• 数年の沈黙を破り、今、空へ(意味わからない

    2015-12-17 14:391
    お久しぶりです、すあまです。

    わグルま!、幻想戦姫がサービス終了し、途方に暮れていたのですが、友人に
    勧められて始めた「GRANBLUE FANTSY」にどっぷりハマって、現在中毒中。

    そんな訳で、久しぶりにブログでも書いてみようかと思います。読んでる人は
    ほとんど居ないと思うので、完全に自己満足の世界でやっていきます!
  • 広告
  • 【わグルま!】@祭F アイテム発送のお知らせ。

    2014-03-08 11:0231
    どうも、すあまです。先ほど@祭Fの各イベントごとの賞品を発送いたしました。
    ご確認ください。

    なお、開花合戦の参加賞としていたウゴケルンV31本ですが、非常にめんどう
    なので()、希望者のみの配布とさせていただきますゆえ、欲しい方はこの記事
    のコメント欄にてお願いいたします。

    最後に、改めてまして、@祭にご参加いただきありがとうございました。当面は
    本家である「すあま」家のみでまったりと魔界生活を送りたいと思います。月末
    に新キャラ追加されたら、必殺技の為だけに卵割る可能性は高いです。

    また余裕が出来たら私自身が主催してイベントとかもやるかもしれませんし、何か
    やってみたい事などありましたら、ご協力させていただきますのでお気軽にご相談
    くださいませ。

    ではでは、皆様、良い魔界生活を~(・ω・)ノシ


    追伸:最近はホントに「幻想戦姫」ばっかやってます。面白いよ。


  • 【幻想戦姫】砲撃技能計算式の考察

    2014-03-06 21:1611
    ※3/6 22:30頃追記
    今回の計算式ではステータス上昇技能(通称:バフ)は含めていません。
    後日、そちらも計算式に含めた完全版を投稿するかもしれません。

    はじめましての方ははじめまして、そうでない方はこんにちは、すあまです。
    いつもはニコニコアプリ版「わグルま!」の記事を書いている私ですが、本日は
    最近ハマっているブラウザゲーム「幻想戦姫」に関する記事となります。

    この記事は既に「幻想戦姫」をプレイしていて、かつある程度の基本的な知識
    がある事を前提に書いております。幻想戦姫に関する色んな情報を知りたい
    のでしたら「幻想戦姫 wiki」などで検索していただくと良く分かるかと思います。

    では本題に移りたいと思います。この記事ではタイトルにあるように通称砲撃
    技能や砲ぶっぱと呼ばれる技能についての計算式の考察をします。

    それでは早速、計算式についてお話したいと思います。この式は同交流の方と
    模擬戦で検証したものです。ダメージに最大で±2ほどの誤差は出ますが、ほぼ
    計算どおりの結果が得られたので、おおよそ合っているのではないかと思います。
    で、その計算式がこちらです。

    まずは攻撃力から。
    ATK=(表示攻撃力×草紙効果【%】+草紙効果【+】)×工房効果【%】
    ・表示攻撃力:戦姫のステータス画面で確認できる[攻撃]の値
    ・草紙効果【%】:草紙効果の%で上昇するもの
    <例>「嫉妬するカーリー」 5%上昇→草紙効果【%】に『105%』を入れる
    ・草紙効果【+】:草紙効果の固定値で上昇するもの(現在は「少女の陰謀」のみ)
    <例>「少女の陰謀」 +10→草紙効果【+】に『10』を入れる
    ・工房効果【%】:工房「戦姫攻撃上昇」で上昇するもの(Lv1ごとに1%上昇)
    <例>「戦姫攻撃上昇Lv10」 10%上昇→工房効果【%】に『110%』を入れる

    次に防御力。
    DEF=(表示防御力×草紙効果【%】+草紙効果【+】)×工房効果【%】
    ・表示防御力:戦姫のステータス画面で確認できる[防御]の値
    ・草紙効果【%】:草紙効果の%で上昇するもの
    <例>「ガネシュの悩み」 5%上昇→草紙効果【%】に『105%』を入れる
    ・草紙効果【+】:草紙効果の固定値で上昇するもの(現在は無い)
    ・工房効果【%】:工房「戦姫防御上昇」で上昇するもの(Lv1ごとに1%上昇)
    <例>「戦姫防御上昇Lv10」 10%上昇→工房効果【%】に『110%』を入れる

