• お盆近辺はこんな感じでした。

    2017-08-24 19:001

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     皆様こんばんは。ジャッキーアマルガムです。嘘ですごめんなさい。ていうか今適当に思いついた外国人の名前なのでモデルはいません。アマルガムって名字の外国人っておるんかな?



     それはそうと、お盆も無事終わりましたね。私はQ&Qアンサーズやったり、児島競艇のペアボートに乗せてもらったり、戌亥とMFCアプリで軽く麻雀(なんか友達対戦が8月は無料らしい)をやったりしてました。あとまぁ、行けなかったコミケはどうしても悔しい想いを引きづりますねぇ。特に「はじめまして」が今回ラストってのがね…。いやはや。そういやQ&Qアンサーズもコミケ出展してたが、盛況だったのかねぇ?てか今後も出る予定なんだろうか。どうもユニオン設定とかユーザー作問機能とかまだ隠し玉自体はあるみたいだが、ゲーム自体があんま盛況とは言えない感じなのがなぁ。ていうかあのCMは誰が企画してん。マジで。



     とりあえず、児島のペアボートから話しましょうかね。アンサーズは長くなるんで。朝早めに出て岡山駅まで1時間歩いた後で、児島までの往復きっぷ(ちょうど1000円)を買って、快速マリンライナーに乗って児島まで行って、そこから無料バスで児島競艇の仮設入門口へ。ちなみに児島競艇の正門はオサレにリニューアルするらしく、今年6月から仮設入場口になっちゃってて、なんだか寂しいものですなぁ。しかも工事予定が来年の8月までってのがえらい長い期間かけてやるのね。そして仮設入場口には結構な人が!最近はGIやSGでもそんなに朝早く来る人なんてそういないのにwで、開門の9:45まで大人しく待っていたが、ポケットのスマホがブルッとなったので、何かと思ってみてみたらボートレースラウンジからこんな通知が。






    ボートレースラウンジはいいぞ。



     ああ、あの大時計のそばで起動させるアレか。はいはい。てか本当にいいタイミングで鳴ったなwせっかくなんでやっていこうぞ。んーでもって無事開門となったので、入って係員さんに「サポーターズパス」を見せて中に入り(普段は入場料100円必要ですが、私は年間パス「サポーターズパス」を持ってるのでそれを見せるだけでOK)、そこからダッシュでガァーコの部屋(仮設)に全速力で駆け込み、無事3番目にペアボート登録。良かった良かった。で、安心してガァーコの部屋を出ると結構な列が出来ててビックリする。パッと見でも定員の30人は超えてる感じだ。この全員は無理だろうな。大体開門前でも結構な人数いたもんなぁ。やっぱ盆開催+ペアボートって強い。そして私は仮設の通路を通ってスタンドに行くといつもの素晴らしい風景が。






    児島競艇場のスタンドからの景観は24場の中でも指折りの良さだぜ。






    1階掲示板には安定のまちゅりタンポスターが。






    復路運賃の引換券発行も忘れない。






    舟券発売時間中に独りでいると結構暇なので本を持ってきてました。



     まぁこんな感じでマターリしてました。所持金少なかったのでそんな毎レースは賭けられませんでしたが、思い立った時に買ったり買わなかったり。まぁそれが正解だったのかも知れん。ツイてない時は何をやってもダメなモンですからね…。






    児島競艇3階「すずらん」のかけうどん。これで200円は安い!






    最終12Rはこんな感じで。頼むで!茅原クン&最速の男!



