• 羽生善治とかいう鬼みたいな将棋の天才と木村一基という愛すべき将棋の強いおじさんの話

    2016-09-28 01:393362
    お疲れ様です。大井です。今日は生まれて初めて将棋の王位戦というタイトル戦の現地大盤解説を見てきて、酒も飲んできて、今、家のドアを開けた瞬間に「んもおおおおおおお!」と大きい声を出した勢いでこのブログを書いています。王位戦を見てきた大井です。


    マジでほしかった木村八段の「おうい色紙」

    今回は羽生善治という将棋界の永世鬼畜眼鏡に、7大タイトルのひとつ「王位」の座をかけて木村一基八段という将棋の強いおじさんが挑戦した大会でした。7番勝負でここまで3勝3敗の五分。羽生さんは今日が46歳の誕生日。かずきは43歳。年齢だけで見れば大学の先輩後輩くらいのわずかな差ですが、タイトル保有歴は96期対0期という悪魔的な差があります。ちなみに将棋のタイトルは1期でも取れれば十分に歴史に名を残せる大棋士です。ここで一度羽生さんという悪魔について「悪魔じゃん」という認識を改めてください。

    木村一基八段は落語が好きな棋士で、将棋解説の面白さと親しみやすい人柄から「将棋の強いおじさん」などとしてファンに親しまれているおじさんです。ほとんどの天才棋士が10代でプロデビューする中、かずきは極めて遅咲きの23歳でプロ入り。ところが相手の攻めをギリギリで見切って避ける鋭い終盤術を武器に「千駄ヶ谷の受け師」の異名を誇るトップ棋士に駆け上がります。王様が相手の攻撃をスルスルとかわし、最後は敵玉の詰みにまで参加する鈴木大介先生との新人王戦などは名局として語り継がれています。要するに将棋の強いおじさんということです。

    そんな将棋の強いおじさんですが、棋士として生涯の名誉である「タイトル獲得」には恵まれていません。なぜか。同じ時代に悪魔的に将棋が強い羽生善治大先生という悪魔がいるからです。

    おじさんは何度も一生懸命タイトルに挑戦しました。数百人の棋士がいる中でたった一人の挑戦者になるだけでもすごいことです。そして時には某深浦王位を相手に7番勝負で先に3連勝したこともありました。でもそのあと4連敗しました。「あと1勝すればタイトル獲得」の1番で最も負けてるのがおじさんなんじゃないかと思います(8連敗?)。

    40代というのは一般的に棋士の力が衰えてくると言われる年齢です。おじさんは2年前にも王位戦で羽生永世悪魔に挑戦しましたが惜敗。これがラストチャンスかと思われたものの、今年もう一度挑戦者に名乗りをあげました。ここで一度かずきファンは泣きます。おじさん、まだいけるぞ、タイトルをとれるぞ、と。

    一方の羽生さんも45歳(当時)。直近の名人戦では若手の佐藤天彦八段に厳しい負け方で名人を奪取され400万回目の「羽生衰えたな」を言われたりしていました。実際その後の対局でも羽生さんはらしくない負けを重ねており世代交代を叫ぶ声が強まる一方。王位戦でも決して若くない43歳の木村八段が3勝2敗と星を先行し、おじおじファンはいよいよ羽生善治永世鬼畜眼鏡の牙城を崩し悲願の初タイトルを獲得するかと期待しました。

    王位戦6局目は羽生さんにマジック手が出て3勝3敗に。そして迎えた最後の7局目。おじおじファンは「100個近くタイトル持ってるんだから1個くらいおじさんにあげろ!」「タイトル独占禁止法!」「うさぎおじさんもうかずきを許してあげて!」などと叫びます。ところがどっこい、キワキワの勝負を約96回経験してきたうさぎおじさんは最後の最後でライオンおじさんとなり将棋の強いおじさんを一分の隙も無い将棋でふっ飛ばし、見事に王位を防衛してみせました。ここで一度羽生さんという悪魔について「悪魔じゃん」という認識を改めてください。


