• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 3件
  • 週刊藝人春秋Diary 水道橋博士 第19回「〈2017年8月29日〉麻生漫画太郎」

    2017-09-14 05:00  
    「(政治は)結果が大事。何百万人殺しちゃったヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくてもだめなんだ」
     去る8月29日、自民党麻生派の夏季研修会の講演でそう述べ、激しい批判の声に晒された麻生太郎副総理は、翌日、「動機も誤っていた」と釈明し、自身の発言を撤回した。
    “失言常習犯”麻生太郎は、2013年7月にも「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」という“セメント発言”で、物議を醸している。
     政治生命を失いかねない失言に、多くの識者が「麻生太郎が、喩え話にナチスやヒトラーをすぐ出すのは何故か?」と首を傾げる。
     
  • THIS WEEK【政治】訪米もポスト安倍も消えて止まらない麻生太郎の暴言

    2017-09-07 05:00  
     麻生太郎副総理兼財務相(76)の失言が止まらない。ヒトラー失言に続き、十月二十二日投開票のトリプル補選の一つ、衆院愛媛三区の応援でも、祭りの参加者を「きちがい」と表現し、「不適切」だったと撤回したのだ。 
  • 安倍政権の火薬庫 麻生vs.菅「修復不能な断絶」〈10.22総選挙への障壁〉

    2017-08-31 05:00  
    力関係は人事において如実に現れる。それが永田町である。先の内閣改造で、安倍政権のパワーバランスは大きく動いた。第二次政権発足以来、鉄壁を誇ってきた安倍、麻生、菅のトライアングルがついに崩れた。そして、それは政権の針路を大きく変えることになる。