     えー、結果来ませんでした。ボートレース界最速の男(馬場貴也のこと。3周のレースタイム日本記録保持者。その後ペラ制度がオーナーペラからハウスペラに変わったこともあり、当面は抜かれないだろうなぁ。ちなみに「馬場貴也」は「ばばよしや」と読みます。そのうちQMAのエフェクトに出たりしてくんねぇかな。一応日本最速の男だから問題にもしやすいし。)が展示の時にはかなり切れ味鋭い好旋回をしていたが、本番ではどっか攻めあぐねてて、まごまごしてたらすぐ外の寛久に差し場をごっそり持ってかれて終了。おまいは何がしたかったんだよ…。



     ま、それはいい。お楽しみはこれからよ。久しぶりのペアボートよ。ふっふっふ。例の整理券を持ってガァーコの部屋(仮設)に行って、そこから普段は入れない競技棟に進む。競技棟を歩いて行って、ボートの昇降機前に1台のボートが置いてあって、係員さんの乗艇に関する注意事項の説明。まぁー危ないですからねぇ。両手は取っ手を持って、足も正座した状態で両足で艇の外側に向かって全力で踏ん張ってないと飛ばされかねないくらいの危険がありますからねぇ。






    説明されてる様子。






    こんな感じで前の席にファンが乗り、後ろで選手が操縦。



     で、ペアボートに乗るべく列に並んでいたのだが、その列から離れているが、ものすっげぇ近い位置に黒明さん(元選手。現役時代は「黒い弾丸」の異名を取る岡山支部の総大将格であり、元選手会長。現・児島競艇の解説者。)居てて、お孫さんに説明してたり、天野誠選手がファンのボートの乗り換えで少し間があいた所で「おい天野、代わってやろーか?w」なんていう冗談も飛んだりして面白かったですw(※天野選手は黒明さんの直のお弟子さんらしいです。)






    こんな感じで行ったり、1人あたり2周回って戻ったりしてます。



     そんな訳で自分の番になったので、カポックを装着してもらい、ヘルメットをカブってペアボート用のピットに行き、ペアを組んでくれるのは樋口由加里選手(※昨年の女子賞金ランキング9位【http://www.boatrace-grandprix.jp/2016/qc/】)よろしくお願いしますと一礼して、ボートに乗りこんだが、やっぱボートって怖いな。すぐ近くにある鷲羽山ハイランドのスカイサイクルとどっこいどっこいのスリルがあるぜ。直線も結構怖くて、何度か乗ってるとある程度は中和されるが、最初乗った時は水面スレッスレを走ってくのは中々のスリル感があるし、よく艇が跳ねる!マジで。直線も取っ手を握り締め、両ひざで全力で踏ん張ってないと飛ばされるんじゃないかってくらい跳ねる。そしてターンも全速モンキーをしてくれて、スリル満点ですよ。みんなこんな中で差したりまくったりってのをしてるんだね…。ってのを感じられるし、対岸確定盤(ドリームビジョン)を間近に見られたり。かなり楽しいペアボートになりました。






    全員終わった後で記念写真を撮ってもらいました。(撮影は児島競艇の職員さん)

    ※左から天野誠選手(3787)・俺(顔モザイク)・若狭奈美子選手(4373)・樋口由加里選手(4501)



     まぁペアボートはこんな感じで。結構楽しいのでよければお近くの競艇場でぜひ。ただ、ペアボートって暖かい季節しかやってないので、どこの競艇場でも9月・10月で一旦お休みになります。



     それで、Q&Qアンサーズも頑張ってます。お金がないのでアーカイブ(カード)のデッキはそれなりだが、クイズの部分はそこそこ頑張ってます。で、現在こんな感じ。








    8月24日現在。



     まぁレートに関しては色々ありますが、協力プレーとかしてて9000近い人とか10000超えの人とか見るとすげーって思います。どんな正解率してんだと。






    高レートの方々。



     ちなみに、レートに関してはやりながら色々仮設立ててやってはいたのだが、こないだ公式Twitterがレートについて言われてましたね。






    Q&Qアンサーズ公式Twitter



     1度正解したのは除外なのね。道理で上げ幅や下げ幅がおかしいな~とは思ってたんだが。そういう事なら理解できる。実際その後に過去に正解した易問をわざと間違えてもレートあんまかわらんかったもんなぁ。普段は7000超えてると易問を間違う(押し間違う)とレートがダダ下がりやったもんなぁ。じゃあ、今後は残り少ない未正解問や新規問題を落とさずに拾い続けていかないといけないってことだな…。大変だぜ。でも頑張る。なんかまだ未公開の要素も残ってるみたいだしね。ユニオンとか。



