• ゆかりねっと用のプラグインを作ってみました

    2018-01-26 22:342
    おかゆぅさん様が製作されているゆかりねっとに追加するプラグインを作ってみました。
    公開しても大丈夫との事なので紹介してみます。

    AITalkPlugin.dll

    ゆかりねっとに次のソフトの音声読み上げ機能を追加します。
    音街ウナTalk Ex
    ギャラ子Talk
    かんたん!AITalk3
    ・かんたん!AITalk3 関西風

    《 使い方 》

    ダウンロードしたAITalkPlugin.dllをゆかりねっとのpluginsフォルダに入れてゆかりねっとを起動します。すると下の画像のような感じで読み上げできるソフトが4種類増えてます。あとは基本的な使い方とかは他のEXシリーズのVOICEROIDと同じなので適当に使ってみてください。



    《 上手く起動できない場合 》

    このAITalkPlugin.dllを追加してゆかりねっとが起動しなくなった場合は以下の事を試してみてください。ネット上からダウンロードした直後のdllファイルはWindowsからセキュリティ保護のためブロックされている事があります。その場合はAITalkPlugin.dllを右クリックしてプロパティを開き、以下の画像を参考にブロックを解除してみてください。



    《 注意点 》

    このプラグインの詳細については同梱しているリードミーに記載しているのでそちらをご覧ください。

    あとはこのプラグインはおかゆぅさん様の公開されてるサンプルコードをほとんどそのまま使って、わたしスズモフが少し書き換えただけのものなので全然大した事はしてなかったりします。おかゆぅさん様に感謝です。

    このプラグインに特別な使用条件とかはありませんが、ゆかりねっとやその他AITalkのソフトなどの利用規約にはちゃんと読んでおくようにしましょう。

    《 配布場所 》

    https://ux.getuploader.com/suzusoft/download/197
    パスワード:yukari

    《 関連リンク 》

    おかゆぅさん様の投稿されているゆかりねっと紹介動画



    《 ひとこと 》

    ウナちゃんとかギャラ子さんにも喋ってもらいたかっただけなのです。


  • 広告
  • 2017年に投稿した動画を振り返ろう!

    2018-01-04 01:50
    あけましておめでとうございます。

    2017年は激動の年でした。いろいろな事がありすぎてもうよく分からないですね。2017年に立てていた目標のいくつかは達成出来たのですが、着手すら出来ていないものがあったり予想外の出来事があったりと予定通りとは行きませんでした。でも充実した一年だったんじゃないかと思います。

    今回は2016年と同様に2017年に投稿した動画とか活動を振り返る記事です。
    2016年は7本の動画を投稿したので8本目から参りましょう。

    関連リンク
    2016年に投稿した動画を振り返ろう

    《8本目》【すずきつづみ】月乃 (short ver.)【歌うトークボイスカバー】



    《お借りした曲》
    月乃
    作詞・作曲・編曲:つなまる様 / sm16098789

    前々からちゃんと触ってみたいと思っていたCeVIOにチャレンジ!

    トークボイスしか無いすずきつづみちゃんに歌って貰うというのが目標でした。・・・しかしこれが本当に難しかったです。しかもフルが間に合わなくてショート版。

    着手をし始めたのが2017年の初旬。CeVIOの基本機能しか把握してない状況なのでまずは使い方の勉強からし始めました。

    VOICEROIDでは歌のリズムを合わせるのが凄く難しいんですが、CeVIOは音の長さを時間で設定できるので発音のタイミングを合わせるのは結構簡単です。(でも手間は凄くかかる)

    そして声の高さも周波数で設定可能で尚且つ抑揚の設定があるので、これを使えばトークボイスでも歌わせる事ができると簡単に考えていました。いました・・・・。実は抑揚を0にするとフレーズ全体が各音素の周波数の平均値のときの声の高さになってしまうので、抑揚を使うと途中でピッチを変える事が一切できなくなります。

