【インディーゲーム遊び隊 第9回】東京ゲームショウに出てたインディーゲーム、これは押さえとけ! の回(2014年9月27日放送)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【インディーゲーム遊び隊 第9回】東京ゲームショウに出てたインディーゲーム、これは押さえとけ! の回(2014年9月27日放送)

2014-09-27 23:34
  • 1
愉快なインディーゲームを、ゲーム好きなおっさんと
ゲーム好きな女子がキャッキャウフフしながら遊ぶ
ニコニコ生放送「インディーゲーム遊び隊」!

こんにちは、言い出しっぺの1人、ねとらぼの池谷(@tekken8810)です。


前回からお試しで、
ニコ生内で紹介したゲームをこっちで記録に残しておこう、
というのをやっております。

前回のログ(お題は「刺さるゲーム」)






さて、第9回は9月ラストということで全員集合!

テーマは「東京ゲームショウどうだった?」でした。

先週末に東京ゲームショウ2014が閉幕しましたが、
その「インディーゲームコーナー」で見かけた
「これは!」というゲームを片っ端から紹介。
さらに今注目の「Downwell」もトシさんが持ってきてくれたよ!


今回の出演者】
ゲーム作家おじさん 木村祥朗(@yoshiro_kimura
ゲームソムリエ ねとらぼ池谷(@tekken8810
ゲームソムリエ ニンドリ藤川さん(@Dr_Brucanilo
ゲームソムリエ トシさん(@gamecast_blog
ゲーム実況娘 SORUさん(@chirorian0154 / co2264778
ゲーム実況娘 アヅミさん(@hiyusaki_adumi





さて、ではさっそく番組内で紹介したゲームを振り返りましょう。
まずは僕が紹介したゲームから。




僕のオススメその1「Expand

ハイいきなり来た! 僕が好きなやつ!
アブストラクトゲー大好き!
画面写真だとさっぱり分かりませんが、ピンクの四角が自分です。
ぐいんぐいん変形するフィールドの中を、
押しつぶされないように動きながら進んでいきます。
詳しくは動画を見るべし。
2015年リリース予定だそうで、まだ遊べないのが残念。








・Expand(2015年リリース予定)
http://expandgame.com/




僕のオススメその2「Push Me Pull You

のびのびBoyみたいなキャラがかわいい、
「4人同時プレイ推奨」のスポーツゲーム。
2人vs2人でコンビを組んで、
ボールを自陣に長くキープした方が勝ち。
手の動きがいい感じにキモい!
2014年リリース予定。












・Push Me Pull You
http://pmpygame.com/




僕のオススメその3「タロティカ・ブードゥー」

ほらほら~みんなが大好きなMSXだよ!
ってことで、いまどきMSXでゲームを作ってしまったのがこちら。
ゲームショウではホントにMSX実機を持ち込んで動かしてました。
屋敷の見取り図を見ながら部屋を探索していく、
なんとも懐かしい感じのアドベンチャーゲーム。
手描き感たっぷりのぐにゃぐにゃな線と、
パラパラマンガみたいなアニメーションがステキでした。
ネットではサンプル版が無料公開中、
続きは通販のみで、サイトから1000円で買えるそうです。





・タロティカ・ブードゥー(1000円 / 無料体験版あり)
http://www.tpmcosoft.com/msx/tarotica.shtml




僕のオススメその4「Mark of the Old Ones」

これめっちゃ気になってたんですが、
前の人がずーーーっとコントローラを離してくれなくて、
結局TGS会場では遊べませんでした。チクショーッ!
なんかモンジャラみたいなキャラを操って、
触手を洞窟の壁にひっかけながら進んでいくアクションゲーム、
……だと思います。
現在、Steamでプレオーダー(10.99ドル)受付中。
25.99ドルでβアクセス権も売ってます。
買っちゃおうかな~~~25.99ドルかあ~~~。





・Mark of the Old Ones
http://markoftheoldones.com/




僕のオススメその4「6180 the moon」

これも会場で人気だった1本。
会場では遊べなかったので、あとでSteamで買いました。
画面の上下がつながっていて、
ぴょーーーんとジャンプすると天井を突き抜けて下から飛び出てきます。
これをうまく使って、ちょっとパズルっぽい面を進んでいく。
お月様になって太陽に会いに行く、というストーリーで、
木村さん曰く「アブストラクトゲーっぽいのにちゃんとお話があるのがいい」
うーん、見てるねえ木村さん。
海外ではWiiUでも出てるみたいですね。









・6180 the moon(398円)
http://store.steampowered.com/app/299660/




僕のオススメその5「Lurking」

真っ暗な建物の中を、音をたよりに進んでいくホラーゲーム。
「Q」キーで音を反響させると、
まわりの壁とかの形を見ることができます。
コウモリが音波で地形を把握してるような感じですね。
ちょっと進むと赤いゾンビみたいなやつが襲ってきますが、
ヘッドホンで遊ぶとめっっっっちゃくちゃ怖いです。
会場で遊んだ時は、作者の人が後ろで見てたせいで、
なかなかコントローラを置けず(つまんなくて止めたと思われそうで)
怖いのガマンしてしばらく遊んでました。
PCで無料公開中。












・Lurking(無料)
http://www.lurking-game.com/




――ってことで、僕のオススメはこの5本。
さらに他のみんなにもオススメタイトルも聞きました。




SORUさんのオススメその1:「QUBOT(キューボット)」

SORUさん絶対これ挙げると思ってたよ!
SORUさんが好きな「Space Cube」の開発チームの新作。
前は戦闘機でしたが、今度はロボットを作ります!
相変わらずいいボクセル感ですな~。
2014年冬配信予定。
出たらまたチョットマン作ってください!!!





