ポイヒガッサ軸バンギラスドリュウズ砂パ(シーズン10使用構築)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポイヒガッサ軸バンギラスドリュウズ砂パ(シーズン10使用構築)

2015-07-14 08:00









    単独記事参照



    D厚めにすることで熱湯などを耐えた後の行動回数を確保
    Sは砂下で準速竜舞メガマンダ抜き
    他は変更なし



    砂の民御用達のD厚めのマンダ
    C特化珠バシャーモのめざ氷を最高乱数から2つ切って耐える
    Sはメガ後に最速霊獣ランド抜き
    硬い竜舞要員は強い



    ゲンガースイクンなどを元は採用していたが鉢巻カイリューの増加とガブの剣舞逆鱗の抑制を兼ねて採用した
    バシャからのバトン先の1つでありここからマンダに繋ぐと楽に勝てる
    Sは2加速で最速ガブ抜き



    ジャロゴーリやボルトゴーリ、クレッフィゲンガなどの対策としてラム持ちのバシャーモ
    そこにバトンを仕込むことで挑発を持たないボルトなどを起点にしていく。
    Sは135族に先制するために最速



    裏軸のエース。
    加速バトンから相手に何もさせずに楽に勝つ要員
    ビルド2積み+身代わりの対面を作れればガルヘラもハメ切れる素晴らしいやつ
    バトンが決まれば草なし受けループやゲンガーボルトなども殲滅していく
    ラム持ちが少なくゴーグル持ちなんて1回も当たらなかったので非常に安定した勝率を叩きだしてくれた




    最高レートは2108
    最終は1982くらいだったはず
    正直強い構築ではなく上手くメタが通っただけのその時期だけ強い構築だと考えている。
    特にガブガルゲンバシャスイクンボルトみたいな構築には無類の強さを発揮してキノガッサでの全抜きが多かった。
    バンドリュ+格闘2枚というアンバランスな構築だったので如何せん相性の悪い構築は多く負けるときは盛大に負けることが多かったので妥当なレートに落ち着いたのではないだろうか?
    ORASは育成数がほぼいなく構築を考えても育成する時間がないためにこんな構築で挑むことになってしまった部分が大きいのでまたレートやる機会があれば育成をメインに頑張って行きたいと思う。
    手抜きの記事ですが読んでくれた方ありがとうございました。








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。