    そこで歌わせる為には抑揚を0にせずに声の高さを周波数で設定していくという必要があるんですが、そうすると今度はセリフごとの高低イントネーションが乗ってしまうので音痴な歌い方になってしまいます。

    音痴を回避するには抑揚を下げつつも高さを通常よりも大きめに変化させるというテクニックが必要です。例えば抑揚を5分の1まで下げつつ高さの変化量を本来の5倍まで上げればイントネーションの影響を減らしつつ歌う事ができます。しかしこの方法にもいくつか問題があります。

    ・高さの数値には上限と下限があるので下げられる抑揚の割合にも限界が出てくる
    ・抑揚を下げたときの声の高さは全体の高さの平均値に近づくので、例えば一カ所の音素の高さを変えたりすると平均値も変わってフレーズ全体の声の高さまで変わってしまう。
    ・抑揚下げテクニックを使うときは声の高さを本来とは異なる周波数に設定しないといけないけれど、その数値の計算が物凄く難しい。

    つまり要約すると物凄く難しいという事です!更に言うとVOICEROIDと比べて音素間での声の高さの移り変わりが非常に緩やかなので工夫しないとぼやけた歌い方になってしまいます。

    ここまで書いた事は私が短期間で調べた事なのでもしかしたらもっといい方法があるのかもしれませんが、CeVIOのトークボイス機能だけで歌わせようとするとピヨ式調声法の数倍以上の困難な道のりが待ち受けているので備えましょう。

    ・・・

    それでこの動画のフルバージョンなんですが今のところは未定です。つづみちゃんの声は安定して出せる高さ(得意音域)が結構狭いような気がするのと息成分がかなり多いので、もし歌わせるとしたらもっとつづみちゃんに合った曲を見つけてからにすると思います。

    またCeVIOに歌わせたいですねー・・・。


    《9本目》【第三回ひじき祭】歌うボイロでロングトーンを整えよう!【KotonoTone】




    KotonoToneの紹介とダウンロードのリンクはこちらです


    《お借りした立ち絵》
    ここまで来たら赤青双子
    遊烏氣 様 / im4910746

    《 KotonoTone 製作までの流れ 》

    実は2017年の琴葉姉妹の誕生祭に合わせて歌うボイスロイド動画を投稿しようとしていたんですが、作業が難航していて結局投稿できませんでした。茜ちゃん葵ちゃんごめん。

    言い訳じゃないんですが、理由の一つとして動画を作ってる途中でVOICEROIDってロングトーン(声を伸ばすの)が苦手という話題を見かけまして、確かにそれは実際に歌わせてよく感じるところではあったのでどうにか出来ないかなぁと考え始めました。

    ちょっとした思いつきで倍音別で音声を分割してから音量を均一化すればそこそこロングトーンが綺麗になるっぽいという事に気づいたんですが、探してもこれを手軽に実現してくれるソフトが見つからず、だったら自分で作っちゃうしかないのかなぁという考えの末に出来上がったのがこのKotonoToneというアプリです。

    作業し始めたのが4月の中旬。そこからまずは音声処理の参考書を買ったりして勉強し始めて、どうにか形になったのが誕生祭当日の4月25日。最初のバージョンを公開したのもこの日なのである意味誕生祭には間に合いましたね?全然間に合ってないよ。

    そんな私を待ち受けていたのはVOICEROID2発売決定という衝撃の発表でした。

    ちなみにKotonoToneはあまりにも急ピッチな作業だったので流石に作り込みが甘くて6月の中旬くらいまでは断続的にアップデートを続けてました。そしてようやくニコニコに紹介動画をアップできたのは8月の第3回ひじき祭。ここまで随分と長かったですね・・・。

    この記事投稿時点での最新バージョンは2017/8/26公開のVer.1.0.3です。まだいくつか修正したり機能拡張してみたい部分もあるんですが、いつになるのかは未定です。

    《 動画について 》

    今回はややスローテンポで喋るほんわか琴葉姉妹を目指して動画を作りました。話速低めのときの少しねっとりとした喋りいいよね。あと前からKotonoSyncで歌わせたときのボイロ別サンプル集みたいな動画を作りたいと思ってたんですが、ロングトーン修正のサンプルも兼ねておまけパートを作りました。

