2016-2017 年末年始ガシャ顛末(前編:菜々さんを夢見た日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2016-2017 年末年始ガシャ顛末(前編:菜々さんを夢見た日)

2017-01-12 02:07
    2016年末から2017年始のデレステガシャを引くまでをちょっとした読み物にしてみました。
    報告とはいえ話せないことが割と多くあるので、概況では許せないという人は最初から読まないか、頑張って私とリアルで親しくなって下さい。それでもいいよという方は続きをどうぞ。
    ※前編の文章は確認前に書かれたものです。


    年末年始ガシャ顛末(前編:菜々さんを夢見た日


    本当は、家に帰れるはずでした。

    年末に緊急のお仕事が入りそうだと聞き私エスツェットは一人焦っていました。
    私のお仕事は少々特殊です。仕事内容はそこまで厳しくないのですが、長いこと拘束されます。半年くらい。
    そしてたまに電波の届かないところに行きます。
    いつもは2,3日長くて一週間程度で済むのですが、今回は中々珍しく年明けまで続きます。
    そろそろ交代ですが代わりの人員は急には来られません。そりゃ年末です。

    あと3日でも遅ければ交代のはずでしたが…。
    冬コミも行けるはずだったのになあ…。

    家に帰れなかったり、コミケに行けないのはまあ涙を飲みますけれども。
    ただ一つの高い可能性には困りました。

    デレステの年末ガシャが引けない──

    (本来の意味で)”物理的に”引けない可能性です。

    年末のガシャといえばシンデレラフェス開催が濃厚。そして次のフェス限に安部菜々さん(17)が濃厚。うれしい。
    しかし菜々さんに惚れてデレステ引いてはモバマスを始めた人間としてはガシャが引けないのは一大事です。一大事なのです。
    そういえばもう一人の担当関裕美ちゃん(かわいい)がキャラバンで登場した時も電波が届かないところにいましたし、ワンダーランドラビット安部菜々(かわいい)が出たときもそうでした。
    …今年は半分くらい呪われてるのかな?
    その時は一日か数日で帰って来られましたし関裕美ちゃんはいっぱいお迎えできました。
    菜々さんの方は引けませんでしたが後々お迎えしました。
    今回はチャレンジさえできません…。

    さあ、どうしよう。

    回して出ないのは仕方がない。だが担当のガシャは回してやりたい。
    まだ来ても居ないガシャにもだえ苦しむのは正気でない気がしますが、その通りなので大丈夫です。ごあんしんください。

    まず最初に考えたのは、緊急ゆえに仕事が早く終る可能性でした。その可能性も十分ありました。半々くらいでしょうか。年内に帰ってこられて(交代は来年になるでしょうが)のんびり引くまで引けたら…。
    悩みどころは仕事は最長でも1月の最初の週以内には終わりそうだという点でした。
    希望的観測と最悪の予想との間で覚悟が揺れます。
    しかし予想から希望を引いて残った状況に対してできるだけの準備をしなければ悔いが残ります。とんでもない不運は泣くしか無いにせよ…。
    潔く諦めることも選択肢に入れつつ、何かいい方法は無いかと引き続き探ります。

    次に考えたのは衛星のデータ通信を使う方法でした。これなら私の状況でも使えます。
    しかしデレステのデータは相当多くなることと、大体のサービスは概ね通話やメール程度の通信に重きをおいているので(金銭的にはともかく)あまり現実的ではなさそうです。
    契約し、理解し、運用するまでの時間が無いかな、という問題も有りました。
    これ関連で実用的な方法を知っている方が居ましたら今でも情報を募集しております。

    どうしようかなとうんうん考えていれば方法も見つかるものです。
    そっか。誰かに代わりに引いてもらえばいいんだ。
    この単純な方法を思いつくまでに意外と時間がかかりました。最初は仕方なく、くらいで思いついたこの方法、どんどん現実味が増しました。しかし思いついたのが出発3日前(この後早まったので実際は2日前)でした…。

