• 2016年8月に生まれ故郷の川西に行った話(後編)

    2017-11-12 23:001

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     という訳で、前編の続きです。能勢電鉄山下駅から川西能勢口駅に戻ってきました。それにしても本当にデカい駅だよねぇ川西能勢口。何度も言うけど、俺がガキの頃は2面2線の平屋建て(※チョロっと地下層あったけど、ほぼほぼ平屋)だったのにな。引っ越してから10年でここまでメガ進化してて本当にビックリする。






    川西能勢口駅ホーム。 14:52






    ホーム下のコンコース 14:53






    駅の南出口。あれ?ジャスコは? 14:53



     駅の南口ってジャスコとかマクドとかあったやろ。もうないの?ジャスコの最上階に向かうエスカレーターがむっちゃ細くて、今回もアレに乗るつもりだったのに。もうないのかー。あとジャスコの隣のマクドも私が小4か小5で新しく出来て、オープン記念イベントでは屋上でドナルドがなんか色々やってたり、帰りにはポテトS無料券を配ってて、何度も列に並びなおしてたりしてたが、あれももうないのか…。私の知ってる施設がまた1つ消えていったなぁ。まぁ折角なんでこの広場もプラプラするかね。






    駅でけーなー。 14:54






    え?なんで川西に金太郎像が? 14:54






    坂田金時の墓って川西にあったのか。 14:54



     まぁお墓があるなら一応の筋も通ってるっちゃ通ってるんだろうが、どうしても金太郎って言うと神奈川県南足柄市だよね…。



    https://www.city.minamiashigara.kanagawa.jp/kankou/kintaro/kintarodensetu.html

    南足柄市HP



     ちなみに伝説としては足柄山に戻ってそのまま姿をくらましたという猫のような習性を持つように上のリンクに書かれているが、有力な説としては勝央町(岡山県北部)で熱病にかかって亡くなられたらしい。他にも出生や存在自体を疑う説もあるが、まぁそこに大々的に触れるつもりはない。ただ言いたいのは川西市で金太郎って違和感あるよねってことだけ。しかもお墓のある満願寺ってほぼほぼ宝塚市だしね。(周りがガッツリ宝塚市なんだけど満願寺近辺だけ飛び地で川西市になってる。)






    満願寺の場所



     あと、満願寺のちょい上にある川西明峰高校は元ヤクルトの古田敦也さんの出身校です。そして話を戻すが駅前にはROUND1川西が。駅の近くにデカいゲーセンができるっていい環境だよなぁ。まぁ10年前にも行ってQMAしてるんですがね。






    10年前のQMA






    10年前のMFC



     R1は後回しにして、昔住んでたあたりや小学校をチロっと回ってきましょうか。






    川西能勢口の北側。やっぱデカい。 14:58






    パルティ川西 15:00



     パルティ川西まだあるのなー。ちなみに私が小6の頃に出来たビルで、当然のことながら当時新築のビルだったのだが、やっぱ30年経つといろいろ変化があるよなぁ。あと、パルティが出来てすぐの頃の新聞広告で「●●月××日14時からパルティ川西1F●●でファミコン大会を開始します!みんな参加してね~。」ってのがあったので、友達と3人で行ったのだが、決まった時間になってもウチら3人しかいない。スタッフすらいない。なんじゃコラ。仕方ないから主催してる会社の事務所(そこのビルの2階)に行ったら「え?あーファミコン大会?本当に人来たんだ。じゃあ、やるか。」っておそらく20代のやる気ない兄ちゃんに言われたが、そんなんならなんで新聞広告にファミコン大会やるよ!とか載せたんや。結構お金かかってるだろうに。でまぁ、テレビとファミコンを1階の会場(※階段の下のちょっとした隙間w)で3人で適当にシューティングゲームをやって一番スコア出したヤツが優勝~♪って言われただけで終了して、若い社員は速攻でテレビとファミコンを撤収するという悲しいファミコン大会の舞台でもあったパルティ川西。やっぱ実際に来てみると色々思い出すもんだなぁ。






    フランス菓子アリス 15:01



     ここも私がガキの頃からずっとある洋菓子屋さん。ただ店内に入った記憶が1回あるかないかなんで特に思い入れはないですが。






    かわにしひよし保育園。



     ここは私の出身幼稚園だった場所。私が幼稚園に居た頃にこっちに引っ越す事になって当時の私にしてはクッソ重たい椅子と机を移転先まで持って歩いたイヤな記憶が40年近く経ってもビッチリ脳裏にこびりついてるwちなみに、その幼稚園もいつの間にかなくなってしまい(廃園なのか移転なのか不明)が、たま~に(10年単位)来てみると公民館になってたり、老人ホームになってたりと不安定な場所だったが、約1周して保育園になってる模様。まぁまた10年後くらいに見に行ったら全然違う建物になってる可能性もあるのだがw






    小1の途中~小学校卒業まで住んでたトコ 15:09



     一番奥の左側に住んでました。ちなみに、右側にアパートみたいなんが建ってますが、これは95年の阪神大震災の際に倒壊して、その跡地をアパートにしたらしい。もう当時の知り合いとかほぼいないんだろうなぁ。それと、昔自宅だった場所とは言え今は全然違う人が住んでる全く違う街なので、長居はできずとっとと先を進むことに。






    そこからちょっと離れた酒屋 15:12



     ここは30年前は昼間だろうが夜間だろうが、店の立ち飲みコーナーで出来上がったオッサン達が居たものだが、店が閉店したのか、たまたま休みなのか、何かしらのチカラが働いて立ち飲みが出来なくなったのか。まぁ出来上がったオッサン連中の前を通るのは子供心にちょっと怖かったから、立ち飲みコーナー廃止なら止むを得ない気もします。






