• {ローテオフ使用構築} ばんぎゃーとっ! {さようならバシャーモか}

    2016-03-15 00:33
    どうも、わたらいしんたろうです。今回は福岡ローテオフに参加してきました。もつオフ?もつ鍋?俺はもつ鍋食べれなかったので、何が何でもローテオフです!

    というわけで使用した構築を軽く紹介します。


    構築名・ばんぎゃーとっ!


      
      


    名前はシャーモ ニフィア ギャラドス カイリュー ボルロス ナトレイと、各種ポケモンの名前をもじって使わせて頂きました。なお、レートではカイリューの枠をゲンガー(かなしばりとほろびのうた持ち)にしていたら、勝ち数は忘れましたが、負け数は3敗で1730ちょっとまで上げることができたので、そこそこレートでも通用する構築だと思います・・・・そっからいばるに3連敗したのをきっかけに、怒涛の8連敗してしまい、それを機に構築改変してそのままドツボに落ちて、結局元の構築に戻した、って感じです。

    では順番に紹介していきまましょう。





    バシャーモ かそく いじっぱり チイラのみ所持
    とびひざげり フレアドライブ みがわり つるぎのまい
    H4 A252 B140 D4 S108

    今回の地雷枠、まさかのチイラバシャ。HPを一番少ない4n調整(実数値156)にして、みがわりを貼るためにほぼ二回以上の行動が保証されているのでSは最低限の1加速ガブリアス抜き。残りはBかDに振り切るのですが、今回はBに振りましたが、個人的には「エンテイの聖なる炎を受けつつみがわり貼って即チイラ発動」「臆病メガネボルトロスの10万ボルトを受けて生存」の二つの可能性が高いD振りをオススメしたいです(個体間違えて、Dに振り切った個体を使っていたと思っていた)
    だいたいの場合はボルトロスニンフィアナットレイ並ぶので、相手はガブリアスが地震から入り辛く、初手みがわりが面白いように決まります。
    バシャーモといえばまもるのですが、このまもるターンに補助技使ってくる人は多いです。多くの人は「壁でも壁じゃなくても困らないようにみがわりから入る」というのが一般的で、そこに合わせてみがわりを貼って積むことで、壁を貼られても問題い状態にします。そしてフレドラぶっぱなしてチイラのみを発動させ、壁なんか関係ない、三段階上昇のバシャーモが完成する!という寸法です。相手が殴ってきてみがわりを残せなかった場合も、延々とみがわりを貼り続けてSを上げつつチイラ発動、ガブリアスを飛び膝で確殺ラインまで持っていくことができます。
    最初は珠で試運転していましたが、珠バシャーモのとびひざでも倒せない耐久調整ガブリアスを使う方が現れ、それを役割対象にするには最低でもA一段階上げなければならないと思い、生まれたのがこのチイラバシャーモでした。ほとんどの対戦でAが三段階以上上がり、場を制圧していくので、かなり強いと思います。
    ちなみにA二段階上がったバシャーモのとびひざげりは4振りファイアローを96%で一撃で倒せる(最悪でもフレドラ反動で相打ち)、三段階上がればHぶっぱアローすら確定で飛ばします。ナットレイ、ボルトロスといるので、相手のアローはフレドラで縛らなければならない場面が多々出てくるので、何匹というアローを葬ってきたやら。
    これまで使ってきた風船バシャーモ、確定急所バシャーモ、両刀バシャーモと、わたらいの毎回違うバシャーモのレパートリーとして、今後も色んな場面での活躍を期待したい所です






    ボルトロス ちくでん 控え目 こだわりスカーフ所持
    10万ボルト あくのはどう めざめるパワー氷 サイコキネシス
    H4 C252 S252

    バシャーモでアローを葬ってきた、と言いましたが、ちょっと盛りました。ほとんどのアローはこのスカーフボルトロスで倒してきました。
    見ての通りのCSぶっぱ。最初は耐久にかなり割いていましたが、某砂糖のガメノデスに抜かれたり、ボルトロス程度で耐久調整した所で大したことにはならないことを某福岡ローテ優勝者のマリルリにわからされたりしてから、調整の時間もあまりなかったのでもうCSぶっぱにしました。ぶっちゃけS220振りが個人的にオススメです(試運転にCSぶっぱ使って、調整治す時間がなかった)
    アロー絶対倒すのはもちろんのこと、最近レートで増えたマンダ対策の一つにもなりました。バシャーモが2段階積んだとびひざを打てばほとんどのマンダは確2になります。バシャーモのみがわりを前にしてりゅうのまいを積んでくるマンダには飛び膝を、積んでこないなら上からめざ氷をと、二重の罠を仕掛けて倒します。
    あくのはどうは滅多に打つことはないのですが、まぁ無効タイプがないお掃除技として。最後の枠はかみなりを採用したかったんですが、一回バシャーモを倒された後に出てきたフシギバナに積んだのでサイキネ採用。
    ボルトロスはメガネが多いですが、どうしてもファイアローのケアがきつい構築になりがちなわたらい的にはやっぱりスカーフの方が便利だと思っています。





    ニンフィア 控え目 フェアリースキン オボンのみ所持
    ハイパーボイス リフレクター あくび ねがいごと
    H252 B180 C12 D4 S60

    ねがいごとの効率のためにHぶっぱ、CSを調整し、残りをBに持っていったニンフィア。ゆうちゃまさんのニンフィアが強かったのでパクってみたのですが、恐らくゆうちゃまさんが使っていたずぶといHBだと、ガブリアスやボーマンダがハイパーボイスを50%以上の確率で耐えてきます。この控え目12振りは4振りマンダ確定、4振りガブ最高乱数切りという火力調整です(なお、ガブリアス確定にするためには28振りが必要で、そこまであげるのはなんかもったいなかった)
    確かにほとんどの物理技をオボン込みで二発は耐えることはできますが、メガボーマンダの一舞恩返しをほぼちょうど確1と、受けきれなくなります。逆にずぶといHB特化ならばほぼ最高乱数以外では一舞おんがえしは耐えてくれます。今回はガルドを上からあくびするためにSに振る必要があったために、マンダの1舞恩返し耐え調整を捨て、実数値が高くなる控え目にしました。とはいえマンダの1舞恩返しを耐えてハイパーボイスを打てるのは大きいですし、こういったニンフィアを控え目にするかずぶといにするか、どちらが好みかは人それぞれだと思います。
    とんでもなく消費が激しいバシャーモの回復ソースと同時に、ハイパーボイスの驚異によって相手のみがわりを封じつつ、余裕でみがわりしてくるギルガルドに上からあくびをきめて機能停止を測りました。リフレクターは最初はいやしのすずにしていましたが、みがわりバシャーモは麻痺になって機能停止になるという場面が少なく、それならば以前スイクンに仕込んだリフレクターが強かったので採用してみたら、オフでは使いませんでしたがレートでは大活躍。消費が激しいバシャーモをうまくサポートすることが出来ました。
    ニンフィアはどんな型でも強い、ローテ向きなポケモンだと実感させられました。