    https://qnq.jp/

    Q&Qアンサーズ



     ここがアドレスです。興味のある方はぜひ。でまぁ、本(アーカイブ)を使って色々退治して行くのだが、こんな本(アーカイブ)がいたりします。






    勇SSR・ニーベルンゲンの歌



     見てわかる通り、元ネタはワーグナーの「ニーベルングの指環」。スキル発動する際に「我が名はブリュンヒルデ!!」と言ってるからブリュンヒルデなんだろうし、ブリュンヒルデと言えばワルキューレ出身ということもあって、攻撃力に溢れるエースアタッカー。レベルを上げてスキル「シャイニングフェザー」を発動させるとすんごい威力を見せてくれます。






    理R・死に至る病



     元ネタはキルケゴールの本。第13回ウルトラの決勝戦を何度も見た人ならおなじみのアレです。ずいぶん美少女に仕上がってます。理属性だけあって攻撃力は弱めだが、スキルの「すなわち絶望」は思ったより強力。どうもスキルによる攻撃力は「攻撃」と「精神」の兼ね合いによる模様。先程の「ニーベルンゲンの歌」は攻撃が高めで精神が低いが、スキル発動での与ダメージがデカいから「攻撃だけが影響」という訳でもなく「精神だけが影響」という訳でもなさそうだ。このへんは今後もツッコんで行きたい






    愛SSR・舞姫



     多分、元ネタは森鴎外の小説。ただ「舞姫」以外に森鴎外感はあまりない。むしろイラストだけ見ると曽田正人の某マンガ感の方がデカい。そしてこれがSSRのクセに戦力としてショボい。愛属性は回復してナンボなんだが、ボーナスクイズというイマイチ微妙(特にCPUと組んでやってる時とかCPUの正解率は低いしなぁ。)なスキルだし、その効果が中回復というのも。スキル名が「エンドレスダンス」なら活性(中か大)でも良かったような。まぁその分攻撃に割り振ってて普段でも使えるようにしてるのかも知れないが。






    愛C・快活な修道女の物語



     元ネタが存在しないこういうアーカイブもあったりします。まぁC(コモン)だしね。Cだけあって戦力はそれなり。それにしても個人的には「快活な修道女」と言うと「ウーピー・ゴールドバーグ」を思い出すのだが、そこには寄せなかったらしいし、寄せなくて正解だと思う。






    理SR・マグナカルタ



     ジョン欠地王が色々あって貴族に認めさせられた「お前は王であって王でないんだよ!認めろバーカ!」的なお話。それにしてもスキルが「王を縛る鎖の憲章」なんだから縛る方はジョン王じゃなくて貴族側のような気がするがイラストを見ると縛る側が王冠かぶってたりと色々「あれれ?」感があるキャラ。あと個人的にはPP増えてLv上限解放を済ませたらかなり使えるキャラだと思うので、こいつをガチャホンで引いてPP上げたい。尚、「ジョン欠地王」を答えさせる問題も存在する。






    勇R・海底二万里



     元ネタはジュールベルヌの同名タイトルの本。そしてこのキャラの名前は「ネモ」らしい。ちなみに中の人は公開されてないが、スピーカー部分を押すとキャラの声が聴けるので1度聞いてみたが、CVは大塚明夫ではない模様。






    勇C・力自慢の武将の伝記



     Cの割には使えるキャラ。そしてこのキャラの全身像がこちら。






    全身像



     どう見ても本多忠勝だよな。といいといい。そして槍が刺してるのってよく見ると直江状のようなwいやぁ。芸が細かいわ。ただCの割には使えるが、所詮はCなので中々デッキには入れづらいんだよな…。






