• シンガポール、いい国だよね、(雑記)

    2018-06-12 16:18
    平均年収が日本の1.5倍もあり、世界最高の金持ち国のひとつ。

    そんな国は国土が狭く娯楽も少ないため、世界中からエンターテナーを呼び寄せてイベントをたくさん行う

    そこに私TAMは、毎年ゲストとして呼ばれて演奏パフォーマンスをしている

    マリーナ・ベイ・サンズ にも泊まらせてもらった^^
    セントーサ島にも遊びにいった

    とっても楽しい人生

    現在、海外に年間10回、100日ほど滞在している、が、
    永住をするとどうなるのだろう、と考えた事がある

    いろんな国へ行って、どこも最高に楽しいのだが、、、

    やはり金持ち国といえばシンガポール、である

    でもそこに住んでいる人にいわせると、、、

    住宅価格は日本の東京山の手よりも高く。物価も高く。車も高く。
    でも税金だけは安い(20%)
    、、、(略


    さて。
    歴史的な米朝首脳会談で、シンガポールが連日ニュースになっている

    キム総書記が行った、マリーナ・ベイ・サンズの屋上の夜景も、セントーサ島もすべて行った事がある、それも何度も。

    東、東南アジア地域で一番きれいですごい摩天楼夜景の景色を眺めながら人生を噛み締めているじどり動画もUPしているので、興味があればどうぞ。

    。。。

    で、国のTOPが観光で訪れるような、そんなすごい場所に毎年のように行っている自分は、もう地球上の幸せをMAXまで享受してしまっているのか、、、

    、、、

    もちろん世界中を探せばまだ絶景だったり素晴らしい土地もあるが、、、
    例えば日本の海外観光絶景で一位をとる、ウユニ湖。そこに行くには、飛行機乗り継ぎ、バスで、、、10時間以上かかってしまう。
    そこまで、狭い機内や悪路をバスで行き、さらに高山病とかのリスクも含めて行くほどの事かと思ってしまう。
    ヨーロッパとかも同じで。狭い椅子に10時間強制的に座らされるとか、やはり面倒である^^;

    とすると、やはり日本から3~4時間で行ける範囲=東アジア、東南アジア、まで。

    中国各都市、ロシアのウラジオストクとか、
    台湾香港マカオ、ベトナム、タイ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア、
    ブルネイ、ラオス、カンボジア、、、、

    あたりが、自分の中でストレスなく行ける範囲内かなーと思ったり。
    あと、空港で寝たり、まちなかで治安が悪くないレベルが良い。

    フィリピンへ行ったとき、空港で寝たのだが、治安がよかった^^
    というより、パスポートとチケットが無いとそもそも建物に入れないし、警備の人も監視カメラもあるし、やはり治安が悪いと言われるフィリピンでも、一番良いのが空港なのかもしれない

    、、、

    話がずれたが、、、

    シンガポールが連日ニュースになり、風景をすべて知っている自分にとっては、、、
    慣れてしまって幸せ度合いが落ちてしまったのか、幸せのハードルが上がってしまったのか、、、

    あの笑顔で観光している姿をみると、なんか複雑な気分。

    人生の楽しみをずっと模索しているが、、
    リアルRPG、リアル冒険、命の安全と、いつでもすぐに辞められる保険付きの場所での探検、が、一番最高だと思う、
    が、ソレ以上の最高は無いのか、、、探しているのだが、、、見つからず。。。

    人生の目的を探す、とか、人生の職業について探す、とか、ではなく

    人生のもっと幸せはないか、探している、、、
    国のTOPになったとして、それが本当に楽しいものなのか、、、
    制約も多いだろうし、1人で好きに出かけることもできない、、、
    有名税なんて名前のプライバシー無くなるマスコミシステムなんて最悪だし、、
    、、、

    あれ、半分自慢の雑記になってしまった、、すみません、、、




  • 広告
  • 「声がとても素敵な、演技力が高い」新人声優。というニュースが無い

    2018-06-12 04:47

    「かわいい声優」「TVに出演」「声優デビューと同時に歌も歌ってライブにも出る」

    という話題、ニュースは出るが、、、

    なかなか難しいのか。。。


    音楽ボーカルやバンドで

    「曲がいい」けど「PVが無い、本人やイメージキャラクターが無い」というものはたくさんいたけど、、、

    今は、オリコンの上位がAKB系、ジャニーズ系、EXILE、安室奈美恵?、、、ばかり

    時々は曲が評価されてるバンドもあるけど、でも例えば有名アニメ映画に抜擢されたバンドが、ソレ以前とそれ以降で売上が10倍以上違うとか、、、

    、、、

    その原因は、、、(と書きながら数秒で考える)、、、

    大きく2つあるのか

    「音楽そのものの価値は限りなくゼロに近づき」
    ファンとして、応援したいという気持ちとして、疑似恋愛や憧れとして、、、
    お金を払う。その媒体として映像付きの音楽が多い。というだけの話
    写真集や、エッセー、ゴシップ雑誌、と同じ扱い、なのか。