    カイリュー いじっぱり マルチスケイル いのちのたま所持
    りゅうのまい しんそく ドラゴンクロー じしん
    H68 A228 S212

    普通の珠カイリュー。レートではゲンガーを使っていましたが、HPをマルスケ込みでニンフィアのメガネハイパーボイス耐え調整し、1舞マンダ抜きまでSを振り、残りを火力に注ぎ込んだ調整。
    バシャーモの天敵であるファイアローは、先程も言いましたがナットレイやボルトロスがいるのでフレドラでこだわる場面が多かったので、バシャーモが自らとびひざして倒したり、ボルトロスが上から10万したりしていましたが、ブレバでこだわる場面も多く、かつこだわらないアローも多かったので、そのアローに対して上から殴れるコマとして採用。鉢巻も強いですが、珠舞の火力を知ってしまったらもう鉢巻に帰れない!
    マリルリにはらだいこされてもアクアジェットを余裕で耐えつつ上からしんそくたたき込めるという水対策にもなるし、なによりガブリアスがダブルチョップをする可能性が高くなりバシャーモが動きやすくなるのはおいしかったです。
    氷技がきても安定して舞えるという、同タイプのボーマンダと違った強さがあると思います。






    ナットレイ なまいき てつのトゲ ゴツゴツメット所持
    H252 B92 D164
    ジャイロボール パワーウィップ でんじは やどりぎのたね

    HDナットレイ。控え目サザンドラのメガネきあいだまを最高乱数切り耐え調整して残りをBに回しました。控え目ボルトロスのメガネ気合玉は93.9%~111.6%で落ちかねませんが、恐らく控え目メガネボルトロスを使っている人はいても3人程度だと思うので、サザンを対象にしました。
    レートで使っていた頃は食べ残しを持ち、パワーウィップではなくまもるを入れ、ついでに重力持ったもので採用していました。しかしゲンガーを不採用となって、ガルーラに対して負担をかけられるゴツメを所持し、食べ残しがなくなったのでまもると、重力催眠要素が消えたのででんじはとパワーウィップを入れました。
    正直な話、自分はナットレイを使いこなせていません。何をしたら強いかわからずに技構成も割と中途半端。
    でも存在自体が面倒なポケモンですので、敢えて「何もしない」が一番強かった気がします。ナットレイがいるだけで相手は炎技を打ってくるのでバシャーモが動けるし、地震が飛んでくるのでカイリューギャラドスが舞える、といった状態が非常に楽しかったです。
    俺のナットレイは動かない!(情報操作)





    ギャラドス 陽気 威嚇→型破り メガストーン所持
    じしん かみくだく こおりのキバ りゅうのまい
    H84 A252 S172

    レートで使った時はこおりのキバがみがわりで、ガッサの上からみがわりを貼ってましたが、今回はマンダを重く見たのと、ナットレイがいるだけでガッサが出てこないので、マンダを重く見て、ぶっつけ本番でこおりのキバを採用。滝登りは一貫性がある技ですが、弱点保険ガルドが増えたことを考えたら、ガルドを倒しきれないじしんでは不安が残るので、滝登りよりもかみくだくが使いやすい気がしました。これは人によると思います。
    主にゴースト、特に前述のギルガルドを剣フォルムなら地震、盾フォルムならかみくだくで倒す役目を持ってますが、それ以上に今回はバシャーモが一致技しか持たないために、構築全体として重くなってしまうシャンデラ対策。やや重いロトム系統にも型破りじしんを決めるポケモン。
    個人的意見ですが、メガ枠の最大の魅力はタイプが変わることだと思っています。その中でも俺にとって一番信頼できるのがこのメガギャラドスでした。


    戦績は予選5勝4敗の予選落ち。あと一回勝っていれば予選突破の可能性があったと思うと、結構悔やまれます。
    とりあえず対戦の試合模様はツイキャスでBV鑑賞枠というものを取ったので、興味がある方はここをクリックして下さい



    みがわりチイラバシャーモという、またアホみたいなバシャーモを生み出してしまったのですが、「どうせみがわりやろ」とガブリアスが地震をしてくるなら今度は風船バシャーモ、それがこなければ今度は珠めざ氷バシャーモ、と、色んなバシャーモを使いこなしてきたわたらいしんたろう。
    しかし次シーズンは一時的にバシャーモを封印して、新たな可能性にかけてみたいと思っています。そう、バシャーモではない新たな炎タイプの可能性へ!!!!


     




    次シーズンはメガラティアスを使う予定です。それに合わせて新たな炎タイプor格闘タイプを開拓していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    それではまた!わたらいしんたろうでした!
  • 広告
  • {ローテ大会使用構築} トノグドランサー {WSCR杯}

    2016-03-07 00:14

    こんにちは、わたらいしんたろうです。この度、Kさん主査のWSCR杯に参加してきました。

    ・WSCR杯とは
    ローテの大会において、使用可能ポケモンは一世代・二世代限定のポケモンでしたが、厄介と言われているちいさくなる等の「回避アップ技」と、ばくれつパンチなどの「確定混乱」を禁止としたローテの大会です。そのためピクシーのちいさくなる、カイリキーのばくれつパンチなどを警戒せずに構築を組むことができます。また、ムラっけは「回避が上昇したら失格」(後にムラっけ禁止にルール改正)ということで、オクタン耐久ゲーやドーブル蝶舞バトンも警戒せずにいられるのは強いと思いました。

    構築を組むにあたって、最初に考えたのは、「ドーブルでムラっけをスキルスワップで相手にムラっけを与えて、回避アップを引いて相手が失格になるまで守りまくる」という消極的なものでしたが、まぁこれは途中でルールかわりましたし、廃案になりました(回避アップきのみをトリックで渡して一致みねうちという戦術も考えたのは秘密)

    次に、この大会において警戒すべきポケモンを考えました。雨パ(特にニョロニョロ)はもちろん、バンギラス、ガルーラ、カイリュー、ハッサム、ゲンガー、マリルリ、エンテイ。
    また、炎とドラゴンの範囲を受けられるポケモンがマリルリのみということでリザXも強いですし、バンギと並んで天候を後出しで操作出来るリザYも厄介だと思いました。

