• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 37件
  • 〈スクープ速報〉レコード大賞の前最高責任者が“芸能界のドン”周防郁雄氏を実名告発

    2017-11-21 16:00 13時間前 
     昨年まで日本レコード大賞の最高責任者である制定委員長を務めた叶弦大氏(81)が芸能事務所バーニングプロダクション社長・周防郁雄氏(76)による“賞の私物化”を「週刊文春」で、実名告発した。
     昨年の「週刊文春」(11月3日号)のスクープ「三代目JSBはレコード大賞を1億円で買った」では、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(以下、三代目)が大賞に選ばれた裏で、所属事務所LDHからバーニングプロダクションに1億円が支払われていた事実を、請求書を開示し詳報した。
     叶氏が語る。
    「私は『1億円問題』を、文春を読んで初めて知り、大きな衝撃と恥辱を感じました。それだけにあの問題が発覚してもなおレコード大賞の私物化を続ける周防氏に対し、憤慨を抑えきれないのです。今までに何度も改革を試みたが、力が及ばなかった。忸怩たる思いです」
     審査委員の多くを占めるのはテレビ局
  • 〈スクープ速報〉債権額35兆円でも豪遊 エアバッグ大手・タカタ会長夫人の優雅な生活

    2017-11-21 16:00 13時間前 
     民事再生法の適用を申請中のタカタ。上場廃止から4カ月、創業者ファミリーの優雅な生活が思わぬ形で発覚した。「週刊文春」がつかんだのは、会長夫人が海外の豪華なホテルやレストランを次々と訪れる優雅な生活の一端だ。
     彼女がその私生活を明らかしたのは、無料写真共有アプリのインスタグラム。そこには、ニューヨークをはじめ、海外のきらびやかな街の光景とともに、食事に訪れた人気レストラン、五つ星ホテルの写真がアップされていた。
     高田家は、タカタの株式の約6割を保有するスーパー資産家。株式公開後は、毎年莫大な配当収入があった。
    「今年6月の株主総会でも『私財を提供する気はないのか』と批判が上がりました。もちろん所有していた自社株は紙くずになりますが、それ以上、責任は追及されません」(経済部記者) 
     タカタが認めた債務は1兆円あまりだが、今月に入って米国のエアバッグ事故の被害者からとみられる賠償請求が加
  • 〈スクープ速報〉レスリング吉田沙保里の恩師がひた隠す東京五輪新星の重大事故

    2017-11-21 16:00 13時間前 
     今年9月に行なわれた男子レスリングの強化合宿で、東京五輪での活躍が期待される学生選手が重大事故に見舞われていたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。
     事故にあったのは拓殖大学3年の谷口慧志選手(21)。合宿3日目の9月13日、世界選手権に出場した有力選手とのスパーリングでの出来事だった。
    「2人が組み合った状態から、相手選手は谷口君の脇下をくぐって腕をロック。その状態のまま、身体を反らし、谷口君を後方に投げた。2人そろってマットに倒れたのですが、谷口君は受身を取れず、頭から落ちました」(目撃者)
     現在も谷口選手は入院生活を余儀なくされている。
    「頚椎損傷の重傷です。なんとか一命を取り留めたものの、首から下が自力で動かせない。車椅子に乗ることを目標にリハビリに励んでいる最中と聞いています」(大学のチームメイト)
     だが、栄和人強化本部長をはじめとした協会幹部はマスコミに事故を
  • 〈スクープ速報〉「夢は“ポスト池上彰”」フェリス卒“お嬢様芸人”がNHK内定

    2017-11-21 16:00 13時間前 
    「実は来年NHKに入社する内定者の集まりに、あの“お嬢様芸人”がいたことが局内で話題になっています。ディレクター職で内定したそうです」(NHK関係者)
     NHKに内定したお嬢様芸人とは、フェリス女学院出身という異色の経歴で知る人ぞ知る、たかまつなな(24)だ。
     たかまつは曽祖父に日本を代表する応用化学者で元東大名誉教授の高松豊吉を持ち、その先祖は坂上田村麻呂まで遡る“華麗なる一族”の出身。現在は慶應大学大学院に通う高学歴芸人でもある。
     そんなたかまつが、なぜNHKを目指したのか。本人に話を聞いた。
    ――NHKに内定したというのは本当ですか?
    「それについては、私からは、お答えできないんですが……。小学生の頃、アルピニストの野口健さんの自然教室で富士山での不法投棄を目撃してから、自分が見たものをどう伝えるかに興味がありました。記者を志して読売新聞の『子ども記者』を6年間続けたこともありま
  • 前号アクセスランキングほか|週刊文春からのお知らせ

    2017-11-17 18:00  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━前号記事アクセスランキング━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 「週刊文春」2017年11月16日号の記事アクセスランキングです。◆第1位 《「座間9遺体」 本誌が掴んだ全真相》首吊り士〈白石隆浩〉の怪 全裸写真と美女動画  http://ch.nicovideo.jp/article/ar1361516 ◆第2位 《「座間9遺体」 本誌が掴んだ全真相》「死にたい」罠に嵌まった女性たち  http://ch.nicovideo.jp/article/ar1361515 ◆第3位 安倍懇願も トランプ「いずも乗艦拒否」の暗闘  http://ch.nicovideo.jp/article/ar1361511 ◆第4位 《「座間9遺体」 本誌が掴んだ全真相》〈ツイッター〉は殺人モンスター“偽装”の温床  http://ch.nicovideo.jp/
  • 【緊急アンケート】“非婚時代”の「結婚したい男、結婚したい女」は誰だ!?