    「情報量が10年前の10倍になった世の中により」
    TVで紹介されたものが人気になる時代の10倍難しくなる
    音楽だけを探すサイトとして、世界最大級のWebサービスがいくつかあった
    そのどれもが、停滞してしまう、もしくは日本では殆ど流行らない。
    情報量が10倍になったら、情報~デジタルデータの価値は10分の1になる
    TVや新聞の価値が一気に10分の1にはならなかったが、それらと同じだけの減少が続く
    「音楽だから」ではなく、「音楽をはじめとする情報すべて」の価値が薄まっていく

    現在世界一の音楽投稿サイト、サウンドクラウド。が、赤字で倒産や買収間際。。。


    しかし、そもそも、、、「芸能」や「サービス表現」というものは、生きるために必要とされているわけではなく「流行」にもよる

    スポーツの中で、TV受けするもの、スポンサーがつくもの、ファンがつく競技、にはお金が払われ、プロになれるけど、、、
    不人気スポーツでは日本で1人もプロがいない(それで生活できない)という事も多い

    それはスポーツに上下、貴賤があるわけではなく、単純に「一般のファンがどれだけいるかどうか」だけである
    どれだけ世界一の技術をもっていたとして、、、ペットボトルの蓋を飛ばす技術が世界一だとしても、それでプロにはなれない

    。。。

    また話がずれた、、、結論を考えず、最初のお題から即興で考えて書きなぐっているのだが、
    思考の記録としてはこれが一番大量の情報を世の中Webデジタルの世界に遺しておくことができるので、有限の時間を大切に使うためにも、私はこのスタイルが好きだ^^






  • 「やりたいこと」+「やれること」+「もとめられること」

    2018-06-11 07:49


    人生は
    「やりたいこと」+「やれること」+「もとめられること」
    =WAMT、CAN、NEEDs

    に集約される

    やりたい事に全ふりすると、、
    声優になりたい!Youtuberになりたい、という、殆ど誰でも習得できる技術だからこそ
    先行者利益、美男美女、運、といったものに大きく左右され、需要供給バランスが大幅に狂い、世間から殆ど求められないものになる
    野球選手、サッカー選手は世の中に100人は求められるが、1000人は求められない。
    その枠に、どれだけの人が応募するのか、、、

    結婚という法的にも道徳的にも契約縛りが発生すると、
    家族を守る、子育てする、という需要が大幅に増える、自分が社畜になっても、人生をかけても、死んでも守る、という事になるでしょう

    技術取得、プロになるのに最低10年はかかると言われる、難しい楽器の代表格、バイオリン。
    野球やサッカー、スポーツ全般もそれくらいはかかる。
    10年かかる事だからこそ、プロとして成り立つし、供給が絞られて給与が対価が発生する


    「やりたいこと」+「やれること」+「もとめられること」
    =WAMT、CAN、NEEDs


    単純な思考回路の人ほど、「やりたいこと」しか見えない

    自分の適正、例えばアイドルになりたい、スポーツ選手になりたい、は、殆ど遺伝子レベルの身体適正が発生する。その時点で人類の上位1%くらいに入ってないと(小学校の学年100人で1位レベルに美男美女、話がおもしろい、運動能力抜群)
    まずプロにはなれない。
    クラスで2~3番目に可愛い子でもアイドルになれる、という身近な存在のおかげでアイドルブームが再燃したが、あれは日本でもTOPクラスのプロデューサーと、周りの大会社を巻き込んで何億円もかけて?の一大プロジェクトだからやっと10年に一度クラスに成功した特殊事例であったりする


    やりたいこと、を見つけるのは正しい
    「人生で、なりたい職業を見つけましょう」
    というのは正しい
    しかし、それが度が過ぎてしまって、自分の人生を台無しにしたり、精神健康や家族や周りにに支障をきたすレベルだとダメである

    客観的な人ほど、俯瞰できる人ほど、視野が広い人ほど、多数の知識経験をもとに、多面思考できる人ほど、、、

    「やりたいこと」が「やれる」のか「もとめられる」のか、まで分析する

    さらに深く分析すると
    「やりたいこと」の中で「やれる分野」があるかどうか「もとめられる場所」があるかどうか探して、まだ一般的でない状況で先行者となり「やりたいこと」の生きる場所を自ら作り上げていく、、事ができれば、最高である

    インターネットITにより、100年に1度レベルの社会経済構造の大改革がおこった
    その波にのっかって、「やりたいこと」をうまくITと組み合わせて大成功した人がどれだけでもいる

    個人のパフォーマンスで年10億稼ぐとまで言われる、Youtuberのトップをはじめ、「もとめあれる場所」に「やれる分野」で「やりたい事」を表現していった、、

    、、、(略

    日本1の金持ちである、孫正義は当然IT長者として
    同じく日本1を争う「ユニクロ」会長は、、、「海外生産、コンテナ船、世界各国への販売網」という「Amazon」と同じくリアルの・・(略

    話がずれてきたのでこのへんんで。








    それを別の角度から見た場合、を、語ってみようと思う


    リソースとは、「時間・お金・精神力・体力」の4つの内面リソースと
    「環境力」の外部リソースである