• 最近は…

    2015-09-22 02:19
    最近、入鹿山君が農業の IT 化に忙しくて(笑)シンセの開発計画が止まっちゃってるので、こっち、手伝ってます。

    Comico って無料漫画のサイトの小説セクションです。
    よければ読んでね!

       ↓ Click! ↓
    それ行けシンセ女子/L.F.O. >Comico ノベル Best





  • 広告
  • サムネが艦これ秋雲な件(笑)

    2015-05-03 15:01
    誰かがコメントにサムネ秋雲と書いたので確認してみたら、確かにポーズが一緒。こちらはホウキを振り上げてるんですが。笑いました。

    秋雲のイラスト



  • 今になってレゴムービーがウケてるんすけど

    2015-04-24 18:3221

     今になってウケてますよね(笑)。これ↓


    ーーーーー
     で、レゴムービー挫折の理由は端的に言って予算です。まずレゴが高い!レゴはバラ売りパーツがないので、セットをバラして売ってる業者から買うわけだけど、ほとんどが海外なので送料だけで1回千円以上かかります。珍しいパーツは何百円もするので、それを何個も買うと、一回の購入で数千円はかかります。

     また、撮影を一人でやると時間がかかる。それを編集するとまた時間がかかる!で、その間に撮影機材もコンピューターもどんどん新しくなってしまうわけです。

     例えばプロジェクトスタートの時点ではまだ HD 向け機材はほとんどありませんでした。

     そもそも YouTube もなくて、完成したのを自家サーバーに入れてたら、Apple の情報サイトで誰かが「ジョブス氏が秘密の研究をしてるらしい」と書いたら、それを真に受けた世界中の Apple ユーザーがアクセスして大変な事に…

     で、機材の問題を回避するため、先に4話分の台本とセットを作る>一気に撮影>撮影終了時点の最新機材を買って編集する、という方法を考えましたが、途中で挫折したってわけです。

     ストーリーは子供向けで、ハンナバーベラのトムとジェリー、宇宙家族(Jet Son)、ユニバーサルの空飛ぶロッキー君(rocky and bullwinkle)あたりを見た事のある人は、映像の雰囲気は納得すると思います。

     1話目は公開してるのでいいとして、2話以降は以下みたいな感じ。

    ・2話:「In like Jobs/ジョブス博士のモテモテ光線大作戦」
     In Like Jobs は電撃フリントアタック作戦(In like Flint)のパロディータイトル。
     オシャレなカフェでお茶する博士の前を美女が…
     街角のセット:
     










     一所懸命見てると、美女に睨まれてしまう。ガッカリする博士はアイディアが閃き急いで研究所へ。
     研究所前のセット:



     モテモテ光線を開発し、宇宙船で宇宙から地球に向けて光線を発射しようと宇宙船に乗り込む(博士1話で奥さんいたじゃん!とか言ってはいけない)。
     宇宙船への通路シーン:








     宇宙船格納庫シーン:
















     発射台シーン:













     地球に向けて照準を合わせる博士。ところが…


    ・3話:「タイムマシンパニック」
     タイムマシン開発中の博士。いよいよ完成という時にコントロールパネルにネコが飛び乗って来て、色々な時代に行ってしまう。西部劇>原始時代>研究所に戻ったと思ったら目の前に自分が>2001年9月11日のニューヨーク行きの飛行機の中>再び研究所に行くと、目の前に自分が二人>135億年前

     135億年前、何もない暗黒で「光あれ」という言葉が各国語で聞こえると光に巻き込まれ、研究所に戻る。
     オチは学校の授業で「ビッグバンで均等に広がっていた宇宙に揺らぎが出て今の宇宙がある」というビッグバンの想像図を拡大して行くと、光に巻き込まれる博士の影が見える。

     飛行機の中のシーンテスト:











    ・4話:「One Way(一方通行)」
     研究室の実験で、じゃれて来たネコが死んでしまう。博士は生き返りマシーンを作って墓地へ。スイッチを入れるとネコが生き返るが…

    ーーーーー
     というようなストーリーの細かい所まで完成して、セットを作る途中で頓挫したってわけです。