• このエントリーをはてなブックマークに追加
日本人の英語-日本語アクセントは格好悪いの?|THE STANDARD JOURNAL
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本人の英語-日本語アクセントは格好悪いの?|THE STANDARD JOURNAL

2018-06-14 20:19
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    全世界のアメ通読者の皆様こんにちは。山岡鉄秀です。


    日本人の英語下手は有名ですね。

    理由はいろいろあると思いますが、
    ひとつは、英語と日本語が全く異なる言語だということです。
    文法はともかく、英語の方が音声体系が複雑ですから、
    大人になって英語を習っても、
    聞き取れない音がたくさん出てきてしまいます。

    それに、勉強方法がまずいことも、もちろんありますね。
    私が中学の頃の英語授業なんて、今思い出してもひどいものです。

    私も20代後半で留学しましたから、
    特にリスニングで苦労しましたし、
    今もベタな日本語アクセントで話しています。

    衆議院議員の青山繁治さんは、
    アメリカアクセントを習得されていますね。
    ご本人も、「私の英語は米語」とおっしゃっていました。
    相当努力されたのかもしれませんが、
    天才肌の方はあまり参考になりません。

    私は英語で不自由しなくなってから、
    地域のコミュニティカレッジで開講されていた、
    「アクセント矯正コース」に通ったことがあります。
    「矯正」と言っても、英語では”Reduction”
    つまり、減殺と書きます。ここがミソですね。

    いろんな人種の人たちが生徒として来ていました。
    「部下に僕が言うことを理解して欲しい」
    という中国人のマネージャーがいたのを覚えています。

    ものすごく綺麗な英語を話す先生が来て、
    説明してくれました。

    「みなさん、英語は難しい言語です。
    なぜならば、スペルと発音が一致しないからです」

    「なるほどそうですねー」

    「発音記号をすべて勉強し直してみましょう!」

    「ちゃんと勉強したの初めてだなー。
     なるほど、違いが分かってきたなあ」

    「さあ、早口言葉を練習して!」

    「She sells seashells by the seashore…」

    「よくできました。次の段階に進みましょう」

    「はーい」

    「実は、英語の実際の会話では、
     発音記号どおりに発音しないのです!」

    「なんだそりゃあああ」

    私は先生とも仲良くなって、楽しく取り組んでいました。
    効果があったかと言えば、多少ありました。
    通じやすくなって、聞き返されることが少なくなったと感じました。

    ところが、意外なことが起こります。

    オージーの友人に、
    アクセントリダクションコースに通っていることを話したところ、
    友人は表情を曇らせてこう言ったのです。

    「日本語アクセントを失ってしまうと、
    あなたのアイデンティティが失われてしまう。
    日本人であることがあなたにとって大切なことなのよ」

    びっくりしました。

    オーストラリアに慣れ親しんでいるつもりでも、
    周囲は「日本人的キャラクター」を期待していたわけです。
    私が「クロコダイルダンディー」のようにふるまっても、
    オージーは喜ばない。
    むしろ、「ラスト・サムライ」の方が望ましい(笑)。

    そういえば、オーストリア出身の俳優、
    アーノルドシュワルツネッガーも、
    独特のアクセントが彼のキャラの一部になっていますね。

    「このコースを受けたぐらいで、
    アクセントが無くなったりしないから大丈夫ですよ」

    と答えましたが、ちょっとした驚きでした。

    それで、私なりの結論は以下のようなものです。

    「大切なことは、相手がストレスなく聞き取れること。
    相手が苦労するほどアクセントが強いと何かと差し支える。
    支障がないレベルであれば、
    多少のアクセントはむしろキャラクターの一部となり、
    好意的に受け止められることもある」

    もちろん、幼少期に移住して
    ネイティブの発音が自然に身についていたら、
    それはそれでいいわけで、
    その場合は立ち居振る舞いも現地人化しているでしょう。

    私のように、完全に成人してから移住した場合は、
    むしろ、日本人らしさ、が求められ、
    アクセントもその一部だったりするわけですね。

    言い換えれば、
    周囲は私たちを通して日本を見ているわけで、
    私たちが尊敬されると、
    日本人は立派だな、日本は立派な国だな、
    となるわけです。

    英語のアクセントからそのことに気付かされた、
    というお話でした。

    ( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110 )

