• スパロボF 早解きTAS 第01話

    2018-07-18 12:2014時間前
    いやぁ移動力ないね
    ゲシュペンストもマジンガーもアフロダイも
    でも1話は敵が近いから安心
    ちょっと突っ込んでクリティカル出してれば終わる
    でもゲッターに努力と幸運を早く覚えさせないとね!
    だって主人公なんて熱血、幸運、魂ぐらいしかほしい精神ないし

    しかしこの感想を書くために見返してみたら、ボロットで1回補給できるんじゃないかな・・・
    経験値が足りなくて詰んだら1話からやり直しあるでこれ
  • 広告
  • これはでかい(それとスーパーロボット大戦Fの乱数解説)

    2018-07-17 18:1114
    ツイッターでもつぶやいておきながら興奮が止まらないのでブログにも書こうかと
    攻略サイトのスパロボFの調査の連続命中補正(もどき)は前から知っていた
    最初は理解できなかったけどEXの制作が終わり、第3次の30話ぐらいまで進めてでやっと理解した(遅い)
    でもさ、肝心のメモリはどこよ!?って諦めてたんだけど、今日やっと見つけたよ
    マップ開始後の先頭の値は「0」で、必ず回避or被弾の場合は+1されるっていうからさ
    まずは「0」で検索して一回攻撃したら「1」で検索してみたのね
    それでもいっぱいHITするから特定できなかったんだけど、1回攻撃するたびに2、3と増えていった時があったからそれで判明した
    第2次のスピードランTASが完成する前に見つけるべきだルルォ!?
    まあいいや
    攻略サイトの方でも理解出来なくはないんだけど、なんか嬉しくなったのでわかりやすく説明できるか挑戦してみる

    まず攻撃が当たるか当たらないかの判定には3種類の判定があり、一つは通常の乱数
    これは1フレームごとに命中可否を判定してくれるので攻撃するタイミング次第で決まる
    そして一つは必ず被弾
    そして最後に必ず回避の3つだ

    ではこの3種類の判定がどうやって決まるかというと、テーブル乱数によって決まる
    テーブル乱数とは、予め乱数が用意されていて順番に乱数を使っていく仕組みを指す
    順番に乱数を使っていくので、テーブル乱数そのものが書き換えられない限り結果は同じとなる

    では3種類の判定をどうやって決めているのかというと、「0」と「1」と「2」の3つの数値で決まる
    0は必ず回避、1は必ず被弾、2は通常の乱数(タイミングで命中可否が決まる)
    また、乱数テーブルは初期値「0,2,0,0,0,0,0,0,0,0,0」の1セットで分けられており、味方で9セット、敵で9セット、第3勢力で9セットの合計27セット用意されている
    セットはどういう振り分けをされているかというと、命中率が6~15%、16~25%、26~35%というように命中率が6%から起算して10%単位でそれぞれの乱数テーブルを参照する
    ちなみに、命中率が0~5%と96~100%は常に通常の乱数で命中可否が決まる

    ではこの1セットの乱数テーブルの解説に入ると、
    先程のピンク色で書いた先頭の数値はどの乱数を使うかを示している
    マップ開始時の先頭の数値は必ず「」になっていて、2番めの緑色で書いた「」から使っていくことになる
    ここで先程の3種類の判定を思い出していただきたい
    「2」は通常の乱数なので、攻撃するタイミングによって命中可否が変わる
    そして2が選ばれた時は先頭の数値が必ずになり、3番~11番の数値が「0」~「2」の数値に完全ランダムで書き換わる(2番めの数値は「」で固定)

    では仮に次のテーブルに書き換わったとして解説していこう
    1,2,1,0,1,2,0,0,2,2,0」
    ここで先頭のピンクの数値はなんの数値かを思い出していただきたい
    先頭の数値はどの乱数を使うかである
    今回は「」となっているので2番めの「」の次の数値の「1」が適用される
    「1」は、必ず被弾なのでどれだけタイミングを変えようが攻撃が当たる事になる
    そして使用したテーブル乱数の数値が「1」と「0」の場合は先頭の数値が+1だけされる
    なので次の攻撃の時は4番目の「0」その次は「1」となる
    そして先頭の数値が「」となったとき、「2」の通常の乱数で命中可否で決まるのだが、
    ここでまた、2が選ばれた時の事を思い出していただきたい

    2が選ばれた時は先頭の数値が必ずになり、3番~11番の数値が「0」~「2」の数値に完全ランダムで書き換わる

    つまり乱数テーブルがリセットされるのだ
    例えば次のように書き換わるとしよう
    1,2,2,2,2,1,0,0,1,2,1」
    先頭の数値が「1」なので、次に攻撃した時は緑色の数値の次である「」、つまり通常の乱数である
    そして「2」が選ばれたときことは、また乱数テーブルがリセットされて先頭の数値が「」になるのだ

    ちなみに、乱数テーブルがリセットされるのは、今使用しているテーブルの1セットだけである
    また、マップ開始時と、クイックコンテニュー時は全てのテーブルが初期値の「0,2,0,0,0,0,0,0,0,0,0」になるので、コンテニューすれば最初の1回は必ず通常乱数になる

    長くなったが、これで理解できるだろうか

  • スパロボF 早解きTAS プロローグ

    2018-07-15 23:241
    実は2016年から戦闘アニメOFFのチートを使ってテストプレイ中
    昨年の5月に放置してまた最近続きを始めた
    まだグラン・ガランを仲間にしたあたりでFの中盤だからいつ完走できるのやら
    とりあえず、痕跡として適当な感想だけ述べていこうと思う

    まず主人公はスーパーロボット系
    メリットは、スーパーガンダムを初期から使えるのと、メガブースターが早めに手に入ること
    そしてマップが狭い上に高火力が揃っているので、序盤のターン数が稼げる
    デメリットは、副主人公が再動を覚えないのと、メガブースターの数が少ない事
    なので後半は先駆者様のほうが早くクリアできるのではないかと思われる

    今回はTASなのでクリティカル出し放題
    そこでターンをちまちま稼げるので先行逃げ切りで記録更新を狙う寸法
    はっきり言ってF完結編に至っては見込みはない
    それでもリアル系を選ばなかったのは先駆者様のプレイスタイルが関係している
    というのも、寄り道をしているしレベリングのためにターンを犠牲にしているからあの段階で最強のアムロが育っている
    対してこちらはターンのみを狙っていくので、修理補給レベリングが出来る回数が少ない
    序盤はターン数がかかる、レベリングは間に合わないではあまりメリットは見込めない
    F完結編も再動さえ覚えてしまえばなんとかTASの力を使って先駆者様に並べるはずだ
    という安易な期待からスーパーロボット系を選んでいる

    今の所先駆者様よりターン数が嵩んでいるマップはないが、
    果たしてどうなるかはわからない
    でも、Fにおいて一つの目標はある
    クリスのレベルをMAXの40にしておくこと
    そうしておけば経験値を1稼ぐだけで41になるので
    あと1レベル上げれば復活を覚える
    1話早く覚えるだけでレベリングや早解きが有利になるので頑張りたいところだ