藤井聡太四段の詰将棋を解いてみた1問目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

藤井聡太四段の詰将棋を解いてみた1問目

2017-06-15 06:14
  • 3
  • 5




藤井四段が愛知県の大村知事に色紙に書いて渡したことで話題になった詰将棋です。



かかった時間 73分

感想

初手が手順前後できないということに気付くまでだいぶ時間がかかりました。
その後二度の桂合限定までは読んでいけばたどりついて、銀打って1一玉と引かれてどうするかで時間がかかりました。
飛車をとられてはだめという先入観があったので、2二銀から3四桂という手がなかなか見えませんでした。

初手から2二銀までが難しかったです。

初期配置が角香という配置なんですが、2二の香は歩でもいいのかなと思いました。
なにか余詰めが生じる可能性もありますが。


プロなら5分もかからないでしょう。


本手順
2四角成 1四角 3一飛車 2一桂 1三香 1二桂 同香成 同玉 1三銀 1一玉 2二銀成 同玉 3四桂 1二玉 1三香 同桂 1一飛成 同玉 3三馬 2一玉 2二馬 まで21手詰 

変化 
初手3一飛車から入ると2一桂 2四角成に1四角ととってくれないんですねえ。とってくれたら本手順に合流するので詰むんですが、そこがこの詰将棋の最大の難所かと思います。

二回目の桂合のところで、他の合い駒では角は二枚とも盤上にあり前に利く駒しかないので、合駒をとって1三に打つ、同桂 2一銀 1一玉 3二銀成 1二玉 2一飛成 まで

3二に角がいる状態だと2一銀と打っていく筋が出来ないので、角を1四にいかせるために初手2四角成が限定ということです。



最後に解答図を掲載します。





解答図 2二馬 まで




実際の盤駒を持っている方は、鑑賞として並べてみるだけでも詰将棋を楽しめると思います。
持っていない方はpc上で使える盤駒としてフリーソフトのkifu for windows やShogi GUIがおすすめです。
この局面の画像はShogi GUIのものです。
 


















広告
×
3四桂と打ち込んだ時の形が美しくて好きですねぇ
5ヶ月前
×
こんな難しい詰将棋解ける主さんやば
かっこいいのでコミュ入りました
みんなもここから入れますよ
http://com.nicovideo.jp/community/co3565192
5ヶ月前
×
シンプルながら難しい良い詰将棋だな
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。