    この中で動きづらいのは雨だと思いました。バンギラスもリザYも後出しで天候を変えられ、かつこのルールでの雨アタッカーのほとんどはラグラージのように「先発をピンラグラージで出して、グロパンメガシンカしてから、裏からニョロトノを出す」という戦法も取りづらく、またフシギバナであっさり対策されてしまうことも考えて、雨は使い辛いと考えました。

    よって雨パは切るとして、当初の予定ではバンギガルーラをワンパン出来る馬鹿力搭載マリルリ、リザやエンテイの炎技を吸収するもらいびウインディ辺りを主軸に考えましたが、どうしてもカイリューが重くなりました。

    そして考えていくうちに、「メガヤドランとピクシーがやばい」という結論に至りました。こいつら積ませたらまずい。ちいさくなるがないピクシーは技スペースが余るので、ねむるを搭載する型が増えそうです。てんねんコスモパワーねむるピクシーやばいですし、壁から積んだヤドランも要塞です。ここらへんをメタれるポケモンを考えました。

    あぁ、どこかにいないかなぁ。壁を貼られてもピクシーをワンパン、できれば積まれても大丈夫、かつカイリューもガルーラもワンパン出来るようなポケモンは・・・・いるわけないよなぁ。積んだらもうほろびのうたで対処するしかないよなぁ。ヤドランならまだ積まれても火力ないからほろびのうたでなんとかなるけど、ピクシーに瞑想積まれたら辛いよなぁ。急所でも出さなきゃ倒せないよなぁ・・・・


    急所?

    え?確定急所?きあいだめピントレンズ?あ!





    というわけで今回は「雨偽装確定急所キングドラ」を主軸においてみることにしました!


    というわけで構築紹介です


    構築名・トノグドランサー


         

    構築名はニョロトノ キングドラ イコウ バギラス ハッム カイリュ の名前から頂きました。と同時に、ランサーということで「必殺必中、ハイドロりゅうせいぐん当たれ!」の思いを込めた構築名となりました。
    大会前にツイッターでPTを公開することで「雨パか」という固定概念を植え付けることで、ピングドラで出しても「どうせ裏はトノだろ?」と思わせる作戦もしてみましたが、どれくらい役にたったでしょうかね?






    キングドラ 控え目 スナイパー ピントレンズ
    努力値 H4 C252 S252
    きあいだめ ハイドロポンプ りゅうせいぐん なみのり

    偽装雨と思わせての確定急所アタッカー。元々耐性がよく、一応壁も用意しましたが、毎回壁を貼らずに初手からきあいだめをしていきました。この構築相手にガルーラが初手からすてみタックルとか打ってくることはない、まずグロパンだろうと思い、CSぶっぱにしました。マリルリがじゃれついてこない限りは割と積むことができます。
    当初はすいすいを考えていましたが、特性スナイパーの「急所の威力が2.25倍、つまり急所が更に急所に当たった」という火力に惹かれました。そこから放たれる一致りゅうせいぐんは、Hぶっぱマルスケカイリューだろうがフシギバナを余裕でワンパン、ハイドロポンプの威力はピクシーはもちろん、Hぶっぱハッサムを余裕でワンパンします。壁なんて無効、瞑想だって無効!
    また準速85族というのはあまり調整ラインに考慮されないので、ガルーラの上をとったり出来ました。最速にしても準速ガルーラ抜けないし、かといってギャラドス抜き抜きぐらいはしておきたいので、結果的に準速になりました。
    最後の技、なみのりに関してはニョロトノの項目で!




    ニョロトノ ずぶとい あめふらし ゴツゴツメット
    努力値 H B C

    ねっとう ほろびのうた こごえるかぜ アンコール

    前述の通りガルーラはグロパンから入ってくるはず読みのゴツメ。とりあえずすてみタックル耐え調整で、あとはCに振りました。水技を吸収するちょすいニョロトノも考えましたが、雨が振れば後述のハッサムが炎技に強くなりますし、かつ雨下グドラのなみのりが命中安定技のくせに威力がやばいことになります。命中不安のグドラをサポートするためにもあめふらしになりました。
    グドラで勝てないヤドランにほろびの歌を聴かせるのが主な役割ですが、他にもこごえるかぜでグドラを動きやすくすること、アンコールで下手な技を打たせ辛くすることを考えてこんな個体になりました。最遅にして、遅くないバンギラスから天候を奪うことも考えましたが、どうせバンギはメガで砂起こしますし、そもそも雨パではないので、Sを落としてまで雨を降らせるメリットがあまり感じられなかった結果、ずぶとい個体になりました。




    ライコウ 臆病 プレッシャー 風船所持
    努力値  C252 D4 S252
    10万ボルト めざめるパワー氷 リフレクター 光の壁

    一見、手動で雨降らしてきそうなライコウ。グドラではどうしょうもないマリルリ対策兼壁。今回はカイリューがいないと地面の一貫がやばい構築で、ガルーラ(カイリューも)が積んだ後に地震を打ってくると思いましたので、それを上から削りつつ地震をスカすための枠です。ゴツメ+ねっとう+10万、もしくはゴツメ+10万+バレパンで、(多分)どんなガルーラも倒せる計算です。
    おまけに壁を貼ることでキングドラのサポートができます。壁VS壁ならば確定急所があるこっちに分があると考えましたが、自分が壁構築を扱うのが苦手なこともありあんまり機能しませんでした。
    それよりも何よりもとにかくマリルリを牽制したかった、そんなポケモンです






    ハッサム わんぱく テクニシャン ハッサムナイト所持
    努力値 H252 A20 B236
    バレットパンチ 追い風 つるぎのまい はねやすめ

    以前使っていた「A12振ればかなりの確率でトゲキッス確2になる」というハッサムを、なんの調整もせずにメガストーン持たせてそのまま流用してきました。キングドラの弱点であるフェアリードラゴンを半減し、追い風を打つのが役目。雨ではなく風に乗せるあとはキングドラがスナイパーでどんどん倒していく姿は圧巻でした!
    グドラの前でふいうちをしてくるガルーラの前でどんどんつるぎのまいを舞っていくポケモンです。とにかく硬い!残りHP85の状態で、A1段階上がったカイリューの地震を耐えてはねやすめする耐久は圧巻でした!また、雨下ならばガルーラの二段階上昇炎のパンチも受かります。
    当初はガルーラの対策にゴツメを持たせていましたが、普段使っている鉄壁を抜いたことでガルーラを受け辛くなりました。だからまぁメガでええやろとしましたが、メガハッサムの耐久がヤバいことを知ることができた、非常にいい機会だったと思います。




