• 詰将棋道場 挑戦編への取り組み No.21~No.50

    2018-07-23 20:15
    今年の暑さは歴史的ですね
    ぶっ倒れないように日々生きています


    7手詰の後半は全体的に初手が見えづらい問題が多かったです
    No.27,N0.30がとくに苦戦しました
    どの問題も収束がきれいで気持ちよかったです


    No.31からは9手詰です
    9手詰に入ってからは、全体的に純粋に9手先まで読むのしんどいなwという感想です。

    No.32はギブアップしました、これは見えない手が二手も出てきたので、驚きました
    No.34 3手目の発見に時間がかかったけどそのあとはスムーズに
    No.38 初手一発だがそのあともきれいな収束で心地よい
    No.40 なるほど
    No.42 ある程度悩んで、収束が見えてから逆算できました、綺麗です
    No.43 ここまで解いてきて一番すごい詰将棋かと思いました)^o^( これは相当見えなかった
    No.44 二手目同銀から同飛成22合でつまってしまったのが情けない
    N0.46 3手目が見えれば
    No.49 初手一発
    No.50 綺麗な詰将棋

    難しい問題が多く時間かかっています。
    こうして将棋に触れる時間を少しずつとっていけるかなと思っています。








  • 広告
  • 詰将棋道場 挑戦編への取り組み No.1~No.20

    2018-07-14 04:17
    今日購入したので一日で20問解きました。

    最初のほうは7手詰めです。

    わりとスラスラ解けました。

    N0.11とNo.16が難しかったです。
    とくにNo.16の収束がすばらしいなと




    本の構成としては

    No.1~No.30 7手
    No.31~No.100 9手
    No.101~No.160 11手
    No.161~No.180 13手、15手 となっています。

    前半の100問はスラスラ進めたいところです(^_^.)

  • 詰将棋サロンが難しすぎる件とこれからのこと

    2018-07-13 21:17
    サロンが難しすぎて手に負えません。

    6月号の詰将棋サロンが難しすぎて全然解けないのと、最近忙しくてあまり将棋に時間を割けていないので更新が止まっていました

    しばらく将棋自体に集中してできていなかったので棋力自体も落ちていると思います。
    この状態で詰将棋サロンに取り組んでも、時間がかかりすぎ、厳しいものがあると思うので一旦は中止しようと思います。



    これからですがリハビリとして別の詰将棋の本に取り組もうと思っています。

    その本とは、詰将棋道場 挑戦編  です。

    勝浦先生の詰将棋は詰将棋道場を一冊解いたことがあります。その時の感想としては非常に解き応えがあり、かなり楽しめた(苦しんだ?)ので、今回取り組む挑戦編も楽しみです(^_^.)

    7月13日現在 アマゾンでキンドルの50%オフセールをやっていて、そこで購入しました。

    電子書籍は無意識に敬遠していたのですが、気軽にスマホでどこでも取り組めるので、積読本が溜まっていく一方の自分としては、今後は積極的に活用していって隙間時間に消化していくほうが賢明に思えてきました。

    実際に本を携帯するのは重いし、かさばるし、少しだけ面倒な面もあるのでそれが解消される点はかなり楽です。


    詰将棋道場 挑戦編への取り組みは適宜ブロマガにしていこうと思っています。

    解き終えたころに、また次の本にいくのかサロンに戻るのか考えたいと思います。

    それでは(・ω・)ノシ