コメント専用動画(SZBH方式)にもお勧め! commeonの紹介とその設定解説
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コメント専用動画(SZBH方式)にもお勧め! commeonの紹介とその設定解説

2017-11-30 13:10
    はじめに

     今回の記事はフリーソフトである『commeon』の紹介です。
    本記事での紹介は特定の目的における利用にほぼ特化するので部分的な内容に留まり、commeonにおける全ての機能や導入手順について詳しく解説するわけではありません。

    それでも長文は避けられない為、以下の目次から必要な項目をご参照ください。
    1, commeonとは?
    2, commeonを導入するには
    ├2-1, 入手
    └2-2, ソフトのバージョンアップ(更新)について
    3, commeonで動画を開く
    4, commeonの設定解説
    ├4-1, 再生
    ├4-2, 操作
    ├4-3, フォント
    ├4-4, ネットワーク
    ├4-5, オプション
    ├4-6, オプション2
    ├4-7, フィルタ
    ├4-8, ニコニコアカウント
    ├4-9, 外部連携
    └4-10, バージョン情報
    5, おわりに

     本記事執筆にあたり『commeon』の紹介記事作成を許可して下さったakpg様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
    そして、この素晴らしいソフトを作成してくださり本当にありがとうございます。

    また、該当ソフトウェア紹介記事によるいかなる損害、トラブルの責任は一切負いかねますので予めご了承ください。

    commeonとは?

     commeon(こめおん)とはakpg様が作成した
    ニコニコ動画の様なコメントを動画上に表示する”事のできる機能を搭載した動画再生プレイヤーの一種です。
    一例ですが以下の様な事ができます。
    • ローカルにある動画ファイル(MP4等)とコメントファイル(XML)を読み込んで再生
    • ニコニコ動画の動画をコメント付きでストリーミング再生
    • ローカルにある動画ファイルをコメントだけニコニコやひまわりから取得して再生
    • ストリーミングでもキャッシュファイルを生成するので一度読み込めばシークし放題
    • コメントの流れるタイミングを簡単にシフト
    • 職人によるコメントアートの再現やニコニコ生放送専用コメントにも対応
    • commeonから動画サイトへのコメント投稿
    • 複数のコメントファイルを同時読み込み
    • コメントファイルの編集&保存
    • 流れるコメントのカスタマイズ(表示範囲、行数、サイズ、フォント、表示速度等)
    • プレイリストによる連続再生(ストリーミングは非対応)
    • コメント専用動画(SZBH方式)に対応したコメント表示専用モード
    配布元である公式サイト『akpg tools』より該当ソフトのURL
    http://air.fem.jp/commeon/

    他にも似たようなフリーソフトは存在しますが、このソフトは再生環境を細かく自分好みに設定する事が可能でコメント付き再生において必要な機能を山ほど盛り込んで居るので是非お勧めしたい。

     …のですが、作者であるakpg様ご自身も
    配布サイトがあの様なのでwユーザーを選びすぎですよねw
    正直、自分で作ってなかったらこのソフトは使ってない気がします。
    とっつきにくいですからw
    と仰るほどに人を選ぶソフトです。(紹介記事なのに! 紹介記事なのにっ!)
    そもそもローカル環境でもコメント付きの動画を楽しむ人自体が(ry

    実際のところ初回起動時に初期設定ウィザードは出ませんし、初期設定のままですとフォントがMS_UIゴシック&表示時間も行数も違うのでニコニコ動画のコメント再生に慣れていると違和感を感じるかもしれません。
    また、URLの入力欄も無い為に動画サイトへの接続方法もパッと見わかりにくい状態です。
    (これは配布ページの更新履歴にのみ情報がありました。)

    そんな特殊な欲求を持つ一部の人だけが欲していたニッチなソフトではありますが、コメント専用動画(SZBH方式)においては確実にブラウザ再生よりは捗るし楽しめると個人的に思うので導入を強くお勧めしたいと思います。

    commeonを導入するには

    入手
     導入するには先述した配布サイト(http://air.fem.jp/commeon/)からDownload!のリンクをクリックしてcommeonのソフトウェアを入手してください。
    x64版とx86版がございますので環境に合わせて選びましょう。