    この度、自民党中国ブロック比例で当選した杉田水脈さん 15:12



     結構この人も所属政党がコロコロ変わっちゃう方だが、ただ、某国や某国が「日本は第二次大戦の折に我が国の女性を奴隷にした!暴行した!」というデッチアゲを国連において全力でロビイストする人達に対抗してきた貴重な存在でもあるので、今度(2017年10月)の総選挙での当選は嬉しく思います。ただ、パッと見「どこのキャバ嬢のポスターだよ!」って思ってしまったのは内緒の話。






    川西給食センターK.K. 15:13



     ここも変わんないねー。中が営業中なのかどうかはわからんが。あとK.K.は株式会社の略称。最近あまり見なくなりましたが、昔は結構この表記が多かった。






    極楽湯 15:13



     え?ここまだ営業してたのか。全国的に銭湯の数は減っていってて、ピーク時の昭和43年に比べて1/4にまで落ちてる現状から言ってもう無くなってるものかと思ってたが、まだ営業中だったとは。子供の頃に月2~3回くらい行ってましたね。家に風呂はあったんだけど、ここまで歩いて銭湯に入って、コーヒー牛乳を飲んで帰るのが楽しかった記憶。ただ、営業開始が16時だったので今回は入れなかったが、次回はタオル等用意してこの時間に合わせて入るのもいいかも知れない。でももう銭湯の中がどんなだったか覚えてないだろうなw入れば思い出す部分もあるのだろうが。






    川西市庁舎 15:13



     あの悪い意味で有名な元兵庫県議会議員・野々村竜太郎が15年近く勤めていた川西市役所(ここの庁舎勤めなのかどうかは知らんが)。あと建物に波打ってますけど、肉眼で見ると波打ってる部分は無く普通の庁舎となっております。念のため。



     ちなみに川西市と言えば、市章がバスケットボールのデザインに似ており(バスケットが盛んとかそういうのではなく、川と西の字を○の中に収めようとした結果、バスケのボールに似ることに)、市の形はタツノオトシゴにそこそこ似ており、なにより清和源氏発祥の地で、源満仲公が色々あって旗揚げした地でもあり、満仲公のお墓もあり、満仲公の息子・頼光公の墓もあり、毎年GWには多田神社で「源氏まつり」が華々しくとり行われ、有名人も何人か輩出して、郵便番号が5ケタだった頃の川西市中心部の郵便番号が666(※言わずと知れた悪魔の数字)で、野々村竜太郎が15年近く市役所職員をしていたという,良い意味でも悪い意味でもネタが豊富なんだから、金太郎(源頼光公の部下・坂田金時)のキャラクターはすっぱり諦めて南足柄市にお任せした方がいいんじゃないかなぁと元川西市民として思います。



     そうそう、あと「三ツ矢サイダー」の三ツ矢って大昔に川西市平野あたりを治めてた「三ツ矢氏」が由来。で、このあたりの鉱泉から出る炭酸水が理想的だという事で明治時代にここに工場を置いて作られたのが「三ツ矢平野水」だったりするんだ。最近じゃこの言葉を使うこともないが、炭酸水の代名詞「平野水」の「平野」とは川西市平野のこと。



    http://www.asahiinryo.co.jp/entertainment/history/mitsuya/history01.html

    三ツ矢サイダー公式ヒストリー






    30年前は駄菓子屋でした。 15:12



     どうも閉店した模様。ここのガチャガチャとかよくやってたな~。なめるなよのガチャなんてこづかい一杯回した記憶があるわw、あ、ちなみに「なめるなよ」は「なめんなよ」や「なめ猫」の丸パクリガチャです。おそらく全国的に広まってたんだろう。尚、なめ猫に関しては有名すぎるんで、知らない若い子はググって下され。






    小学校前の横断歩道 15:24



     …あれ?ココこんな広かったっけ?こんな広々とした視界の交差点だったっけ?と思ったこれはすぐ解決した。横断歩道の真ん中に金物屋さんがあったんだ。で、横断歩道の途中に島があって渡りきれない時はそこに止まってたんだけど、それがなくなったのか。てか現在のこの場所をグーグル先生の航空写真で見てみたら、結構な量の土地・家屋を潰して道路に回してんな。まぁ、人も増えて交通量も増えたんだから仕方ないっちゃ仕方ないのだろうが。






    川西市立桜ヶ丘小学校南門 15:26



     小学校の頃は毎日ここの門をくぐって、階段登って学校行ってたな~。さすがに中には入れないかな?と思ったが、西門が普通に開いててこっちからなら入れそうだ。






    西門 15:27






    ちょっと入った所 15:28



     おー、本当に懐かしいな。小学校の敷地内に入るのも28年ぶりじゃないかな?いやぁそっかーここかー。ちなみに目の前にあるのが学舎で、高台にあるのが体育館。あと右下にあるなんかペイントした壁はウチらの頃にはなかった。どっかの代の卒業記念なんだろう。てか体育館って歴代の卒業者一覧があったんだけど、今でも残ってるのかな?






