2018年4月号 詰将棋サロン 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2018年4月号 詰将棋サロン 感想

2018-03-08 04:32
    今月は初入選特集ということで普段のサロンとは違った感じの詰将棋が多いです。

    1問目 銀の配置がわざとらしく感じます

    2問目 やや時間がかかったがふつうに打っていったら詰んでしまった

    3問目 筋だけで詰んでしまった

    4問目 金はとどめに残したいので収束の形がなかなか見えなかった。金銀の枚数がわからなくなる実戦詰将棋感がしました。

    5問目 二手目同金の変化が広くて考えづらかったです。本手順は一直線で綺麗な収束でした

    6問目 合い駒、打ち歩とほどよい難易度で入っていて気持ちがいい問題。

    7問目 今月の8問で一番難しい。桂馬の利きがごちゃごちゃになってしまうが筋としては、33成はどこかで来るだろうと思えるので素直な問題。時間がかかりすぎた

    8問目 ふつうに詰んでしまうし、収束もなんだかもやっとする

    全体的に普段とサロンと比べて難易度が下がっていました
    毎月のサロンは解けた時に爽快感がありますが、今月はあまりそれがなかったです(^_^;)
    それでも全部解くのに2時間弱かかっているので、へぼ将棋指しです





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。