• このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー

ストーリー

1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいなかったが、正常な判断力を失ったヒトラーは、わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じ、惨状をさらに悪化させてゆく。
狂気の独裁者を前に、選択を迫られる側近たち。最期まで運命をともにしようとする者、袂を分かって逃亡を謀る者、酒と享楽に溺れて現実逃避する者。そんな一部始終を間近で目撃していた総統付き秘書のユンゲは、ある日、ヒトラーから遺書の口述筆記を依頼される―。

(C) 2004 Constantin Film Produktion GMBH

スタッフ

監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 脚本:ベルント・アイヒンガー 製作者:ベルント・アイヒンガー

キャスト

ブルーノ・ガンツ/アレクサンドラ・マリア・ララ/コリンナ・ハルフォーフ