    正面 15:28






    あー、このへんはあんま変わらんねぇ。 15:29



     ちなみにグラウンドでは少年野球をやっていて数名の保護者になんか変な目で見られてたが、大丈夫ですよー。子供たちには興味ないんで。興味あるんは校舎や敷地だけなんで。ホホホ。



     と、そんな感じで西門から出たが、ついさっき(※2017年11月)グーグル先生の地図見るまで知らなかったが、実は西門を出てすぐ前の家の住所が宝塚市w今の今まで全然知らんかったわ…。



     あとグーグル先生の航空地図で川西の街を見ててもう1個ビックリしたんが、川西能勢口の駅周辺はそうでもないけど、そこから北の住宅地の区画整理が凄い。道路や通路が定規(直線・雲形)で引いたんかってくらいむっちゃキレイな区画になってる。川西能勢口・滝山・多田の駅周辺以外が本当にキレーな線(道路)引いてる。川西市自体が大阪・神戸のベッドタウンとして進化してきた結果なんやろなぁ。クッソ几帳面なヤツが「A列車で行こう」で1から住宅地を作ったような出来になってる。なんのことかわかんない人はグーグル先生の航空写真で川西市を見てみてくれ。てかこんだけ宅地整理されてて、しかも高めの運賃で走って、能勢電鉄ウハウハじゃねーの?と思いきやどうもそうでもないみたいね…。






    川西市総合センター 15:33



     小学校の近くにある公民館。ここでよく遊んだな~。最上階に小っさい体育館があったりトランポリンがあったりして遊んでました。あとこのへんが幼稚園の移転前の敷地。






    デッカいマンションよのぅ…。 15:35



     昔あった阪急ショッピングセンターの跡地に建った巨大マンション。日本全体の人口は減少傾向でも、京阪神のベッドタウンとしてまだまだ需要はあるっぽい。あの山下駅の近くにもデカいマンション建ってるしね。これはさぞ、賃料もブッ高いことになってるんだろーな。って思ってネットで調べたらそうでもないな。ワンルームなら4万円5万円のトコもあるのね。しかも場所もそんな悪くない。(※さすがにこの写真のマンションは高いと思うがw)いやまぁ、今更川西に住もうとは思いませんが。



     あと、小6当時は毎週月曜と木曜に小遣いを120円もらえるという仕様(なんでそうなったのかは理由があるんだが、メンドいので省略)で、木曜には阪急ショッピングセンターの菓子屋がビックリマンチョコを箱で仕入れて並べる曜日で、真っ新な箱の中から左側の前から1~4つ目を買ってたのだが、ほぼ確実にスーパーデビル出てた。何回か買ったのを前から1番目から4番目にわかるようにしてチェックしたが、左側の前から4番目には高確率でスーパーデビル(本体だったり、偽神タイプだったり)が出てましたね。懐かしい。あと第1弾の頃には左側の前から天使・お守り・悪魔・悪魔の順にキチーっと入ってたのは今からじゃ信じられない話なんだけど、本当の話。あと第2弾はシャーマンカーンがアホほど出てた。私だけじゃなくてみんな。とても1箱に1枚とかいうレアな出現率じゃなかった。あ、そうそう、このあたりはかなり早い時期にビックリマンブームが来てました。全国的にはコロコロに取り上げられた第5弾~第6弾あたりがブームの起こりだが、桜ヶ丘小学校区内では第2弾から大ブームでこの時期から朝礼で「ビックリマンチョコを買って、シールだけ抜いてチョコを捨てることが頻繁に起きてますが、食べ物を粗末にしないように!」なんて言われてたりしてました。マジで。そんなことを思い出したりしてました。



     それにしてもやっぱこのマンション浮いてんなー。川西って能勢口駅近辺はメガ進化してるけど、駅周辺以外は昔の雰囲気が結構残ってるんだよね。A列車で資材が駅周辺しか行き届いてないゲーム初心者にありがちな失敗をやらかした都市みたいな感じで。なもんで、ちょっと離れた閑静な場所にこんなん建つと浮くし目立つ。あと、遠目に見ても駅周辺のメガ進化具合が本当にヤバいw






    R1川西 2016年9月に閉店。 15:42



     なんですとー!ここ閉店すんのか。まぁ閉店直前に来れてよかったが、もうプライズ・プリクラ・メダルばっかりでアーケード筐体なんてほぼ無かった。QMAもMFCもなんもなかった。10年前は普通にゲーム筐体が並んでたものだが…。てか銭湯より先にゲーセンが閉店するとは思ってなかったw






    西友川西店 15:47



     中にチロっと入ったけど、ここはあんまかわらんね。再開発の対象にされなかったのか、再開発の話があるにはあったが蹴り続けていたのか。ここもいつまで持つんやろかね…。






    生まれてから小1の途中まで住んでた場所。 15:52



     もちろん私が住んでた頃はこんなオサレなマンションだった訳じゃなく、坂道の段差に合わせて1戸建てが4棟づつ並んでる宅地だったのだが、この1列4棟×3段か4段の家が95年の阪神大震災でほぼ全て倒壊してしまって、その直後は駐車場だったのだが、いつの間にかこんなマンションが出来ていた。ま、こんな感じで軽く川西市周辺をウロついたし、そろそろ梅田に戻ろうか。






    駅ナカで買ったたい焼き。 16:02






    梅田までの約20㎞が270円 16:19



     …山下から川西能勢口までの9㎞もないのが290円ってやっぱ能勢電鉄は高いよね…。まぁそんなこんなで梅田駅に到着しました。それにしても十三から梅田までの宝塚本線・京都本線・神戸本線の3つのメインどころが走るあの線路まみれの区間は何度見てもいいわぁ。






    阪急京都線・特急河原町行き 16:27



     子供の頃、これに乗るのが憧れだったなー。宝塚線って特急列車もボックスシートも存在しなくて(※30年前の話ね。)京都線や神戸線の特急の赤地の文字は本当に憧れだったし、今見ても「キュン!」とするものがありますねぇ。






    阪急ホームの両脇にある喫茶店 16:28



     ここもマニアにはたまんない場所。単なる駅ホームにある喫茶店として利用するのもいいんだけど、窓側に座って、行き来する阪急マルーンを眺める最高の場所。ここも1回は行っときたいな~。



