ボカロ曲「アトム」製作
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ボカロ曲「アトム」製作

2014-04-13 12:03
    もっとストレートなメッセージを稚拙な言葉でもいい、あなたに!届け!

    とかいう話は置いといて、現実的な作品づくりの話をしましょう。
    ※今回の動画はこちら。


    まずは失敗したところから。

    よくあるパターンなんだけど、リフを歌のキーに合わせてみたら重い!
    (ベースギターはドロップせざるを得ませんでした)

    さあ困りました。軽快な曲なのに!

    結局左右ダブルギターという定番ロックアレンジはあきらめて、ギターはオクターブ上を足して軽く…なってないですな。

    これは正解はベースをオクターブ上げて、ギターは下でダブル、でしたな…とほほ。

    歌が入ってなければリフのところだけ転調するんですけどね、作曲アレンジする方はキーの問題ってのは悩ましいですよね…



    出だしのスカスカなドラムはEQではなくスピーカーから再生してbeta58で録りました、リアンプ。

    ラジオボイス的なアレンジは単調な曲では重宝します。
    Jane LuiさんがiPhoneで再生してマイク録りしたので、そのうちやってみたい。

    ボーカルは自分が歌う時もよくやるんですが、パンチが欲しい時にメインじゃなくてコーラスを歪ませてます、ワイルドだろおおう。

    ベースはプリアンプ→dbx

    ギターは最近購入したツマミがふたつしかないマーシャルJTM1、RODEclassicで録って後で整える…と思ったら元気よすぎて馴染まなくて。
    結局シミュレーターをうっすらかけて引っ込めます、ミクが負けませんように。

    ピコピコはファミコンプラグイン「Magical 8bit Plug」使いました。お気に入りです。
    http://www.ymck.net/download/

    ディレイかけないように我慢しました。パンクだからね!


    てことで録音アレンジミックス、をこんなこと考えながらこうやってるって話をしてみました。

    シンプルってのは勇気が必要ですね、パンツ一丁でかっこいいのが求められますから、
    …ちょっと僕も走ってきます。



    以上、トラックは太く、少なく、TEPPANでしたー




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。