    苦しい局面での木村八段。応援してるファンも同じ顔をしてた

    木村一基八段は本当に将棋の強いおじさんであり、苦労人であり、面白い人であり、お酒の好きな人であり、負けたあとの感想戦でもファンの前では明るく「こんな手を指すなんて(相手は)ひどい人だよねえ」などと冗談を言ってくれるステキな人です。僕も多くの将棋ファンの例に漏れず羽生さんが永久に将棋界で無双することを願う羽生ファンですが、今日ばっかりはおじおじにタイトルを獲ってほしいと願うおじおじ信者でした。でも将棋の神はそれを許してくれなかった。過去におじさんと王位戦で戦い3連敗からの4連勝というメイクドラマをキメて木村王位の誕生を幻にした某深浦九段は今日の解説会で、「あのあとは木村さんと1年半くらい話ができなかった」と言ってました。それくらい棋士にとってタイトルというのは重いものです。終局直後、木村八段の様子は以下のようなものだったとレポートされています。
    最後に「シリーズ全体の感想」について質問がありましたが、木村八段から声は出ませんでした。
    あの明るいおじおじが、負けた直後の感想戦でも自虐的な冗談を飛ばしてくれるおじおじから、言葉が出なくなる。それくらい43歳という年齢で臨んだタイトル戦は重いものだったのだと思います。僕は今回初めて現地の大盤解説会に参加したんですが、終局後にみんなの前に出てきてくれていつも通り明るく感想戦を行う木村八段を見てブルッと震えてちょっと泣きそうになりました。

    僕は将棋を観るのが好きな「観る将」なんですが、そんな観る将にとって一番大切なのは誰が対局するかよりも「誰が解説するか」だったりします。難解なプロの将棋をわかりやすく面白く伝えてくれる将棋の強いおじさんの解説は、本当にまだ将棋の面白さにピンときてないみんなにおすすめしたい将棋のコンテンツです。将棋界の誰もが一目置く「受け師」でありながら、「おじさん詰ますのは苦手だからなあ」などと言いながら鮮やかな詰め手順を示すおじおじの解説を多くの人に見てほしい。そんなおじおじのタイトル挑戦(…と失敗)を見てたまらずこれを書きました。

    ちなみに木村八段は羽生さんと一緒に将棋を勉強する数少ない「羽生研」のメンバーでもあります。もちろんタイトル戦などでメンバー同士が戦う場合はしばらく研究会もお休みするそう。今日の大盤解説を務めた松尾歩八段も羽生研のメンバーで、3人が終局後にみんなの前で対局を振り返る光景は結構胸が熱くなるものがありました。有望な若手がどれだけ台頭してきても、僕はまだまだ「これからは木村一基八段の時代だ!」と言い続けたいと思います。



  • 広告
  • 永井先生インタビューこぼれ話~妖精より愛(と少しヘイト)を込めて~

    2016-09-13 01:081914
    先月永井先生にインタビュー行ったときの記事が公開されました。電ファミの人に「永井先生がインタビュー受けてくれるだけで価値がある!」と酔った勢いで言ったのがきっかけだったんですが、マジで取材が決まってからは何もかも不安だったので、それなりに反響があってホッとしてます。たろちんめっちゃ喜んでたからね!
    http://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/nagai-sensei

    今回は永井先生全然知らない人~全盛期しか知らない人に読んでもらうのが目的だったので、マニアックすぎて記事に入れられなかった部分とかも結構あります。ちょっとそういうとこを個人的な思い出としていくつか書いときます。

    ・インタビュー環境の話

    写真も載せてるけど、田舎のおうちなのでもっと15畳くらいあるような広い部屋で悠々配信してるのかと思ったら、スロ実機で埋め尽くされてて配信する場所はマジで人が数人座れるかってくらいの狭さだった。配信で永井先生が「ひろゆき、肩組もで」とか言ってるのはもっと腕ぐーんと伸ばして捕まえに行ってるイメージだったんだけど、普通に隣にいるレベルなんだなと思った。「ビールでも飲みながら普段の感じでやりましょう」って僕が言って、ベッドの上に小さいテーブル出してもらってやったんだけど、缶にコバエがいっぱい集まってきて思わず笑ったのが記事中のコバエの件です。

    ・演技性人格障害の話

    すごい笑ったのが「俺病気やと思うんすけど、昔から虚言癖っていうのがあって~」っていう話。2ちゃんで子持ちのお母さんとかパチスロメーカーの社員になりきって嘘を書いて皆から信じ込んだレスがもらえると嬉しいって言ってて、僕も永井先生の嘘スレがパチスロまとめブログに載った話とか配信で聞いて大好きだったので絶対記事に入れようと思ってたんだけど、文字にするとリアルキチガイすぎてやめました。永井先生演技性人格障害説の動画に詳しいです。途中で永井先生が急に素になって「すんません、東京からわざわざ来てオッサンがお腹に子供がいるお母さんになりきる話とかしてるのに笑わずに『そうだったんですね』とか聞いてもらって……」とか言ってたのが面白かったです。

    ・リアルYCがきた話

    インタビュー中にYC(永井先生のお父さん)が部屋に入ってきました。個人的に「これこそ永井配信だ!」と感動したんですが、文脈が謎すぎて記事に入れるの無理だったので書きおこしを載せときます。

    YC (ガラッ)浩二、爪切り

    僕 あっ、お邪魔してます

    YC 爪切りよ! もってきとろうこっち

    永井 ねーよ! もってきとらんわ!

