思い出3 ニコ生リスナー初心者編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

思い出3 ニコ生リスナー初心者編

2017-01-09 16:37
  • 1
ニコニコ生放送に初めて出会った私は夢中でコメントを打った、今のように俊足高速タイピングはこの時出来ず、人差し指と中指だけでキーボードをタイプする独特のスタイルでタイピングしていたので、コメントをするのがとても遅かった。
この時に見た配信は女性がベットの上に座りながら何気ない会話をする配信だったのだが、僕は夢中になってコメントを打ちまくった。
そのコメントの流れはこんな感じだ。

私「スゲーカワイイです」
女生主「ありがとうね^^よかったらコテハンつけて行ってね」

コテハン?何言ってるんだ?この女は?何言ってるか全くわからない・・・これが噂の人口AIか?などと思いながら相手に聞いてみる。

私「コテハンってなんですか?」
女生主「@の後にあなたの名前打ってね^^」
私「それするとどうなるの?」
女生主「あなたの名前がアタシにわかるようになるんです^^」

なるほど!私の名前を知りたいのか!?完全にこの子・・・私に惚れましたやん!わずか数分でコメントだけで女を落としてしまった!自分が怖かった。

私「@○○△△です。」
女生主「なんか本名みたいだね^^;」
私「そうですよ」

失礼なと思った!本名みたい?本名だよ!惚れられた女に本名教えるくらい余裕だった。
その時に俺以外に配信を見ていたリスナーも話題に入ってきた。

他リスナー「本名なんか普通つかわねーよ○○△△君」
女生主「そうだね^^;なにかニックネームとか好きなキャラとか無いの?」

そうなの?みんな本名じゃないのか!?

私「本名はふつう使わないんですね」
女生主「普通は使わないかな^^;アタシのアキラって名前もネットでの名前だし他のリスナーさんものネットでの名前だよ^^」

知らなかった皆が偽名を名乗っていたなんて・・・
ちなみにこの頃の私のアカウントの名前も本名でした。
好きなキャラクターか…ドラゴンボールやハンターハンター好きなマンガからとるか!よし!決めた!私は遅いタイピングながらも必死にコメントを作っていたが、そのコメントを打つ前に女生主がこう言った。

女生主「累計来場者数13名様、総コメント数34 ありがとうございました。次枠もお願いします^^」

あれ?終わった?更新しても放送は切れたままだった。
初めてニコニコ生放送を見た私は30分で1枠というルールも知らなかったので、また来週始まるのか?どうすればいいんだ?俺はまだ決めた名前伝えてないんだけど・・・と思い色々なページにとんでさっきの配信の続きがないのか探していた。
そこから15分ほどしてまたそのコミュにたどり着いた。

私「探しました」
女生主「あっさっきの初見さんだ^^」

え?俺は本名を教えたのに初見さんじゃねーよ!誰だよ初見って!名前間違えるなよ!

私「初見じゃないですよ○○△△です」
女生主「ごめんなさいね初めて来た人の事を初見って言うんですよ○○さん」

なんなんだよマジで!ネットでここまで知らい事ばかりって俺が見てるYouTubeとかではそんなこと言わないもん!なんなんだよ・・・とりあえず考えた名前を伝えるか

私「@クリリン」
女生主「クリリンさんですね^^よろしくお願いします。」
他リスナーA「クリリンさんよろしくね」
他リスナーB「クリリンさんよろ」

メッチャ皆俺に喋りかけてくるやん!こんなに歓迎されるものなのか・・・正直嬉しい。

女生主「ていうかクリリンさん^^探してくれたみたいですが、よければコミュ参加してくれませんか?」

次回~思い出4~に続く
広告
×
風邪(インフル?)なのに長文書いてもらってめっちゃ面白かったですけど、ご無理をされないようにー。ほんっとレオリオの放送減ってつまらんくなったなあとか思います。年末でしたっけ?めっさ楽しかったです。また治して、時間のある時でいいので放送してください待ってますー。めっちゃ面白いんですよ、レオリオは! あ
コミュにほしい物リストとか載っけておいた方がよくないっすか? まあ、それはレオリオさん次第ですけど。またきますー
(๑´ㅂ`๑) 誰かなんてバレてるでしょうから書きませんが笑 ではー。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。