     また、インストーラー等はありませんので展開後は分かりやすい場所(※)に配置してスタートメニューに登録するなりショートカットを作成して下さい。
    commeon自体の導入は以上ですが、起動するにはランタイムが必要なので導入していない場合は別途でインストールが必要です。

    起動に必要なランタイム

     .NET Framework 4
    (http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=17851)

    ソフトの導入そのものは以上です。

     commeonを無事起動出来ましたら、まずは目当ての動画ファイルの再生が可能かどうかを確認して頂く必要があります。基本的にWMP等で動画の再生ができている環境であれば大丈夫のはずです。(commeonでの動画再生手順については次の項目にて説明)

    また、手元に動画ファイルが無い場合はニコニコ動画からのストリーミング再生機能でも確認する事は可能ですが、アカウント設定等の関係もあり関連項目を併せてご確認ください。

     もし再生が上手く行かなかった場合は配布サイトのTipsに必要なDirectShowフィルタ(作者のお勧めはLAVFilters)等の情報が載っていますので一度確認してみてください。

    ※自分の場合はCドライブ直下に専用のフォルダを作成して配置しています。
     また、設定ファイルは別の場所に保存される為、後から変更しても問題ありません。

    ソフトのバージョンアップ(更新)について
     このcommeon、ありがたい事に動画サイト側の仕様変更への対応やバグ修正、機能追加等によるバージョンアップが迅速且つ頻繁にあります。 ただ、自動更新やバージョンチェック機能は無いため最新バージョンへの更新は手動で行う必要がございます。
     手順は新規入手とほぼ同じで、上述の様に設定ファイルが規定の別の場所にあるので旧ファイルを上書きしなくても新バージョンへの移行が可能です。

     ただし、新バージョンで設定項目が追加された場合において、後から旧バージョンで新バージョンの設定ファイルを読み込んで起動するとその項目の設定が消えてしまうことがあり得ますので、それだけはご注意ください。

    commeonで動画を開く

     commeonで動画を開くには基本的に視聴したい動画ファイルをcommeonの再生画面へとドラッグ&ドロップ(以下D&D)するのが手っとり早いです。
    画面右クリックで出現するメニュー(以下メインメニュー)からも[動画またはコメントファイルを開く]という項目を出せますが、まずはそれで大丈夫でしょう。

     また、動画ファイルと同じ領域に同じ名前(完全一致で無くても可)のコメントファイルがあれば自動で読み込まれます。ただし、読み込む順番は基本的にベースとなる動画が先であるため先にコメントファイルだけD&Dしても再生はできません。

     そして動画サイトから読み込む場合についてはブラウザのアドレス欄からD&Dすると以下の画像の様に表示されます。

    ストリーミング再生
     commeonで動画ファイルとコメントファイルを取得して読み込みます。ただ、このストリーミング再生については初期設定のままですと動画取得に失敗する場合があります。その場合は動画サイトへのログイン設定を弄る必要がありますので、次の項目も確認してください。

    コメントをダウンロードして置換
     読み込んだ別の動画ファイルに対しコメントファイルのみ取得して読み込む。
    D&Dでなくアドレスをコピーした状態でcommeonに[Ctrl+v]しても同様の効果となります。

    どちらの方法においても、無事にコメントを取得しコメントサーバへと接続ができた場合は以下の画像のようにメインメニュー内の赤枠の部分に該当する動画のアドレスが表示されるようになりますので確認が取れます。


    commeonの設定

     先述したように、commeonでは利用者の好みにあわせて流れるコメントのフォントや速さ等を含めた再生環境のカスタマイズをする事ができます。

     この項目での説明はあくまでも設定の一例や項目の解説、使用感程度に留めるので、それぞれの環境に合った設定へと導ければと思います。 勿論紹介する設定例がcommeonにおいてベストの設定法とは限りません。

     では早速commeonを起動して設定を調節しましょう。(画像はv1.5.2.6の物です)