    YC ほうか(部屋を出ていく)

    僕 リアルYCがw

    こういうハプニングはドキュメンタリー感が出て美味しいので絶対入れようと思ってたんですが、やっぱり記事としての統一感が薄れちゃうので迷った末にやめました。猿が「小学校時代にすごろく作ってたのが今の配信につながってる」とか中途半端にインタビューチックなこと言うのが悪い。

    ・神原さんにたの米送った話

    チャリで焼山寺に行った時、素泊まり2000円で泊めてくれた神旅館の「神原さん」に後日お礼として永井先生の家で作ったお米「たの米」を送った話をしてました。素泊まりなのに晩飯と朝ごはんに栗ご飯とかまでくれて神だったからお礼したって話なんですが、後日「あんたから米もらったんやけど誰かのう」って電話きて、「いや神原さんわからんっすか!っていったら『いやわからんって』。完全に忘れられてましたね」って言ってました。めっちゃいい話。

    ・宇宙の話

    取材終わって飲んでるときに僕の好きな永井先生の「宇宙の話」を聞きました。「宇宙には端があるって言うけど、端があるってことはその向こうがあるってことやん! じゃあ端ないやん!」っていうループ芸なんですが、僕が「人間の理解できる限界を『無』という言葉で定義してるだけじゃないですかね」って言ったら、予想外にあっさり「あんた賢いな」って納得してくれて驚きました。その素直さを配信で書かれるコメントに対して見せろ、と思いました。

    ・永井先生に会ってしまった話

    僕は永井リスナーの中ではほぼニコ房で、生で見てたのはピアキャス後期のちょろっとと、奴隷復帰時代の直後と、たけやんスマホによる復帰から1~2年くらいです。スロもゲームも雑談も気になったものはまんべんなくニコで見てたんですが、ここ数年は録画神が全部をニコにはあげてくれなくなったので、一時は気になったものだけアプロダのフル版を見たりしてましたが、仕事忙しくなってからはニコのものをつまみ食いする程度になりました。

    仕事しないでクズ乞食生活してる永井配信は、永井先生にもそれを見てるコアリスナーにもかなりヘイトが溜まってて、すぐ「おどれすどれ」の論争になってしまうので、多分今回の記事で初めてor久しぶりに「永井先生見てみようかな」と思った人がいきなり見たらびっくりするんじゃないかと思います。そこで素直に「てんてー久しぶりに見たけどやっぱ面白いw」とか言うと、コアなリスナーからたちまち「妖精がいたかぁ?」と言われてしまうと思ったので、まずは新旧の人気動画をシークバーいじりまくりで見ることをおすすめしておきます。個人的には永井先生が泥酔してションベン漏らす動画がオススメです。

    永井先生は自他ともに「ADHD」とか「演技性人格障害」とか言われる(言ってる)アレですが、記事でも少し触れたように純粋な人なんだと思います。そして今でもやっぱり面白い部分はすごく面白い。永井先生の名誉のために言っておくと、取材後に乗ったタクシー代を僕が「経費で落ちるので」と払ったら、松山から飲み屋まで行くタクシー代を「いいっす、いいっす」と言って自然に出してくれました。

    そして、逆の名誉のために言っておくと飲み代も普通に出そうとしてくれたんですが、僕が「ここはおごるつもりでいましたよ」と言ったら「いやいや!……もっと言って」などと言ってきて「おごりますよ!」と言ったら「ごちそうさまですw」と言ってました。「やっぱり猿じゃねえか!」と思いました。まあ僕も今回「永井先生にインタビューできるならノーギャラでいいっすよ!」と言っておきながらしっかり原稿料もらったので、そういうとこ憎めないなあと思いました。最近はひろくんのファンです。
  • 青山一丁目のラーメン屋さんおすすめランキング

    2016-07-13 00:5493
    「ラーメンなら毎日でも食べられる。味もいろいろあるし」と主張してきて先日実際に毎日ラーメンを食べ始めてみたら3日で飽きた男こと僕です。

    先週会社が青山一丁目から麹町に移転しました。そんなわけで毎日麹町のラーメン屋さんを巡ったり飽きたりしているんですが、もちろん青山一丁目時代もラーメン屋さんは全店舗のほぼ全メニューレベルで食べていました。せっかくなのでその知識をここにアーカイブしておきたいと思います。「ランチ不毛の地」と呼ばれる青山一丁目で真っ先に行くべきラーメン屋とは!?

    1位 アルス南青山(※乃木坂)




    すいません、いきなり隣駅の乃木坂が優勝しました。青山一丁目はラーメン不毛の地でもありました。以降は「青山一丁目に行く用事があるからラーメンを食べたい!」って人に向けたものであり、「ラーメンを食べたい!」と思って青山一丁目に行く必要はないぞ!

