KKK提案原案と川上氏退任勧告
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

KKK提案原案と川上氏退任勧告

2018-02-15 11:09
  • 1
株価下落が止まらない。
第三四半期決算翌日には1158円まで下落。
その後も軟調な動きが続いている。

営業利益が対前年比マイナス60.2%(29億4300万円)、
成長分野と見なされるべきウェブサービス事業が対前年比マイナス94.1%(1億3900万円)と
数値が悪化したことが、株安の原因であろう。

クレッシェンド失敗によりプレアカ数が214万人まで減少。
たった3か月で14万人がニコニコのサービスに540円の価値を見出さなくなった。

プレアカ減少という火に油を注いだのは間違いなく川上社長である。
クレッシェンドの総責任者であった以上、
主要事業失敗に対する責任を株主に対してとるべきであろう。

KKK株主提案原案

一、川上社長の社長退任
・上場以来業績低迷、株価低迷、就任3年という期間を考慮した結果責任

二、社外取締役の変更
・企業価値向上に貢献していない。金融知識に明るい人間を入れる。

三、株主総会のニコ生放送
・他社に比べ情報発信がウェブサービスメディア企業として後進的。

カドカワ株保有者は長期であればあるほど、含み損に苦しんでいる。
全ての株主が報われるよう、経営者は行動すべきだ。


広告
×
株主総会ニコ生 実現して頂きたいです
7ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。