    カイリュー 意地っ張り マルチスケイル いのちのたま所持
    努力値 H4 A252 S252
    りゅうのまい 地震 げきりん しんそく

    普通の珠カイリュー。最初は「マリルリのじゃれつく急所がきてもいのちのたまで二回攻撃出来る調整」という謎の調整を考えてましたが、そうすると一回舞ってもA削って100族抜きが限界だと感じました。
    それよりも急所がなければ一回は動けることに着目し、今回の大会はカイリューが増えると予想し、だったら同族に抜かれるのは好ましくないと考え、準速になりました。無償で舞えた後にうっかり攻撃して、自ら珠ダメでマルスケ潰したミスはご愛嬌。
    この構築においては暴風カイリューに見えなくもないと思います。事実、最初は特殊カイリューを考えていました。しかしキングドラが倒れた後のもう一枚の抜きエースとして、上から安定した火力を投げられるカイリューを考えてこうなりました。
    げきりんとドラクロ、ほのおパンチと地震、めっちゃ悩みました。しかし今回のルールで竜技を防ぐことが出来るのは、恐らくマリルリピクシーハッサム。これらは他でメタれていたので、げきりんでの高火力と地震での一貫性を選択しました。
    グドラとハッサムが強すぎて目立った活躍はなかったですが、多分強かったです





    バンギラス 控え目 すなおこし こだわりメガネ所持
    H172 C252 S84
    10万ボルト かみなり あくのはどう 大文字

    特殊バンギです。主な役目は「お、ライコウがいない。じゃあはらだいこだ!」というマリルリに10万ボルトを決めることと、「お、ライコウがいない、怖いのはバンギラスだけだ!リフレクター貼って、メガヤドランで瞑想か鉄壁だ!」というメガヤドランにあくのはどうを決めること、それとハッサムを焼くことでした。ついでに暴風耐性と、暴風を持つ飛行タイプへ電気技を打つのも想定していました。
    当初はメガを想定していましたが、メガシンカしても耐久はあがりますがCが上がらないので、足りない火力を補うメガネが最適と思い、メガ枠はハッサムに譲ることになりました。
    すなおこしは発動すればいいですが、そこまでして天候の取り合いに勝つ理由はありませんでしたし、バンギラス本人に電気打点もあることを考えたらむしろニョロトノより早い方が絶対にいいと考え、敢えて無振りニョロトノ抜き抜きまでSを振ってみました。むしろ申し訳程度の雨要素であるかみなりを持っているので、雨降らせてもいっかと思っていました。
    もっとも、マリルリに対してメガネ10万では、乱数次第でははらだいこを決められる可能性があるのが注意です(もっともそこまで削ればバレパンしんそく圏内ですが)



    だいたいの場合の選出はグドラハッサムに、相手の構築に合わせてバンギorライコウになり、裏からニョロトノorカイリューを投げるといった感じを想定していました。

    大会では二回戦敗退。りゅうせいぐん外しが全てだったと思います。
    正直、確定急所グドラは強い!と言いたいですが、前提として「技が当たれば強い」です。命中率が100ではないメインウェポンを使っている以上、これはレート向きではない構築だと感じました。
    命中をあげるための重力は考えましたし、実際に今回の構築ではついでにいやしの鈴も欲しかったので、両方使えるピクシーというポケモンを入れるべきだったかもしれません。ですが追い風と重力の両方始動となると、ターン数の関係上使用は限られてくると思います。
    こういった確定急所グドラは、レートではなく、大会で一発花火を上げよう!とかいう時には非常に楽しいですが、安定した勝率が欲しくなるレートで使用するのは難しいと思います。


    いつか、人々の記憶からこの構築が消え去ったぐらいに、不意に重力確定急所グドラで週末大会に出てみようかなぁ、とか考えてます。その時こそは結果を出したいなぁ。


    おまけとして、大会でのVSメロンパさん戦、VSみかんあめさん戦のBVを、ツイキャスで鑑賞枠を取ったので、その履歴を公開したいと思います。こちらです


    またこのWSCRルールの大会が五月ぐらいにあると聞きました。今度はまた違う構築で何か考えてみたいと思います。

    というわけで、わたらいしんたろうでした!


  • 俺の偏見まみれの大阪ローテオフレポ

    2015-09-22 16:58
    {はじめに}
    どうも、わたらいしんたろうです。9月19日に大阪にて、ひこさん主催の大阪ローテオフがあり、行かねばならない!と、参加させて頂きました。行ってきましたよ大阪!大阪!



    というわけで本日は身内ネタ100%でお送りいたします。興味ない方はバックでお願いします
    とりあえず長すぎる文章になりそうなので、途中かなりはしょります。


    {準備編}

    大阪は遠いです。めっちゃ遠いです!なんてったってわたらいしんたろうの住んでいるのは長崎の果て、島の中!


    特に連休は忙しい民なので、気軽に大阪に行けません。一応、1月の9~16日、春のお彼岸3月の18~24日、秋のお彼岸9月の20~25日、お盆シーズンの8月1~16日、10月の第三か第四の土日月、正月、旧正月は特に忙しい民です。だからひこさんには前々から、それはもう3月の福岡ローテオフの翌日ぐらいから、「シルバーウィークはやめましょう!ぜひやめましょう!」と何度も何度も言い続けましたが、どう考えてもシルバーウィークが都合いいのは火を見るより明らか!
    そこで職場の先輩と相談して、「20日は一刻も早く帰ってくることと、オフの前までに大きな仕事を3つ、片付けておくこと」を条件に、19日ならオフに参加していいってことになりました。
    そのことをひこさんに伝えたら「神」って言われたので、俺はオンバーンだったのかもしれません。


    こんな経緯があったから、大阪オフの日程を決定させたのは俺だったのかもしれません。まさに神です。都合が悪かった方、神だから許して下さい。

    どうせ大阪に行くなら、
    ・17日に名古屋で友人らとミニ同窓会
    ・18日に前々から行きたかった海遊館と、オフ0次会に参加
    とかやりたかったので、17日に出ることにしました。



    そして時はすぎて9月17日。先輩から出されたオフに参加する条件は、
    ・20日は一刻も早く帰ってくること→連休故に飛行機が取れず、凄くゆっくり帰ってくることに。
    ・オフ前に大きな仕事を3つ片付けておくこと→先方の都合で1つしかできませんでした。新幹線の中で頑張りましたが、結局2つしかできなかった。

    と、思いっきり条件を破りながら17日に出発!大きな仕事の一つを先輩に押し付ける形になりました。先輩曰く、「でぃーちょさんの生写真と、かずのこさんの生写真を盗撮してくれば許してやろう、というか神と崇め奉ろう!」とのことだったので、これが俺のミッションになりました!これ達成したら本当に神でしょう!
    というわけで17日はしっかり準備をして、出発。船に2時間、電車で6時間半の旅で名古屋到着。この日はミニ同窓会でカラオケを3時までしましたが、カラオケで唐突に問題発生。オフ参加者のゆうちゃまさんへの誕生日プレゼントを実家に置いてきてしまった!?


