【S5使用構築】エスパーZアグノム入り鉄壁メガボーマンダ軸【最終最高2017】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【S5使用構築】エスパーZアグノム入り鉄壁メガボーマンダ軸【最終最高2017】

2017-09-14 00:34
    初めまして。シュンタクと申します。

    今回が初めての構築記事ですので読みづらいかも知れませんが、最後まで読んで頂けましたら幸いです。




    〈使用構築〉










    〈構築経緯〉

    前シーズンのメガシンカ枠でメガボーマンダを使用したが環境トップメタという事もあり止まる相手が多くSMで唯一レート2000に乗せることができなかった。
    なのでリベンジも兼ねてS5もメガシンカ枠はボーマンダを使用。
    テンプレ構成ばかりだと面白くないのと個人的にパーティに地雷枠が1匹は欲しいため鉄壁を採用しました。

    相棒枠のアグノムですが、ボーマンダ軸で行くと流行りのバトンメガバシャ+電気鋼水のような並びがキツイためそれらを1匹で崩せるような型にしました。
    これが思った以上に刺さり多くのバトンメガバシャ軸に勝つことができたり、アグノムを舐めた選出をされたときに1匹で3タテしたりと使い心地はとても良かったです。

    この2匹だとポリゴン2クレセリアギルガルドカバルドン等の受けポケが面倒なのでそれらを起点にする瞑想カプ・レヒレ。

    この3体を基本選出とし、この基本選出だとスカーフカプ・テテフの一貫が気になるため第二のメガ枠としてメガメタグロス、面倒な催眠ゲンガーや電気の一貫を切りつつ威嚇+とんぼがえりでサイクルを回せるスカーフ霊獣ランドロス、ゲッコウガを上から倒せるカプ・コケコといった感じで構築を組みました。



    〈個別解説〉




    アグノム@エスパーZ







    性格:おくびょう ふゆう

    実数値(努力値):161(88)-x-90-157(92)-101(84)-182(244)
    ※個体値30-x30-31-31-31のためHに余分に振っています。理想値ならBが1高くなります。

    技構成:サイコキネシス だいもんじ みがわり わるだくみ


    H:みがわりの効率が良い4n+1

    HD:みがわりを1回貼った後の臆病C252振り霊獣ボルトロスの10まんボルト確定耐え
      ※ダメージ100~118
      みがわりを1回貼った後の控えめC252振りカプ・レヒレのハイドロポンプ確定耐え
      ※ダメージ100~118
      みがわりが補正無し無振りクレセリアのれいとうビーム確定耐え
      
    C:サイコキネシスでD4振りメガバシャーモ確定1発
     だいもんじでH252D4ブレードギルガルド確定1発 
     エスパーZでH4振り霊獣ボルトロス最低乱数以外1発(154ダメージ~)
     C+2エスパーZでH252振りカプ・レヒレ、スイクン確定1発
     C+2サイコキネシスで無振りメガリザードンX確定1発
     C+2だいもんじでH252振りテッカグヤ確定1発
     C+2だいもんじでH252D4振りシールドギルガルド乱数1発 ダメージ152~180(43.8%)

    S:最速ジャローダ抜き


    構築経緯でも説明したようにメガボーマンダを通す際、面倒な霊獣ボルトロス テッカグヤ カプ・レヒレのような電気鋼水の並びをアグノムで崩せるように調整しました。
    特に構築的に霊獣ボルトロスを呼びやすいように組んだのでうまい具合に崩すことができ本当に強かったです。

    霊獣ボルトロスやカプ・レヒレと対面したときの立ち回りとしましては、まずみがわりから入り相手のZを空かし、

    →霊獣ボルトロスはそのままエスパーZで落とす

    →カプ・レヒレはわるだくみを積んでエスパーZで落とす

    といった立ち回りをしていました。

    スイクンは吠えるを持っているので、みがわりから入らずわるだくみ→エスパーZといった流れで処理してましたが、ミズZだとそのまま飛ばされるので無いことをお祈りしないといけません。
    また、みがわりを所持しているため本来不利なギルガルドに対しても、みがわりから入りブレードフォルムにしてこちらわるだくみかだいもんじか交代、相手はキングシールドかそのまま攻撃といった択ゲ―を仕掛けられます。(僕はそのままだいもんじを押していました)

    初手対面しやすいポリゴン2に対しても、急所以外1発は攻撃を耐えるのでわるだくみからのエスパーZで対応してました(無補正H244D4振りポリゴン2にC+2エスパーZ178~210ダメ)
    仮に倒せなくても裏のマンダやグロスが通しやすくなるので良しです。