     まぁあとはいつものラーメン屋行ったり、いつものボートピア梅田に行ったり、いつものラウンドワン梅田に行って帰りました。






    いつもの。 16:43






    いつもの。 17:11






    頑張れ茅原クン 17:17






    いつもの。 17:37






    大阪駅 18:22






    岡山駅 21:12



     と言う訳で、こんな時間に帰ってきました。思ったより楽しかったし、色々発見もあった1日(2016年8月27日)でしたね。あと、この時期って冒頭にも書いたが、猿のようにデレステやってた時期で、特にこの日が「Near to You」のイベント最終日で、この曲聞くとこの日全体のことをよく思い出すし、当時Pro曲埋めでやってた曲とかも、その曲聞くとこのあたり思いだすとかあの曲はあのあたり思い出すなどデレステの曲とこの日の思い出が連動してしまっているのだが、ただ、旅行中にデレステやってると行っても岡山=大阪のJR区間のみで、大阪で降りて山下・川西に行って、大阪に戻るまでデレステ全然やってないのに、脳の中で勝手に曲と場面が結びついてる。1年以上経った今でも曲と川西市内の場面が結びついててデレステでその曲やっててふっと思い出す脳の構造は本当に凄い。



     あと、子供の目線で見た建物や道は大人になってから見るのと全然違うんだってのを肌で感じられたのが一番の収穫だよなぁ。よく小説とか物語で「大人になってから子供の頃に住んでた街に行ってみると、あんなに大きな街が小さく感じた」なんて言われるけど、それを肌で感じる機会なんてそうそうない話だと思う。小5~6の2年間のあいだで週2回病院に通う為に行ってた街(山下)だが、小学校卒業と同時に岡山に越してきて、川西能勢口駅周辺とか昔住んでた家とかはなんだかんだでちょいちょい行ってたし、むしろ川西能勢口駅に至っては引っ越した当時の数倍デカくなってたもんだから実感わかなかったが、駅や街のサイズ自体が変わらなかった山下周辺に30年ぶりに行って、その感覚を感じられたのは本当に良かった。



    http://twilog.org/socks_of_MESH/date-160827

    その日のtwilog



     まぁ、今回はこんな感じで。(-_-)ノ


  • 広告
  • 2016年8月に生まれ故郷の川西に行った話(前編)

    2017-11-10 06:301

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     今更でなんですが、去年の8月末に生まれ故郷の兵庫県川西市に行った話をしようかと思います。別にブロマガのネタが無くなった訳じゃないんですが、この話やろう、この話やろうと思ってるウチに1年以上経っちまってねぇ…。他の人が見てどう思うかは別として、個人的に面白いエピソードが満載なんですわ、この話。じゃあなんでここまで先送りのかと言うと、あの当時って猿みたいにデレステやってたからなぁ…。先延ばしにしまくった結果、ここまで延びました。こういう状況を一言でいうともう本当にバカですね。



     そんな訳で去年の夏に余った18きっぷで日帰りで生まれ故郷に行った話スタートでし。家を8時に出て、9時には岡山駅に着いて、山陽線ホームに相生行きを待つ。






    5つ全部埋めた18きっぷ 2016/8/27 08:43






    一番下の相生行きに乗ります 2016/08/27 08:59






    相生での乗り換え2016/8/27 10:22



     相生から新快速に乗って大阪まで行ってそこで下車。大阪では10年ぶりに阪急梅田駅に移動。この階段も久しぶりだね~。川西に住んでた頃は梅田に出たり、爺ちゃんチに行く時にはこの階段を上り下りして市バスに乗り換えたものだが、岡山に越してきてからはもうトンと通らなくなってしまった。特に知り合いもいないし、小学校の同窓会は俺呼ばれることすらないしねwまぁ、そんな感じではあるのだが、それでも一応生まれてから小学校卒業まで居た場所というのはそれなりに思い入れもあるもので。そんな訳で10年ぶりに行ってきますわ。






    阪急梅田駅2016/8/27 12:14






    川西能勢口経由で能勢電鉄・山下駅まで。2016/8/27 12:14



     阪急電車はカラーリングが昔と変わらなくていいね~。外も中も。安定の阪急マルーン。素晴らしいね。これに乗ると色々思いだせて本当に良い。まずは阪急宝塚線の急行で川西能勢口まで行き、そこから能勢電鉄に乗り換えて山下駅まで。ちなみに川西から岡山に引っ越して以降も川西能勢口駅周辺は3~4回来てるんだけど、能勢電鉄は引っ越して以降乗ってないから30年ぶりだし、山下駅も当然30年ぶり。ちなみに山下駅は小学校5~6年の時に先天性のホルモン異常で山下駅近くにある市民病院に通っていてそれで馴染みがあったんだけど、引っ越して以降は割とスポーンとその存在が飛んで行ってしまってたのだが、今回の日帰り旅行のちょい前に思い出したこともあり行ってみることに。30年ぶりに。てかみなさん、どこかしらの場所に30年ぶりに行くってやったことあります?私は初めてですよ。結構ドキドキするなw