・QUBOT(キューボット)
http://www.qubitent.com/qubot/




SORUさんのオススメその2「Mighty No.9」

「初恋の相手はロックマン」というSORUさん、
当然稲船さんの「Mighty No.9」もオススメに挙げてました。
「死んだ魚のような顔しながら1時間ちょい並んでプレイした」そうです(笑)。
会場ではインディーコーナーじゃなくて、Xboxのブースに出てましたね。
稲船さんは3日目夜に開催された「Indie Stream Fes」でも
なんか面白いこと発表してて個人的にはそっちが気になったり。
あと4gamerの稲船さんインタビューが面白かったよ、という話も。







・Mighty No.9
https://www.makuake.com/project/mightyno9/




藤川さんのオススメ「Light Apprentice」

マンガのコマの中でゲームが進み、
遊んだ結果がコマになっていくRPG。
木村さん「メガドライブにこういうのあったよね」
やっぱそれ思い出しますよね。コミックスゾーン!
第1章はもうアプリで出てて(300円)、
今後2章以降も順次リリース予定とのこと。
英語だけど「キャラのジェスチャーでだいたい分かる」そうなので安心。











・Light Apprentice(300円)
http://lightapprentice.com/




トシさんのオススメその1「Downwell」

インディー開発者のイベント「Tokyo Indie Meetup」で一躍脚光をあびた
「Downwell」をトシさんがいち早く持ってきてくれました!
どこまでも続く井戸の中を下へ下へ降りていくハクスラアクションゲーム。
日本の学生がたった3カ月で開発したことでも話題になりました。
これが処女作……だと……。
「洞窟物語の影響を強く受けた」というだけあって、
ところどころ天谷さんっぽい演出やアニメーションが見られます。
まだ開発中バージョンだそうですが、うわーこれ絶対面白いよ!!!
タイムシフトでは嫉妬に狂う木村さんが見れます(笑)。

ところでトシさんこれ、ゲームショウには出てなかったよね?
「もっぴんさん(開発者)は会場に来てて、会う人会う人に触らせて回ってたんですよ」
――そういう手があったか!(笑)
2015年2月公開を目指して現在絶賛開発中。





・Downwell
http://moppppin.wordpress.com/
・ゲームキャストの紹介記事
http://www.gamecast-blog.com/archives/65806687.html




トシさんのオススメその2「ダンガンサーフ(BULLET'N SURF)」

ワイヤーフレームで描かれたシューティングゲーム。
テクノ音楽をバックにバリバリ敵を倒していくあたりは「Rez」っぽい感じ。
これはヘッドホンでずっと遊んでたいなあ。
こちらもプログラミング経験のないデザイナーさんが作ってるそうで、
「これからはこういうゲームがどんどん出てくる」とトシさん。
ゲーム開発のハードルがこうやって下がると、
どんどん新しい才能が出てくるんだろうなあ。





・ダンガンサーフ(BULLET'N SURF)(200円)
http://quizcat.tumblr.com/




トシさんのオススメその3「Vritra(ヴリトラ)」

おまけで「Tokyo Indie Meetup」出展作品からもう1本!
グラディウスが好きで好きで仕方ないという作者さんによる、
80~90年代横シューへの愛がみっちり詰まった作品。
最初のステージだけ見せてもらったけど、
XEXEXだこれええええええ!
秋に大型アップデート予定だそうで、
「無限ヴリトラ」という、死ぬまでどれだけの敵を倒せるか競う、
エンドレスモードが追加されるとのこと。











・Vritra(ヴリトラ)(100円)
http://salvo.jp/app/vritra/ja/system/
・ゲームキャストの紹介記事
http://www.gamecast-blog.com/archives/65806591.html




トシさんのオススメその4「Dungeons&Darkness」

最後に滑り込みでちょっっっとだけ見せたこれも!
藤川さん曰く「見ただけでこの人がなんのゲームが好きか分かる」
――僕もそれ思いました(笑)
個人的には2が好きです。
(でもTwitterで聞いたら、意識してるわけではなくてたまたま似てるだけらしい)











・Dungeons&Darkness
http://yproject.sakura.ne.jp/






●次回予告!

はあ、はあ……。
さすがにこれだけの本数があると
まとめるのも疲れますわ!
これでちょっとでもゲームショウ&インディーコーナーの
盛り上がりが伝わってくれれば幸いです。


さて、
次回は10月5日(日)、
メンバーは僕、木村さん、SORUさん、アヅミさんの4人でお届けします。

SORUさんが決めたテーマは「キュンキュンするゲーム」





秋だしね、みんなキュンキュンしたいよね。
恋愛ゲームかな?
それとも恐怖で胃がキュンキュンしちゃうゲーム(そんな表現はない)かな?

いそがしくて見れないぜ、って人は予約しとけええええ!

みなさんが考える「キュンキュンするゲーム」もぜひ教えてください。

というか今のところハトと恋愛するゲームくらいしか浮かんでないので、
「これはぜひ!」ってのがあったら
Twitterやコメントで教えていただけると助かります。
@tekken8810


ではまた来週!





●おまけ

藤川さんが帰りの電車の中から送ってくれた衝撃写真がこちら。
なにやってんの。





木村さん、うれしそうだなぁ~。
これがホテル木村か。


けしからん! ってFacebookで騒いでたら、
㊥さん(@Maruchu)がイラストにしてくれました。





うん、これならちょっと許せるかな。



そんじゃ今度こそ、また来週~。



広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。