• Bash脆弱性対応のめも

    2014-09-28 21:182

    ■CentOSのRPM/SRPM入手方法(http://vault.centos.orgより入手可能)
    ※注意※
    アップデートパッケージは2回作成が行われているので最新になっているかを確認する事
    CentOS7(パッチ適応済み)
    URL:http://vault.centos.org/7.0.1406/updates/Source/SPackages/bash-4.2.45-5.el7_0.4.src.rpm
    Bash4系

    CentOS6(パッチ適応済み)
    URL:http://vault.centos.org/6.5/updates/Source/SPackages/bash-4.1.2-15.el6_5.2.src.rpm
    Bash4系

    CentOS5(パッチ適応済み)
    URL:http://vault.centos.org/5.10/updates/SRPMS/bash-3.2-33.el5_10.4.src.rpm
    Bash3系

    CentOS4(パッチ適応済みパッケージはOracleLinuxより入手可能)
    URL:http://vault.centos.org/4.9/updates/SRPMS/bash-3.0-27.el4.src.rpm
    Bash3系

    CentOS3
    URL:http://vault.centos.org/3.9/os/SRPMS/bash-2.05b-41.7.centos.0.src.rpm
    Bash2系

    CentOS2
    URL:http://vault.centos.org/2.1/source/i386/SRPMS/bash-2.05-8.src.rpm
    Bash2系

    ■FedoraCoreのRPM/SRPM入手方法
    ・Fedora1-6
    http://archives.fedoraproject.org/pub/archive/fedora/linux/core/
    より入手可能
    Bash2系
    Fedora1/Fedora2/Fedora3/Fedora4
    Bash3系
    Fedora5/Fedora6

    ・Fedora7-17
    http://archives.fedoraproject.org/pub/archive/fedora/linux/releases/
    より入手可能
    Bash3系
    Fedora7/Fedora8/Fedora9/Fedora10
    Bash4系
    Fedora11/Fedora12/Fedora13/Fedora14/Fedora15/Fedora16/Fedora17

    ・Fedora18-20
    http://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/releases/
    より入手可能
    Fedora18
    Bash4系

    Fedora19(パッチ適応済み)
    URL:http://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/updates/19/SRPMS/bash-4.2.48-2.fc19.src.rpm
    Bash4系

    Fedora20(パッチ適応済み)
    URL:http://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/updates/20/SRPMS/bash-4.2.48-2.fc20.src.rpm
    Bash4系


    ■Redhat7.3/9のRPM/SRPM入手方法
    http://ftp.riken.go.jp/Linux/redhat/archive.redhat.com/redhat/linux/
    より入手可能
    RedHat7.3
    URL:http://ftp.riken.go.jp/Linux/redhat/archive.redhat.com/redhat/linux/7.3/ja/os/i386/SRPMS/bash-2.05a-13.src.rpm
    Bash2系

    RedHat9
    URL:http://ftp.riken.go.jp/Linux/redhat/archive.redhat.com/redhat/linux/9/en/os/i386/SRPMS/bash-2.05b-20.src.rpm
    Bash2系


    ■OracleLinux(https://oss.oracle.com/より入手可能)
    OracleLinux4(パッチ適応済み)
    https://oss.oracle.com/el4/SRPMS-updates/bash-3.0-27.0.3.el4.src.rpm

    OracleLinux5(パッチ適応済み)
    https://oss.oracle.com/el5/SRPMS-updates/bash-3.2-33.el5_11.4.src.rpm

    OracleLinux6(パッチ適応済み)
    https://oss.oracle.com/el6/SRPMS-updates/bash-4.1.2-15.el6_5.2.src.rpm

    ※注意※
    OracleLinuxはアップデートパッケージが3回作成されているので最新になっているかを確認する。
    1回目のパッチはRedHatのものと同等
    2回目のパッチはOracle独自(GNUのパッチと同等?)
    3回目のパッチはRedHatのものと同等

    ■本家(GNU)からパッチを入手する場合
    ※注意※
    CVE-2014-6271/CVE-2014-7169のみ対応。RedHatのパッチ内容とは異なる。
    GNU Bash
    URL:http://www.gnu.org/software/bash/

