S11最終2113 択を嫌うサザンガルドクチート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

S11最終2113 択を嫌うサザンガルドクチート

2015-09-15 00:03
  • 1
2030~2040を維持できてはいたものの、2100になかなかいけなかったptですが
最終日に7連勝で2113にいけたので記念にptを紹介します
その後のレートは満足して1回も潜らず2113のまま終わりました

サザン以外はメジャーな型なのでダメージ計算はのせていません





まず使いたいと思って一番最初に考えたのがサザンドラです
アタッカーなイメージを利用して変なことをできないかと思って作りました

性格はひかえめ  技構成は あくのはどう でんじは みがわり はねやすめ
持ち物はラムのみです

努力値  H236-B4-C36-D92-S140
実数値  197-99-111-165-122-136
技と持ち物の変更はしませんでしたが努力値は5回ほど変えて最終的にこうなりました

主に食らう機会があるダメージ↓

C222メガゲンガーのきあいだま    166~196 確定耐え
C182 珠ゲンガーのきあいだま    177~208 乱数1発 (25%)
C211メガリザYのきあいだま(臆病)  158~186 確定耐え
C232メガリザYのきあいだま(控えめ) 172~204 乱数1発 (12.5%)
C177 珠ボルトロスのきあいだま    172~203 乱数1発 (12.5%)
C155 珠ゲッコウガのれいとうビーム 172~203 乱数1発 (6.3%)
C172 ポリゴン2のれいとうビーム  96~114  乱数2発 (90.2%)
C205 ウルガモスのむしのさざめき  170~204 乱数1発 (12.5%)
C222 ギルガルドのめざ氷      84~100 乱数2発 (0.39%)

みがわりで食らう機会のあるダメージ↓


A172メガクチートのはたきおとす(ラム消費時) 38~45 確定耐え
A165エンテイのせいなるほのお 42~50 努力値によるけど壊されたことはない
不一致イカサマ 16~19 2回は耐える 一致イカサマは確定2発
A182ガブリアスのがんせきふうじ 37~44 確定耐え
A177メガガルーラのねこだまし 36~43 みがわりが無傷ならやり過ごせる
C111スイクンのこごえるかぜ 42~50 ほぼ耐える

主なダメージはこのくらいです
一撃ではなかなか死なず最低でもでんじはで麻痺を撒く最低限の仕事ができます
またお互いに完全無傷の物理ガルーラと殴りあう場面が6回ほどありましたが
4勝2敗くらいで勝ち越しているくらいの麻怯みが強いです

このptの軸であり過労死枠でもある一番活躍したポケモンです
他の5匹はサザンで有利に勝てるポケモンを呼ぶために存在するとまで言えます
主にゲンガー・ロトム系・エンテイ・クレッフィ・メタモン・ブラッキー
メガライボルト・サンダー・カバルドン・ギルガルド・ジャローダ・ポリゴン2
クレセリア・ヒードラン・リザードン・トゲキッス・ゲッコウガ・スイクン
ナットレイ・バシャーモ・ブルンゲル・あたりがいると選出するので
選出率は95%を超えてると思います

身代わりではなく挑発を使わないの?とよく聞かれましたがみがわりは必須です
よくあった例としてバシャーモと初手対面する機会が多かったのですが(たぶん20回ほど)
100%守るをされていたので身代わりが成功しさらにでんじはで機能停止させていました
クチートやマリルリを後出しされることもかなりありましたが
みがわり→だされる→でんじは→動けない からハメて倒したりみがわりとはねやすめを連打して試行回数を稼ぎじゃれ外し等を誘発して本来勝てない相手にも勝てる可能性があるのが強みと言えます
サザンで詰ませた事がけっこうあり3対3のまま降参させたりということもしばしばありました

またクチートとガルーラがゴツメカバ・ゴツメスイクン・ゲンガーと対面したときに
安心して交代できていたのでラムのみも必須です
特に鬼火と催眠ゲンガーが多くよくやられていたのでこの技構成と役割ではラム以外はありえないと思います
基本的にでんじはやクッションのサポートとして使い、いざとなればあくは連打でゴリ押しも
できるため3ウェポンや4ウェポンのサザンより使い勝手がよく使っていて楽しい個体でした

一貫性が高く命中安定で怯みがありそこそこの火力がでるあくのはどうがありタイプが優秀で
みがわりとの相性がいいように思えるのでサザンドラはもっと色々な型があってもおかしくないと思いました




2番目に入ってきたのがサザンの相棒としてのギルガルド
持ち物はたべのこしです

性格はひかえめ  技構成は シャドーボール どくどく みがわり キングシールド
サザンとお互いに身代わりをすることで安定技がわかりやすくなるので毒みがです

努力値 H204-B4-C76-D12-S212
実数値 161-49-171-198-172-107

特に言うこともない普通の毒ガルドです
国際孵化での理想がひかえめしかいなかったのでひかえめでしていましたが
おだやかのほうがこのptには合っていると思います





3番目に入ってきたのがサザンと相性がよくでんじはの恩恵を受けやすいクチートです

性格はいじっぱり 技構成は アイアンヘッド じゃれつく ストーンエッジ ふいうち

努力値 H204-A252-B20-D4-S28
実数値 151-172-148-xx-116-74

鋼タイプには鋼技を入れるのが必須だと思っており、ガルドが鋼枠としては使えないので
アイヘを採用しましたがバナやクレッフィ等を呼びやすいptな為すごく使い勝手がよかったデス
フェアリー全般やミラーにも強くなる命中100技(重要)は偉大でした