    たまにエスパーZを読まれて?交代されたりするのでみがわり分のHPが残っていれば様子見でみがわりから入った方がいいです。

    カバルドンも初手に当たりやすいですが、C+2エスパーZでHDでも飛ぶのでステロから入ってきたら勝てるのですが、人によってはあくびから入ってくるのでそこは相手によります。

    技構成はメガバシャーモ、ボルトロス、カプ・レヒレ対面でバシャの守る読みとボルトレヒレのZ空かすためにみがわりは確定
    サイコキネシスでないとメガバシャを落とせないためサイコキネシス
    ボーマンダの通しづらい鋼に対して打点を入れるだいもんじ
    一気にサイクルを崩しにいくためのわるだくみといった感じで決まっていきました。





    ボーマンダ@ボーマンダナイト





    性格:ようき いかく→スカイスキン

    実数値(努力値):193(180)-177(92)-153(20)-x-112(12)-182(204) 

    技構成:すてみタックル りゅうのまい はねやすめ てっぺき


    A:すてみタックルでH4振りミミッキュ確定1発
     すてみタックルでB4振りカプ・テテフ確定1発
     すてみタックルでB4振りメガリザードンY乱数1発(75%) ダメージ145~
     +1すてみタックルでB4振りガブリアス確定1発
     +1すてみタックルでH4振りメガガルーラ高乱数1発 ダメージ178~
     +1すてみタックルでH4振りメガギャラドス高乱数1発 ダメージ168~
     +1すてみタックルでH4振り霊獣ボルトロスをステロダメ込み確定1発


    HD:臆病霊獣ボルトロスのめざめるパワー氷確定耐え
      臆病メガリザードンYのめざめるパワー氷乱数1発(25%) ダメージ172~204
      無補正珠バシャーモのめざめるパワー氷乱数1発(37.5%) ダメージ177~208 
     
    HB:威嚇無しで陽気ガブリアスのげきりん確定耐え
      A-1陽気メガメタグロスのれいとうパンチ+バレットパンチ確定耐え
      A-1意地メガリザードンXのげきりん確定耐え
      A-1意地メガガルーラのれいとうパンチ確定耐え 

    鉄壁後:A-1陽気ガブリアスのげきりん54~66ダメ 威嚇無し84~98(2.7%)
        A-1意地カイリューのげきりん62~74ダメ 威嚇無し92~110(87.1%)
        A-1陽気メガギャラドスのこおりのキバ44~56ダメ 威嚇無し68~84(確定3)
        A-1陽気メガメタグロスのれいとうパンチ68~80 威嚇無し96~116(98.4%)
        威嚇無しミミッキュのZじゃれつく+じゃれつく確定耐え
        Zじゃれつく102~122 じゃれつく54~66

    S:最速ジャローダ抜き


    このパーティのエースでもあり地雷枠でもある鉄壁メガボーマンダ。
    S4でも鉄壁メガボーマンダを使用していましたがその時の個体は慎重HDで、特殊耐久が高いのはよかったですがみがわりがないので状態異常をもらいやすい、素早さが遅く一度舞ってもスカーフガブリアス等に上から倒される場面が多く使いづらかったため、今回は特殊方面は最低限みれるようにし、その代わり素早さを大分上げた個体にしました。
    それでも臆病霊獣ボルトロスのめざパ氷を耐えられるだけの特殊耐久はあります。

    そもそも鉄壁メガボーマンダは物理を受ける枠であり、特殊方面までみようとすると色々と中途半端になってしまうのでこの変更は正解でした。

    素早さを上げたことによりかなり動かしやすくなり、また上から安全に鉄壁を積む事で多くの物理ポケモンを起点+積ませることができました。

    相手の後出しからのメガギャラドス、こちら死に出しからの鉢巻カイリュー、雨下のメガラグラージ、剣舞メガバシャバトンからのテッカグヤ、これらをも起点にし本来1ウェポンでは勝つことが出来ないメガメタグロスも多少削れていれば強引に勝つことが出来ます。(大体先に急所か氷を引くので基本相手にしない方が良い)
    また、積みポケモンの最大の敵ミミッキュもこの鉄壁メガボーマンダなら倒すことができるため本当に使っていて面白かったです。

    ただ鉄壁を使用する際に気を付けなければならないのが、“なんでもかんでも鉄壁を積めばいいわけではない”です。

    倒せる時は倒す、先にりゅうのまいを積めるときは積む

    この辺りをしっかり把握していなければ全く意味がありません。
    例えばメガギャラドス対面で

    メガボーマンダ→てっぺき
    メガギャラドス→りゅうのまい

    という状況を作ると上から攻撃されてこおりのキバの怯みや氷で負ける状況を作ったり、鉄壁で1発耐えてもはねやすめのタイミングで裏のスカーフ持ちに交代されて上から処理されるという状況を作りかねないので、相手の裏のポケモンを考えて先にりゅうのまいを積んでおくか、又は自分の裏のポケモンを通しやすくするように目の前の敵を先に倒すかをうまく見極めないとこのポケモンの性能を中々発揮できないと思います。