    2017-11-16 18:00  
     日本の生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合)は男性が23.37%、女性が14.06%と過去最高を更新しました(2015年の国勢調査)。男性のほぼ4人に1人、女性の約7人に1人が生涯未婚。予測では20年後には3.3人に1人が生涯未婚という状態になるとも言われています。とはいえ魅力的な男女が減ってしまったかといえばそうではないはず。そこで文春のメルマガ読者を対象に、この“非婚時代”の「結婚したい男、結婚したい女」アンケートを募集します!
    原節子、竹下景子、市毛良枝 (C)共同通信社
     かつて“お嫁さんにしたい女優”の代名詞が貞淑なイメージのある原節子や竹下景子、市毛良枝らだった昭和の時代や、高学歴・高収入・高身長の“三高男性”が理想の結婚相手だったバブル時代から、人生の選択は多様化し、日本社会は大きく変わりました。理想の結婚相手にも変化があるのでしょうか。芸能人、文化人か
  • 〈スクープ速報〉山尾志桜里衆院議員が倉持弁護士と1泊2日の大阪出張

    2017-11-15 16:00  
     山尾志桜里衆院議員(43)、倉持麟太郎弁護士(34)の2人が1泊2日で大阪出張していたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。
     11月12日、2人は、彼らの後見役を自任する漫画家・小林よしのり氏が主催する言論イベント「関西ゴー宣道場」に参加。イベントでは、倉持氏が「日本で最も有名な弁護士です」と紹介され山尾氏が爆笑するなど、終始、和気藹々とした雰囲気だった。
     山尾氏は11月7日に倉持氏を政策顧問として起用することを発表。今回の大阪出張は、2人の動向に注目が集まっている矢先のことだった。
     大阪でのイベントが終了後の午後6時頃、2人は別々に会場を離れた。「週刊文春」取材班は、翌朝の新大阪駅で時間差で帰京する2人の姿を確認している。
     山尾氏の事務所は、大阪出張について、次のように回答した。
    「ゴー宣道場に参加したことは事実ですが、終了後、倉持弁護士含め道場師範の方々とは全く別行
  • 〈スクープ速報〉トランプ大統領晩餐会に出席した元慰安婦女性を直撃

    2017-11-15 16:00  
    「私がトランプ大統領と挨拶する際に、(ハグの仕方を知らなかったので)文大統領が私の腕をトランプ大統領にまわすよう、助けてくださったんです」
     小誌記者の電話取材に対して、感激した様子で語るのは、今月7日、訪韓したトランプ大統領のために、韓国の文在寅大統領が主宰した晩餐会に招かれた元慰安婦の李容洙氏(88)だ。この晩餐会については、竹島周辺で獲れたとされる“独島エビ”とともに、李氏がやや困惑気味のトランプ大統領と“ハグ”をした映像が、日本のニュースでも報じられた。李氏の証言によると、この場面には文大統領の“演出”が多分に入っていたことがうかがえる。
     そもそもなぜ、李氏が晩餐会に招かれることになったのか。
    「最初、外交部から私に招請状が来ました。私が青瓦台に行くと、大統領秘書室長のイム・ジョンソク氏が『私たちがあなたを招待しました』と言っていました。15年12月の日韓両政府による慰安婦に関す
  • 〈スクープ速報〉西内まりやが事務所社長をビンタ!

    2017-11-15 16:00  
     13歳のときより雑誌『ニコラ』、続いて『Seventeen』の専属モデルとしてティーンの絶大な支持を獲得した西内まりや(23)。2014年に歌手デビューするや日本レコード大賞最優秀新人賞受賞。2017年1月クールではフジテレビの“月9”枠にて連ドラ『突然ですが、明日結婚します』に主演し、歌手・女優として華々しい道を歩んできた。しかし、同ドラマを最後に、表舞台から遠ざかっていた。
     インターネット上では“失踪説”も囁かれたが、実は10月初頭、所属事務所との間に大きなトラブルを起こしていたのだ。
    「西内が、事務所内で社長を平手打ちしたのです」(事務所関係者)
     応接室から飛び出した西内は、「もう我慢できない!」などと大声で泣き叫んだ末、過呼吸のような状態に陥り、医者が呼ばれる騒ぎになったという。社長もまた、加療一カ月以上の怪我を負った。
     西内の突然の豹変を案ずるスタッフ。しかし、同月下旬、
  • 〈スクープ速報〉いしだ壱成「離婚の真相」19歳新恋人と“ひとつ屋根の下”を直撃

    2017-11-15 16:00  
     今年8月に2度目の離婚をした俳優のいしだ壱成(42)が未成年の新恋人と交際中で、すでに壱成のアパートで半同棲状態であることが「週刊文春」の取材でわかった。
     壱成は今年10月18日のブログで、2014年に再婚した11歳下の一般女性A子さんとの離婚を報告した。壱成にとって離婚は2度目。父・石田純一(63)が経験したバツ2に並んだ恰好だ。
     同日放送のバラエティ「良かれと思って!」(フジテレビ系)に出演した壱成は、離婚の原因として、「朝起きたら水と白湯を用意する」「サラダを食べる際には7種類のドレッシングを用意する」などの細かいルーチンを妻に強要していたことを告白した。結局、妻が家を出て別居状態になり、8月半ばに離婚届を提出したという。
     だが、その離婚劇の裏で、壱成が未成年の共演女優と交際しているという目撃情報が。相手は飯村貴子(19)。今年5月、壱成主演の舞台「午前5時47分の時計台」で