専業主婦「無償なんておかしい!給料が欲しい!」旦那「分かったこうしよう」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

専業主婦「無償なんておかしい!給料が欲しい!」旦那「分かったこうしよう」

2016-07-21 00:33
  • 280
  • 23
※この記事は不快に思う方(女性)が居るかもしれませんので注意

専業主婦:A子さんの不満(結婚1年)

主婦って無償でやってるのよ
休みも無いし
そりゃあ専業だから家の稼ぎは旦那の給料だけど
それを家計をやりくりして色々頑張ってるんだからさ

ランチや女子会とか自分へのご褒美もたまには無いとね
一応お小遣いは貰ってるけどこれだけじゃ足りないし

いつも炊事洗濯をするのが当たり前だと思ってるんじゃないかって
本来ならお金を貰える労働をしてる訳じゃない?
それがタダっていうのも変な話で

そんな不満を旦那サマにある日ブチ撒けたら
案外理解してくれた


※参考データ(すっ飛ばしても良いです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一日の労働時間を8時間とします
炊事3時間、掃除2時間、家計管理1時間
子育ては休むことがないので8時間家事をしながら、ということで見てみると

家事=給食おばさんの時給 1,100円×3時間=3,300円
掃除=清掃業の時給 1,100×2時間=2,200円
買い物=ピザ、お弁当宅配 1,000円×1時間=1,000円
家計管理=一般経理事務 1,100×1時間=1,100円
子育て=ベビーシッター 日給1万円

週末はご主人と一緒になると半額になり
その他の業務を平日のみとすると
17,700円×20日=354,000円、土日5,000円×8日=40,000円で
394,000円となります。
残業代や雑務を含めると、また数字が大きくなるかもしれませんが
大企業の中堅サラリーマンの月給並ですね


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


という事らしい

これをネットで見たA子さんは

「専業主婦は何故タダ働きなんだろう?」

と思った

朝から晩までやる事は沢山あるのに休日手当も残業代も無い
おかしい




いう訳でタイトルにある会話になります

続き



旦那「成程・・確かに労働に対する対価は必要だね」


でしょ?そうでしょ?私休み無いのよ?

旦那「じゃあ色々金額を決めようか」

という訳で色々お互い話し合って決めました(上記データ参考)
食事は1000円
ちょっと高いけど作る手間もあるし仕方ないよね
朝早く出掛ける旦那サマの為にお弁当を作るのに5時に起きないといけないし

その他色々決まって全部やったら大体1日辺り1万5千円になりそう

やった!
でも大丈夫かしら?
稼ぎの半分以上貰える事になるけど、って言ったら
旦那サマはそりゃあ自分で家事をやる分は払わないよ、って笑ってた
まあそりゃそうよね
主婦にも休日は必要だし

これで子供が居たら年中無休だけど
今は子供が居ないからね

夕食を食べて旦那サマから1000円貰った
明日はランチにデザートを付けようかな

あ、実は夜の営みも60分1万円貰う事になりました
なんか風俗みたいだけど

翌日


旦那「あ、今日はお弁当作らなくて良いよ」

え?何で?

旦那「昼は吉野家で食べる事にするから。節約しないとね」


まあ早起きしなくても良いしまあいいか


旦那「あと洗濯は自分でするから、それと夕飯は要らない」


え?

今日はカレー作るつもりだったのに
じゃあ自分の分だけ作るのか、1000円貰い損なったな


旦那「自分の分を作るなら材料費は後で教えてね、請求するから」


は?
どういう事?
何で請求されなくちゃいけないの?


その夜旦那が帰宅して衝撃的な事を言われた

信じられない!
どういう事?


旦那「家賃と光熱費をお互い折半にしよう」


え?

何で?

何でそんなもの請求されなくちゃいけないの?

ここは私達の家でしょ?

旦那「この家のローンは自分が払ってる。だから家賃を払って貰わないと」


はあ!?