    (今からコンタクト取れる人少ないぞ…)
    即挙げられる候補は二人。
    仕事場の近所の友人と、身内。
    誰かに託すということは誰かに多少なり責任の一端を背負わせるということなのでぎりぎりまで悩みましたが、かわいい菜々さんには変えられません。
    この段階ではまだ来てませんがかわいいのは確定しています。
    実際デレステのガシャはピックアップを引きのがすととても面倒なので困ります。

    携帯を渡しやすく自分と同じくオタクで事情を説明しやすい友人と身内と迷いましたが、一応金銭の関わることかつ後の連絡が面倒くさいので身内にしました。
    ガシャで友人関係が崩れるのはさすがに滑稽で悲し過ぎます。まあ仕事でも使いますしね。

    で、身内。すなわち姉です。

    姉は一言で言えばオタクに理解のある一般人です。それ以外はとても普通の女性です。

    コンタクトを取るのは半年ぶりでした。
    会話の概略
    「しょうもない頼みごとがあるんだけど」
    「なにー?」
    「こうこうこういう仕事の状況で」
    「うん(興味ない)」
    「お礼はするんで…デレステのガシャを引いてほしいんだけど」
    「いいよー。モンストとかでガチャ引いたことあるし大丈夫!」
    安請け合いに信頼度ユッコとはいいませんが、デレステでも通用するし!と言った幻影が浮かびます。姉よ。デレステのガシャは厳しいのですよ。
    大丈夫かな…。とはいえ、他に方法を思いつき、かつ実行に移すまでの時間は残されていません。次の段階に移るときです。

    ここでどういう風に伝えるべきかと頭を悩ませます。
    なるべく簡単にするとこんな感じです

    ・シンデレラフェスが来たら(予測としては28日か30日15時~だと思う)引いてくれ
    ・引いてほしいのは安部菜々さん(17)

    ここで問題は菜々さんが来なかったときだよなあと考えます。各種予測からほぼ確実だとは思いますが、沢山の驚きを提供してきたのも運営です。サプライズSSR関裕美ちゃんはよ。
    しかし、何も知らない姉にアイドルの判別できるかどうかも…うーん…。
    …こういう時に細かい条件を付けてお願いするのは悪手です。よし。

    ・菜々さんが来ても来なくても”シンデレラフェス”が来たらジュエル全部使って引いてくれ。

    というお願いにまとまりました。最初の予測からの一貫性を保つために潔く行きます。
    仕事が終わった時に何が起こっていたとしてもフェスのお祭り騒ぎの一端を味わいたいというのもありました。
    私は特に嫌いなアイドルなどは居ないので、引けていないSSRを引いてくれるのを祈ります。流石に複数枚はSSRが引ける程度の…引けなければあきらめが付く程度のジュエルを入れて姉に託します。
    試しに一度引いてもらった時はライラさんでした。これは幸先が良さそうです。ライラさんは菜々さんと劇場で2回も絡んでいますからね…!二人とも異邦から来ているのに不思議な生活感の説得力があって好きです。仲良くしていてほしいものです。

    再びお正月限定ガシャとして菜々さんが来る可能性も0では無いのですが、(正月関係のウサミンエピソードは沢山ありますね)そのへんは流石に考えないことにしました。
    ちひろさんは女神ですからね。そんなことはしません。
    あとはまあ2枚引きできたらして、それ以上は回さなくていいとか細かいことはおまけ程度に文章にしてお願いをしました。
    そのへんまで了解してくれたのでその上で余ったらお正月ガシャも引いていいよと伝えておきました。
    ガチャ引くのは楽しんでるし大丈夫!と張り切っていました。
    本当に大丈夫かな…岡崎センパイや木場さん並に信頼度高いのは望むべくもないのですが。(木場さんがガシャしてるの想像すると相当面白い)

    まあしかしとりあえずこの状況でやれるだけのことはやったと思いました。
    「あ、やっぱりちょっとジュエル余らせておいて来ないと思うけどもしスカウトチケットってのが来たら期限ギリギリで買っておいて…(必死)」
    「?はい」
    …やれるだけのことはやったと思いました。

    で、現在。1月2日7時25分。やっぱり帰れませんでした。あけましておめでとうございます。初夢はガチャを確認する夢でした…。

    さて、どうなることやら。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。