    え、VOICEROIDって喋るものやったんか・・・。



    今回は遊烏氣さんのお淑やかな可愛い双子立ち絵をおかりしました。向かい合ってるの仲良しな感じが出ててとてもいいですね好き。


    《10本目》【第三回ひじき祭】ボイロ2について語ろう!【のりフェス2】



    《お借りした立ち絵素材》
    横から!SD琴葉姉妹【キャラ素材】: blueberry 様 / im6561508
    琴葉姉妹【キャラ素材】: blueberry様 / im5985123
    SDピコぽに琴葉姉妹2 : かみち様 / im6815058
    SDピコピコ結月ゆかりちゃん2 : かみち様 / im6806066

    9本目の動画投稿からわずか13時間40分後の投稿。ひじき祭すべりこみ動画。

    ボイロ2の感情値は声質自体の変化と喋り方のイントネーションの変化という2種類の変化が組み合わさって成り立っているっぽいです。この動画では声質変化に着目してどういう条件で声が変化するのかを解説しました。本当は続編でイントネーション変化についても解説する予定だったんですが、いろいろあってそっちの動画は今のところ未定です。



    声質の変化条件は大体このグラフに全部詰まってると思います。

    《 動画について 》

    感情機能の紹介が目的だったから喋り自体も感情をフル活用しようと考えたんですけど、情緒不安定と受け取られてしまった部分もあったので、これは動画の構成に失敗したかなって感じました。セリフごとの感情値をメッセージウィンドウ風にして表示しているんですけど、これも手間がかかった割にあまり見られてない気がするのでいらなかったかもしれません。

    この動画は確か7月中にはもう作り始めてたはずなんですが登場キャラを3人にしてしまった事もあって演出が難しく、3週間以上製作が停滞してました。3人以上の掛け合いほんと難しい・・・。多人数の動画作ってる人本当にすごい。そんなこんなでこの動画は本当に反省点の塊です。

    ちなみに9本目のKotonoToneの紹介動画はこの動画製作の途中に息抜き感覚で作ってました。そっちの製作は凄く楽しくてわずか5日間くらいで完成しました。

    《 お借りした立ち絵について 》




    今回はblueberryさんの等身の高い立ち絵とかみちさんのピコピコ立ち絵をお借りしました。葵ちゃんの膝の上に茜ちゃんが乗っているイメージで動画をご覧ください。かわいい。ちらっと裏方役としてSD葵ちゃんも登場しました。かわいい。

    《 ボツネタ 》



    実は動画投稿時点で2時間目の途中まで作ってました。動画の最後でセイカさんが喋っていたは次のパートでセイカさん登場の予定があったからなのです。きりたんとセイカさんの組み合わせ大好きなのでいずれ別の形で動画作りたいかも。


    《11本目》【第三回ひじき後夜祭】ボイロにキー操作を追加してみた【KotonoAssist】




    KotonoAssistの紹介とダウンロードのリンクはこちらです


    《お借りした立ち絵素材》
    琴葉姉妹立ち絵がバージョンアップしたぞ! : QQQQ様 / im6450486

    《 KotonoAssist 製作までの流れ 》

    2017年の目標のひとつにVOICEROIDの歌だけじゃなくて喋りも頑張りたいというのがありました。その一環としてKotonoAssistはその調声自体をもっと手軽にしようという目的の為に作りました。計画自体はもう2016年9月のKotonoSync正式公開直後くらいにはあったのです。

    1月はひたすらCeVIOの研究に明け暮れていたのでそれが終わって少し休息を挟んだ2月の初旬頃から作業に着手。KotonoSync用に作ってた機能をある程度使い回す事ができたので2月の中旬にはマウスホイール操作が可能になるアルファ版をアップできました。この頃は生放送に来てくれた人向けの限定公開でした。