    阪急・川西能勢口駅 12:43






    のせでん 12:42



     という感じで川西能勢口で乗り換えての能勢電鉄。久しぶりだねー。てか30年前は阪急川西能勢口駅ってほぼ平屋の2面2線ホームで、ホームの長さが足りなくて、最後の車両ははみ出てて降りる為にはホームに収まる車両に移動して降りるくらいのこじんまりとした駅で、その隣に1面1線の更に短いホームの能勢電鉄・川西能勢口駅だったのだが、まぁ、高架駅&3面5線で阪急と能勢電の乗り換えが改札通らなくてもいい便利な仕様になっててビックリしてる。30年前には隣り合わせてるといっても2つの駅が単に隣に建ってるってだけで、乗り換えようと思ったら駅を一旦出なくちゃならなかったし(しかも東出口に出ると能勢電の入り口は無く、西出口に隣接してるだけ。)、20年前の高架駅化の時でも乗り換え時には改札通らないとダメだったのだが、梅田からの急行が停まる3番ホームのすぐ隣の4番ホームに能勢電鉄妙見口行きが停まっててスムーズに乗り換えられるありがたい仕様に。すげーなマジで。



     さぁ、そんな訳で30年ぶりの能勢電鉄だが、川西能勢口駅周辺が30年前に比べてメガ進化してることもあり、どんなもんじゃろなぁと思っていたのだが、あんまり変わってなくてちょっと安心した。駅名標が緑色の見慣れない物になっていたが、それ以外は本当に当時の雰囲気が結構残ってる感じで安心した。そして能勢電に乗って揺られること約20分。山下駅到着です。さぁ、小5~6の頃には週2回で来てた思い出の地はどうなってるかね?ふふふ。






    能勢電鉄山下駅 13:03






    能勢電鉄山下駅 13:03






    能勢電鉄山下駅 13:03






    能勢電鉄山下駅 13:03



     うわぁ、ほとんど変わらんやん。懐かしーな…。とは思うんだけど、なーんか頭のどっかで引っかかってるんだよね。記憶の中の山下駅とあんま変わってないはずなんだけど、頭の中のどっか隅っこで「違うよ!大きく違ってる部分があるよ!見逃してるよ!」って感じの違和感が出てくる。すっげぇモニョる。てか30年前の細かい仕様なんて覚えてるはずないのに、そんな信号出されても困るわー。俺の脳味噌ポンコツやのぅ。なんて思いながら改札を出る。






    さすがに手動改札は自動改札になってたw 13:08






    物販コーナー 13:08






    物販コーナー 13:08






    ズームイン13:09



     うわぁぁぁぁあああああ。ミニチュアマグネットの①と⑧と⑭欲しいー!欲しいヤツがピンポイントで売り切れてるて!まぁどっか買うってなったら普通そこだよなぁ。ちなみにこれは阪急電鉄の方のHPにレールファン阪急ってページがあって、そこで毎月違うヘッドマークのミニチュアマグネットを販売してるらしい。



    http://www.hankyu.co.jp/railfan/

    レールファン阪急



     ①と⑧と⑮を再販してくんないかなー。あと急行仕様の「梅田=宝塚」「梅田=雲雀丘花屋敷」特急仕様の「梅田=河原町」「梅田=須磨浦公園」あたりもほしいな。ていうか、通販ないのー?通販ー。なんでマグネットは通販対象から外れてるんやー!販売場所がこれらの駅って全部遠いわ!ぐぬぬ…。







    自動券売機 13:10



     自動券売機です。去年の7月くらいのブロマガで1回触れたが、30年前に5円玉が通じた券売機ってのがここ。さすがに現在は無理ですが。当時(30年前)の券売機ってあんなヘッコんでなくて、平べったくて、券売機が濃い赤紫みたいな筐体でした。まぁあれが今でも残ってたらそれはそれでおかしいわな。当然タッチパネルなんてものはなく、値段が書かれたボタンが並んでるだけ(大人料金は上段で、子供料金が下段(大体赤色で表示)で、券売機によっては子供料金のボタンには簡単にいたずらしないようにフタ付いてるヤツ。若い人にはピンと来ない話で申し訳ないが。)のシンプルな券売機が今あっちゃ困るよね。当時と違ってIT花盛りなんだし。






    やっとこ駅を出る。駅を出て左側 13:12



     あー、ここは変わったなぁ。こんな広々としてなかったwてかバス乗り場はもうちょっと先だったしね。まぁ駅前にあった方が機能的ですが。






    駅を出て右側 13:13



     ここも変わったね。白いビルの所から茶色いビルの所までチャリ置き場だった。






    駅入り口 13:13



     ここは変わんないなー。おそらく30年前のままだわ。懐かしいわー。






    駅前通りをしばらく歩いた先 13:16



     ちょっと歩いたけど、やっぱ建物の配置がガラッと変わってるな。あのピンク色の建物の所は30年前はスーパーじゃなかったかな?あとこの写真の駐車場のあたりが阪急バス山下駅前の旧・バス乗り場。バス停の位置変更の時に色々あったんかなぁ。






    標識 13:27



     ちなみに小5~6の頃は色んな徒歩ルート開発したるわー。冒険やー。この界隈あっちこっち行きまくったんでー。みたいな感じで駅周辺の地図はほぼほぼ把握してたのだが、30年前の話でもうあんま覚えてないし、駅から見える場所にすんげぇデッカいマンションが建ってたりして、もう当時と位置関係が違うものになってるから当時の勘を覚えていてもアテになるもんじゃない。この標識を見ながら市民病院を目指すしかないかねー。






    こんなバカでかいマンション30年前は無かったよ…。 13:23






    川西市は清和源氏発祥の地で、それ関連の史跡がちょいちょいあります。 13:25






    あー、この道この道。懐かしいなぁ。奥のクリーム色の建物が市民病院 13:26



     とまぁ、ここまで歩いて来た訳だが、覚えている所もあれば、覚えてない所や変わってしまった所もある。なにより駅で感じた違和感がここまでずーーーっと引っかかってるんだ。何かが違うよってもわもわ違和感信号出してくる。なんやろなんやろって引っかかったままだったが、市民病院の前に来てやっとそれが判明する。