意味わかんない!
何なのコイツ!
金の亡者かよ


しかも自分の食事や洗濯等は自分でやるから支払わないとか・・
何で私が貰う筈なのに支払う金額が発生するの?

こんなのおかしいだって私は1年前から主婦やってたのに
お金を貰おうといったらいきなり取られる何て

と言ったら

旦那「今までの分は全額振り込んでおいたから」

銀行の口座には1年分のお金が入っていた
これでやりくりしなくちゃいけないの・・

それ以来旦那は自分の事は全部自分でやる様になって
私には全然お金が入ってこなくなった
夜の営みも全然無いし
このままじゃどうしよう・・



こんな旦那酷くないですか?






既婚者の方の感想を聞きたいですね
A子さん、旦那の両方の
独身の人は
「やっぱり結婚なんてするもんじゃないぜ」
なんて思わないように

自分の結婚ネタブロマガは寧ろ結婚を勧めてるつもりなんですが
お前がまず結婚しろよ

コメント荒れるかな


※追記(フォロー入れる事にしました)

ある主婦が
「家事で働いた分お金が欲しい」
と申し出たら
旦那が身の回りの事は全部自分でやるようになって
貰う金額より支払う金額の方が高くなってどうしよう
みたいな悩み相談のネット記事

を元に書いたものです
※主の創作ではありません

タダで働いてる、というのではなくて
本当は色々支払わなくてはいけなお金を負担して貰ってる
という部分をA子さんは忘れてるんでしょうか
家だったり税金だったり食費だったり色々ありますね

とはいえ家事をして貰う事を当たり前に感じては駄目ですね
うちのオカンがよくそんな愚痴を言ってました

夫婦(家族は)助け合う訳で
互いに思う事が結婚生活では大事なんですよ
俺結婚してないけど

安心して結婚して子供が育てられる国になって欲しいですね

よしこれで綺麗に纏まったよね・・纏まってない?


広告
他270件のコメントを表示
×
>>274
これ
育児なしの家事がどう考えても仕事に匹敵しないのは置いといて
仮に一人暮らしで働いているとしても稼いだ金の多くが結局衣食住に消えるわけで
このゴミはそれらを完全に負担してもらった上で更に家事に対する給金を要求してるんだろ?
本来はその衣食住に掛かる費用を負担してもらってる対価が家事なのに
まして子供いないなら小遣いあるだけでも十分すぎるわ
それ以上の自由な金が欲しいならパートでもして自分で稼げってこと
8ヶ月前
×
世間では「ねぇよ」っていう意見が大体ってのはコメを流し見で十分わかる
夫は自分のやる家事を負担してる相手を扶養してる→既に賃金の代わりとして支払いをしている
妻は外で働かない代わりに相手の分も家事をしている→賃金を貰っていない
っていうお互いの認識がズレてるのが問題なわけで・・・

主婦の基本は「自分の衣食住を保障してもらってる対価としての家事」なのを認識して無いとだめ

働くのイヤだけど自分の生活のために稼ぐ必要があるのはわかってる
そのもしもその対価として家事をやれって言われたら、ネットの時間削ってやるよ
毎日完璧にはできないけど
8ヶ月前
×
単純にこんなこと考え出したらもう終わりだよ。
すべてを効率的、ルール的に行いたいなら結婚しないで一人暮らししたほうがいい。

