S16最高レート2087最終1908 全員エースのバシャバトン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

S16最高レート2087最終1908 全員エースのバシャバトン

2016-07-19 20:06
    2100を目指した結果レートがどっかに行きました
    悔いはない

    最高レート(放送の切り抜き)


    最終レート






    メンバー




















    ・各ポケモンの調整

    ガチゴラス@ラムのみ
    性格:陽気
    特性:いしあたま
    技構成:もろは、氷牙、炎牙、竜舞
    努力値:h4a252s252

    <ひとこと>
    ぶっぱのガチゴラス。今までの構築ではptの穴を塞ぐような調整ばかりしてきたが今季はエース的運用をしたいと考えた。
    <技構成の意図>
    個人的に、舞ゴラスにはもろは氷の牙まで確定だと思っている
    マンダナットの並びも崩せるように炎の牙を採用した
    <努力値配分の理由>
    エースになるためのぶっぱ
    <役割>
    後述のバシャーモが展開しずらいマンダ軸、そして受けループを破壊する
    ビルドバトンからガルアローを倒す
    <活躍の仕方>
    受けるのポケモンで+1もろはを二発耐えられるのはヌオーかメガ進化後のヤドランくらいであるからサイクルが崩壊しやすい
    僕もよくわからないがこいつが舞ったら受けループが吹き飛んだ
    ジャローダと一緒に選出し壁からのエースとしてマンダ軸を処理する




    バシャーモ@バシャーモナイト
    性格:わんぱく
    特性:もうか→加速
    技構成:フレドラ、ビルドアップ、バトン、守る
          努力値:h252196s60

    <ひとこと>
    仲間の補助が仕事のはずだがこいつもエース積んだ後三タテしたりする
    <技構成の意図>
    膝で倒したい相手は(タスキガブ以外)裏で倒せるためフレドラを採用
    ただし再戦時ガルーラに突っ張られるため困る

    <努力値配分の理由>
    s+1でゲッコウガ抜き
    意地ガルの地震をビルドアップしなくても耐える
    <役割>
    ビルドしてバトン
    <活躍の仕方>
    ”相手には普通のバシャーモと思われている”ことを頭に入れながら戦う
    ビルドを積めばアローすらバトンの起点にできるため鳥に怯えずに選出できる
    こいつ自身もエースであると考えて仕事をさせる(そうしないと負ける試合が多い)




    ギャラドス@ゴツゴツメット
    性格:わんぱく
    特性:威嚇
    技構成:たきのぼり、氷牙、じしん、どくどく
            努力値:h252b252

    <ひとこと>
    物理耐久にビルドバトンしたら要塞ができると思った
    バトン後のエース
    <技構成の意図>
    範囲が広い3ウェポン
    どくどくはバシャを受けに来る物理受けを(一応)倒せるように
    <努力値配分の理由>
    ぶっぱ
    <役割>
    物理受け
    バトン後は上から怯みを食らわせ突破するエース
    <活躍の仕方>
    ビルドバトンでカバガルやガルガブを倒す
    威嚇によりあいてのAを下げることでバシャバトンの補助もできる
    僕の構築は比較的バシャ―モが刺さっている構築であるため、相手のバシャーモの加速をリセットするのに使うこともある。だが相手のバトン展開がつらいためあまりしない




    ジャローダ@光の粘土
    性格:臆病
    特性:天邪鬼
    技構成:リフスト、リフレく、光の壁、蛇にらみ
    努力値:h148b4c100d12s244

    <ひとこと>
    ジャローダにがんぷうを打って絶望したことがあった
    その状況を意図的に作ろうと思った
    <技構成の意図>
    一般的な壁じゃろの構成
    2ウェポンにするか迷ったがメガ前マンダに上から麻痺を入れたかったため蛇にらみを採用している
    <努力値配分の理由>
    壁じゃろで検索したら上の方に出てきた配分をかってにパクった
    H無ぶりガルーラをリフスト二発で落とせるくらいのCだったと記憶している
    <役割>
    壁を貼りガチゴラスがつむ手助けをする 
    ビルドバトンからリフストで全抜きを狙う
    <活躍の仕方>
    壁張りだが思っているより火力があるため初手だし壁貼からそのまま3タテした試合もある
    二試合連続初手だし三タテは笑った
    マンダがいるptにはガチゴと一緒に選出する場合が多い
    バシャを見に来るカバを起点に全タテを狙いつつ途中壁を張って仲間のサポートもする




