• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • FC東京リーグ制覇の一翼に…太田宏介が駆使するオランダで培った対人の強さ

    2017-01-18 20:00会員無料

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    a6f4f26332bc2b8b35184da5a420d4607e10a867

    文=元川悦子

    「この決断に至った理由はただひとつ『FC東京でリーグ優勝する』。篠田(善之)監督を男にしましょう!!」

     2017年の幕開け早々、FC東京はオランダ1部・フィテッセでプレーしていた太田宏介の復帰を発表した。2015年シーズン以来、2年ぶりの古巣復帰となる左サイドバックは決断理由をこうコメントした。

     横浜FC、清水エスパルス、FC東京、フィテッセと自分のキャリアを切り開きていた29歳の男にとってタイトルは未知なるもの。それを手にしなければ、不完全なサッカー人生になってしまうという意識がどこかにあったのだろう。オランダ中堅クラブであるフィテッセは目下リーグ8位だが、トップを走るフェイエノールトと20ポイント近い勝ち点差があり、優勝は絶望的だ。ならば、日本に戻って、大久保嘉人や永井謙佑らを補強したFC東京で頂点にチャレンジする方が早いと考えるのも不思議はないはずだ。

     2016年
  • 名門を復活へと導いた生粋の点取屋…紆余曲折を乗り越えた金崎夢生が目指す日本代表

    2016-12-12 21:00会員無料

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    4691069c6e6c3835c954231794bf7e094049269e

    文=元川悦子

     年間勝ち点1位の浦和レッズが圧倒的有利と見られていた12月3日のJリーグチャンピオンシップ(CS)。その予想を見事なまでに覆したのが、常勝軍団・鹿島アントラーズだった。

     彼らは11月29日のホームでの第1戦を不可解なPK献上で0-1で落とし、苦境に立たされてた。まさに崖っぷち状態で迎えたアウェーの第2戦、開始6分に興梠慎三の一撃を食らったのだから、チーム全体が混乱に陥ってもおかしくなかった。だが、アウェーゴール優先という今大会のルールをしっかりと頭に入れ、「2点取ればいい」とチーム全体が開き直った結果、最終的に2-1で逆転勝ち。J1年間タイトルを手中にすることができたのだ。

     値千金の2発を叩き出したのが、エースの金崎夢生だった。1点目は前半40分。ファン・ソッコのロングフィードを遠藤康が右サイドの深い位置から折り返したところにダイビングヘッドで飛び込み、豪快な一撃をお見
  • 世代交代の波にも負けず唯一無二の存在へ キャプテンが見せたW杯への執念

    2016-12-05 21:00会員無料

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    文=元川悦子

     11月15日のサウジアラビア戦(埼玉)を清武弘嗣(セビージャ)と原口元気(ヘルタ)のゴールで何とか2-1で勝ち切り、2018 FIFAワールドカップ ロシアの出場権を自動的に得られるB組2位に浮上した日本代表。本田圭佑(ミラン)、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)の攻撃3枚看板が外れ、大迫勇也(ケルン)、久保裕也(ヤングボーイズ)らフレッシュなタレントがインパクトを残したことで、日本代表の世代交代が一気に進みそうな雰囲気が漂ってきた。

    「自分より3つ4つ下の圭佑、岡崎、真司とかが外されてるんで、僕自身も『明日は我が身』っていう危機感もあります」とフィールドプレーヤー最年長の32歳、キャプテンの長谷部誠(フランクフルト)は神妙な面持ちでこう語っていた。が、長谷部はアジア予選が始まってから吉田麻也(サウサンプトン)とともに全試合フル出場を果たしていて、年齢による衰え