【インディーゲーム遊び隊 第10回】キュンキュンするゲームを探せ! の回(2014年10月5日放送)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【インディーゲーム遊び隊 第10回】キュンキュンするゲームを探せ! の回(2014年10月5日放送)

2014-10-06 00:58
  • 1
愉快なインディーゲームを、ゲーム好きなおっさんと
ゲーム好きな女子がキャッキャウフフしながら遊ぶ
ニコニコ生放送「インディーゲーム遊び隊」!

こんにちは、言い出しっぺの1人、ねとらぼの池谷(@tekken8810)です。


今回も時間がない人用に、
ニコ生で紹介したゲームをこっちでも記録しておきますね。
あれなんてゲームだっけ? どこから買えるんだっけ?
という人はご参考に~。

前回のログ(お題は「東京ゲームショウに出てたインディーゲーム、これは押さえとけ!」)





さて、第10回のテーマは
「キュンキュンするゲーム」!(SORUさんの希望)
秋だしね、キュンキュンしたいよね。
わりとストレートに選んでみましたよ。


今回の出演者】
ゲーム作家おじさん 木村祥朗(@yoshiro_kimura
ゲームソムリエ ねとらぼ池谷(@tekken8810
ゲーム実況娘 SORUさん(@chirorian0154 / co2264778
ゲーム実況娘 アヅミさん(@hiyusaki_adumi






それではさっそく見ていきましょう。






その1:ハート(鳩)にキュンキュン
「はーとふる彼氏」


登場人物が自分以外全員ハト、という謎の恋愛ゲーム。
このゲーム以降、
恐竜とか、アルパカとか、昆虫少女とか、
こけしとか、プリンタとか、A5ランク霜降り肉とか、
人間以外と恋愛するゲームが続々登場するようになりました。

ある意味、罪深い作品。





・はーとふる彼氏(400円 / 無料体験版あり)
http://clione.halfmoon.jp/hatoful-boyfriend/





ついでに、ちょっとだけ見せた
他の異種間恋愛ゲームもオマケで紹介。





・彼氏がティラノサウルス

これ、作ってるのタイの人です。





・ジュラシックハート
http://hima.gptouch.com/games/jurassic_heart/





・彼女がアルパカ

異種間恋愛モノとしてはけっこう初期の作品。





・パカプラス
http://pacoproject.net/pp/





・彼女がクリーチャー

ねとらぼで紹介して、けっこう話題になりましたw





・クリーチャーと恋しよっ!
http://www.freem.ne.jp/win/game/5619





・彼氏がクリーチャー

前作がウケたので乙女ゲー版が出ました。





クリーチャーと恋しよっ! for乙女
http://www.freem.ne.jp/win/game/7417





・自分(ヒロイン)がこけし

女の子が呪いでこけしになります。





・こけし
http://caracoro.pupu.jp/kokeshi/top.html





・彼氏がプリンタ

ヨシナガさんがBrotherとのタイアップで作ったやつですね。





・恋するBrotherくん
http://ima.goo.ne.jp/brother/





あと、番組内では紹介しきれませんでしたがこんなのもあります。




・登場人物が全員「肉」(※BL)

これもねとらぼで取り上げたやつ。





・ベーコンレタス列伝
http://musashinomozart.web.fc2.com/bacon.html





それから、こちらは現在kickstarterで出資募集中。




・先輩が熊

残り3日で目標の3分の1くらいしか集まってないので
このまま達成せずに終わりそう。





・ベア・センパイ
https://www.kickstarter.com/projects/1286005138/bear-senpai-date-the-bear-of-your-dreams




……多いわ!








2:箱からキュンキュン
「ブラックボックス」

作者は「GROW」っていうFlashゲームで有名なひと。

最初は黒い箱が1個あるだけですが、
あちこちクリックしていくと、
箱からどんどんいろんなモノが出てきて、
うわーって感じになっていきます。

どこにキュンと来るかというと……

最初はこんなんだったのが、






やがてこうなって……
(真ん中のキラーンに注目!)






キュポンッ!
クマ出てきたーーーーーー!(キュン)





まだまだこれで3分の1くらい。
最後はそりゃあもう、すごいことに。

クマもさらに進化しますよ!