    当然のことながらデータを管理。



     まぁボチボチ頑張っていきます。ボチボチと。



     あとまぁ、戌亥とMFCのスマホ用アプリでフレンド対戦とかしてました。やっぱ戌亥は強いわ。四神指数の防御のグラフが振り切れてるもんなぁ。なんか8月いっぱいはフレンド対戦無料らしいんで、ちくもどうでしょう?メール送ったけど返事無かったのでここで書く。27日まで無職なので、そこまでであれば全然おkだぜ♪







    国士テンパイ(不発)






    三倍満とか和了しますた。



     そういや、コミケの時期に「愛知からコミケにチャリで行く」という若者がバズってましたが、いいねぇ。若いっていいねぇ。俺も1日に70㎞くらいチャリ通勤で走ってった10代後半の頃なら似たような事も出来たかな~。当時そういうのもやっときゃ良かったな~とか思いながら見てました。それにしても箱根の山を楽々超えて行くって凄いな。あと、こういう旅の経過がちょくちょく見れるのって見てて楽しいな。まぁ、togetterのコメ欄は荒れ気味だが、あれに関してはビーサン&ノーヘルという装備はあまり良くないとは思うが、声高に「こーしろ!あーしろ!」と高所から見下ろすように言う輩はどうかと思うがね…。「おー、頑張れよ!だたビーサン&ノーヘルはなんとかしたほうがいいぜ。」くらいでいいような気が。



    https://togetter.com/li/1138314

    往路



    https://togetter.com/li/1141057

    復路



     まぁ、今回はこんな感じで。(-_-)ノ


  • 広告
  • 今年の夏旅は無事中止になりました。

    2017-08-10 08:001

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ



     今回の夏旅は無事中止になりました。資金不足で。「はじめまして」がファイナルだし、KADOKAWAブースでナナマルサンバツのグッズも出てるし、10月開始のうまる2期のグッズもあるし、りんかい線の国際展示場駅にはナナサンのポスターもあるし、他にも寄りたい所買いたい物もあるし、18きっぷで列車乗りまくりたいし、オフ会で久しぶりにみんなに会いたかったのですが、先立つものがないのでこんな感じに。あー悔しいな。相手を見て弱そうだと思ったら年上であっても簡単にパワハラ・モラハラをガンガンに仕掛けてくる輩なんか全員ゾナハ病にでも罹って苦しめばいいのに。



     あと、血族はとっとと金返せ。以前にも書いたが1/10でも百万はゆうに超えるお金を貸したり、むしったり、強奪したあのお金だよ!やっぱ人間、やりたいことやって他人に迷惑かけて逃げたヤツが勝つように出来とるわ…。だって血族にしろ、あの団体にしろ、あの集団にしろ、あの職場にしろ、一切謝罪することなく、何のデメリットもなく普通に過ごしてるもんね…。「リベンジポルノの境界線」であんなこと書いたけど、あーいう弱者の気持ちなんてわからない方が人間幸せに生きていられるわ…。



     まぁ、どこにも行けない夏、東京に行かない夏を20何年振りに過ごします。てか久しぶりに児島のお盆開催に行きましょうかね。児島競艇は正月開催やGW開催はよく行くのだが、お盆開催はどうしてもコミケと重なってしまってねぇ。ここんとこサッパリ行けなかったのだが、折角だしここは児島の盆開催には行こうかと。あと久しぶりにペアボートも乗りたいので、行くなら13日ですかね。あと、手持ちのお金もそんなないので派手には賭けられません。やるならどこか1点に絞っての大逆転です。ワンヒットワンキルの精神で頑張ります。なんでスマホ用の充電器を2つ持ってるのだが、両方フル充電して行こうかと思いますwあと本も持って行きます。何を持って行くかはまだわからんが。



     ちなみに児島競艇で実況を担当しているのが、こないだの女子王座のBS中継でも実況されてた椛島健一さん。競艇知ってる人なら説明不要な児島の名物実況の方。ニコ動でも「椛島」と入れれば自動的に「健一」がサジェストされる(画像参照)






