• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • InSideレポート 第95回

    2017-02-24 22:00
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    プロデューサーの皆様、315プロNight!をご視聴いただきありがとうございます!

    この『InSideレポート』では、番組パーソナリティが放送では伝えきれなかった部分を、さまざまな形でお届け。さらにスタッフが撮影した前回の放送の模様も写真でご紹介致します。

    こちらはチャンネル会員向けのコンテンツとなりますのでご了承ください。我々のことをもっと深く知りたいというプロデューサーさん、ぜひチャンネル会員になってみてくださいね!




    ★StaffSideノート

    ここでは2月24日の放送の模様をスタッフが簡単に振り返っていきます。

    『315コミュニケーション』ではアニメイトカフェで開催されたSideMカフェのフードメニューをミニチュアで作ったプロデューサーからの写真を紹介。「誰に雪かきをして欲しい?」という話題では長野県出身のずんたの過去の体験談、またラジオパーソナリティーとして心がけていることが語られました。

    『ニュース315』では、しょーへーと濱野大子(はまのん)がキャスター、渋谷系パリピタレント、てらぴっぴ(ずんた)はコメンテーターを担当。アイドルマスターSideMコラボイヤホンとグリーティングツアーのチケット最速先行抽選シリアルの入ったCD「Beyond The Dream」の情報が伝えられました。

    次は3人のフィジカルをさらに鍛えるためプロデューサーさんから来たお題に挑戦し、誰が頂点に立つかを競い合うコーナー『頂点を目指せ!THE虎牙道フィジカルバトル』。今回はインパクトのある自己アピールで対決。それぞれが熱いアピールをする中、その中でも手料理が大好きなことをアピールしインパクトを残したずんたが勝利を収めました。

    『オフサイド』では、新しくSideMに興味を持った新米プロデューサーさんの話や、「飽きずに食べ続けられる食べ物」の話などをお届け。『頂点を目指せ!THE虎牙道フィジカルバトル』では「315プロダクションアイドルのモノマネ」が披露され、それぞれがTHE 虎牙道の3人をシャッフルして演じ、他のキャラクターの見え方、演じ方が話されました。





    ★放送後コメント

    はまのん:315プロNight!、第96回が終わりました!

    しょーへー:あと4回で100回です!
     
  • InSideレポート 第94回

    2017-02-17 22:001
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    プロデューサーの皆様、315プロNight!をご視聴いただきありがとうございます!

    この『InSideレポート』では、番組パーソナリティが放送では伝えきれなかった部分を、さまざまな形でお届け。さらにスタッフが撮影した前回の放送の模様も写真でご紹介致します。

    こちらはチャンネル会員向けのコンテンツとなりますのでご了承ください。我々のことをもっと深く知りたいというプロデューサーさん、ぜひチャンネル会員になってみてくださいね!




    ★StaffSideノート

    ここでは2月17日の放送の模様をスタッフが簡単に振り返っていきます。

    今回は大盛況のうちに幕を閉じた2ndライブを終えてもまだまだ暴れ足りないTHE 虎牙道が、感謝の気持ちを語ってくれました。ライブ後、初の放送ということで新たに録り直したタイトルコールで気合を入れつつ、『315コミュニケーション』では、過去に行ったことがある海外の話についてトークを展開。

    『ニュース315』では、キャスターをはまのんと寺島淳子(ずんた)、コメンテーターを秋葉原で最も有名なカリスマメイド喫茶店員・しょうこりん(しょーへー)が担当。ONKYOブランドより発売されるアイドルマスターSideMとのコラボイヤホンや、山梨コラボグッズ第2弾、4月2日からスタートするグリーティングツアーのチケット最速先行抽選シリアルの入った「Beyond The Dream」の情報をお届けしました。

    あいうえお作文でプロデューサーからのお悩みに答える『湯切りで導け!男道アンサー』では、お題が毎回「ゆ き り」だけでは難しすぎるということで、「たいが」「みちる」「きざき」「はおう」「ちゃんぷ」「ゆきり」の6種類からサイコロを振ってでた目のお題を使って解答していきました。

    『オフサイド』では、「しょーへーのボケ道場」が炸裂。自己紹介ギャグを作ってみようと無茶振りを連発。『湯切りで導け!男道アンサー』では人見知りを克服して先輩プロデューサーと仲良くなる方法についてトークしました。





    ★放送後コメント

    ずんた:2ndライブ直後の放送ということでしが、時空が歪んでいるせいで僕らはまだライブ前だったりするんですが。最近このメンツでよく一緒にいますが、一体感も高まってきていますよね。
     
  • InSideレポート 第93回

    2017-02-10 22:00
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    プロデューサーの皆様、315プロNight!をご視聴いただきありがとうございます!

    この『InSideレポート』では、番組パーソナリティが放送では伝えきれなかった部分を、さまざまな形でお届け。さらにスタッフが撮影した前回の放送の模様も写真でご紹介致します。

    こちらはチャンネル会員向けのコンテンツとなりますのでご了承ください。我々のことをもっと深く知りたいというプロデューサーさん、ぜひチャンネル会員になってみてくださいね!




    ★StaffSideノート

    ここでは2月10日の放送の模様をスタッフが簡単に振り返っていきます。

    今回はゆうすけこと神楽麗役の永野由祐さんがゲストに登場。『315コミュニケーション』では翌日の2ndライブのためにリラックスをしたいというプロデューサーさんのために4人から様々なアイデアが飛び出しました。

    『ニュース315』ではキャスターをずんたと濱野大子(はまのん)、コメンテーターを世界的に有名な芸術家・ボンジュール永野さんが務め、その通訳をしょーへーが担当しました。アイドルマスターSideMと山梨のコラボグッズの詳細や、THE IDOLM@STER 秋葉原J@CKの情報が伝えられました。

    『サテライトサウンドスタジオ』は「THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 02」から神楽麗の『Echoes My Note』を聴きつつ、ゆうすけがレコーディング時のエピソードを語ってくれました。また、仙台でのお渡し会の思い出も一緒に披露してくれました。EDでは改めて一人ずつから翌日の2ndライブへの意気込みが語られました。

    『オフサイド』では、プロデューサーさんからのメールをご紹介。行ってみたい場所の話題では様々な候補地が飛び出しました。そして、前回に引き続きしょーへーのお笑いスキルを強化するためあらゆるボケの試練に挑戦していく『小松昌平強化企画 ボケ道場』を実施。ゆうすけとしょーへーの対決のはずが、最終的に4人全員での対決に発展してしまいました。







    ★放送後コメント

    ずんた: