2018年3月号 詰将棋サロン 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018年3月号 詰将棋サロン 感想

2018-02-14 01:45
    みなさんこんばんは 初めましての方は初めまして

    前回の詰将棋サロンの感想をブロマガに書いたのは2017年の5月号なので約一年振りにサロンをしっかり解いたことになります。
    一体この一年私は何をしていたのでしょうか。
    将棋世界はたまに買っているのですが、軽く興味のあるページを読んだりして詰将棋サロンのページまでたどり着けず本棚に収納してしまっていました。
    しかし、そんな将棋世界の無駄使いも今月までにしたいと思います。今月以降は毎月詰将棋サロンを解いて感想を投稿したいと思います(ー_ー)!!

    では本編の感想をどうぞ

    一問目 打ち歩打開が綺麗にきまってとても気持ちがいい作品 the サロンという印象です

    二問目 まず初形がおもしろいので解いてみたくなりました 邪魔駒消去問題ですが、邪魔駒が二枚あるのは珍しいかなと思いました どちらの角からいくか その違いがわからなかったですが、収束が見えるとなるほどとgoodです

    三問目 かなり苦労しました(^_^.) どうもだめなほうだめなほうの変化ばかり考えてしまって、収束もまるで見えず30分以上かかってしまいました 詰み上がりの形も脳内では本当に詰んでるのか怪しい感じになる形で比較的難問だと思いました 最後の金を引く二手でなんだか引き締まった感じがします

    四問目 後半は筋っぽくてすぐわかったのですが、初手が限られているにも関わらず前半が難しかったです なぜか42馬と入る手が盲点に入ってしまいました それに二手目同玉の変化も詰んでるということになかなか気付けなかったです 盲点に入る筋が多い詰将棋でした

    五問目 なぜか龍がいて桂が持ち駒に多くて、玉が広くてとっつきにくい。しかし上に逃げる変化も下に逃げる変化も筋がわかれば綺麗な変化でした

    六問目 貧乏図式は初めて解いたかもしれない 序盤は考えやすいが、打ち歩になってしまってからが長かった、収束の形が見えてから、なるほどと合駒請求は盲点でした

    七問目 比較的考えやすかったです

    八問目 かなり考えましたが、解けません 難しいです






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。