    サジェストされます。






    実際にこんな動画も



     てか、蒲郡の高橋アナでも貴隆とはサジェストされない(まぁ、高橋性はライバル多いのもあるが)のに、椛島さんはされるから凄い。そして上の動画のように1ファンが作った動画は今まであったのだが、この度児島競艇の公式youtubeで椛島さん実況特集動画が公開されてビックリしてます。今回はつべだが、これがニコ動でうpられたら「公式が病気」ってタグが付いたろうなぁ。(※言うまでもないけど、この場合の「公式が病気」って褒め言葉ね。)



    ガァーコチャンネル動画



    椛島さんの職人芸の現場がこちら。



     8月13日はそんな美声を聞きに児島に行こうと思います。



     話はガラッと変わるが、8月6日は広島に原爆が落ちて72年経ったわけだが、広島の原爆関連で未だに思い出すのが小学校の修学旅行で広島に行った1シーン。(※当時は兵庫県川西市に住んでたので修学旅行は広島でした。ちなみに小6を岡山市内で迎えた弟の修学旅行は京都・奈良でした。)ウチのクラスでは千羽鶴をしこたま折って、それを円形のプレートの上に飾り付けて、折り紙の色で真ん中に「平和」というメッセージを入れたものを「原爆の子の像」に捧げるというもので、みんなで折り鶴を決まった数折って無事完成したはいいが、その平和プレート折り鶴を置く係が2人、決められたメッセージを読み上げる係が1人だったのだが、やっぱ花形となる係なだけにみんなやりたいんですよ。3人1組で7組が立候補したのだが、選考方法は平等にジャンケン。7チームが先鋒・中堅・大将に分かれて一斉にジャンケンして、勝ちか引き分けでその場に残れる、負けた人は退場していき、大将敗退(3人全てが負ける)になったらそのチームは脱落、というジャンケンで決めることになったのだが、ウチのチームの先鋒は私だったのだが、私1人で勝ちと引き分けを延々繰り返して、中堅・大将は1回もジャンケンすることなくウチらのチームに決定し、で、そんな勝ち方だったのでウチのチームの中堅・大将の2人も「お前1人で勝ったようなモンだから、メッセージを読み上げる花形の役はお前やり。」ってことになったんですよ。



     あ、忘れられないシーンってここからですよ。ジャンケンのシーンも覚えてるんだけど、ここからが本題。いざ修学旅行で広島に行き、出発からずっと晴れてたのだけど、平和公園に入ったあたりで段々曇り初めて、原爆の子の像に着いて、2人が平和のメッセージ入りの千羽鶴プレートを置いて、私がメッセージを読み上げるのだが、読み上げたあたりから雨がザーッと降ってくるの。マジで。しかも読み終わって、原爆の子の像を離れて数分でピタッと止んでキレーな青空が広がったのは本当に驚いたなぁ。原爆の子の像に千羽鶴を捧げる人は今でもかなり多いらしいが、こんな経験を他の人もしてるんやろか?



     そういや、その後に不思議な外国人に写真を撮られたっけ。コレ書いてて思い出したんだけど。いや、別に自由行動って訳じゃなくて、クラス単位で動いてたんだけど、正面からくる外国人が先生になんか直訴してて何事かと思ったら、「あの子(俺)の写真を撮りたい」と言ってたらしく私はYESともNOとも言わない間に担任が了承したもんだから、その外国人に私1人を撮影され、それをクラスメートや担任に見守られる(at広島平和公園)という奇妙な体験をしたのだが、あれから30年経って思うのは、あの写真をあの外国人はどう扱ってるのだろう?てかなんで俺だけを写真に撮ろうと思ったんだ?謎だよね。



     ちなみに中学校からは岡山の学校だったので、中学の修学旅行は熊本・長崎でした。修学旅行で両方の原爆資料館行きました。中々珍しいパトゥーンだと自分でも思います。ちなみに高校の修学旅行は普通に東京でした。これが一番楽しかったなw