    --

    ▼山岡鉄秀▼
    AJCN Inc.代表・公益財団法人モラロジー研究所研究員
     1965年、東京都生まれ。中央大学卒業後、シドニー大学大学院、
    ニューサウスウェールズ大学大学院修士課程修了。
     2014年、豪州ストラスフィールド市において、
    中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像設置計画に遭遇。
    子供を持つ母親ら現地日系人を率いてAJCNを結成。
    「コミュニティの平和と融和の大切さ」を説いて
    非日系住民の支持を広げ、圧倒的劣勢を挽回。
     2015年8月、同市での「慰安婦像設置」阻止に成功した。
    著書に、国連の欺瞞と朝日の英字新聞など英語宣伝戦の陥穽を追及した
    『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)

    ---
    ▼『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)
    【Youtube動画】
    ▼山岡鉄秀(@jcn92977110)さんの肩書にある
     「AJCN」ってなんですか?
    |TSJ|ON THE BOARD

     ▼AJCNについて▼
       Australia-Japan Community Network (AJCN)
    ---
    ※山岡鉄秀『月刊Hanada』プラス寄稿文:
    ▼慰安婦像問題 なぜ日本は負け続けるのか 

    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    □■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

    <TSJ編集後記>

    TSJ管理人です。
    ※TSJ=「THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~」の略です。

    今回の山岡メルマガ、如何でしたでしょうか?

    山岡さんの豪州時代の軽快なwエピソードは
    このまま定番化しそうな予感がしますがw
    今回は最後のパラドキシカルなオチが、
    とても示唆に富む、と言いましょうか、
    管理人も読んでいてジワリと刺さりました。

    母国語以外の言語を習得することに
    興味があるかたはたくさんおられると思いますが、
    今回のトピック、グッと参考になったのではないでしょうか。

    今後も山岡さんには
    このようなライトなトピックのテキストも
    どんどん執筆して頂くようお願いしてますので、
    ご期待下さい。

    そして・・・
    今日はいつもの(胃薬必須のw)重たい話題の動画が…

    (TSJ"@紫"管理人 / https://twitter.com/realistjp

    【Youtube動画公開】

    ▼主体的な外交が出来ない国、日本。この現実を直視せよ。
    |米朝会談をどう読むか?(その1)
    |TSJ|ON THE BOARD

    ---
    歴史的な米朝首脳会談の結果、
    米朝関係は地政学的に新たな局面に入った情勢で、
    今、日本国が取るべき外交策とは何なのか?

    だが、ちょっと待って欲しい。

    外交の裏付けとして絶対不可欠な「軍事的オプション」を持たない日本が、
    「自主的に」北朝鮮のような独裁国相手に交渉など、そもそも可能なのか?

    拉致された自国民すら自分で奪還することが出来ない。
    国家としての本質的問題を誤魔化してきたツケが、
    より深刻な現実を伴ってまた回ってきた…。

    この期に及んでもなお、
    相変わらずこの国で話題なっていることと言えば…モリカケ…

    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    □■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
    なぜ、日本にリアリズムが必要なのか?
    これまでニコニコ動画やYoutubeで展開してきた
    The Standard Journalアメリカ通信でのメインテーマは、

    『地政学』 『プロパガンダ』 『リアリズム』
    の3つです。

    これらの3つが足りない、理解できないから、
    日本の危機を晴らすことができない...

    そう思って番組をスタートし、これまで続けてきました。

    ただ、まだ日本では諸外国の仕掛けてくる
    プロパガンダに対抗する考え方は普及してませんし、
    ましてや日本側がプロパガンダを
    応用していくという考え方もありません。

    なので、再度まとめ上げが必要だとは思っています。

    現実よりも、ウソの世界観を広めたら
    それで世界は動き出すという点を
    これからもっと強調したものを、と考えています。

    番組では、
    「日本にはリアリズムが必要だ!」
    ということをずっと強調してきました。

    でも、なぜ必要なのか?
    そもそもリアリズムって何なのか?

    ★奥山真司戦略学講義CDシリーズ
     THE REALISTs リアリスト入門
    ご注文はこちらより・・・
    58991dab3d70de4f604cac99aadd2b5b2f492880


    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    □■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

    ※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

    ▼番組へご意見・ご感想はこちらから

    ▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1

    ▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1

    ▼戦略学博士 奥山真司の「アメ通 LIVE!」

    ・奥山真司Twitter:
    ・奥山真司ブログ:地政学を英国で学んだ

    ★奥山真司博士への講演依頼・執筆依頼は、
    【webmaster@realist.jp】までお問合せ下さい。

    □■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
    株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/
    和田憲治Twitter:
    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    THE STANDARD JOURNAL
    更新頻度: 毎週木曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。