    そこからもっと使いやすくなるようにショートカットキー設定を追加したり様々な便利機能を増やしたりしてました。3月頃にはボイロ関連の調声補助アプリがいろいろ公開されてとても刺激を受けて、そちらも参考にさせてもらいつつ4月上旬にはβ版の公開とブロマガ記事の投稿になりました。

    そして先ほども少し触れたんですが、VOICEROID2が発売されるという大事件でもとてもうれしい)が起きたので、KotonoToneの作業をある程度終えた6月中旬くらいからひたすら対応作業をしていました。ある程度安定してボイロ2を操作できるようになったのは7月中旬くらいです。

    そして8月のひじき祭にようやく紹介動画をアップできました。でも2時間10分の遅刻。

    《 動画について 》

    この動画も前述のボイロ2解説動画の息抜きでひじき祭最終日に作り始めたものです。短時間で簡単な説明でいいから動画を作ろうというコンセプトだったので、解説がかなり省かれてます。KotonoToneの紹介とは逆で進行役が茜ちゃんで喋りは全体的に速めになってます。

    これくらいのテンポの動画も好き。

    《 お借りした立ち絵について 》



    とにかく元気にあふれた茜ちゃんにしたかったのでQQQQさんのこの弾けた立ち絵をお借りしました。動画で使ってない面白い表情もたくさんあるのでみんなもDLしよ?



    《番外編》歌うボイスロイドワークショップ!(通称:歌ボWS)

    2017年10月8日(日曜日)に川崎市で「歌うボイスロイドワークショップ」というイベントが開かれました。簡単に言うとボイスロイド関連(主に歌ボ)で活動している人が歌うボイスロイドについての発表を行って、もっといろんな人に歌ボを身近になってもらおうという会です。

    基本インドアな人間なのでこういう場に出る事はほとんど無いんですけど、ありがたい事に講師役としてお誘いしてもらったので意気込んで好き勝手な解説をさせて貰いました。

    私は2枠目の「歌うボイロの紹介とボイロの機能をもっと知ろう!」、それと7枠目の「KotonoSyncの設定を見て行こう!」の講師役でした。

    他の人の2倍の出演時間を貰ったにも関わらず話が長引きすぎて解説が30分押しになってしまい当日はご迷惑をおかけしました。ごめんなさい!

    でも少しは場を盛り上げる事が出来たんじゃないかと思うのでどうか許して頂けると・・・!


    あと、この人本番で使うスライドショーが出来上がったのが当日の開演2時間前くらい前らしいですよ。どれだけ準備不足なんですか!

    《 当日使用したスライドショー 》


    ようこそ歌うボイスロイドの世界へ!ボイロの仕組みに詳しくなろう!


    よくわかる?KotonoSyncの使い方!

    当日は時間不足でかなり駆け足気味の解説になってしまったのと、やはりその場だけでは内容の把握が難しいという事で、私の番で使ったスライドもSlideShareで公開しています。

    実際はこのスライドに合わせて解説も入れていたのでこれだけ見ても分かりづらいかもしれませんが、良かったら何かの参考にしてみてください。

    他の講師さんの当日の資料の一部は下記のページにもあります。

    「歌うボイスロイドWS」講演内容まとめ


    《 当日を振り返って 》

    KotonoSyncはこの一年間で相当な回数のアップデートを繰り返していたんですが、ドキュメントの方が最新バージョンに全然追いついていなくて使う側からすると謎機能てんこ盛りの状態になっちゃっているので本当にどうにかしなきゃなと改めて思った所存です。

    歌ボWSでもある程度は解説したんですがそれでも説明が圧倒的に不足しているのでどうにか穴埋めしたい・・・でも穴埋めする時間あったら更に機能追加したいという思いで今日この日を迎えました。ダメ人間なんです?

    あとボイスロイドの事はいくら話しても全然時間が足りないですね。もしまたどこかで何らかの機会があればお話したいですけど大変誰得な事になるので自重しておきます。あとは他の方の講演を聴いて思ったんですがやはり私は音楽的な知識が全然足りてないのを実感してしまったので、もうこればかりは少しずつ勉強していくしかないですね・・・。もっといろんな人の話が聞きたい!