     上記画像のメインメニューから赤枠で示した【設定】をクリックします。 すると以下の様な窓が出現します。
    【再生】
    ・コメント表示時間

     最初にして一番肝要とも言える流れてくるコメントの頭の文字が表示されてから最後の1文字までが流れ切るまでの時間を設定します。デフォルトの設定は8秒ですが、ニコニコの公式プレイヤーですと文字数によって表示時間が違うようで体感4~6秒程度になっているみたいです。
     自分の場合は近い印象となる4秒で設定していますが、何度か再生確認をして読みやすい時間を利用者毎に見つけるのがベストだと思います。

    また、余談ですが初期設定が8秒になっている理由について尋ねましたところ
     ニコ動のコメントは流れるのが速くて目が疲れるので目が疲れないように、とにかく滑らかにそしてゆっくりと流したいというのが当初の目的でしたね。
    初期設定はその現れですねw
    との事でした。

    ・位置固定コメント表示時間
     これはshitaとかueに表示されるコメントの表示時間です。公式プレイヤーでも3秒程度なので読み切れない場合に増やしてみると良いと思います。

    ・コメント表示行数
     1度に流れるコメントの表示行数で、公式プレイヤーでは11行です。
    これ実は結構重要な項目でして、数字を増やせばコメント数が多い時にコメント同士が重なりにくくなるのは勿論ですが、commeonにおけるコメントの表示サイズは実質この項目によって基本サイズが決まります。 数字を増やすほど小さくなりますし、減らして3行にすれば画面全体を使って3行分で収まるサイズになります。
     そのため、正確に言えばコメントサイズというよりはコメントの表示領域を何分割するのかを設定する項目と言えます。

     また、PCモニターにおけるcommeonの再生領域の広さに比例してコメントのサイズも変化するので、それぞれの再生環境に合わせて調整すると良いと思います。
    自分の場合は1920x1080の解像度に対して13行に設定しています。

    コメント表示数(画面/分)
     デフォルトでは制限無しの0ですが、弾幕等で動作が重くなる場合に設定してみると良いでしょう。
    公式プレイヤーでは弾幕時にコメントがすぐ消えている事から画面内の表示数制限があるみたいです。(詳細不明) また、読み込まれるコメント総数は最新1000+100コメント/分が公式プレイヤーの表示数基準ですが、視聴する動画の勢いグラフを参考にコメントの多いシーンでの動作を見て設定すると良いと思います。
     ニコニコ実況ではコメントが集中した番組でも2000コメント/分前後がピークでした(コメントを読めるとは言っていない)。
    commeonでは画面に占めるコメントが多いほどコメントを薄く表示する機能がフォントタブの設定にありますので動作が重くならないならとりあえずは0で大丈夫でしょう。

    表示領域余白
     上下のコメント余白の広さをそれぞれ設定する項目です。
    基本は初期設定の5のままで問題無いですが字幕付き動画視聴の際にコメントを被せたくない場合等に設定すると良さそうです。
    範囲を狭めてもコメント表示行数は維持されるのでコメントのサイズは小さくなります。

    また、この項目では範囲を数値で指定しますが視覚的に範囲指定する事も可能です。
    この設定はソフトの仕様上【設定】の項目からではなくメインメニューから呼び出す形になるので以下の画像を参照してください。

     メインメニューから【コメント取得/コメント表示制限 > コメント表示エリア設定】を選択すると以下の画像の様な状態になります。


     この時に赤くなった線をマウスで移動させれば視覚的に範囲を設定する事ができます。
    範囲を狭くすると上述のようにコメントの表示サイズも小さくなるので表示行数の数値も小さくしたほうが良いかもしれません。
     実際ニコニコの公式配信で映像部分にコメントを被せられない作品はフォントを小さくして行数も少なくしています。

    ※この解説はメインメニューの項目解説を含み画像付きで少々ボリュームもある為、今後新しい解説記事ができた時に移動させる可能性があります。

    ・再生速度
     デフォルトの再生速度を設定できます。
    動画再生中にも速度は変更可能なので慣れるまでは弄る必要はありません。

    ・再生開始時に1倍速にリセット
     チェックを入れているとそれまで再生速度を変更していたとしても新しい動画が始まる時は自動的に1倍速に切り替わります。※一時停止から再開した場合は除く
    プレイリストを利用して連続再生をしている場合も動画の切り替えでリセットされます。

    ・コメントは1倍速に固定
     チェックを入れてないと再生速度を上げた時に流れるコメントも加速してしまいます。
    その動画のコメント過密具合と相談して使いましょう。