    くっ、折角ゆうちゃまさんのために、ちょっとえっちなプレゼントをするつもりだったのに、仕方ないです。明日、海遊館かどっかで何か買おう。

    {前日}
    この日は12時に大阪駅に集合して、弥生さんと海遊館に行くことになってましたが、なんとなく早起きしたので、朝8時の電車に乗り、新幹線よりも3500円も安い鈍行で大阪へ行きました。約四時間の電車の旅、ポケダンしながらならすぐだと思っていましたが、電車の乗り換え3回したんですが、3回とも電車が遅れて、乗り換え失敗!弥生さんを凄く待たせることになりました。しかも集合場所、大阪駅の南口と中央南口を間違えるという始末!
    最初から新幹線でくれば間に合ったのに、弥生さんにはものすごくご迷惑をおかけしたが、ローテオフはラップをすれば遅刻が許されるということで、出会い頭にわたらいラップを披露しました


    はい不発でした。申し訳ありません!


    そして弥生さんとご飯を食べて、ポケセンへ行きました。ゆうちゃまさんへの誕生日プレゼントを探したら、ヤドンのしっぽがありました。
    え?ヤドンのしっぽを誕生日プレゼントに?いや、確かに普通にいい物は既に持ってる気がします。ヤドンのしっぽなんて、そうそう持ってる人はいないはず。でも、ヤドンのしっぽでいいのか?本当にいいのか?
    弥生さん「いないと思いますよ。誕生日にヤドンの尻尾を送る人なんてwww」
    くっ、そう言われたら買うしかなくなってしまう!ヤドンのしっぽはおいしいって噂だし、おいしいものは正義!というわけでヤドンの尻尾を購入して、海遊館に行きました。大丈夫、ゆうちゃまさんなら喜んでくれる!大丈、夫・・・・?



    そして海遊館に行き、サメを見て、すげー!すげー!と言っていると、さこみんさんを見かけました。


    このさこみんさんのイラストをさこみんさんの許可の元に使用しているのか(海遊館が既にさこみんさんの傘下にあるのか)または無断使用なのか(さこみんさんが海遊館を脅しにきたのか)によって、今回のオフでさこみんさんの大阪にきた理由の半分が分かれてくると思います。

    海遊館を一通り見回って、めりーさんも合流して(何故かここでもラップを披露して)1時間だけカラオケに行きました。ここで俺のかくし芸、「わたらいX」を披露しました・・・・
    以前、いざわさんには「笑いすぎておなか痛いwww」と言われたわたらいX。めりーさんにも「なんだ、なんなんだこれはwww」と、弥生さんにも「なwwwにwwwこwwwれwww」と言われたわたらいX。これなら明日の自己紹介で使えるかな!と、心にしまっておきました。

    めりーさんとフレ戦をして、ほぼ完勝したんですが、その対戦の中で「あ、これカイリューとブルンゲル入れた方が強くなるかも?」と、自分の構築の改良点を思いつきました・・・・そう、思えばこの思いつきがまずかった・・・・


    カラオケを終えて、めりーさんを置き去りにして大阪へ。ローテオフ0次会に参加しました。メンバーはメロンパさん、でぃーちょさん、それに初対面のアリサさんとサンガーさんでした。
    サンガーさんが南口と中央南口を間違えたそうですが、今度は弥生さんに送ってもらったので、無事に南口と中央南口を間違えることなく南口に到着!遅刻なし、ラップなし!

    5人でまったりとお話をしつつ、5世代ローテを見学しました。やばい、凄く楽しそう!
    自分も参加したいのですが、生憎と5世代ROMの中には、ミジュマルと夢トルネと夢ボルトしかいません。でもやっぱりやってみたいし、次のオフまでにBW2を進めようかなぁとさえ思うほど楽しそうでした。

    メロンパさんは人から馬鹿にされるとすぐに「でもそるたの方がひどい」とか「俺よりそりまちは悪い」とか言ってました。メロンパさんって、人を卑下することで自分をあげるタイプの人間だったんだなぁって思いました。

    なお翌日の優勝予想は
    サンガーさん「優勝確率、7割程度かなぁ」
    神「残りの3割が私じゃないですか!」
    でぃーちょさん「75%ぐらいかな?」
    メロンパさん「優勝は俺やろ!間違いない!」

    と、アリサさんの謙虚さが伝わってくる0次会でした。

    その日は早めに解散。メロンパさんの陰謀により、無事にでぃーちょさんの生写真はゲットできました。
    京都の竹田の友人夫妻宅に泊めて貰い、タイバニ論争していました。気付いたら寝たのは3時ぐらいでした。ミニリュウとプルリルの理想個体が出ないのが悪い!

    {当日編}

    さて当日です。この日の目的は、
    ・エドさんと昼ご飯を食べる
    ・かなり前に、とあるダブル枠で見たみかんあめさんの構築に感動を覚えたので、なんとかして交流してダブル構築の教えを請う
    ・ゆうちゃまさんがトリプルを教えてくれるという約束があるから、ゆうちゃまさんのブログにあった構築をパクってきたので動かし方を習う
    ・一応は自称強ポケキラーを名乗っているので、メジャーな強ポケ、ガブボルトクチートガルサザンガルドあたりを軸とした構築には必ず勝つ
    ・おやまださんと野宿する
    こんな感じの目標を持っていました。

    7時に起床!既に体が悲鳴をあげているほど疲れていましたが、元気を装って電車に乗りました。
    1時間の電車の旅でしたが、ほとんど座ることが出来ず。仕方ないから立ったまま孵化したミニリュウとプルリルの育成です。ダメージ計算をしたりして、理想的な努力値を考えていたら、案外あっという間についてしまいました。

    途中の電車で参加者が7人ほど乗っていたらしいとのことで、最寄り駅に着いたら合流。メロンパさんの案内で会場に行きました。そしたらメロンパさんが迷子になって全員迷子になりました。おかげでコンビニによる時間がなくなり、何も食べずに会場入りすることになりました。おなかすいてました。そこからは弥生さんが先導してくれてつきました。弥生さんは神の導き手の称号を与えます。

