【ポケモンORASシーズン13使用構築】ドレディア入り壁ブシンゲンガー軸【最高・最終レート2010】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンORASシーズン13使用構築】ドレディア入り壁ブシンゲンガー軸【最高・最終レート2010】

2016-01-19 21:43
  • 2
  • 2

しぇいどです。シーズン13にて、嫁ポケモンであるドレディア入り構築で
レート2000を超えることができたため、並びを公開したいと思います。

構築はこちらの記事を参考にしております。(ほぼ丸パクリ)
http://d.hatena.ne.jp/aori_5/20140817
http://d.hatena.ne.jp/knmcwgtb/20140818/1408363433

●個別詳細

ドレディア(NN:チハヤ)
持ち物:気合の襷 特性:葉緑素 性格:控えめ
努力値:C252 D8 S248 (めざ岩個体のためV-*-U-V-U-U)
実数値:145-63-95-178-96-141
技構成:リーフストーム/めざ岩/蝶の舞/痺れ粉

嫁枠。パーティーを変えてもドレディアは決して外さない。
パーティー単位で重いリザードンや、ローブシンを受けに来るカバルドンの対策。
参考元はこの枠がキノガッサになっていますが、キノガッサとの差別化点は、
相手のリザードンが確実に居座ってくることです。
襷+めざ岩+痺れ粉の構成は読まれず、襷を盾にめざ岩や痺れ粉を入れることができます。
特性葉緑素のため、ニトチャを積んだリザYに先手を取れるのも強み。
(2割ほど削れたリザYであれば上からめざ岩で倒せます。)
痺れ粉と、祟り目持ちゲンガーや足の遅いローブシンとのシナジーも良いです。
対面構築のウルガモス、スイクンの相手もしてくれました。
レート2000がかかった試合で2タテ+最後の1体を麻痺させるという大仕事を果たした天使。


ゲンガー(NN:パメラさん)
持ち物:ゲンガナイト 特性:浮遊→影踏み 性格:臆病
努力値:B4 C252 S252
実数値:135-64-81-182-95-178 → 135-64-101-222-115-200
技構成:祟り目/ヘドロ爆弾/鬼火/身代わり

メガ枠。クレッフィの壁貼り、電磁波から繋ぐエースその1。
ローブシンの苦手なフェアリー(主にニンフィア)を影踏みでキャッチして処理する。
身代わりは、壁下だとスイクンの熱湯を身代わりが耐えたり、
不意打ちを透かすことができるため使用機会が多かったです。
鬼火をほぼ確実に当ててくれていた良い子。


マンムー(NN:うれP)
持ち物:命の球 特性:厚い脂肪 性格:陽気
努力値:A252 B4 S252
実数値:185-182-101-80-80-145
技構成:氷柱針/地震/馬鹿力/氷の礫

ローブシンが苦手な、グライオン、エルフーン、ボーマンダや、
麻痺が効かない電気タイプの対策。壁下だと色々耐える(雑)。
メガボーマンダがかなり苦手なパーティーのため、耐久無振りメガボーマンダを
球氷の礫で良い乱数で落とせる意地っ張りの方が良いかもしれない。
馬鹿力はガルーラやナットレイに撃っていた。


クレッフィ(NN:サイコロック)
持ち物:光の粘土 特性:悪戯心 性格:図太い
努力値:H252 B252 D4
実数値:164-77-157-100-108-95
技構成:イカサマ/電磁波/リフレクター/光の壁

悪戯心により、確実に壁を貼れる優秀な壁貼り要因。
壁を貼って捨てることが多いが、壁の貼り直しや電磁波を撃つために
残せる時は残した方が良い。基本初手に出す。
ゲンガー入りのパーティーに対しては、こちらのローブシンが道連れで
処理されるのが嫌なため、クレッフィを残すことを意識して立ち回っていた。
物理か特殊かわからないリザードン、バシャーモと対面した時は
型を見極めて壁を貼る必要がある。


ボルトロス(NN:ウサイン)
持ち物:オボンの実 特性:悪戯心 性格:図太い
努力値:H236 B236 D36
 HP4n調整、B11n調整、D余り(理想個体ではないためD,Sが低め)
実数値:184-121-132-145-105-131(理想個体の場合)
技構成:ボルトチェンジ/めざ氷/挑発/電磁波

ローブシンが苦手な飛行タイプや、補助技を駆使する害悪パーティーの対策。
参考元のボルトロスは臆病だが、図太いボルトロスしか厳選していないため図太い。
害悪パーティーに全然当たらなかったため、選出率は最下位。なので語ることがない。


ローブシン(NN:カこそパワー)
持ち物:弱点保険 特性:根性 性格:意地っ張り
努力値:H148 A188 B164 D4 S4
 マリルリのじゃれつく確定耐え
 B1↑でメガクチートのじゃれつく超高乱数耐え
 A3↑叩き落とす+マッハパンチでクレセリアが確定
実数値:199-202-136-60-86-66
技構成:ドレインパンチ/叩き落とす/ビルドアップ/マッハパンチ

クレッフィの壁貼り、電磁波から繋ぐエースその2。この構築のMVP。
壁+ビルドアップ+弱点保険で、普段は苦手なクレセリア、クチート、ファイアローにも
勝てる最強ポケモン。ヘラクレセドランは壁下のブシンで無双できる。
弱点保険は頻繁に発動する道具ではないため、オボンや残飯の方が汎用性は
高いかもしれないが、弱点保険が発動した時の無双性能の高さが病みつきになり
ずっと弱点保険で運用していた。鬼火が怖くない物理アタッカーは安定感がある。

●選出率
クレッフィ=ゲンガー=ローブシン>マンムー>ドレディア>ボルトロス

基本選出がクレッフィ+ゲンガー+ローブシンのため、ほぼこの3匹を出していました。
ゲンガーやローブシンが苦手なポケモンが多い時はマンムー、
カバリザにはドレディアを選出し、ボルトロスはほぼ出しませんでした。

●感想
レート1700代中盤から最高レートまでこのパーティーで潜っていましたが、
基本選出で戦える相手が多く、ぐんぐんレートが伸びたので本当に強いパーティーでした。
壁下でビルドアップを積んだローブシンが恐ろしい程の強さで、使っていて楽しかったです。
また仮想敵がしっかりしていたためか、ドレディアの選出率が低くなかったのも満足。
久々にレート2000を超えられて良かったです。
最後にドレディアかわいい。


読んで頂きありがとうございました!

広告
×
ボルトロスの調整が「HP11n調整、B4n調整」となっておりますが、正しくは「HP4n調整、B11n調整」ではありませんか?
15ヶ月前
×
>>ノエマさん

その通りです、修正しました。
ご指摘ありがとうございます!
15ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。