    また、動画の速度調整は適切なフィルタを使用しなければ音程が変わってしまいます。
    気になる場合は配布ページTips5を参照してください。

    ・画面更新頻度
     これは当方でakpg様に確認した時の返答を記載致します。
    具体的にはCompositionTarget.Renderingイベントになるんですが
    WPFのアニメーションの更新間隔になるんだと思います。
    なので基本チェックを入れておくのがいいと思います。
    負荷軽減のためにfpsを下げたいときにチェックを外して値を入れて貰う感じですね。
    透過方式
     コメントをどうやって半透明にするかの設定、これは推奨されているWindows Aeroで良いと思います。
    WinAeroの対応していないXPで動作確認したところ透過されずにコメントが黒っぽくなりました。

    デバッグ用
     分かる人向けの項目で、動画のフレームレートとコメント数(新着&合計)を表示します。

    【操作】
     このタブでは操作性をカスタマイズする事ができます。
    キーバインドも豊富で細かく指定し、使い勝手を好みに合わせる事ができます。
    ただ、この項目を設定するのはある程度ソフトに慣れてからでも遅くありませんし、項目ごとに解説や補足をする事もあまりありません。

    その為一部の項目についてのみ抜粋とさせていただきます。

    ・マウスクリックで一時停止
     再生画面をシングルクリックで動画の一時停止をする事ができる様になります。
    デフォルトでSpaceキーの割り当てが一時停止に対応している事と再生画面ダブルクリックがフルスクリーン切り替えであるため相性はあまり良くない。
    余談ですが他のプレイヤーにみられる画面をクリックしながらウィンドウを動かす操作もcommeonでは仕様上できません。

    ・シークプレビュー機能を使用する
     シークバーにマウスを乗せた時、そのシーンのサムネイルを表示できるようになります。
    多少動作に負担がかかるので動作が重くなりそうであればオフ推奨です。
    動画でプレビューすると静止画サムネイルから動画サムネイルに切り替わります。
    また、コメント専用動画(SZBH方式)での利用であれば不要です。
    【フォント】
     この項目はコメントの見栄えを決定するので好みの違いがはっきりと出ます。
    特にお勧めフォントに関しては別記事に仕上げる予定なのでこの記事では簡潔に致します。

    ・通常コメント
     右から左へ流れるコメントのフォントとその太さ等を指定。
    太さの調節は可能ですがベースが太めのフォントの方が可読性が高い。

    ・複数行コメント
     複数行によるAA等の職人コメント向けの設定。
    AAの表示に対応したフォントがお勧め。

    ・デフォルト色
     通常のコメント色を指定できます。
    個人的には、[...]から色を赤緑青それぞれ255から220程度に下げ僅かに灰色がかった色味にしています。
    ランダムにチェックを入れるとカラフルに配色されます。
    @デフォルトを反映にチェックを入れると、動画投稿者が指定した色で表示されます。

    ・エフェクト
     縁取りか影を選択できます、ニコニコ公式プレイヤーに近い印象にするなら縁取りを選択しましょう。
    背景色はチェックを入れると半透明の背景が表示されます。
    (この背景の広さは後述するサイズの確認に便利です。)

    ・縁取り&影の色
     基本的にはデフォルトの黒のままで良いと思います。

    ・縁取りの太さ&影のぼかし度
     これはコメントそのものと違って再生画面のサイズに関わらず太さが固定されています。
    例えばフルスクリーンでの太さを基準にしていると縮小した時に縁取りや影が太く見えますので実際に動画を見る時の画面サイズで調節すると良いでしょう。

    不透明度
     通常流れるコメントの透過具合を設定します。
    100%にしておくと不透明になりますが、『長いコメントほど薄くする』『画面上のコメントが多い程薄くする』にチェックを入れておくと。適用されるコメントは薄くなります。
    長文コメントに興味が無かったり、コメントのピーク時に画面が埋まるのを避けたい場合はチェックを入れると良いでしょう。

