• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 新米理事として

    2017-06-26 13:33
    103pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    大阪の長居競技場で行われた陸上競技の日本選手権に、日本陸連の新米の理事として伺いました。

    月曜日の朝には、堺で日本陸連の理事会が開催され、日本選手権の結果に基づいて、今年の夏に行われる世界陸上の日本代表選手の選考が行われました。

    かつて日本は、長距離は強いけれど、短距離は今一歩と言われていましたが、今や男子100mには10秒0台で走るスプリンターが5人もそろい、オリンピックのリレーで銀メダルを取ったメンバーが3位にも入れないほどの層の厚さを誇るようになりました。

    それに比べると長距離、マラソンがやや不振です。

    日本選手権は3日間で三万六千人の観客が来場するなど、盛り上がりました。 この盛り上がりを世界陸上の結果につなげてほしいと思います。

    東京オリンピックでは、リオと比べ、陸上競技の全体参加人員が百人以上減らされる方向だと言われています。 陸上競技には、開催国枠もありませんし、参加標準記録

  • 憲法九条のこれから

    2017-06-22 23:03
    103pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    安倍総理の発言を受けて、自民党内で憲法九条の改正論議が始まりました。

    憲法九条と自衛隊の合憲性は長らく議論されてきました。

    もともとマッカーサーノートには
    「国家の主権的権利としての戦争を放棄する。日本は、紛争解決の手段としての戦争、および自己の安全を保持するための手段としてのそれをも、放棄する。日本はその防衛と保護を、今や世界を動かしつつある崇高な理念に委ねる。」
    とありました。

    それに対して、GHQのチャールズ・ケーディスが「自己保存という国家に固有の権利の行使を禁止することは非現実と考え」て、マッカーサーノートから「自己の安全を保持するための手段としての戦争をも」の部分を削除しました。

    日本国憲法9条は
    「第九条    日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    2 

  • ジャパンプレミアム

    2017-06-20 15:10
    103pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    日銀の金融緩和について、目標としているインフレ率2.0%の達成もできないが、心配されていたハイパーインフレや金利急騰、キャピタルフライトなどは起きる兆しもなく、それならばしばらくこのままの政策でよいのではないか、あるいは金融緩和だけでなく財政出動もすべしといった根拠のない議論が自民党の中でも時々聞こえてきます。

    本当に金融緩和によるひずみがないのかといえば、日本の金融機関がドルを調達するときに、「ジャパンプレミアム」を求められ、それが大きくなっているということがありました。

    2016年末にかけてジャパンプレミアムが1.0%にもなり、一部で懸念の声も出ていましたが、そこからプレミアムは小さくなり、足元では0.4%程度と言われています。

    だからやはり心配ないのだという声もありますが、市場関係者からは心配ないとは言い切れないという懸念の声があがっています。

    足元でジャパンプレミアムが小さくなった