    以上を踏まえたうえで砲撃技能の式は
    ATK×技能倍率+技能固定値DEF)×属性相性
    赤文字:自分
    青文字:相手
    属性相性:
    技能属性が火→相手が水属性=0.5 相手が風・火属性=1 相手が地属性=1.5
    技能属性が水→相手が風属性=0.5 相手が地・水属性=1 相手が火属性=1.5
    技能属性が風→相手が地属性=0.5 相手が火・風属性=1 相手が水属性=1.5
    技能属性が地→相手が火属性=0.5 相手が水・地属性=1 相手が風属性=1.5
    技能属性が無→相手が何属性でも1

    となります。では、ここからは具体的な例をご紹介いたします。

    まず条件として
    ①相手はプリパス(地属性)、防御355
    ②こちらの工房「戦姫攻撃上昇」はLv10(最大)
    ③相手の工房「戦姫防御上昇」はLv10(最大)
    ④こちらは草紙「少女の陰謀」(対自軍全体、追加状態攻撃力上昇5%+10)を付与
    ⑤相手は草紙「天照の悪戯」(対自軍全体、追加状態防御力上昇10%)を付与
    とします。この時、上記の式でのDEF:355×110%(草紙)×110%(工房)=429.55

    最初はシヴァの手動技能「怒」
    シヴァの攻撃:536
    ATK:(536×105%+10)×110%=630.08
    「怒(Lv45)」:対敵軍ライン3人、攻撃力190%+340の火属性ダメージを与える
    属性相性は、地属性キャラに対して火属性ダメージなので1.5倍となります。
    これを上記の計算式に当てはめると
    630.08×190%+340-429.55)×1.5=1661.4

    ものすごく見づらいですが、1661のダメージが出ています。(計算との誤算0.4)

    次に玄武の手動技能「壟」
    玄武の攻撃:341
    ATK:(341×105%+10)×110%=404.86
    「壟(Lv50)」: 対敵軍ライン7人、攻撃力210%+200の地属性ダメージを与える
             追加状態攻撃力低下+20、継続時間15秒
    属性相性は、地属性キャラに対して地属性ダメージなので1倍となります。
    これを上記の計算式に当てはめると
    404.86×210%+200-429.55)×1=620.65

    620のダメージが出ています。(計算との誤差0.65)

    以上の事から、この計算式でほぼダメージを割り出せると思われます。
    そしてここまでの話は、ある程度やりこんでいる方なら、もう既にご存知
    かもしれません。では、なぜわざわざ長い文章でこのような説明をしたか
    と言いますと、砲撃技能には上記のような属性が1つの物と2つある物
    が存在します。そしてこの記事の本当の目的はその2つの属性を持つ
    砲撃技能に関するお話です。ここでは2つの属性を持つ技能を複属性
    砲撃技能と呼ぶ事にします。

    それでは複属性砲撃技能の場合は、ダメージ計算式はどうなるのかと
    いう話ですが、すごく単純でしてそれぞれの属性ごとで上記の計算式で
    ダメージを算出し、それを合計した物が最終的なダメージになります。
    こう書くと、なんだかものすごく強そうな気がしませんか?

    実際に不動明王の持つ自動技能「降」などがこの複属性砲撃技能の
    代表とも言えます。詳細は以下の通りです。(wiki参照)
    「降(Lv50)」:対敵軍ライン7人、攻撃力150%+97の火属性ダメージ、
             攻撃力103%+46の地属性ダメージを与える
    強いです。不動明王は攻撃も高いので、かなりのダメージが出ます。

    そんな強そうな複属性砲撃技能ですが、実はとんでもないデメリットが
    存在します。そして、それこそがこの記事で最も言いたかった事です。
    既にお気づきの方も居られるかもしれませんが、上記の計算式を属性
    ごとに計算して合計するという事は、DEFでの減算も2回あるという事に
    なります。そして不動明王の「降」のように各属性に%がかかっている
    場合は、それほど問題ではないのですが、もしも2つある内どちらかの
    属性が固定値だけだった場合、悲惨な結果になってしまうのです。