ずっと アイヘ じゃれ 剣舞 ふいうちでしていましたが剣舞をする機会がなく
あまりにも鬼火アローがうっとおしかったのでエッジにしました

技の使用率はアイヘ7割くらいで次にエッジとふいうちが同じくらいで
じゃれつくは肝心なとこで外すクソ技という認識があったので撃たなくて
いいような立ち回りをしていたので一番少ないです

ゴツメカバを強引に突破できたりピクシーに強かったりで(撃つ機会なかった)
とにかくアイヘが強いです




4番目に入ってきたのがジャローダです
ORAS環境で一番のお気に入りポケモンであるため使いました
持ち物はタスキです

性格はおくびょう 技構成は リーフストーム 竜の波動 めざめるパワー岩 蛇睨み 

努力値 C252-D8-S248
実数値 150-72-115-127-116-180

このptで唯一の高速全抜き積みアタッカー
タスキを温存しながら立ちまわるのが重要なのでカバやバンギにはだしにくく不利と言えます
ゲンガーを呼んでサザンに貢献しさらにタイミングよくだせば3タテもできる優秀な蛇
ジャローダはいろんな型がありますがこれの使い勝手がよすぎて他の型を使えないです

サザンと同じく麻痺撒きもできてクチートの補助もでき腐りにくくサザンの次に信頼してます




5番目に入ってきたのが霊獣ランドロスです
バシャとアタッカーのファイアローに出せて他の5匹と相性がいいためゴツメにしました
ゴツメということでカバも選択肢にありましたがとんぼがえりと地震完全無効というのが
欲しかったのでランドロスにしました

性格はわんぱく  技構成は じしん がんせきふうじ とんぼがえり ステルスロック
努力値 H244-A4-B240-D4-S12 BがU他Vの4v1uです
実数値 195-166-154-xx-101-113

A無振りでも戦えるポテンシャルが魅力的でステロも撒けるのと、いかくの使い方が重要で
いかくをいれてサザンガルドの身代わりを耐えるようにしたこともあったので
いかくを上手く使うことができればこれほど心強いゴツメはいないと思いました



最後に選んだのがメガガルーラ
ここまでにしんどいポケモン達への補完とゲンガーを呼ぶ為に使いました

性格はようきです

努力値 H4-A244-B4-D4-S252
実数値 181-176-121-xx-121-167

技構成を一番悩んだポケモンであり最初は
やつあたり じしん いわなだれ グロウパンチでしたが
受けルにまったくあたらなかったので

やつあたり じしん いわなだれ ねこだましにしましたが
どうもしっくりこなかったのでいっそノーマル技をきって

じしん いわなだれ ねこだまし ふいうちにしたところうまくハマりました

いわなだれはファイアローやガモスとちょいおもなカイリューあたり意識してます

この技構成を読まれたことは1度もなくある意味地雷と言えます


ここからは実際の選出と立ち回りについてです

最も多かった選出パターンが(統計はとっていないのでおそらくですが)
サザンクチートジャロ>サザンクチートランド>サザンガルドクチート
ガルーラは基本的にださないようにしてガルーラが呼ぶゲンガーやゴツメ持ち等を
他のメンツで倒しに行くようにしていました


メガ枠2匹でも両方ともださずサザンガルドジャロまたはサザンガルドランドという
選出もよくありました(ガルーラボルトランドのような並びに強く勝率がよかった)

はやりの対面構築(ガルガブボルトみたいなの)にはサザンクチート固定@1で勝率はかなりよかったです。クチートが単純に刺さっていた

ボルトゴーリガルーラメタモンのようなptにはサザンガルドクチートでこれも勝率はよかったです。ガルドでTODもしばしばありました。またサザンはメタモン対策としても必須です

上記の2ptには安定して勝てましたが他のptにはほぼ必ず天敵がいたのでサイクルも回し辛く後手後手になることが多かったです
またほのお、かくとう、でんき、みず、こおり技を持っているポケモンが存在しないので
ハッサムやナットがいたらガルドは必須になります(意外となんとかなっていた)
ptの技タイプが偏りすぎていて氷技がないのが特につらい場面が多かったです

よく見る天敵ぽこ→マンムー ウルガモス ボルトロス メガボーマンダ バシャーモ
マリルリ サザンドラ ファイアロー 
このあたりがいるとこちらのしたいことができないのでサイクルが後手になり不利になる試合が多かったです
天敵が2匹以上いる場合はサイクルをあまり回そうとせず対面性能の高いジャロとガルーラを軸に戦っていました

どうやっても勝てない組み合わせが存在するのでそういうところは諦めています
ガルーラ・クレセリア・ボルトロス・ウルガモスあたりが一緒にいるとどう選出しても勝てないのが難点(他にも無理なパターンがいくつかあります)

逆にアンバランスな分、天敵がいなければ勝ちやすかったので他の対戦で頑張っていました

サザンドラの活躍なくしてこのptはここまでのレートにこれなかったのでこのptの全てを
握るのはサザンドラの運用法にかかっていました

またクチートのふいうちさえきまれば勝ちというのもほぼなくそういうことにならないように
立ちまわるのも重要です(麻痺させたりとか)

クレッフィとゲンガーとヒートロトムのたたりめ戦法もよくされましたが
いつもサザンをだしていたので3タテまたは降参されることがほとんどだったので
やはりガルーラとクチートじゃないとこのサザンは活かせないと思います

ガルーラとジャロは選出誘導だけで仕事しているので基本的にださない考えでよかったです

ガルーラ以外の5匹は使いたいと思って使っていたのでメンツは固定で技構成や努力値だけ変えたりして頑張っていました

もしなにか気になったことがあればお気軽に言ってください

ここまで長くなりましたが読んでいただきありがとうございました

マッチング対戦した方々もありがとうございました!







広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。