    それらをうまく見極められるようになればこのポケモンの積ませ性能が使っていて本当に面白くなります。





    カプ・コケコ@デンキZ





    性格:おくびょう エレキメイカー

    実数値(努力値):145(4)-x-105-147(252)-95-200(252)
    ※H29個体のためHに振っています。端数はBDどちらでもいいと思います。

    技構成:10まんボルト めざめるパワー氷 ボルトチェンジ めいそう


    ポリゴン2クレセリアギルガルド(ゴーストZは無理)を起点にめいそうを積み負荷をかけていくのが純粋に強かったです。
    ちなみにポリゴン2やクレセリアのHPがMAXの時、相手はZ読みで回復をしてくるためめいそうをし、次のデンキZを避けるため裏の地面に引いてくるのでそこにめざパを撃ち込むと気持ちよくなれます。
    相手のHPが削れてるときは地面に引いてくるのでいきなりめざパを撃ち込みましょう。
    メガメタグロスと対面したときもよくめざパを撃っていました。
    先にめいそうを詰めれば霊獣ボルトロスにも勝てるようになるためそのあたりも意識しながら立ち回っていました。

    ボルトチェンジはめいそうとアンチシナジーでくさむすびとの選択ですが、ボルトチェンジがないと初手ゲッコウガ対面で10まんボルトを襷で耐えられ返しのダストシュートで倒されるという場面があるためボルトチェンジにしています。
    ただ、初手有利対面ボルトチェンジをするとめいそうを読まれなくポリゴン2クレセリアが居座ってくるためこの構成で良かったのかなぁと思います。
     
    くさむすびがあればカバルドンやマンムーの相手もできるのでそこは一長一短です。





    霊獣ランドロス@こだわりスカーフ





    性格:ようき いかく

    実数値(努力値):165(4)-195(236)-112(12)-x-101(4)-157(252)

    技構成:じしん がんせきふうじ はたきおとす とんぼがえり


    普通のスカーフランドロス。ゲンガーやカプ・コケコ、リザードンの相手をしてもらいます。
    性格は意地である必要がないため陽気でいいと思います。
    特に語ることはないですが、ランドロスミラーになった時はこちらのカプ・コケコを通しやすくするためにはたきおとすを撃ってスカーフやチョッキをはたいていました。






    カプ・レヒレ@ウイのみ





    性格:おくびょう ミストメイカー

    実数値(努力値):177(252)-x-135-130(116)-150-135(140)

    技構成:ハイドロポンプ ムーンフォース めいそう ちょうはつ

    調整意図:Hぶっぱ S最速キノガッサ抜き 残りC

    C:D4振りメガバシャーモをハイドロポンプで確定1発
     D4振りガブリアスにムーンフォース134~158ダメージ(後述するメガメタグロスのバレッ    
     トパンチで丁度落ちる)
     +1ハイドロポンプでH252D4振りブレードギルガルド確定1発
     +1ハイドロポンプでD4振りカプ・コケコ乱数1発(25%) 127~150ダメージ

    ちょっと変わっためいそうカプ・レヒレ。
    素早さが最速キノガッサ抜きとなっているため多くの受けポケモンに対しちょうはつからのめいそうで起点にできる。主にポリゴン2クレセリアカバルドンギルガルドスイクン辺りの相手を任せていて特にカバルドン入りには必ず選出していました。
    スイクンは最初はミラーコート警戒も兼ねてめいそうから入り、次のほえるのタイミングでちょうはつをしてしまえば完全に起点です。


    このめいそうカプ・レヒレはS5当初から使っていましたが、それまでミズZ型ばかり使っていたため最初はあまりの火力の無さに使いづらさを感じていましたが、何戦かするうちに使い方が身に付き今ではこの型以外使えなくなるほどこのカプ・レヒレは強かったです。

    使い方としては受けポケモンに対し投げていき、めいそうやちょうはつをうまく合わせ相手が起点回避のため引いてくるところに技を叩きこんでいくといった感じです。

    ハイドロポンプにしているのはなみのりだとメガバシャーモが1発で落とせない、ただでさえ火力が足りなくハイドロポンプでないと裏に負荷をかけられないため仕方なく採用しています。
    が、そもそも当たらなければ実質威力0ですし、当然のように外してばかりでこの技のせいで2000チャレンジ2回失敗したので正直なみのりでいいと思いますが、当てた際の火力はまあまああるので最後までハイドロポンプを使っていました。
    この技のせいで負けた試合は何戦かありましたがこの技のおかげで勝った試合はなかったように思います...