    その不遇な具体例がこちら。
    恋想申公豹の手動技能「甜」
    恋想申公豹の攻撃:626
    ATK:(626×105%+10)×110%=734.03
    「甜(Lv50)」: 対敵軍ライン5人、攻撃力144.9%+77の地属性ダメージを与える
             攻撃力+110の無属性ダメージを与える
    属性相性は、地属性キャラに対して地属性ダメージなので1倍となります。また
    無属性はどの属性に対しても1倍となります。
    これを上記の計算式に当てはめると
    地属性ダメージ:(734.03×144.9%+77-429.55)×1=711.06
    無属性ダメージ:(734.03×0%+110-429.55)×1=-319.55
    最終ダメージ=地属性ダメージ+無属性ダメージとなり
    711.06+(-319.55)=391.51

    392のダメージが出ています。(計算との誤差0.49)

    倍率や固定値の差があるとはいえ、攻撃力では随分勝っている恋想申公豹
    の砲撃技能が、攻撃力低めの玄武の砲撃技能より圧倒的に弱い結果となり
    ました。

    こうなった原因は「甜」の計算式の無属性ダメージにおいて倍率が0%として
    計算される為、相手のDEF分マイナスになってしまうからです。固定値は変化
    しない為、相手のDEFが上がれば上がるほど大幅に減算されるという訳です。

    本来このゲームにはダメージの最低保障という物があり、どんなに防御力が
    高くても一定のダメージは与えられるようになっています。が、技能の場合は
    最終ダメージに対して最低保障の判定がされる為、途中でマイナスが出ても
    そのまま計算されてしまうのです。その為思いのほかダメージが小さくなると
    いう現象が発生します。

    長々と書いてきましたが、結局何が言いたいのかと申しますと、
    『技能の説明文を見る限り、こんなにダメージ小さいとか思わない!』
    という事です。ここからは私の個人的な感想になりますが、恋想申公豹を
    手に入れた時、攻撃は高いし技能も強そうな砲撃技能だし、これは鍛える
    しかないな!と思い、コツコツとLv50まで育て上げました。そして同交流の
    方に模擬戦していただき、その威力を確かめた時に衝撃を受けました。
    予想していたダメージの半分も出ないという現実に向き合うことになった
    のです。最初は何かバグでもあるんじゃないかと疑いました。実際に神兵
    の属性表示はバグっていましたし。でも検証を重ねた結果、上で述べた
    ような事実が判明したという訳です。

    複属性砲撃技能でDEF減算が2回かかるのは仕様上、そうせざるを得ない
    とは思いますが、複属性になったせいで足を引っ張られるとは思いもしない
    事でした。願わくば、もういっそ無属性部分を消していただきたいくらいです。

    この現象が発生する条件は
    ①複属性砲撃技能である事。
    ②どちらか一方、もしくは両方(今のところありません)の属性ダメージが
     固定値のみである事。
    です。具体的にこの条件に当てはまる技能は以下の通り。
    <対敵軍単体の周囲[手動]>
    『霆』:インドラ →①地・風の複属性 ②風属性部分が固定値のみ
    <対敵軍全体[手動]>
    『伐』:須佐之男 →①無・火の複属性 ②火属性部分が固定値のみ
    『毀』:カーリー →①無・火の複属性 ②無属性部分が固定値のみ
    『迷』:恋想 太上老君 →①水・無の複属性 ②無属性部分が固定値のみ
    <対敵軍ライン[手動]>
    『界』:出雲 →①水・無の複属性 ②無属性部分が固定値のみ
    『勢』:須世理姫 →①火・風の複属性 ②風属性部分が固定値のみ
    『甜』:恋想 申公豹 →①地・無の複属性 ②無属性部分が固定値のみ
    <対敵軍ライン[自動]>
    『踏』:カーリー →①火・地の複属性 ②地属性部分が固定値のみ
    <対自身周囲の敵軍[手動]>
    『鞭』:申公豹 →①風・無の複属性 ②無属性部分が固定値のみ
    『妄』:桃胡 →①無・火の複属性 ②火属性部分が固定値のみ
    <対自身周囲の敵軍[自動]>
    『混』:渾沌 →①風・水の複属性 ②水属性部分が固定値のみ

    もしかしたら他にもあるかもしれませんし、間違っている可能性もありますが
    一応、上記の技能・キャラを使おうと思っている方はご注意ください。
    またお気づきの点などございましたら、コメントにて教えていただけると幸い
    です。

    最後になりましたが、長文駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
    皆様の幻想戦姫ライフが良いものでありますように。