• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

名門を復活へと導いた生粋の点取屋…紆余曲折を乗り越えた金崎夢生が目指す日本代表
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

名門を復活へと導いた生粋の点取屋…紆余曲折を乗り越えた金崎夢生が目指す日本代表

2016-12-12 21:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    4691069c6e6c3835c954231794bf7e094049269e

    文=元川悦子

     年間勝ち点1位の浦和レッズが圧倒的有利と見られていた12月3日のJリーグチャンピオンシップ(CS)。その予想を見事なまでに覆したのが、常勝軍団・鹿島アントラーズだった。

     彼らは11月29日のホームでの第1戦を不可解なPK献上で0-1で落とし、苦境に立たされてた。まさに崖っぷち状態で迎えたアウェーの第2戦、開始6分に興梠慎三の一撃を食らったのだから、チーム全体が混乱に陥ってもおかしくなかった。だが、アウェーゴール優先という今大会のルールをしっかりと頭に入れ、「2点取ればいい」とチーム全体が開き直った結果、最終的に2-1で逆転勝ち。J1年間タイトルを手中にすることができたのだ。

     値千金の2発を叩き出したのが、エースの金崎夢生だった。1点目は前半40分。ファン・ソッコのロングフィードを遠藤康が右サイドの深い位置から折り返したところにダイビングヘッドで飛び込み、豪快な一撃をお見
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    サッカーキング インタビューズ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:2017-01-18 19:19
    チャンネル月額: ¥756 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。