先日体験した"血管迷走神経反射性失神"について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

先日体験した"血管迷走神経反射性失神"について

2014-04-24 19:47
  • 4
  • 3

こんばんは。
唐突ですがこの前、飲食店で失神しました。

内容はこれだけなので日のブログは以上ですさようなら締めてもいいんですが、
個人的に凄く怖い体験だったということでその体験についてを少し細かく、
それと調べた内容についても書いていきたいと思います。
誰にでも起こりうることなので少しでも読んでいただいた方の参考になれば幸いです。


先日、お世話になっている方(仮にTさん)に食事に連れて行っていただきました。
ただ自分はお酒に弱いので、打ち合わせも兼ねた大事な機会に
泥酔してひっくり返るという最悪の事態だけは避けるため
お酒を飲むペースには気を付けつつ、まったりと食事を楽しみました。

そんなこんなで一軒目を出て、二軒目の立ち飲み屋といった感じのお店へ。
Tさんから色々なお話を聞きながら「やっぱり人生経験豊富な人はカッコイイな~」と
感銘を受けていたところ、突然猛烈な腹痛に襲われました。

恥ずかしい話、簡単に言うと猛烈な便意なんですが、
この腹痛が尋常じゃなく一気に冷や汗がどっと出てきて頭が真っ白に。
せっかく貴重なお話を聞いているというのに話が頭に入ってこない、
こんな失礼なことはないので「ス、スイマセン、トトトイレに…」
トイレに行こうとしたところで一旦記憶が途絶え



あれっ、なんだこれ夢?



あれっ
なぜか仰向けに寝てる。

なんで俺お店で寝てるんだとパニクりながら起床、


Tさんも周りのお客さんも店員さんも
「なんでコイツお店で寝てるんだ」とさぞかし不思議に思ったはずです。
正直この辺りの記憶は曖昧ではあるんですが、
店内がザワついていて「とんでもないことをやらかした」と思ったのを覚えてます。
後から聞いたお話によると、自分は目を開けたまま仰向けに倒れていたとのことなので、
夢だと思っていた映像は倒れた自分を覗き込む方々の姿だったんだと思います。

「泥酔してひっくり返ったら最悪だ」
と気を付けていたはずが、
泥酔してないのにひっくり返ってしまいました。
どちらにせよ多大な迷惑をおかけしてしまっている点に変わりはないので
最悪の事態に間違いはないのですが…


なにはともあれ、
突然店内で仰向けに目を開けたまま寝始めるという完全にヤバい人になった私は
状況を把握しきれないまま二階にあるトイレに入り便器に座り込むも、
頭がボーっとしてしまって完全に電源OFFに。

しばらくしてTさんが様子を伺いにドアをノックしてくださって、
ようやく電源がONになって便器から立ち上がるも足がよろけて後方へ転倒。
傍から見たらただの迷惑な酔っ払いですが、その時点ではもはや酔いが浅いどころか
ショックでほとんど酔いは冷めてる状態だったと思います。

ヨロヨロと一階に戻るも、
今度は視界が異常にボヤけてきてほとんど認識できないといった状況になりました。
上手く例えられないのですが、
視界に入っている目の前の人間やカウンター、自分の手などの
輪郭だけ認識できて、輪郭の内側が砂嵐になっている感じだったような記憶があります。

案の定、顔色が凄く悪いとのことなので「これが貧血か」と思いつつ
またクラクラしてきてしまったので再度二階のトイレに上がり便器に座り込み、
少し経ったらかなり回復してきたので店を出ました。
その後、駅へ向かって歩いている時点では
ついさっきアホ面で失神したのがウソのようにいつも通り、
といった感じでより一層「何だったんだろう」と不思議に思いながら帰宅しました。

Tさん、店員さん、その場に居合わせていたお客の方々に
多大なご迷惑をおかけしてしまったことをこの場を借りてお詫び申し上げます。
本当に申し訳ありませんでした!
「誰この寝てる人」と他人のフリをしてもいいような状況にも関わらず
自分の体調を心配してくださったTさんの寛大さには本当に感謝しかありません。
本当にありがとうございます!