    市民病院前交差点 13:29



     あー。これか。やっとわかった。サイズ感が違うねん。小5~6の手足が伸びきってない時期(身長122㎝)に見た景色と大人になった今(165㎝)では見た景色はそら違うわ。で、この交差点よく覚えてるのよ。薬局は当時お好み焼き屋さんだったんだけど、当時はもうちょっと大きい交差点だと思ってたのよ。横断歩道を渡るのもちょっとメンドいくらい。今見るとテテテーで済む距離だけど、当時はもうちょっと長い距離に感じてて、で、区画整理で微妙に短くするなんてことはなずないし、交差点のサイズは変わってないけど、今と昔で距離感が違うってことは自分の感覚が違ってるからや。やっと分かった。山下駅に着いた時から感じてた違和感も全部コレ。山下駅も全然変わってないはずなのに、違和感あるなーって思ってたけど、当時はもうちょっと大きい駅だと思ってたんだよね。ホームの端から端まで走ったらバテるくらい。それが今見るとそんな大きな駅じゃない訳。これが小学生の頃に見た景色と、30年経って大人になった後に見た景色の違いやったんや。なるほどなー。生き続けてるとこういう発見もあるもんだねー。まぁホームの端から端まで走ったらバテるってのは、今走ったら別の意味でバテると思いますがw



     過去には19歳に行った旅先(長野県飯田市)に38歳になって19年ぶりに旅に出て、忘れかけてた記憶が一気にバババババッと思いだして頭の中が洗い流されたような感覚にはなったけど、あれはもう19歳で手足が伸びきった後に見た景色で、感覚的に一致してたからってのもあったが、11歳と42歳とじゃあ離れすぎて違和感が湧くのね。人生、生き続けてないとわかんないことだらけやわ。




    19歳と38歳のはコレね。



     それから後は、当時の感覚と今の感覚を修正しながら歩いていく。市民病院の中にも入ってみたかったが、さすがに土曜日の昼過ぎには無理だった。






    この狭い小路はよく通ったなー。 13:30






    川西市民病院 13:30






    ガッツリ閉まってました。 13:32



     病院近辺で軽くブラブラして、そこから山下駅に戻る為に病院の前の道を出て歩いていって、出会う交差点だが、来る時は標識の通りに来たんだけど、ふと思ったのが、小5~6の時のあっちこっちの冒険ってのも今から考えると別に大した距離じゃなくね?小さい頃の感覚では駅から病院まで結構離れてる感覚で、あっちこっちの道を曲がったり曲がらなかったりして探検してたけど、多分その道も今通ったらなんてことはないんじゃ。ちょっと行ってみるか。






    病院を出ての道を歩いた先の交差点 13:44



     来た道をなぞるならデカいマンションの前で曲がるんだが、探検してた中でもお気に入りでまだなんとか覚えてる方の、この道をまっすぐ行った突き当たりを左に曲がるルートで行ってみようか。まぁ大した距離じゃないことは来る時にわかってるから、迷ってもすぐ復帰できるだろう。そんな訳で行ってみました。






    突き当たって左に曲がる 13:48



     この壁も子供の目線からはもの凄く高いものだと思ってたが、こんなもんか。てか上に線路が走ってるってのを今知った。子供の目線だと電車も架線もなんも見えなくて、この上に工場かなんか建ってるものだとずっと思ってたわ。こういう子供の頃の勘違いって掘り返したらもっとあるんだろうなぁ。






    さっきの道の突き当たり。 13:50






    右側の道を選んで進むと突き当たりにはさっきの旧バス停w 13:50



     やっぱりだ。すぐだ。大した距離でもルートでもなかったわ。子供の頃の記憶なんてアテにならんもんだなw30年ぶりの山下駅前探訪は発見が多いな。来て良かったわ。はー。






    駅前の教会。何を開く気だw 13:55






    阪急バスのこの色も変わんないねー。いいね! 13:59






    山下駅運賃表 14:00





    は?5万匹て何? 14:05



     最後のはちょっとビックリしたわ。なんやねん5万匹て。駅構内で3DSのすれちがい整理してたら、まさかの結果が。その下の2万匹前後もこの年の元日にアキバをウロついてた時にすれちがったもので、2万匹でもかなりの匹数だったのに、5万匹て。しかもすれ違った時間を見るに、梅田や阪急電車内での話じゃない。川西能勢口から能勢電鉄に乗って以降の話だ。アキバの猛者でも2万匹なのに、そこをダブルスコアでいなすのが能勢電界隈にはいるのか…。恐るべし能勢電。まぁ、この年の年末にアキバをウロついてたら5万匹超がもう2人いたんだけどな。







    2017年10月現在






    最近じゃめずらしい、回転式発車標 14:22






    このホームの長さも当時は1.5倍くらいあると思ってたなー。 14:25






    川西能勢口までの10㎞足らずに290円て高くね? 14:28






    阪急マルーン。 14:31






    またまぁ懐かしい車両が…。 14:31




     で、川西能勢口駅に戻ったのだが、今回はここまで。文字数の関係でここで切ります。続きは後編で。



     まぁ、今回はこんな感じで。(-_-)ノ


  • メシュラン(2017夏)

    2017-10-16 19:001

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     あっと言う間に10月も中盤ですね。いやはや。私もなんとか胃腸を治すべく水分を絶やさなかったり塩分補給したり、3連休の時にはいつものメンツでスマホではデレステ麻雀やりつつ、PCではTwitterのDMグループの画面でデレステや麻雀の感想をわいわい言いながらやってたりしてました。まぁ今回の目玉のシーンと言えばやっぱアレだな。南1局の時点で私が6千点くらいしかないダンラス状態だったのだが、南1局で倍満(子)ツモって、南2局で跳満(子)ツモってこの2つの和了でダンラスから一気にトップ逆転し、南3局では満貫(親)ツモってブッチぎりの大トップ状態で、こりゃこの半荘は圧勝やな!わはは!って思ってたらオーラスでちくが国士ツモってあっさりマクられたあの半荘wてか浮き沈み激しすぎだ俺w



