• 選択したモデルをUIModelとして表示・非表示するプラグイン

    2017-03-19 22:3721
    https://bowlroll.net/file/131420

    ・選択したモデルをUIModelとして表示・非表示する。
    を追加しました。

    ※ソースコード同梱しています。

    ■CompareModel.dll
    選択したモデルをUIModelとして表示・非表示する。
    2017/04/02 複数モデル表示・表示オプション操作機能追加
    2017/04/15 UIModelの位置をDragで移動できる機能追加

    ※注意※
    PMXE 0.2.3.2b以上の機能を使用している為、古いPMDE/PMXEでは動作しません。
    また、ノートPCで「NVIDIA Optimus Technology」を使用している場合は「高パフォーマンスNVidiaプロセッサ」を選択して下さい。

    ■使用例
    1.プラグインを実行します。






    2.モデルを選択します。


    3.モデルが重ねて表示されます。


    4.モデル表示機能操作画面
    以下のモデル表示機能の操作画面が出ますので左の枠の中でモデルを選択し各チェックボックスをON/OFFしたりプルダウンを選択したりしてみてください。


    TopMost:最前面描画


    Depth:深度の有効状態


    FixedDrawScale :カメラの距離にかかわらず大きさを一定にする。




    Visible:表示


    DrawMode:Wire+


    DrawMode:Wire


    ビルボード設定:全軸


    ビルボード設定:Y軸


    Move:モデルの移動


    複数モデルも表示できます。



    編集中モデルとは無関係ですので位置合わせなどに使用できると思います。

    以上です。

  • 広告
  • 闇鍋プラグイン 選択モデルの選択された頂点モーフを転送する機能追加

    2017-02-19 19:1832
    闇鍋プラグイン(https://bowlroll.net/file/9765)に

    ・選択した頂点に選択モデルの選択された頂点モーフを転送する。
    を追加しました。

    ■TransferVertexMorph.dll
    選択した頂点に選択モデルの選択された頂点モーフを転送する。(頂点間距離判定)
    ※注意※
    頂点間距離で転送しているため同一モデルでない限り転写は想像どおりにはならないと思います。

    転送元と転送先の判別に頂点位置間の距離を基にしていますので例外となる状態もあると思いますのでコメントください。


    ■使用例
    1.頂点を選択します。


    2.プラグインを実行します。
    [VERTEX] -> [VERTEX] 選択モデルの選択頂点モーフの近傍頂点から選択頂点へモーフオフセットを転写する。
    がそれになります。


    3.以下のウィンドウが表示されます。


    4.「モデルを選択」をクリックし転送元モデルを選択してください。


    5.選択頂点モーフから転写したい頂点モーフを選択してください。


    6.「転写実行」を押して転写を実行して下さい。


    7.転写が成功した場合以下のメッセージが表示されます。
    なお、頂点間の距離計算を行いますので頂点数が多いものはかなり時間がかかりますので覚悟してください。


    以上です。
  • 闇鍋プラグイン 選択モデルの近傍頂点から法線・UV・ウェイト・エッジ倍率転送機能追加

    2017-01-29 12:5413
    闇鍋プラグイン(https://bowlroll.net/file/9765)に

    ・選択モデルから選択頂点の近傍頂点を取得してウェイトを転送する。
    ・選択モデルから選択頂点の近傍頂点を取得してUVを転送する。
    ・選択モデルから選択頂点の近傍頂点を取得して法線を転送する。
    ・選択モデルから選択頂点の近傍頂点を取得してエッジ倍率を転送する。
    を追加しました。

    ■TransferVertexWeight.dll
    選択した頂点に選択モデルのウェイトを転送する。(頂点間距離判定)

    ■TransferVertexUV.dll
    選択した頂点に選択モデルのUVを転送する。(頂点間距離判定)

    ■TransferVertexNormal.dll
    選択した頂点に選択モデルの法線を転送する。(頂点間距離判定)

    ■TransferVertexEdgeScale.dll
    選択した頂点に選択モデルのエッジ倍率を転送する。(頂点間距離判定)

    転送元と転送先の判別に頂点位置間の距離を基にしていますので例外となる状態もあると思いますのでコメントください。

    ソースコードはこちら
    https://bowlroll.net/file/127028

    ■使用例(使い方は全て同様となります。)
    1.頂点を選択します。


    2.プラグインを実行します。
    [VERTEX] -> [VERTEX]選択した頂点に選択モデルの「XXX」を転送する。
    がそれになります。


    3.転送元モデルを選択してください。


    4.選択した転送元モデル名を表示しますので「OK」を押してください。


    5.処理が完了しましたら以下の様なメッセージが表示されます。
    なお、頂点間の距離計算を行いますので頂点数が多いものはかなり時間がかかりますので覚悟してください。


    以上です。