    そして会場に着きました。会場の部屋の前でばったりエドさんと出会い、軽く迷子だったエドさんは俺と会えたことを喜んでくれました。


    他にも話したかった人もいます。会いたかった人もいます。
    だけど、それどころじゃないほどに時間が迫っていたので、ブルンゲルとカイリューの育成を優先させました。そして無事に育成かんりょ、タラプのみがない!?
    そういえばサブロムに唯一のタラプのみを送っていて、しかもサブROMを忘れてきてしまっていました。一応、ナノカさんから「まぁもし前日までに通信進化したいとか、新たな構築が決まったとか、何か困ることがあったら使うのだ」とROMと3DSを借りていたんですが、こんな所でナノカさんのROMを起動させたら、多くの人のすれ違いにナノカさん出て、「え?ナノカさん来てるの?どこどこ?」みたいになりかねない!

    というわけで、何人かの人にタラプのみを分けて下さいと頼むも、何故か誰も持っていないんです。
    そしたら突然、「わたらいさん、タラプのみを探してるの?あげましょうか?」
    と、後ろから声をかけてくれた人がいました。喜んで振り向くと、そこにはダグトリオがいました


    あ、じゃなくてさこみんさんでした。さこみんさんがタラプのみを持っていると言います。もしかしたら買占めしていたのかと思いましたが、まぁそこは置いといて、タラプのみをさこみんさんに頂きました。本当にうれしかったです!
    次にさこみんさんが、なにかいい実を手に入れたら、出来るだけ優先的にあげたいと思いました。うん、本当にそう思ったんですよ。

    それからしばらくして、うみひょうさんからパイのみを頂きました。最初はパイの実を一つ、という約束ですが、おなかすいたアピール、朝ごはん何も食べてないアピール、そして家ではお母さんが女手一つで云々アピールをしたら、うみひょうさんが感動して、パイの実全部くれました。
    さすがに申し訳ないので、自分だけで食べるのもアレなので、パイの実は親しい人にあげることにしました。とても皆さん喜んでくれて、うみひょうさんではなく、わたらいの評価が上がりました。でもそのパイの実、さこみんさんにあげませんでした。


    さてさて、そんなこんなでオフ開始です。自己紹介はほんと15分程度で50人以上を回さなければならなかったので、時間もありませんし、隠し芸のわたらいXは今回は遠慮して、簡単に挨拶しました。
    「どうも、わたらいしんたろう、略してどんたです。本日はこうして多くの人に会えるのをずっと楽しみにしていて、でも今はそれよりも昨日、パンツが破れたのが気になって仕方ありません。本日はよろしくお願いします」
    うん、無難is無難

    とりあえず高速自己紹介だったこともあり、顔を覚えるのは苦手なので、とりあえず後で挨拶しておきたかった人の顔だけは必死に覚えようと努力しました。とりあえずかずのこさん、STARさん、おやまださんは覚えられましたが、ゆうちゃまさんと、交流を持ちたかったみかんあめさんがわからなかったのが辛いです

    というわけで試合開始です。戦場はグレイシアブロック。対戦相手は戦った順番+自分の順番で紹介すると、

    ・700族は生きていた!! 更なる研鑚を積み種族値凶器が甦った!!!
    武神!! かちゅーしゃさんだぁぁ!
    特に理由はないッ ご飯におかずが強いのは当たりまえ!!
    弁当にはいりごまだ!!!おかずさんがきてくれた―――!!!
    ・シーズン1のチャンピオンこそが史上最強の代名詞だ!!
    まさかこの男がきてくれるとはッッ サンガーさん!!!
    ・リーグ突破はオレのもの 邪魔するやつは思いきり殴り思いきり蹴るだけ!!
    キック・ボクシング統一王者 アリサさん!!!
    ・ファン前でならオレはいつでも全盛期だ!!
    燃える闘魂 ゆうちゃまさん、本名で登場だ!!!
    ・五島列島で磨いた上位メタ構築!!
    長崎のデンジャラス・ライオン わたらいしんたろうだ!!!

    の、六名でした。
    元ネタ知りたきゃここをクリック


    そして対戦が始まりました。あ、構築はコレでした

    {対戦編}

    一戦目、VSかちゅーしゃさん
    こちらは初手にバシャボルトクチートでしたが、相手は・・・・極力型バレはしないつもりですが、もう決勝放送で写ってますから知ってるでしょう、きたよメガガブリアス!
    初手リフレクターに併せてバシャーモでつるぎのまい、そしてメガガブリアスにとびひざげり!
    風船はバレていると思いましたが、火力的にはハチマキガブを想定していたのでドラゴンクローは絶対に耐えるとわかっていました。問題はとびひざがどれくらい通るか。

    わたらい「これで(確2ぐらいで)倒せるかな?」
    かちゅーしゃさん「(確1?)その程度余裕で耐えるよ!」

    と、微妙に噛み合わない会話の後に、積んだとびひざがリフレクター下で確3!この硬さは色々と想定外でした。
    そうなると困りました。スカーフボルトはバレていて、マリルリがいる以上10万でこだわらざるを得ない。となるとメガガブは地震打ってりゃ安全です。バシャなりクチートなりを回した途端に倒されます。
    とりあえずボルトで10万しましたが、10万と地震を打ち合い、「このままリフレクターのターン数を稼ぎますよ?いいんですか?」アピールした直後にクチート動かしましたが、メガガブリアスの地震の前にクチートが倒れてしまいました。ここの心理戦は面白かったなぁ。
    最後はこっちがメガガブにバシャを合わせるか、マリルリに10万を合わせれば勝ちっていう所まできて、択ゲーになりましたが、見事にバシャーモにマリルリを合わされて敗北!


    いきなりの敗北になりましたが、最後の択ゲーに持って行けてよかったです。楽しい対戦でした!
    でも、今日の目標だった「一応は自称強ポケキラーを名乗っているので、メジャーな強ポケ、ガブボルトクチートガルサザンガルドあたりを軸とした構築には必ず勝つ」をいきなり破ってしまった・・・・えーい、メガガブは無効だー!