文句があるなら言えばいいし、その程度で壊れる夫婦仲なら将来的に破局する可能性大でしょ。
8ヶ月前
×
夫婦だろうが、友達だろうが、仕事だろうが思いやる気持ちが大事だよね。ほかの人も言ってるけど、しょうがないかって許せないと人間関係は辛くなるだけだからな。「やってやってるんだ」って思い始めるとそこからドツボにはまってこの記事の主婦みたいな結果に。
8ヶ月前
×
>>278
いや、全てを効率的にしたいなら結婚した方が良いです。
共働きなら見る見る溜まっていきます。
問題点は専業主婦が夫にぶら下がってるのに気付いてないってだけ。
8ヶ月前
×
そもそも家事ってなにかを生産するのではなく消費する行動だからそれに対して対価を求めるのは違うと思う。子供がいたら大変だとは思うけど。
8ヶ月前
×
独身で実家暮らし、これ正解。
8ヶ月前
×
家事って大変こともあるけど、そのじつ余計な仕事増やしてそれをこなして疲れてることも多い
2~3人暮らしで毎日洗濯、掃除するとかかなり無駄
会社でそんなことしてたらめっちゃ怒られる
できるだけ時間掛けない、不要、冗長な家事そのものを減らす、外注するなりして共働きしたほうが何倍も得
主婦やってて思うけど、状況によっては家事するニートぐらいの役割しか果たして無いし
2ヶ月前
×
 この専業主婦のA子さんが旦那さんを「金の亡者」と非難する発想がよくわかりません。あらゆる家事を金銭的な尺度で評価されるべき財・サービスとみなし、金銭的な評価をつけるよう要求し出したのはA子さんのほうでしょう。旦那さんがその要求に正しく応答したことの、どこが「金の亡者」なのか?
 すべての家事をマーケットで取引される財・サービスとして扱えと要求したAさんが、Aさんが行う家事を「購入」しなかった旦那さんに、どんな理由で「私(=Aさん)が貰う筈の」金額の負担が発生すると考えたのでしょうか?購入していない財・サービスに対して金銭負担が発生するわけないでしょう。Aさんが取り得る選択肢は、旦那さんが購入してもよいと思えるレベルまで家事の単価を下げるか、旦那さんが高い対価を払っても購入したいと思えるレベルまで家事の質を上げるかしかありません。
 むろん、Aさんが旦那さんと離婚すれば話は別です。Aさんが行う家事を、高いお金で買ってくれる新しい旦那さんと結婚するという手もあります。そういう新しい旦那さんがAさんと結婚するという保証はないので、その意味では大きなリスクを伴いますが、自由市場におけるビジネスとはおよそそうしたものです。
2ヶ月前
×
 「今の時代男性というのはお金の話ばかり」「専業主婦の辛さをわかってくださる自分の夫を少しは見習え」「この記事の妻は夫の愛を確かめたかっただけ」などと言い放つ清子さんのコメントをみるにつけ、清子さんは自分を甘やかしてくれるご両親やご主人にめぐまれたのだなぁとつくづく感じるとともに、清子さんに育てられたお子さんたちは男の子であれ女の子であれ、社会に出てさぞかし苦労されるだろうな、と思います。
 清子さんのご両親やご主人が清子さんを甘やかしたのは、おそらく、清子さんに金銭的な苦労をかけまいとする善意の動機から発していたのでしょう。ご両親やご主人の善意は、結果的には完全に仇となりましたね。
 他の方々もコメントされているように、清子さんのコメントは、今の若い人々の耳には、フランス革命前夜にマリー・アントワネットが発したとされる「パンがなければ、ケーキを食べればいいじゃない」という言葉と同じように聞こえるのです。「今の時代」の若い男性の多くが、清子さんのご主人と同じように、基礎的な衣食住をタダで、しかも豊富なお小遣いや休みつきで自分の配偶者に提供できないのは、配偶者に対する愛の有無の問題ではありません。この点、清子さんは根本的に考え違いをされています。
 清子さんの政治的な意味での親であり夫である自民党政権も、1980年代とは様変わりしました。このままいけば近いうちに配偶者控除は段階的に廃止され、専業主婦に対しても容赦なく税を課す税制に変わるでしょう。本来であれば、専業主婦の最大の理解者であり庇護者であるはずの自民党政権でさえ、働いて自力で生計を立てて税金を払って必死に生きている多くの若い女性の声を無視できなくなったのです。
 もし専業主婦に大して容赦なく課税されるようになれば、ご主人の態度も変わるかもしれません。清子さんは十分ご注意されたほうがよいと思います。繰り返しますが、これはご主人の愛があれば乗り越えられる問題ではありません。
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。