     あとまぁ、週刊少年サンデーも相変わらず読んでますが、銀の匙はもうあの間隔での連載になっちゃうのね…。まぁ仕方ないけど。でも今回の連載で、八軒らが高校卒業後も続きそう?な感じだったのが少し安心したような。実際わからんけどね。



     そして次号から絶チルが復活。復活だがこれが最終章。もう終わるんだね…。まぁでも特別読み切りから数えたらもう13年経ってるし、広げた扇は必ず閉じなきゃならん訳だし仕方ないのだが。



     あとまぁ、ここんとこの19号以降で始まった新連載も良かったり悪かったりって感じかなぁ。とりあえず良かった部分だけピックアップすると、「保安官エヴァンスの嘘」「天翔のクアドラブル」「キングオブアイドル」あたりかなぁ。「シノビノ」はまだなんとも言えない感じ。「第九の波濤」は最初良さげに見えたけど…、んーなんとも言えない感じ。ここから再び化けるのかも知れんが。「保安官エヴァンスの嘘」は結構好きです。サンデー連載主人公陣に新たにバカが加わった感じでw(無論、褒め言葉)保安官としての実力や銃の技術を煽られてもビクともしないが、女性関連になると急にドギマギしだす中2具合は見てて楽しいですw「天翔のクアドラブル」も「天正遣欧少年使節」を新たな視点で描いた作品で今後が楽しみだが、ただ、信長が生きてて蘭丸やヤスケと共に外国にいるのはいいが、ちょっと出過ぎじゃね?とは思うな…。



     あ、そういや「だがしかし」のアニメ2期が確定したようで。まぁヨウ役(主人公ココノツの父親)の藤原啓治さんが病気療養されてましたしね。2期も楽しみです。放送は来年らしいですが。あとまぁ、10月からの「うまるちゃん2期」「おそ松さん2期」も楽しみだし、「ねほりんぱほりん」もおそらくやるんだろう。楽しみ~。



     まぁ、今回はこんな感じで。(-_-)ノ


  • 芦屋女子王座の前検すら始まってないウチに優勝戦の出目を結構本気で考えてみた。

    2017-07-31 08:001

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     みなさまおはようございます。そしてお金がありません。こないだようやくボッサボサだった髪の毛を切りに行きました。こう書くと「1000円カットにすら行くお金ないの?」と言われてしまいそうですが、実際そんな感じ。前の仕事が続いていたらそんなことにはならなかったし、夏旅に行くお金も調達出来ていたでしょう。あのバカ共によるパワハラさえなきゃなぁ。てか最後らへんには「俺たちは口は悪いけど、性格が悪い人って訳じゃないからな。気はいいから!そこは誤解するなよ!」などと言い出し、遠回しに「俺たちはお前に野放図な言い方するけど、それはお前に対するいじめじゃないからな!」というクッソわけわかんねぇ予防線まで張り出したから「あぁ、もうダメだココ。」って思うようになって頭痛がヒドくなりました。ええ。



     こないだ、「リベンジポルノの境界線」でいじめの構造を軽く説明させてもらいましたが、世の中のいじめの9割方はいじめた方に利があります。大体の場合に置いていじめられた方は損切りだと思って多かれ少なかれ代償を払ってその場を離れるしか選択肢が無く、いじめた方は一切損をする事なく相手をおもちゃに出来るし、追い出しても何も損はありません。最悪その後もいじめ被害者の悪口をずっと言い続けてストレス発散のおもちゃとしてその集団内で存在を疲弊され続けることも。世の中のいじめ状況なんてほとんどそんな中でいじめ被害者側の告発をあんな形で追い討ちするのが許せなかったんです。そしてその主張がたくさんの人に当たり前のごとく伝播されるといじめ被害者はずっといじめられ続けるか命を絶つかの究極の2択しか残らなくなります。そこはわかってほしい。(ちなみに某団体が私の存在を疲弊し続けた魚拓は全て残してあります。私の中のスイッチが何かの拍子でカチンと入っちゃったら全公開するかもしれません。てか魚拓公開やTwitterのプロフによる状況説明が無かったら今でも、いやこの先もずっとマウンティングされまくってたろうなぁ。絶チルに出てくるギリアムみたいに。)