・ブラックボックス(150円~ / Pay What You Want形式)
http://www.playism.jp/games/blackbox/






3:夜の散歩でキュンキュン
「Blue Moon」

夜道をただ散歩するだけのゲーム。
画面タップで進み、離すと止まる。
何か気になるものがあったら止まってみると……?

木村さんのプレイではキュンキュンというより
「うおーっ!?」という展開でしたが、
ちゃんとしっとりキュンキュンな展開もあるよ!








・Blue Moon(PC版 / 360円)
http://www.playism.jp/games/bluemoon/
・Blue Moon(iOS版 / 100円)
https://itunes.apple.com/jp/app/blue-moon-burumun/id485382329






4:牛にキュンキュン
「WonderPutt」

ちょっと変わったパターゴルフゲーム。

右下の方で草を食べてるのが問題の牛さん。
このあとUFOにキャトられてしまいます。

一発ネタっぽく扱ったけど、
この箱庭感にもキュンとします。





・WonderPutt(無料)
http://www.playism.jp/games/wonderputt/






5:切なくてキュンキュン
「To The Moon」

最後はしんみりと心に染みるゲームを。

主人公の仕事は、
亡くなる寸前の人の記憶にコンタクトし、
記憶を改変することで、その人が思い残した夢をかなえてあげること。
今回のオファーは、
「月へ行きたい」という老人の記憶に入ることでした。

クリアまでは3~4時間くらいかな、
秋の夜にじっくり味わってほしいゲームです。








・To The Moon(1008円)
http://www.playism.jp/games/tothemoon/








●次回予告!

さて、
次回は10月11日(土)、
メンバーは僕、トシさん、ふーみんさんの3人でお届けします。

ふーみんさんのお題は、ハロウィーンが近いので
「ホラーなゲーム」特集ふたたび!





ホラー祭り、8月の終わりにもやったけど、
今回はトシさんがソムリエです。(8月の時は藤川さん)
きっとホラーなiPhoneアプリをいっぱい紹介してくれることでしょう!

みなさんのオススメなホラーゲームもコメント欄でぜひ教えてください。


ではまた来週!






●おまけ

TwitterやFacebookで寄せられた「キュンキュンするゲーム」は
こんな感じでした。


・ヤギジャンプ
ドット絵にキュンキュン
https://itunes.apple.com/jp/app/id892141419

・Evoland
レトロ感にキュンキュン
http://store.steampowered.com/app/233470/?l=japanese

・フェッチ
犬と少年にキュンキュン
https://itunes.apple.com/jp/app/fetchi-quanto-shao-nian-soshiteeirianyarobotto/id594937850

・el
グリーだけどキュンキュン
https://itunes.apple.com/jp/app/el/id910037893

・Papers Please
胃がキュンキュン
http://www.playism.jp/games/papers_please/

・ibb & obb
2人プレイにキュンキュン
http://www.playism.jp/games/ibbandobb_single/

・CuBeat
可愛さとは裏腹に熱中してしまってキュンキュン
http://cubeat.game.tw/jp/tgs14beta/

・ブラザーズ:2人の息子の物語
兄弟の絆にキュンキュン
http://marketplace.xbox.com/ja-JP/Product/Brothers/66acd000-77fe-1000-9115-d802584112a5

・Toast Time
ドット絵がかわいくてキュンキュン
http://store.steampowered.com/app/316660/

・INFINOS
ショット音がキュンキュン
http://picorinnesoft.web.fc2.com/

・ソニック
ダッシュ音がキュンキュン
http://archives.sega.jp/3d/sonic/

・バーチャロン
ダッシュ音がキュンキュン

・ゼビウス
ショット音がキュンキュン



――ソニックとかバーチャロンとかそれインディーじゃないから!
あと「○○音がキュンキュン」系は反則だと思いますww


この中だと、elはいずれ時間があったら紹介したいなあ。
グリーの内製? なのでこれもインディーじゃないけどね。






インディーじゃないと言えば、
iOS版のソニックはある意味インディーなのかもしれない。
詳しくはトシさんの記事を。
・ソニックを愛するファンがリメイクしたスマホ版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』はオリジナルを超えた。
http://www.gamecast-blog.com/archives/65749296.html



では今度こそ、また来週~。




広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。