり!!
     昨年10月、7度目の引退試合を終えたプロレスラー・大仁田厚が、佐賀・神埼(かんざき)市長選に出馬した。今は選挙戦真っ只中。当選すれば政界復帰を果たす。
    「またかよ!?」と思う人も多いことだろう。かく言うボクもプロレスラーの政治利用には眉を顰(ひそ)める派だ。
     しかし、そんなボクですら、この夜空に鈍い光を放つ大仁田という名の星屑の軌道に、これまで何度も引き寄せられ、巻き込まれてきた。
     そして、「佐賀」で出馬すると聞き及び27年前の在りし日を想起した。