     えっと、また話が脱線した。この手の話になると熱くなってしまって困る。芦屋女子王座ですね。夏旅の資金を稼がないとならないので今回本気で調査しました。優勝戦の出目を。ここで大当たりしないと夏旅は中止です。20何年振りに東京に行かない夏を迎えます。そこはなんとしても阻止するしかありません。でも資金はそんなにないので、優勝戦に絞ります。で、女子王座の過去の優勝戦がこんな感じ。







    過去の優勝戦一覧



     第2回のママンの枠番と1回~9回の2着以降の方の枠番がちょっとわからなかったので空白です。申し訳ない。第10回(1996年度)以降はオフィシャルページにあるのでそこのデータを参照しました。ちなみに名前に灰色が掛かってるのは転覆などの不完走で着順が無い方です。そしてこの枠番の着順データを抜き出してグラフにしてみましたが、色々と面白い事がわかりました。まずは1号艇~6号艇のグラフを一気にドン!







    全艇の着順グラフ



     やはり特筆すべきは1号艇ですかねー。恐ろしい程に規則的な動きをしてます。これをアップで出すとこんな感じ。






    1号艇



     凄いですね。マッチのスニーカーぶる~すを歌いたくなるくらい規則的です。やはり軸になるのは1号艇でしょうか。そして出目としては次回の優勝戦1号艇は3着と予想してそこから他の艇も推測したい。で、次は1号艇と2号艇を同時に出して見ましょう。






    1号艇と2号艇



     隣り合う枠番とは思えない成績ですね2号艇wいや2号艇の女子王座優勝戦成績がここまで悪いとは思わなかった。着順点4.10、2連対率23.8%、は6号艇にかろうじて勝ってるとしか言いようがない5位成績だし、3連対率28.6%は6号艇の33.3%よりも低いです。そして過去4回や17回~21回も1号艇と連動した成績になったますね。あと似たような動きをしてるのが6号艇です。






    1号艇と6号艇



     こちらも過去4回1号艇と連動した着順になってるし、それ以前にも結構似たような動き方をする回も。更に1号艇・2号艇・6号艇をいっしょにしたグラフがこちら。






    1・2・6号艇



     まぁなんてわかりやすいんでしょうw出目的に考えるなら次回の優勝戦は1号艇=3着2号艇=着外6号艇=着外と考えてもいいんじゃないでしょうか。それでは1着と2着を残った3号艇・4号艇・5号艇の中から選びましょう。まずは1号艇と3号艇です。






    1号艇と3号艇



     結構似たような動き自体はしているが、1号艇が3着になった7回の中で3号艇が1着になったのが1回、2着になったのが1回で、残り5回は着外というのが不安材用ではあるが、この流れで言えば1着になってもおかしくない…。とりあえず3号艇の結果を保留にして他の様子を見てみましょう。次は4号艇です。






    1号艇と4号艇



     ちなみに第10回以降の4号艇成績は1号艇に次ぐ2位。着順点5.48、2連対率38.1%、3連対率57.1%。その全てが1号艇に次ぐ2位。ただ、着順をまんべんなく取ってる傾向があり(1着から順に4.4.4.2.4.3回)、どこかに決め打つには難しいし、規則的な動きをしてる訳でもない(1号艇みたいな規則的すぎる動きも異常っちゃ異常ですが)し、1号艇と連動してる様子もない。ただ、1号艇が3着の時の4号艇成績が1着4回、2着1回で、着外がたった2回しかないのは出目要素としてはかなりいい塩梅。1着候補として見ていいかも。てかこの芦屋で4号艇が優勝したら来年も1着ってことも…。そして最後になりました5号艇でござる。






