• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

世代交代の波にも負けず唯一無二の存在へ キャプテンが見せたW杯への執念
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世代交代の波にも負けず唯一無二の存在へ キャプテンが見せたW杯への執念

2016-12-05 21:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    文=元川悦子

     11月15日のサウジアラビア戦(埼玉)を清武弘嗣(セビージャ)と原口元気(ヘルタ)のゴールで何とか2-1で勝ち切り、2018 FIFAワールドカップ ロシアの出場権を自動的に得られるB組2位に浮上した日本代表。本田圭佑(ミラン)、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)の攻撃3枚看板が外れ、大迫勇也(ケルン)、久保裕也(ヤングボーイズ)らフレッシュなタレントがインパクトを残したことで、日本代表の世代交代が一気に進みそうな雰囲気が漂ってきた。

    「自分より3つ4つ下の圭佑、岡崎、真司とかが外されてるんで、僕自身も『明日は我が身』っていう危機感もあります」とフィールドプレーヤー最年長の32歳、キャプテンの長谷部誠(フランクフルト)は神妙な面持ちでこう語っていた。が、長谷部はアジア予選が始まってから吉田麻也(サウサンプトン)とともに全試合フル出場を果たしていて、年齢による衰え
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    サッカーキング インタビューズ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:2017-01-18 19:19
    チャンネル月額: ¥756 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。