帰宅後、調べてみたところ今回の自分の体験は
「血管迷走神経反射性失神」という症状にピタリと一致しました。
なにやら症状名がスゲー長くて怖い、というか
墾田永年私財法みたいな怒涛の漢字連発にビビってしましたが、
この症状は一過性のもので、最も頻度が高く健康人にも起こる失神
とのことなので安心しました。

血管迷走神経反射性失神について調べたことを書きたいと思います。

強い痛みや精神的ショック、ストレスが誘因となって自律神経のバランスがくずれ、抹消血管の抵抗が減少し血液が心臓に戻らなくなり、血圧低下となり脳血流が低下して意識がなくなります。この際徐脈、冷や汗を伴います。
長時間の起立、疼痛、驚愕、怒り、予測外の視覚、聴覚刺激、排便、排尿、咳、ストレスが先行する場合が多い。老人は食後の頭部挙上状態で起こりやすい。またアルコールや睡眠薬の使用も血管迷走神経反射性失神を起こしやすい。酔っ払いが居酒屋のトイレで排尿し失神したといった病歴が典型的である。
とあります。
自分は腹痛が誘因で気を失いましたが、他の方の体験談を見てみると、
「足の上に重い物を落としたとき」という外傷による強い痛み、
「部活でコーチに怒られたとき」という過度なストレス、
「注射やピアスの着け外しのとき」という尖った物が体の中に入ってくることへの恐怖心、
などなど様々なケースがあるようです。

失神の前兆や症状については、
この失神の前兆は、発汗、頭痛、吐き気、熱感や寒気などだそうです。また、顔色が悪くなったり、あくび、瞳孔の拡大、おちつきがなくなることもあるらしい。
失神の前兆は、失神の30秒から数分前に起こりますが、ただし、3分の1の人は何の前兆もなく、失神が起こります。意識を失っている時間は、30秒から5分程度。失神時にけいれんのような動きをすることもあります。失神後の回復は早く、普通意識障害はありません。
とあります。
自分は30秒も失神してたのかな?と疑問に思いましたが、
当然失神中の記憶はないので30秒以上寝てた可能性も十分あると思います。

そして治療、予防法については
治療としては、もし、血管迷走神経反射を誘発するような条件があれば、それを避けるようにします。例えば、長時間の立位、激しい運動、高温、脱水、薬、アルコールなど。前兆がくれば、横に寝て、そして、手を強く握り、腕や足に力を入れます。これで、失神の予防ができることがあります。1日2リットルの水分と塩分を十分取ることも予防法の一つです。これらの方法で、どうしても失神が予防できない人に対しては、症状に応じて薬物療法を考慮します。
反射性失神は神経調節性失神とも呼ばれ、全身の循環の中で脳の血流が減ったために生じるものです。立位または坐位で生じ、臥位(寝た状態)では決して発生しません。
とのことです。
倒れた際に頭を打つなどの衝撃による危険性はもちろんですが、
異変を感じてから気を失うまでが早いので、
駅のホームなど状況によってはかなり危険な事態になりかねないと思います。
そのため、少しでも前兆的な異変を感じたらすぐに対処することをオススメします。
人が大勢いようと恥を忍んで、横になりましょう。
「お前みたいな不審者になるからヤダ」という方は、死ね座りましょう。
坐位でも生じるとありますが、
その場に座り込むだけでも多少の予防にはなるはず…だと思います。

自分は今まで気を失ったことはおろか貧血になったことすらなかったのに
こうしてバッタリと倒れてしまったということで、
本当に誰にでも起こりうる症状なんだと思います。
「コイツ店で寝て周りに迷惑かけまくるなんてとんだバカだHAHA」
と読み流していただくのももちろんいいんですが、
予防法なんかを頭の片隅に入れていただくといった感じで
この記事を少しでも参考にして頂けたら幸いです!
拙い長文失礼致しました!

P.S.失神した衝撃でウ●コ漏らさなくて本当によかった


toolloveさんの作成したNaverまとめから症状についてなど引用させていただきました。
引用を快く承諾していただきありがとうございます!
URLはコチラから⇒http://matome.naver.jp/odai/2137073046655724401


Twitterやっております。
広告
×
お大事になさってくださいね!
勉強になりましたよ。
31ヶ月前
×
まさに、今日採血の際になりました。症状とか時間とか詳しくて参考になりました!お互い気をつけましょうね(´・_・`)
28ヶ月前
×
先週の土曜日にコーヒーショップで同様の失神をしました。たまたま座席と座席の間に倒れ込み、事なきを得ました。
気を付けようもないですが、前兆がきたら、坐位を保つようにします。失礼します。
20ヶ月前
×
ついさっきなった。
そしてゲリドバーっと出して終わり。
9ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。