    サイズ
     再生タブで設定したコメントの表示行数で設定されたコメント表示領域に対して表示されるコメントの大きさを決定します。
    100以上にすれば上下のコメントが重なってしまうので70~80にしておくとベターです。

    big/small倍率
    サイズで決定したコメントのサイズに対してbigとsmallが適用された場合の拡大縮小率を設定します。

    【ネットワーク】
     この項目ではローカルのファイルに対して動画情報やコメントの取得関連、動画のストリーミング再生関連の設定をします。

    使用状況に合わせてニコニコ動画、ひまわり動画それぞれからどの程度取得するか設定しましょう。
    SZBH方式を利用する場合はオフラインモードにしてしまうとコメント投稿ができなくなってしまいますので基本はデフォルトのままでOKです。

    ストリーミング初期バッファリングサイズについては動画のストリーミング再生時に読み込みが止まってしまう等した場合に調整すると良いでしょう。

    【オプション】
     細かい挙動の設定ができます。 一部解説。

    ・上下方向の画面外に投げたコメントをNGユーザーに追加する
     commeonでは再生中に流れてくるコメントをマウスで”掴む”事ができます。
    この項目はその流れで視聴中のNG登録をしやすくする機能です。
    『下方向はNGコメントに追加する』のチェックでユーザーとコメントそれぞれをNGにする事ができます。

     また、機能オフでもコメントを“掴む”事自体は出来るので操作感の確認はできますし、コメントを右クリックすればメインメニューにNG登録関連の項目が出現します。

    ・多重起動を許可する
     URLからの再生で読み込みが終わるのを待っている時なんかに活躍するかもしれません。

    ・起動時に前回の再生中ファイルとプレイリストを復元して再生する
     これは地味に便利な機能です。
    動画ファイルだけでなくコメントファイルの状態も維持されます。

    ・コメントファイルが複数ある場合はすべてを読み込む
     確認したところ元は保存した投稿者コメントを一緒に読み込みたいという要望に答えた機能らしく、条件に合えばコメントの内容が重複しても読み込む場合があるので注意が必要です。

    チェックを入れていなくても複数のコメントファイルを後から追加で読み込む事が可能です。

    ・コメントファイルがある場合は自動取得をしない。
     コメントファイルがローカルにある場合、動画サイトからコメントを取得しなくする機能です。
    利用状況に応じて使い分けると良いでしょう。

    ※現状、commeonでは複数のコメントファイルを読み込んでも、プレイヤーの機能では表示されているコメントが何の(ファイルorサイトからの)コメントなのかを区別する機能が無い点にご注意ください。

    【オプション2】
     この項目もオプションの続きです。

    ・コメント勢いグラフを常に表示する
     グラフによってコメントの集中しているシーンを見つけやすくなりますが。
    グラフそのものについてはシークバーをマウスオーバー(マウスを乗せる事)で表示可能なので“常に”表示したい人向けの機能といえます。

    ・動画ファイルごとにコメントシフトを保存して再生開始時に復元する
     commeonには動画上のコメント表示タイミングをずらす機能がありますが、デフォルトでは開くたびに±0分00秒にリセットされてしまいます。
    この機能を使えば1度設定したファイルの情報はcommeonの設定ファイル内に保存されます。

    ※フルパスで記録されているので、ファイル名を変更したり保存場所を変更してしまうとコメントシフト情報はリセットされます。

    ・再生開始時にコメントシフトをリセットしない
     どのファイルを再生してもコメントシフト情報がリセットされなくなります。
    上記の『動画ファイルごとにコメントシフトを保存して再生開始時に復元する』設定と競合した場合はこちらの設定が優先されます。

    ・動画情報内の動画ページへのリンクをクリックした場合はストリーミング再生する
     ニコニコ動画のURLから再生した場合など投稿者の説明文が表示されますが、そこから他の動画を再生したい人向けの機能です。 説明文自体は再生画面上に表示されます。

    ・プレイリスト化対象の拡張子
     commeonでは同一のフォルダに保存されている動画ファイルをプレイリスト化する事ができますが、その際に対象にしたいファイルの拡張子を設定する事で余計なファイルをリストアップさせなくする事ができます。

    ・再生時間コントロールのマウスオーバー時にトラック情報を表示する
     再生している動画と音声の情報を表示します。
    URLからのストリーミング再生でも動画のスペック等を確認可能です。