    会の運営・企画をされた方や他の講師陣の皆様、そして会場にお越し頂いた皆様、当日は本当にありがとうございました。


    《12本目》歌うボイスロイドでピアノロール操作できるようにしてみた【KotonoAssist】



    《お借りした立ち絵素材》
    SDピコピコあかね・あおいちゃんver2.1 : かみち様 / im6322788

    歌ボWSで何か技術革新をしたい。そう思って本番の二日ほど前に完成させたKotonoAssistのピアノロール機能の紹介動画です。

    詳しい機能とかは動画を見てもらうとして、これを使えばピヨ式調声法においても高さの数値とかを覚えずともピアノロール上で手軽に調声できるようになるので結構楽になるんじゃないかと思います。

    ビビピヨさんの投稿されたブロマガ記事
    『ピヨ式』と『KotonoSync』

    こちらはビビピヨさんが投稿されたピヨ式とKotonoSyncについてまとめてくださった記事になります。この記事が投稿される課程でビビピヨさんといろいろ為になる話をさせて頂いており、この記事は私の考えも取り入れてもらったものになっています。ありがとうございます。

    この記事にもあるんですがわたしはKotonoSyncとピヨ式調声法は別物とは思っていなくて、ピヨ式調声法の考え方を元にリズム調整の概念を追加してそれを自動化させたのがKotonoSyncだと勝手に思ってます。なのでわたし的にはピヨ式とKotonoSyncは重なる部分がある訳ですね。

    例えばKotonoSyncで自動リズム調整を行ったとしてもそれで全てのVOICEROID上で可能な表現を扱えるようになる訳では無いです。変換設定を変えればある程度は歌い方に味付けが出来ますが、やっぱり細かい事をやろうとするとVOICEROID側でのフレーズ編集も必要になってきます。

    そこで活きるのはやはりピヨ式調声法のようなフレーズ編集に関するテクニックな訳です。

    今回KotonoAssistに追加したピアノロール機能なんですが、これをきっかけにピヨ式調声法がもう少し手軽になって様々な人がチャレンジする事でもっといろんな動画が増えたらいいなと思ってます。

    《 映像について 》

    今回は茜ちゃん一人で喋る動画にしてみたんですけど関西弁難しい。この前関西弁の本を買ってきたのでこれでもっと茜ちゃんに近づけたらいいなぁ。



    かみちさんのピコピコあかねちゃんをお借りしました。今回は動画のイメージの関係でリニューアル前の方の立ち絵を使わせてもらってます。このお座りしてる茜ちゃんかわいいよね。あとこの人さっきからかわいいしか言ってないよね。


    KotonoSyncのアップデートとか


    KotonoSyncの紹介とダウンロードのリンクはこちらです


    1月:CeVIOに触れる
    2~4月:KotonoAssistの開発
    4~6月:KotonoToneの開発
    6~7月:KotonoAssistのV2対応
    7~8月:ひじき動画作り

    今年の前半はこんな感じで他のアプリ作りの活動が目立っていたんですが、KotonoSyncも一年かけてちょっとずつアップデートを重ねていました。KotonoAssistの更新が落ち着いた8月からはKotonoSyncのVOICEROID2への対応もし始めて、歌ボWSの直前くらいにはようやくそこそこ安定してリズム調整が行えるようになりました。

    最近のアップデートでは一括リズム調整機能が新たに加わって、複数のプロジェクトファイルを一気にリズム調整する事が可能になりました。これを使えば寝ている間に複数人のパートの歌を調整しておくなんて事もできます。

    歌ボWSの項でも触れたんですが現在KotonoSyncのマニュアルが最新バージョンに全然追いついてません。これについてはごめんなさい。本当に早い段階でどうにかしたいとは思ってます。