    パッチは以下のディレクトリに存在
    2.05b
    URL:http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-2.05b-patches/
    3.0
    URL:http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-3.0-patches/
    3.1
    URL:http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-3.1-patches/
    3.2
    URL:http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-3.2-patches/
    4.0
    URL:http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-4.0-patches/
    4.1
    URL:http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-4.1-patches/
    4.2
    URL:http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-4.2-patches/
    4.3
    URL:http://ftp.gnu.org/gnu/bash/bash-4.3-patches/


    ■RHELのパッチについて
    3系・4系
    については内容の差異はなし。従って調整すれば適用可能

    2系については3系(RHEL5用)のパッチが利用可能
    但しbash-4.2-cve-2014-7169-2.patch内の49~67行部分の処理がそもそもないので一部適用不可
    GNUから出ている部分のパッチのみ充てるもよしRHEL5用のパッチより自分で作成するもよしお好みでどぞ。



  • 広告
  • 闇鍋プラグイン MikuMikuDance9.19以降の軸制限IKを使用したLocal軸分離IKの作成機能追加

    2014-09-22 23:2712
    闇鍋プラグイン(https://bowlroll.net/file/9765)に
    MikuMikuDance9.19以降で有効になった軸制限を使用したIKにて
    そのボーンのLocal軸毎の回転成分を取り出すIKを作成する機能を追加しました。


    ※注意※
    この機能は実験的なものです。MikuMikuDance9.19で追加された軸制限IKの機能テストを行う為に作成したものです。軸制限を使用したIK自体の仕様がまだ枯れた状態ではないので公開物などへの使用は控えてください。

    ・CreateAxisComponentIKType2.dll
    [BONE] XYZ軸成分分解IKの作成(Local)

    ■使い方
    ・プラグインを実行
    フォーム・PMXViewでボーンを選択し


    「User」→「BONE」→「[BONE] XYZ軸成分分解IKの作成(Local)

    を選択して実行してください。


    以下のメッセージが出れば正常に追加されています。


    図の様にLocal軸に直行するIKボーンが追加されます。


    以下の図のようにボーンが追加されます。


    右ひじz+の軸制限にはひじのLocalZ軸の値が入っています。


    右ひじy+の軸制限にはひじのLocalY軸の値が入っています。


    右ひじx+の軸制限にはひじのLocalX軸の値が入っています。


    いまのところわかっていることは2軸までなら正常にボーンの成分毎のLocal軸回転を取り出すことができます。

    以上です。



  • 闇鍋プラグイン ボーン削除・腰ボーン削除・足D/足先EX削除機能追加

    2014-09-22 22:38115
    闇鍋プラグイン(https://bowlroll.net/file/9765)に
    ・ボーン削除
    ・腰ボーン削除
    ・足D/足先EX削除
    するプラグインを追加しました。

    ■RemoveBone.dll
    [BONE] ボーンを削除する。
    ボーンを削除する際に子ボーンの親を削除されるボーンの親ボーンに変更します。
    また、回転連動・IK・ボーンモーフにそのボーンが使用されていた場合はその情報を表示します。

    ■RemoveWaist.dll
    [BONE] 腰ボーンを削除する。
    そぼろさんの準標準プラグインで追加される腰ボーンを削除します。

    ■RemoveFootD.dll

    [BONE] 足Dを削除する。
    そぼろさんの準標準プラグインで追加される足D/ひざD/足首D/足先EXボーンを削除します。

    ■使い方
    ボーンを削除する。
    ・プラグインを実行
    「User」→「BONE」→「[BONE] ボーンを削除する。」
    を選択して実行してください。



    削除対象ボーンにウェイトが設定されていた場合は以下のようなメッセージが出ます。


    削除を実行しましたら回転連動・IK・ボーンモーフにそのボーンが設定されていましたら以下のようなメッセージを表示します。



    腰ボーンを削除する。
    ・プラグインを実行
    「User」→「BONE」→「[BONE] 腰ボーンを削除する。」
    を選択して実行してください。


    正常に実行されましたら以下のようなメッセージが表示されます。



    足Dを削除する。
    ・プラグインを実行
    「User」→「BONE」→「[BONE] 足Dを削除する。」
    を選択して実行してください。


    正常に実行されましたら以下のようなメッセージが表示されます。


    以上です。