    1号艇と5号艇



     う~ん。結構バラバラな感じですね。まぁさっきも触れたとおりこっちが当たり前なのかも知れませんが。ただ、1号艇の3着7回中で2着4回、着外3回と、2着狙いとしてかなり良いデータが出てますし、最初の優勝戦成績一覧でも2着に黄色が多かったように第10回以降の成績は1着から0.7.2.4.3.5とおよそ1/3が2着です。5号艇は2着か着外かで見てもいいかも知れません。



     そんな訳で、過去の出目から推測する今回の芦屋女子王座優勝戦の予想は3-5-14-5-1この2点が有力なんじゃないだろうか。実際のレースの流れや優勝戦のメンバーにも寄りますが、このデータも加味して考えたいですね。ちなみに地域別(支部別)のデータも作ってみました。こちらです。ドン!






    地域別女子王座優勝戦



     色分けするとものすごくハッキリわかるが、序盤は鵜飼・谷川のツートップがけん引する東海勢圧勝感があるが、最近は中四国の瀬戸内勢が権勢をふるってる感ありますね。徳島の渦潮レディースは正直横西の引退以降はあまり優出には届かない感じがするが、香川の勢いが凄い。てか現在の香川の女子が山川・平山・平高・中村桃佳とベテラン・中堅・若手と戦力整い過ぎだろ。(※平山智加は今回は産休でお休みですが)、ただそんな戦力整い過ぎな香川女子ですが、弱点もあります。さっきの表を見てもらったらわかるのですが、香川支部の女子王座1号艇はよく飛ぶ。第16回山川、第20回山川、第24回平山、第26回平山、第27回平山と第10回以降の1号艇2着以下12回のウチ5回が香川勢だ。更に言えば第22回横西も含めたら1号艇の2着以下の半分が四国勢によるものだったりする。四国勢によるイン逃げ優勝は横西が2回・岩崎芳美が1回やっただけで、香川支部の優勝自体はあるもののそれは外枠からの優勝というデータも。ちなみに第10回以降の地域別優出人数(延べ人数)は


    関東=16人、東海=28人、近畿=11人、四国=27人、中国=27人、九州=17人



     東海はさっき触れた通り、鵜飼・谷川のツートップ時代がデカいが、最近はそうでもなかったりする。それが証拠に過去10年に絞った優出人数(当然延べ人数)を調べてみると、



    関東=4人、東海=10人、近畿=6人、四国=16人、中国=16人、九州=8人



     とこんな感じに。てか四国って支部も競艇場も2つしかないのに、この成績はマジで異常だな。そして瀬戸内圏の女子勢の威力が本当に凄い。あと近畿は水口が優勝(第28回)した時に初めての近畿勢による女子王座優勝だったし、実際優出人数も少ないのだが、これは今後は変わっていくんじゃないだろうか。近況一番の成績の遠藤エミや勝負所に強い今井美亜という飛び道具が揃ってきてるのがある。あと四国(主に香川)はまだまだこれからもがんばりそうだが、中国は正直キツいかもね…。有力どころの高齢化が進んできてる。もう数年は大丈夫だろうが、5年後以降が心配だ。それまでに有望株の女子選手が育ってもらわないと…。そういう意味で土屋南はかなり期待してる。それにしても第1回~第8回の中で6回愛知支部選手が優勝して、東海地区で言うと7回も優勝してんのな。これ凄くね?



     まぁ、急ごしらえではありましたが、今回はこんな感じで。(-_-)ノ



    http://www.br-special.jp/201708GI21/

    芦屋女子王座SPサイト



    http://www.boatrace.jp/owpc/pc/extra/race/telecast/tv_radio/index.html

    芦屋女子王座の地上波・BS中継。(今回は18時からの放送だよ!)







    https://www.youtube.com/watch?v=j-iiyp2e5wc


    【特別付録】マッチの♪スニーカーぶる~す