    VSおかずさん
    恐らくレートで戦ったこともない全くの未知数の相手。つまり、こっちの型はまったくバレてない!
    バシャボルトクチート並べれば、相手は地震か炎技を打ってくる。つまり風船バシャーモの起点!誘いに乗ってくれて、初手の炎技を受けながらつるぎのまいを舞う!
    しかしその後のとびひざげりを、メガハッサムで受けられま・・・・急所!?
    知ってます。メガハッサムはまずHぶっぱ以上の硬さを誇りますが、俺のバシャーモはAを削っているため、Hぶっぱメガハッサムは低乱数です。

    ましてやローテならHBハッサムも多いと思います。構築的にはHAのような気もしますが、とにかく本来なら耐えられて当然の技でした。それを急所で突破。それがあって弱気なプレイングになってしまって、4-0で勝利してしまいました。も、申し訳ねぇ!


    おかずさんとは、いつかどこかで再戦したいものです。ほんと申し訳ない急所でした


    VSサンガーさん

    噂には聞いていました。シーズン1に50勝2敗の不動の記録を作った、最強のローテプレイヤーがいる、と。その伝説の英雄、サンガーさん!遥か昔、俺が人生三度目のローテに潜った時に一度だけレートで対戦させて頂いたことがありましたが、まだローテのことをよくわかっていない時の俺の謎ヤンキープレイで勝ってしまいましたが、あの時よりは少しは成長したはずです。あんな謎ヤンキーではなく、実力でサンガーさんに挑む時が来るとは・・・・勝つぞーー!!!!

    いざ、勝負!


    予定通りのバシャクチボルトには地震か炎技を打たざるをえない作戦がブッ刺さり、無償で積み、スカーフボルトでぶち抜き、これでもかってレベルの完勝!フレドラの反動ダメージ以外ノーダメージという完璧な勝利をしてしまいました!き、気持ちいぃぃぃ~

    さすがに強い人だけあります。強いポケモン、強い並び。そしてわたらいしんたろうは自称強ポケキラー!実際に一番想定していた、何度も何度もシュミレーションしていたような並びでしたので、うまいこと回せました。やっぱり強いぞ風船バシャーモ!


    VSアリサさん
    アリサさんと以前レートで戦った時は、ただひたすらしねんのずつきをされるだけですべて全壊してしまいましたが、今回はそのためにつれてきましたブラッキー!
    まずは10万ボルトを絶対に打ちにくいタイミングで10万ボルトを打ち、アリサさんのマリルリを突破!ここで10万打つのは絶対にセオリー無視!これは嫌がられるタイミング!
    更に最後はまたセオリー無視でふいうち打ち辛いタイミングでふいうちを通して勝ち!これは嫌がられるタイミング!
    終始、いやーなタイミングで攻撃を仕掛けることで無事に勝ちをもぎ取りました。かったーと喜んでいたら、
    アリサさん「もー、わたらいさんきらーい!」

    そう、俺はいろんな人に嫌われます。
    メロ○パン「わたらいさんと戦うの辛い!」
    でぃ○ちょ「わたらいさんとマッチングしたらテンション下がるー」
    さこ○みん「わたらいさん普通の人が怖くて押さない択を平気で押してくるからやだ!」
    アニ○ン「わたらいさんフォロー外そうかと思った」
    ビ○ーヌ「MIIがムカつくわ」


    色んな人に嫌われるわたらいは、もしかしたら全てが最悪、最低のカス男なのかもしれない・・・・



    VSゆうちゃまさん
    ゆうちゃまさんとは何度も戦ってきました!でも勝てないんです!型バレもしているので、俺の構築にはニンフィア出して、ガブで岩技を打てば割となんとかなるということを知ってます!
    でもですね、今回は負けませんよ!ぶっちゃけ今回はボルトロスのアイテムをスカーフにした理由は、ゆうちゃまさん対策です!ボルトのアイテムがオボンだと思っていたゆうちゃまさんは、ノコノコとガブを前に回してきた所でそこへスカーフめざ氷!
    ゆうちゃまさん「うわー!だ、だまされたー!!!」


    このめざ氷の前後にも波乱はありましたが、勝因はここでめざ氷を合わせたこと。これによって無事に勝つことが出来ました!やったー!


    かちゅーしゃさんに負けて以来、怒涛の4連勝!他の5人があーだこーだと潰しあってくれたおかげで、なんとグレイシアブロック1位抜けしてしまいました!わーパチパチ!

    これで終わりではありません。決勝トーナメントでも勝ち進んで、「グレイシアこそがブイズ最強」であることを証明しなくてはなりません。決勝トーナメントも頑張るぞー!




    そして昼休み。道に迷って遭難して、謎な場所に出たりしました


    が、いざわさんのおかげで無事に昼休み中に帰って来れました。ばんじゃい!

    うちのブロックは人数が少なかったこともあり、午前中で全試合消化してしまったので、割と暇をしておりました。合間にせつこさんとフレ戦。
    こっちに威嚇持ちがいるのにテッカニンを真ん中に出した所を、「これじゃテッカニンが物理型じゃない、威張ってくるのバレバレだから、ど真ん中テッカニンはやめた方が」とアドバイスをしていたら、うみひょうさんが「ど真ん中テッカニンwww」と、横から入ってきました。そして「ラップパンチ( ∩’-’ )=͟͟͞͞⊃ ’,;’;」という謎の技を右肩に受けてしまいました。これが、うみひょうさんのラップなのだろうか?

    そして何人かとフレ戦をして(特に元総合二位の方にシングルの手ほどきを頂いたのは嬉しい限り)その後にてもさんとフレ戦をしていた時に、「決勝トーナメントに出られる方は前に集合して下さい」のお声!決勝トーナメント?それどころじゃない!今はフレ戦の最中なんだ!
    実際にてもさんは後輩です。いつの間にか俺の昔通っていた大学にポケサーが出来たという話で、そこに所属しているてもさんは俺の後輩です。しかも最近になってローテ始めたばかりというてもさん!その大事な後輩との大切なフレ戦の最中に前に出て来いとは、いくらなんでもかわいそうすぎる!

    というわけで、素直に前にでて、あんまり話を聞かずに、離れた状態からフレ戦をするという形になりました。うん、なんだかんだで前ばかり見ていてフレ戦集中できなかったです。てもさんごめんなさい。でも勝ちましたからオッケー!


    さて、いよいよ決勝トーナメント!対戦相手はまさかのめりーさん!しかも一つ勝てば、予選で唯一黒星を頂いたかちゅーしゃさんと再戦できるではありませんか!
    昨日ボコボコに4-0で叩きのめしてやっためりーさん、今日も戦うことになるか!


    というわけでめりーさん戦。正直、昨日マッチングしたので、こっちの型も、りたいことも、全部バレてると思いました。だから初手は敢えて思ってることの逆のことをしようと、滅多にやらない初手クチートのじゃれつく・・・・ピンポイントで読まれた!な、ボルトバシャクチの並びに、メガネジバコのラスターカノンだってー!?しかもじゃれつく外して、一気にピンチに!?しかもバシャーモも何もできずにマンダに狩られてピンチ!?