     さてさて、夏ドラマとか夏アニメが無事終わって秋になりましたね。夏が良かったり悪かったり、秋への期待と不安などありますが、そのへんを一気に語ります。いつもの3つ星評価で。



     [★★★]ひよっこ


     むちゃくちゃ面白かったなぁ。いい朝ドラだったわ。奥茨城村の農村で育った谷田部みね子が、父親が急遽蒸発しなければ普通に農家の娘として生きて、適当に近所の家に嫁入りする平凡な人生を送るはずが、東京に出稼ぎに行き、仕事面で最初難があったがそれもクリアして乙女寮のみんなとも仲良くなったけど、その年末に東京五輪(1964)後の不況の煽りを受けて向島電機が倒産して、乙女寮のみんなとも離れ離れになったがここからが本番で、すずふり亭に就職して、あかね荘に入居して、あかね荘のゆかいな仲間達やあかね坂の面々が出てきてからがもうとにかく面白かったよね。キャラクターがいい感じに折り重なってて毎日楽しかった。そして、どんな物語も終わりがあって、終わりに向けて締める場面は締めなきゃならないが、ほぼほぼ最終週でピシャっと収めたよね(もちろん最終週ちょい前にフラグ自体はあるにはあったけど)。5か月半で広げまくった扇を残り1週ちょいでピシャン!と閉めるこの上手さだよね。広げまくった扇を一気に閉じるのもかなり難易度が高いはずなのに途中でグジャグジャっと絡まる事なくキレイに閉じきって、その閉じた扇をパシンと叩いて「これにて終了!」と気持ちよく爽快な終わらせ方だったし、なにより、すずふり亭に預けた重箱や爺ちゃんがみね子に上げた1万円とかその辺の伏線も最終週に一気に回収してきたよなぁ。お見事でした。最初の2週でブルーレイに残すかどうかの判断をした訳だが、残して正解やったわ。ありがとう!ひよっこ!



     ただなぁ…、次の朝ドラの「わろてんか」がなぁ。もうむちゃくちゃだよなぁ。題材がお笑いだけにコテコテの笑いと狙ってるんやろうけど、ことごとくすべってるよね…。父ちゃんのくしゃみの時の後ろのコケ方が寒いのなんのって。ドラマと笑いのええとこ取りをやろうとした結果、何も掴めてない状態だよね。父ちゃんの首つり疑惑も、荷物を持ち上げるんならなんで、みんながやめぇ言うてる時に無理くり縄にクビを掛けようとしてたんやってね。てんを悪漢から助ける伊能栞も、わざとらしすぎんやろ。高橋一生の使い方間違ってるやろ。いや、ああいう悪漢からヒロインを助けて、優しく手を差し伸べるのは高橋一生に合う役柄やけど、そこやないやろ。違うやろ。ってもうそんな違和感ばっかり。多分、物語をエンディングから逆算逆算してるんやろうけど、逆算する中でエラーでまくってるやん。アカンよアレ。あの豪華キャストでこんな寒いネタやらかすんかいな。後半は吉本の本物の芸人さんも出てくるけど、芸人殺しの展開やらかしたりせんやろな。「わろてんか」も2週終わったけど、これはダメやろって事で見るのは見るけどブルーレイには残さない方針で行きます。これでここから面白い展開になっていったら自分の見る目の無さを全力で悔みますw



     てか、てんの周りにいる重要キャラクターがモロに「軍師官兵衛」の黒田長政・栗山善助・井上九郎右衛門なんだがw



    [★★★]アホガール



     正直、「夏アニメはナナマルサンバツともう1個何見るかなぁ。じゃあこの「アホガール」でいいんじゃね?」くらいの動機だったが、むっちゃ面白かったし、アックンもてもてだったけど、ハーレムアニメ感は一切なかった感じもまたwあれはアレだな。「GS美神」で横島クンがケダモノの類に好かれるのと同じような感じやったしなぁ。



     で、主人公の花畑よし子がもう本当にいい感じのアホやったなぁ。「アホ」のタイトル付けての「アホキャラ」なんて難しいんやけど、そこを見事にクリアした感ある。声優さんの演技もよかったよね。悠木碧が振り切った演技してくれて、いいバランス取れてたわぁ。あと本人のtwitterも最近結構弾けてるよねw






    何やってんだputit milady(笑)



     確かに竹達のおっぱいは揉み甲斐あるとは思うけどwでも「アホガール」で一番のアホはやっぱおっぱい委員長だよね。最初、風紀委員長で真っ当なキャラだったのに、よし子におっぱい揉まれてからはどんどん崩れていって、崩れるどころかメルトダウン起こして人格がマイナス方面に大暴落おこしてたよね。あとまぁ、犬も面白かったな。犬。名前が「犬」。よし子が「犬」と命名。近所の公園を暴れた大型犬だったが、よし子が「あんなデッカい犬乗ってみてー」と乗りこなすハメに。てか10話か11話の円盤CMの15秒を犬がずっと吠えてて「うっわ浪川(犬の中の人)大変だなぁ」とか思ったようなw宣伝もアホやった。あとOPも途中何話か夏休み中でOP演出をサボるというアホっぷり。いやぁ、面白かったです。またやってほしいなー。あ、OP&EDもよかったよね。まぁEDはストーリーの最後らへんにこっそり流してたり、回によってはCパート丸かぶりなんてのもあったけどw