    複数の音声ファイルが搭載されたマルチトラック動画等では選択されているトラックがどれかを確認可能ですが、あくまでも表示する機能なのでトラックの切り替えは再生画面右クリックから行います。

    【フィルタ】
    動画を描画したり音声を再生させる為に使用するフィルタを選択する事ができます。
    再生環境次第な項目ではありますが、長時間再生した場合にコメントと動画のタイミングがズレてしまうケースもあるみたいなのでご注意ください。
    コメントと動画のズレについて補足しますと、SZBH方式動画の場合時間表示が動画内にもあるあためcommeon内蔵の再生時間表示と比較する事でズレが分かったみたいです(しかもSZBH方式動画は尺が長いですし)。

    ただ、コメントの表示タイミング自体はプレイヤー側が管理しているのでズレないと仮定すると動画の表示にスペックが足りてなくてところどころ処理落ちが発生していたという可能性も一応考えられます。
    SZBH方式では本編動画も同時に別途再生するという事もあり多少PCへの負担もかかると思われ、原因がフィルタだけにあるとは流石に断定しきれません。

    また、ズレてしまった動画のタイミングは動画を数秒程度シークすればリセットされます。

    ・ビデオレンダラ

     WindowsVista以降EVR(Enhanced Video Renderer)というレンダラが追加され初期設定で使用するように設定されていますが、動作が重い場合はデフォルトを選択すると良いでしょう。

    ・外部フィルタ
     左側に並ぶ使用可能なフィルタから必要な物を選択して【>>】ボタンを押すことで右側に移動します。そして選択されたフィルタはチェックボックスが追加され[有効/無効]を切り替える事ができます。

    制作者お勧めの設定例は配布サイトのTipsにございますので参照してください。
    他にお勧めの設定がありましたら(教えて頂ければ)加筆するかもしれません。

    【ニコニコアカウント】
    URL情報からストリーミング再生をする際に必要となります、niconicoがログイン不要の時代になったとしてもコメント投稿には必要ですのでSZBH方式動画を利用する場合は必要です。

    5種類の方法でログインが可能ですが、よくわからなかったらこのツールでログインするを選びましょう。

    また、正しく設定してログインができていても動画のストリーミングには失敗する場合がありますのでご注意ください。
    SZBH方式動画利用の場合はコメントサーバにつなげさえすれば問題なく利用できるので、需要がありそうならローカル用のタイマー動画を作成して配布したいと思います(作業優先順位は低め)。

    【外部連携】
     commeonと連携させるソフトウェアを指定します。
    と言っても、コメントの読み上げに使用する棒読みちゃんや動画情報からリンクをクリックした際に利用するブラウザの選択だけなので必要に応じて設定しましょう。

    ・ウェブブラウザ
     この項目は未設定だとしても通常使用するブラウザが起動しますので複数のブラウザを使い分けている人向けです。

    【バージョン情報】

     commeonは2018年2月現在更新が活発です。
    不具合があった場合はバグ修正等がされている場合もあるので使用バージョンと最新バージョンが同じかどうかをまず確認しましょう。

    また、この項目から設定ファイルの保存場所を展開する事ができるのでPC新調の際やバックアップにお役立て下さい。
    Windows 7 C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\air.fem.jp
    Windows XP C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\air.fem.jp
    ※他のOSの保存場所は追記対応致します。

    おわりに

     長くなりましたがcommeonの導入&設定解説の記事は以上となります。
    今回は尺の都合上割愛したお勧めフォント紹介の記事や実践編といえるcommeonで楽しむSZBH方式動画と題した記事も今後仕上げられたらいいなと思っています。

     一応当初の自分の目的としては主にSZBH方式の動画をより楽しめるようにする為の便利ツール紹介とそのちょっとした手助けがメインでした。
    幸い公式からリンクしたいとの申し出もあり他のcommeon利用者の目にも触れやすくなるかもしれませんが、なにぶんこの記事は私の独断と偏見によるピックアップ解説であり完全なマニュアルではありません、一部思い違いによる解説ミスもあるかと思います。

    記事を制作している間にも更新が何度もあった事を考えると、時間の経過でこの記事の内容が古く参考にならない状態になってしまう可能性がありますが。
    手の回る範囲で対応していきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。