• 消化したい棋書 メモ

    2017-08-15 19:08
    ①凌ぎの手筋200
    ②寄せが見える本 応用編
    ③精選必至200問
    ④3手必至問題集
    ⑤美濃崩し200

    実戦だとよく簡単な必至を見逃しているので、そこを重点的になんとかしたいです

  • 広告
  • 実戦からの教訓.1

    2017-08-11 18:19


    終盤で時間が切迫してわからないときは、とりあえず縛ろう

    銀冠対振り穴では、59角26角と転換し、44銀型に組まれた場合48飛車とまわって46歩を見せる筋がある。

    勝ちがありそうな終盤では、一手必至をしっかり探そう

    4手スキくらい終盤の局面で優勢なときは、とりあえず攻める手を考えよう

    優勢な中盤では攻め筋をみつけても、適当に見切り発車せず、いろいろ読もう

    疲れていたり、眠たいときは将棋を指すのをやめよう

    格上と指すときは負けてもいいやという気持ちにならず、絶対ぶっ倒すと思って指そう

    定跡にない手を指されても、それが疑問手や悪手であるとは限らないので冷静にしっかり読もう
    対振り急戦定跡では、定跡ではない手を指されて、対局後ソフト検討すると、その手が最善で居飛車よしの定跡書の結論が覆ってしまうなんてことがよくあります。
    定跡書やネットに落ちている情報を鵜呑みにしてはいけない。

    飛車や角をぶった切られる筋は常に警戒しよう

    格上相手に優勢になるとどうしても早く勝ちたくて将棋を焦ってしまう。その結果攻め急いで勝ちを逃してしまうことが非常に多い。明らかに優勢なのだから、急いで決めに行く必要がないと冷静に判断しよう













  • 5手詰ハンドブック タイムアタック

    2017-07-17 04:28
    今まで一気に解いたことはなかったのですが、試しにやってみました。

    浦野先生の2012年発行の青い表紙のハンドブックです


    結果は 1時間51分でした。


    後半のほうは疲れで、つっかえてばかりでとても時間がかかりました。
    2時間以上かかるかなと思っていたので、良くもなく悪くもない結果だと思います。

    せめて1時間は切れるようになりたいです。

    5手ハンドのあと3手ハンドもついでにタイムアタックしたら20分でした。
    こちらは前回より少し速くなっていたので、うれしいです。



    7/19 追記

    あまりに遅かったので何周か解きなおして再度タイムアタックにチャレンジしました。

    25分でした。

    想像以上にタイムを短縮できました。もうほとんど覚えてしまいましたね。