    ちなみにですが、ウイのみの使い方も結構重要でウイのみが後少しで発動しそうで目の前のポケモンを倒したとき等は、ステロや砂のスリップダメで発動させるようにレヒレを残しておいた方がいいです。





    メタグロス@メタグロスナイト
     




    性格:ようき クリアボディ→かたいツメ

    実数値(努力値):161(44)-189(188)-173(20)-x-131(4)-178(252)

    技構成:アイアンヘッド バレットパンチ れいとうパンチ アームハンマー


    ボーマンダを出せないときの第二のメガシンカ枠。
    コケコランドグロスの並びにもなり選出しやすい。基本カプ・テテフ入りやバンギラス、メガボーマンダ軸に出していくことが多かったです。
    またこの構築で重めなゲッコウガフェローチェは、ランドロスのとんぼがえり→バレットパンチで処理するという動きをよくしていました。
    炎タイプがおらずナットレイやカミツルギをよく呼ぶのでそれらには基本ボーマンダの起点になってもらうのですが、どうしてもボーマンダが出せないときに倒す術がなくなると困るのでアームハンマーを持たせました。

    しかしこれにより、初手ランドロス対ガルーラ対面でとんぼがえりからのアームハンマーで処理することができたり、アイアンヘッドをポリゴン2が交代際に受けに来る際、HBポリゴン2であれば半分ちょっと削れていたら、HDなら半分程度削れていたらそのままアームハンマーで突破可能になったりと使いやすかったです。
    アイアンヘッドの怯み効果がとても強く上から怯ませて強引に突破等していました。

    個人的にメガメタグロスの技構成はアイアンヘッドバレットパンチれいとうパンチまでは確定だと思っています。
    特にバレットパンチは仕留めそこなった敵を処理出来たりするので絶対に必要だと思いました。

      

    〈選出〉

    ・カバリザ→ランドレヒレマンダ

    ・カバマンダ→コケコレヒレグロス

    ・ガルクレセ→コケコランド@1

    ・ギャラ軸→コケコマンダレヒレ

    ・ゲッコウガフェローチェ入り→ランドグロス@1

    ・ポリクチ→レヒレランドグロス

    ・コケコランドグロス→コケコランドグロス

    ・受けル→アグノムレヒレ@1 ※バンギがいた場合アグノムが完全に腐るのできついです
     

    〈キツイポケモン〉

    ・ゲッコウガ
    何をどうしてもきつい。パーティ全てに弱点を突けるためほぼ必ず選出される。
    普通の襷やZならいいがスカーフだとコケコランドの上を取られて半壊する。
    スカーフではないことを祈りコケコランドのとんボルチェンからグロスのバレットで処理するしかない。

    ・フェローチェ
    このポケモンもゲッコウガと同じで上から縛ってくるためきついがゲッコウガほどではないためまだ戦いやすい。
    スカーフフェローチェはほとんどいないので、ゲッコウガと同じようにスカーフランドのとんぼからグロスのバレットでうまいこと処理しましょう。

    ・メガリザードンY
    このポケモンがキツイというより選出の段階でXかYかがわからないため、X読みでYが来るとまずい。
    ニトチャめざ氷でほぼすべて倒されるのでリザ入りにはランドロスを必ず選出し、ニトチャの起点にならないよう立ち回らないといけない。

    ・メガメタグロス
    どうしようもなく重いわけではなく対処もできるが一回不利対面を作った場合の裏の負荷が大きいのでそこだけ注意したらなんとかなる。
    カプレヒレとカバが対面したときほぼこのポケモンに引かれるのでそこでハイドロポンプを当てないときつくなります。
    尚、当然のように外します



    〈最後に〉

    初めての投稿で見づらい部分などあったかもしれませんが、最後まで見ていただきありがとうございました。
    アグノムはどのシーズンも必ずパーティに入れて毎回型を考えるのが楽しいポケモンでS4以外はレート2000達成してるのでこれからもこいつと頑張っていきたいです。

    S5でアグノムと一緒にメインとサブ両方2000超えれたのは良かったですが強いて言えば2100を目指したかったです...
    最終日が平日という事もあり最終日は潜れなかったというのもありますが、それでも2100超えてる方はいるので単なる実力不足という事を認めS6は2100目指して頑張りたいと思います。

    S5で対戦してくださった方々、本記事に目を通していただいた方々


    本当にありがとうございました!!!




    Twitter:シュンタクロ~ス@shuntaclaus





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。