    [★]ナナマルサンバツ



     原作(ヤングエース)第1話からずっと読んでたし、コミックス全巻持ってるし、アニメ化はものすごい楽しみにしてました。まぁその分自分の中でハードル上げ過ぎてギャップにガッカリした部分はある。それを踏まえた上でもガッカリしたと言ってやる。そんなガッカリポイントは大きく2つ。1つは岡山で放送しなかったこと。日テレの深夜枠でやるんならRNCでもやるんかと思ったらやんないし、BS中継も無し。あるのはニコ動や日テレの無料配信のみだから、配信期間が終わったら見返すことができないのよ。貧乏だから円盤買えないし。ただまぁ、これは色々大人の事情があるんだろうし、自分が貧乏なのは自分が悪いので仕方ないと思えるんだが、2つ目だよね。ヒロイン(深見真理)の声がありえないくらい棒読み。どこの素人だようみにー。芸歴何年だようみにー。いやアレ本当にヒドいぞ。「電波教師」の鑑鈴音の方がマシなんじゃないかって言えるレベルだし、あれは「うまるちゃん」のサンカクヘッド先生の方がまだ上手く思える下手なヤツをヒロインに抜擢すんなよ。(※サンカクヘッド先生はうまるちゃんの原作の先生で声優さんや俳優さんではありません。ちなみに「うまるちゃん」1期では話の本筋とは関係ないチョイ役で何回か出てられました。)ガッカリだようみにー。なんかもうヒドかったねぇ。もちろん褒めるべきポイントもたくさんあるけど、うみにー1人で大半相殺しちゃうくらいブチ壊してくれたなぁ。



     さっき触れた「電波教師」もそうだけど、自分の好きな原作がアニメになって、なんらかの大人の事情でクッソ下手な女の子をゴリ押しでヒロインに持ってこられて、話をブチ壊していくのはなんとも悲しいよね。てか日テレ系はいい加減学習しろ。(※「電波教師」は読売テレビ制作)



    [★★]境界のRINNE



     3期もフツーに面白かったです。てか最終回で一気にキャラが出てきたり、高橋留美子先生のイラストがのるってことは3期で終了なんかなぁ。ちと残念じゃ。あ、3期すねいくがたくさん出てきたのは個人的にちょっとアレだったけど。



     まぁ、感想としてはこんな感じです。ちなみに秋アニメはもう見始めてますが、「干物妹!うまるちゃん2期」「おそ松さん2期」「シンデレラガールズ劇場2期」見てます。3つ共いいスタートじゃないですかねぇ。相変わらず「おそ松さん」は頭おかしい(褒め言葉)し、うまるちゃんもいい感じにだらーんとしてるし。OP&EDもキャラのいいとこ引き出してるよね.そういやおそ松は1期は2クールだったけど、2期は1クールなのね。ちょっと残念。



     ああ、家うまるちゃんみたいな感じで日がな1日またーりして暮らしたい。仕事したくないw



     あとそうそう、サンデー読んでるけど、アレ、「魔王城でおやすみ」はアニメ化しないのかな~?今のサンデー連載陣で、過去にアニメ化してない作品の中じゃダントツ№1候補でしょ!あのバランス取れた話はそうそうないよ。似たようなショートストーリーでは「保安官エヴァンスの嘘」もあるし、面白いのは面白いんだけど、どうしてもエヴァンスの行動パターンが限られちゃってて、そこの殻を破るのは並大抵の話じゃないんだけど、「魔王城でおやすみ」はそのへんもクリアしてて、絶対アニメ化しても面白いと思うんだけどなぁ。スヤリス姫は竹達あたりで。(「だがしかし」のほたるさんも竹達やんかとかいうのは気にしない。)



     そういや週刊少年サンデーは大丈夫なんかなー。過去にアニメ化された人気コンテンツが今年に入って軒並み終わってるんやけど。(電波教師競女!!!!!!!!!常住戦陣!!ムシブギョーマギハヤテのごとく!!)と主力・準主力が大団円とはいえこぞっていなくなるのは中々大変だろうなぁ。あと、終わり方で一番ビックリしたのはムシブギョーかな。仁兵衛はてっきりお春ちゃんとくっつくのかと思ったら、お春ちゃん・火鉢・虫奉行様3人まとめて娶って、それぞれ3人づつ子供が出来てるのはマジでビックリしたw火鉢はまだともかく虫奉行様(奈阿姫)まで。



     「第九の波濤」は最初面白いかな~って思ったけど、主人公が大学に入ってからが「あおざくら」とノリが丸かぶりで、どんどん掲載順も下がっていったよね。「天翔のクアドラブル」もトーンダウンした感あるなぁ。あと、今年始まった漫画だと「シノビノ」は結構好きです。主人公が60手前の老人忍者という「おい、これ少年誌だよな?」って言いたくなる設定だが、面白い。てか吉田松陰がヤバすぎるwリアル松陰も大概だが、黒船強奪計画立てて襲撃&制圧で攻め立ててペリーのいるサスケハナ号までイケイケドンドンてwサンデー攻めてんな~。まぁ攻めなきゃヤバいか。数か月前のデータだが、こんな感じらしいし。






    ピンチの少年サンデー



     売上が落ち込んでるなぁ。ジャンプもマガジンも読まないサンデー派としてはかなり残念なデータですわ。いやはや。てかサンデーの落ち込みもビックリしたが、この少子化の中でコロコロはなんで76万部も売れてんだ?むっちゃ謎なんやけどw子供以外の層も結構買ってるのか?う~ん。



     まぁ、今回はこんな感じで。(-_-)ノ