    基本的にアプリの更新内容についてはTwitterでつぶやくようにしているので、そっちをフォローして貰えると最新情報もわかるんじゃないかと思います。

    これまでの更新履歴系のつぶやきはTogetterにもまとめてます。あまりにも長すぎて閲覧が困難かもしれませんが、それでも大丈夫って方はそっちを見れば大体の内容は追えるハズです。もし使い方で分からない部分があればTwitterで聞いてみてください。

    KotonoSyncの紹介と更新履歴(Togetter)



    《 アプリを使ってもらえた話 》

    去年の記事の時点ではKotonoSyncを使ってもらえた40本近くになってるという話をしたんですが、そこから更に一年経ちまして使ってもらってる動画も500本以上になりました。細かくはカウント出来ていないので実際はもっと多いかもしれません。

    有名なボカロPさんやボイロ実況者さんに使ってみて貰えたというのも大きいかもしれませんし、ボイロ好きのいろんな人が実際にボイロに触るきっかけになれたという事もあるのかもしれません。あとなぜか公式にも捕捉されてしまったので本格的に逃げられなくなってますねこれ・・・。

    KotonoAssistについてはKotonoSyncほどは広まってないですが、そっちも動画作りで使って下さってる方が何人もいるようです。ボイスロイドとかの音声合成好きの私としては、ボイロ実況や劇場、はたまた歌うボイロ製作の手助けになっているのであればこれ以上の事は無いですね。もっとボイロ動画増えて。


    総評的な

    ここまでまとめてみると本当にいろんな事やった一年だったなぁって気もするんですけど、恐ろしい事に2017年は一本も普通にボイスロイドに歌わせる動画を投稿する事ができませんでした。手軽にするアプリ作っておきながらなんて体たらく!

    と、そこで終わる訳にはいかないので2018年になっちゃいましたが一年ぶりくらいの歌うボイスロイド動画を投稿しました。今回はあかりちゃんが動くよ!



    という訳で去年に引き続き、またしても非常に長い記事になっちゃいましたが、来年もこうやって一年を振り返ったりする事をやれるといいですね。

    今年はアプリ作り以外のもっといろんな事にもチャレンジする年にしたいです。

    こんなわたしですが今年もどうかよろしくお願いします。それではー。

  • ささやき声化プログラムにGUIを付けてみた

    2017-09-15 06:418
    アプリの紹介

    先日zeta様が公開された音声をささやき声化するプログラム(toWhisper)に勝手にGUIを付けてみました。先にこちらの動画をご覧ください。



    画面は以下のような感じです。



    GUIは以前作ってた別のアプリ用の画面の使い回しです。
    Windows専用なので他のOSを使ってる人はごめんなさい。

    このアプリの動作には.NET Frameworkの4.5.2が必要になります。
    最近のPCであればインストール済みのはずですが、動かない場合は導入してみてください。

    簡単な使い方

    基本的な使い方はWAVEファイルをこのアプリにドラッグ&ドロップすると音声の波形が表示されるので範囲選択して変換するとささやき声化されます。変換前の音声は緑、変換後の音声は青で表示されます。元に戻すで選択範囲内の音声を変換前の状態に戻せます。

    独自部分として音声の特定の範囲だけ変換をする事が可能になっています。デフォルトでは選択範囲の両端が僅かにフェードして緩やかに変化するようになっているので、この処理が不要な場合はフェード時間の設定を0にしてください。

    基本的な仕組みは元のささやき声化プログラムと同じなので、共通のオプションについてはzeta様のtoWhisperの配布ページをご確認ください。

    音声の変換後はメニューもしくはCtrl+Sでファイルの保存が可能です。

    改めて素敵なプログラムとソースコードを公開して下さったzeta様、本当にありがとうございました。

    配布先・連絡先

    《更新履歴》
    Ver.0.0.1 2017/9/13 初版。
    Ver.0.0.2 2018/3/17 24bitのWAVE音声の読み込みがおかしかったのを修正。


    DL先:https://ux.getuploader.com/suzusoft/download/206
    パスワード:whisper

    連絡先:スズモフ(@suzu_dov)