資産いくらあれば引退できるのか、大きく資産を増やしたときしておけばよかったこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

資産いくらあれば引退できるのか、大きく資産を増やしたときしておけばよかったこと

2017-10-15 19:49

    投資やっていない人含めてお金はどのくらいあればいいのか、いくらあればお金を使っても大丈夫なのかみたいな話になるので少しまとめてみようと思う。
    億持ってるのに投資家はケチが多い印象だけど、実際5億くらいないと金持ちという感じの生活してると減ってしまうのである程度はしょうがないと思う。


    株の平均リターンは5%程度と言われているので、大きく増やした後は3%で安定的な運用するとすると、1億で300万、2億で600万、3億でも900万。
    実際は税金が20%なので3億で税引き後720万にしかならない。5億で1500万、税引き後手取り1200万。
    これは年間1200万、月100万使ってもお金が減らないという状態になる。

    3億なら月60万以上使うと減ってしまう。
    東京都心だと60万では質素な生活しかできない。
    10億になると3%運用で3000万で税引き後2400万になるから月200万使っても減らなくなり、ストックの額も大きいので絶対安全圏と言えるだろう。

    資産がいくらになっても、やはり収入以上に遊びにお金を使うというのは普通の脳みそではありえないことだから、億持ってる程度の人間がケチなのは5億を超えない限り妥当と言える。
    私は20代で5億以上まで増やしたが、株以外での収入はなしという状態だったので1億程度では安心という感じはなかった。
    リーマンショックのリバウンド相場で1000万から1億が半年だったのでその辺の期間が短かったせいもあると思う。

    ただ、私はお金は使わないとゴミという考え方で、若い時の時間のほうが価値が高いと思っているので資産に応じた限度額を設定して気にせず使っていた。
    細かい家計簿みたいなのは貧乏人の習慣なのでやめたほうがいいと思う。
    月に一度全口座残高を調べて使った額を概算し、大きな出費ベスト3くらいを問題ないように調整すれば十分である。
    儲かったときに使いすぎると当然大損することもあるだろうから、対総資産で利用目安や限度を決めるのがいいと思う。

    資産1~3億で月50~100万、5億で月100万以上は欲しいものを買ったり遊びに使った。
    資産だけでなく年率二桁%以上で運用益が安定しているという状況での話なので、安定運用に切り替えているならやはりそこまでの生活水準にはならなそうである。

    年齢は30代~40代の想定で、やはり引退に必要な資産は水準のある程度高い生活をしたいなら5~10億、東京の平均レベルの生活水準でも3億が最低ラインではなかろうか。
    3億まではわりと運でも増えるが、5億さらに10億となると運だけで増やすのは厳しい水準だと思う。

    株で儲けた場合は大きく減らすリスクもあるので、2億程度になったら値下がりしにくく賃貸運用も可能な駅徒歩3分以内のタワーなど大規模マンションを一つ買っておくのがいいと思う。
    私はずっと賃貸からマンションを買ったが、いろんなとこに住めて楽しかった反面、家賃100万以上のとこにも住んでたので、家賃だけで億近くは払っている。
    マンションマニアだから別にもったいないとは思ってないけど、1億程度の一つ自宅用に買っておいたほうが安心感もあるし合理的だったなと昔の自分に言いたい。

    今は不動産もバブルで買い時ではないのだが、駅近のまともな物件が半値まで暴落するということは通常ないし、下がっても5年以上住むなら賃貸の家賃より得になるケースが多い。
    バブルをスルーして現金で持っていられるならいいが、株は平気で半値以下になるから、アベノミクスで一気に増やしてリーマンショックを経験してない投資家は危ないと思う。
    私はもうすでにアベノミクスバブルからは資金を引き揚げて、資産の半分以下の資金しか投資に使わず、その大半もデイトレかショートである。

    バブルで勝負するタイプではなく、暴落時に勝負するタイプだからということもあるが、今のレベルになると暴落を買うのも厳しそうだから勝ち逃げ撤退である。
    今勝ってる人には逃げ遅れて資産半減なんてことのないように、投資資金自体をいったん減らしていくことをおすすめしたいとこだが、バブルの末期は買いで一番儲かる場面なのだ。

    だからどこまで乗るかは投資スタイルによるのだが、気をつけて。

    ツイッター

    https://twitter.com/


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。