    夜は飲み屋になるこのお店がランチにも出してるのがこの「アルス煮干しらぁめん」。ご覧の通りスープが真っ黒になるくらい煮干しをぶちこみまくった個性あふれる「飲む煮干し」感がクセになる一品です。見た目は強烈だけど味は淡麗系で無化調の健康志向。900円とちょっと高めで具も寂しいけど、おからや水菜のサラダとコーヒー・紅茶がおかわり自由です。「あんま煮干しガツンなのはちょっと……」という人には生姜の香りがさわやかな白醤油らぁめんもおすすめ。

    2位 麺屋こいけ




    純粋な青山一丁目の1位は濃厚鶏白湯の麺屋こいけ。元焼き鳥やの人かなんかがやってるとかでこっちも夜はつまみとか出してて飲みもいけるらしい。ドロっとした濃厚スープは結構重めだけど鶏のおいしさも詰まっていて、鶏チャーシューなどの具も好みの感じでした。醤油、塩、味噌、つけめんなど種類も豊富だけど、僕は濃厚度ひかえめなあっさり塩味を一番よく食べました。

    3位 麺屋すみす




    博多水炊きラーメンというユニークなコンセプトがいかにも俺好みなお店。……なんだけど、とろっとするまで煮詰められた感じの濃厚風スープから水炊きのやさし~いうす~い味わいがくる感じがなんかチグハグな印象で、肩すかしをされているような感覚があった。そのせいであんま通わなかったけど完成度は高いと思うし評価も高いお店。

    4位 梅吉




    王道を往くシンプル系醤油&塩ラーメンのお店。ヒネリがない分無難にまとまっていて「今日なんか普通にラーメン食いたい」っていう日常的な需要に応えてくれる。僕の中で「まずくないからうまいラーメン」というのがあるんだけど、こことかがそんな感じ。チャーシューなんかも何気においしくて、無料の半ライスをもらって一緒に食べたりしてたデブよ~。

    5位 直久



    駅の中にある名古屋コーチンを使った出汁を推してるチェーン店。一番シンプルなラーメンは480円と良心的だけど、まあ値段なりのチープさもある。700円前後でランクが上のメニューもいろいろあって、僕は写真の野菜たっぷりな「とんさいラーメン」ってやつをよく食べてました。

    6位 かれー麺 実之和



    かなりカレー要素の強いカレーラーメンのお店。ココイチのシャバシャバカレーよりこっちのほうがとろみあるだろ、っていう麺に絡みまくるカレースープで具にはやわらかい豚しゃぶ的なお肉や青ネギがのってる。麺というよりライスで食いたい感じの味で半ライスも無料でついたりするんだけど、カレー食いたいときはカレー屋に行ってしまっていたので行くタイミングがあまりなかった。カレーにもラーメンにもなれない惜しさがある。1回だけ豚の生姜焼き定食食ったら普通にうまかった。青山一丁目ってそういうとこある。

    7位 北海道恵比寿



    北海道味噌ラーメンの進化形をうたうお店。豚骨とかいろいろ加えて濃厚に仕上げてるんだけど、とにかく味が濃すぎてラーメンのことを考えるだけで顔面が汗でビシャビシャになる僕は(これを書いている今もビシャビシャになっています)、食べるのが疲れすぎてしんどかった。これにチーズを入れまくったラーメンも推してるけど顔が破裂すると思って食べなかった。一方、塩レモンパクチー麺という別ベクトルのラーメンも推していて、パクチー好きの僕は期待して食べたんだけどレモンが強すぎて「酸っぱいなあ」と思って感情を失った。この場所は以前に九州とんこつ的なラーメン屋だったんだけどそっちのほうはわりと好きだったので変わっちゃって残念でした。

    100位 えぞっ子



    駅の中にある味噌ラーメンのお店。昔ながらという言葉しか出てこないレトロ系で、ランチだと作り置きでかぴかぴになったチャーハンがサービスでつく。しかもなぜかおひつに入ってくる。夏場に初めて行ったとき食べてるテーブルの上をちっちゃいGが歩いてて気が狂いそうになり、冬にもう1回行ったらまたちっちゃいGが歩いてたので完全に気が狂った。ラーメンはおいしくなかった。なんなんだこの店は!

    番外編 海の宴




    「創作居酒屋」とか言ってるけど中国人がやってるただのざっくり系中華料理屋。ランチは基本的にラーメンと半チャーハン(もしくはチャーハンと半ラーメン)などのセットになっていて、暴力的におなかがいっぱいになる。どちらかというとチャーハンのほうがうまい。青山一丁目は居酒屋不毛の地でもあり、会社の友達と飲むときは遅くまでやってるここによく来てた。飲食店って「別にうまくもまずくもないけど居心地は悪くない」っていうのが一番大事だったりする。