    ニンフィア@せいれいプレート
    性格:おだやか
    特性:妖スキン
    技構成ハイボ、めいそう、眠る、いびき
        努力値:H252C236s20

    <ひとこと>
    この構築で一番クレイジーなポケモン
    誰も考えたことのないようなニンフィアだと思ってるがどうなんだろう
    <技構成の意図>
    昔使っていたバトン先としてのゴツメニンフと同じ技構成そこいらへんにさす
    眠るにより毒の解除もでき上から怯みを押し付けられるためバトンと相性がいいと思っていた構成を使った
    <努力値配分の理由>
    もともとDの高いため穏やかD無ぶりで十分な特殊耐久になる
    Cぶっぱプレートにより高火力を押し付け急所にあてられる前に相手を倒す
    C+1ハイボでH4振りガルが25%で吹き飛ぶ
    D+2で控えめCぶッパのバナのヘド爆を3発耐える(四発目で4ぬ)
    C+4のハイボでラッキーが確二
    <役割>
    バトン後鋼タイプのいないptや攻撃技が特殊の物理受けがいるptを壊滅させる
    <活躍の仕方>
    ビルドバトンから受けループを倒せる調整(倒せるかどうかは相手のptめんばーによる

    バシャーモに出てくるクレセやスイクン対面でバトンして相手の三体を持っていく




    ボルトロス@オボン
    性格:おくびょう
    特性:ちくでん
    技構成:10まん、めざ氷、気合い玉、わるだくみ
    努力値:h152s252c100(個体地:H30B15)

    <ひとこと>
    古き良きレボルトへのバトンは強かった
    シーズン終盤に急に入れたため舐めた個体地、構成になっているがそれでも強かった
    レートをなめとる訳ではないです許してつかーさい
    <技構成の意図>
    10万とめざ氷はppを増やしていため確定
    バトン後の全抜きを狙うため悪だくみ気合い玉を搭載
    <努力値配分の理由>
    巧み眠るボルトの流用個体
    <役割>
    ガチゴニンフへのバトンは鋼タイプがいると止まりやすいのでそこいらへんにさす
    <活躍の仕方>
    壁貼から無理やり積んで三タテもよし
    ビルドバトンから積んで三タテしてもよし
    ただ耐久はそこまでないためHP管理はしっかり行う




    S16お疲れ様でした!
    次こそはポケモンたちに21に連れて行ってもらいます!
    大体のことは書きましたがいろいろ思い出し次第付け足していこうと思います




    ・構築全体としての話
    前から「あれ?ジャローダにバトンしたら強くね?」と考えていたのですが、どうしてもファイア路ーというポケモンが怖く採用には至りませんでした。
    ただ、今季ビルドバトンを初めて採用しアローを気にせずバトン展開に持ち込めることに気づいたことで、「ひょっとしたらいけるかも・・・・・?」ってなりましてね。
    結局は壁を張る役目を負わせたため、エースとしての最低限の能力しか持ちうることができませんでしたが、それでも強かったです



    ・構築でつらいポケモン
    ゲンガー、襷剣舞ガブ





    ・構築や調整を見に来た人にとってはどうでもいい話
    僕の記憶の中ではガチゴ入りの構築で瞬間最高レートを記録してます。
    最高・最終レート2073の方がいたと記憶してるんですがそれを超えました。
    まあ、「ブログに書いてないだけでガチゴともっと高レートに行ったけど????????」って人がいるかもしれないのであまり威張れることではないですけどね。
    自分の最高レートを大きく上回ることができた!ということだけ喜んで生きていきます。





    2016/7/20…言及する順番の変更および追記
    /7/21…バシャーモの努力値の誤りを訂正(a196→b196)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。