    でも、まだ勝ち筋はありました。ハリテヤマの岩石封じを控えめスカーフボルトがかわして、10万がこれだけ入りました


    そして二発目の10万でこれだけ減らしました



    これなら確3!岩石封じを受けてSは下がっても、おいかぜ展開でボルトを削ればまだいける!全ての択を当てて行けば勝てる!

    さぁ、あとはスカーフボルトでブチ抜く!


    ここで、唐突に俺の右手に痛みが走りました。結果!?


    確3だと思っていた10万ボルトが、ミリ耐えされた!?そ、そんな馬鹿な!?
    そうです。先ほどうみひょうさんから頂いた、ラップパンチ( ∩’-’ )=͟͟͞͞⊃ ’,;’;
    あの時の傷が疼き、わずかながらに10万ボルトの威力を弱めてしまったんです!くっ、あの一撃がなければ、なければ・・・・

    更にウルガモスにもミリ耐えされました


    完璧な耐久調整、そして完璧な刺客!?くっ、ガモスとハリテヤマ、どちらも倒せていれば、マンダを倒せるワンチャンあったかもしれませんが、あのラップパンチにより、俺はここに敗北を喫することになりました




    こうして俺の結果は、ベスト16。決勝トーナメント一回戦敗退に終わりました


    それはもう予選の第一試合目から最後まで、本当に楽しい対戦でした。十分頑張りました。ありがとう、俺のポケモンたち!


    それからはゆびをふるマルチとかフレ戦とかして、三位決定戦、決勝戦と観戦させて頂きました。三位決定戦で緊張しながら実況していたとある人が、決勝戦では俺とは少し離れた席で「アン?なんであんな手を使うの?何この行動?意味わかんない?」と、何か暴言を吐いていたのは気にしない(微妙にしか聞こえなかったし)


    こうして一次会は楽しく過ごさせていただき、二次会へ行きました。二次会ではそるたさんがきてくれる約束だったのに、何故かきてくれなくて残念でした


    さてさて二次会です。最初の自己紹介で顔を覚えたかずのこさん、STARさん、おやまださんには挨拶しなくてはなりません。
    とりあえず探していたら、STARさんが向こうからやってきてくれました。とりあえず先日ご迷惑をおかけしたことを謝りました。酔っ払っていてあんまり聞いていませんでしたが、色々と話を聞きました。10分ぐらい話して、STARさんは言いました。
    「いやー、でも今日はまさか優勝できるとは思いませんでしたよwww」

    ん?優勝?え?あなたSTARさんじゃない?


    どうやらなつぽんさんをSTARさんだと間違えて、10分近く気づかずに談話していたようでした。なんてこったい!
    更にその後におやまださんとお話しましたが、実はおやまださんのことも最初、モンメンマンさんだと勘違いしていました。これは会話から十五秒で察しましたよ!偉い偉い!
    かずのこさんのことも実は最初わからなくて、最初に顔を覚えた三人全員間違っているという始末!

    えーと、実は俺って、ものすごーく人の顔を覚えるのが苦手なんです。次にあった時は全員、自己紹介からお願いします!

    それからうみひょうさんと思われる人(もはや人の顔に自信なし)に、「ラップやって」と唐突に振られました。そんな急に言われてもラップなんて出来ないので、適当に、「いぇいいぇーい、俺はわたらいしんたろう、イェイイェーイ、略してわんたろう、みんな友達、とても友達、俺とみんなはエンジェルベイベー!イェェェェェ」と、適当に踊りました。一応ココロオドルをイメージしましたけど、この適当に動いたものを、皆さんは「わたらいラップ」だの「わたらいダンス」だのと言われているんですが、こんな即興、ラップでもなんでもありません。この程度で本物のラップを語るつもりはないです。じゃあ本物のラップはどれかって?さこみんさん?なつぽんさん?いやいや何を言っておられるのですか!本物のラップは東京ローテオフの際に、恐らく俺と同じ身長159cm同盟のボッソウさんが披露してくれると思います。なんたって同盟を裏切って身長が縮んだボッソウさんです、裏切りの償いのためにも、ナイスラップを期待していますよ!


    どうしても一次会に出れずに二次会から参加の俺たちのまるちゃんが「ここにいる全員倒して俺が実質優勝になる!」と宣言したので、一番目にフレ戦を申し込んで叩きのめす(運勝ち)ということをしたりで、二次会は楽しく過ごさせていただき、それから三次会に向かいました。

    三次会に向かう途中、でぃーちょさんかずのこさんというシングルホルダーに「シングルもっとやりましょう」と言われました。そう、俺はシングルはほとんどやったことありません。でも前シーズンにそれなりに頑張って、ようやく1800に到達することが出来ました。シングルの楽しさというものを少しずつわかってきました。
    そしたら「1800到達したなら、2000なんてすぐですよすぐ」とか、「むしろ2000は雑魚」とかいうお言葉をいただき、わたらい、シングルレート2000行きます宣言をしてしまいました・・・・・でも、シーズン12にいきますとは言ってないんで、大丈夫、ですよね?きっといつか行ければ大丈夫!

    それからさこみんさんに俺の構築のダメだしを頂きました。
    俺のシングル構築はコチラ


    戦術としては、相手に起点になりそうなポケモンがいたら、先発襷ガブ→相手だいたいクレセリアとかに引くのでステロ→敢えて居座り、わざとドラゴンクローでゴツメダメージを受けながら死に出しでオボンマリルリ出して腹太鼓からの全抜き。相手に起点に出来るポケモンがいないなら、襷ガブメガネサザンメガゲンガーオボンマリの攻撃力を傘に倒す、というものです。イバンジバコイルがあまり役にたちませんでしたが、D振りアナライズポリ2はなかなかに環境に刺さっていた気がします。
    しかしさこみんさんのご指摘は厳しかったです。まず全抜きアタッカー的なポケモンがいない。確かに基本的に全抜きアタッカーがはらだいこマリルリぐらいしかいません。もう一枠は欲しいきもします。
    次にメガゲンガーが出しづらい場合メガ枠が使えなくなるから2メガをオススメされました。一時期は俺もメガバシャと2枠にしていたんですが、バシャゲンどっちも出したい場面が多くて1枠になったという過程はありましたが、確かにそうなのかもしれませんね。
    色々とご指導頂きましたので、完璧なシングル構築をまた考えて、シングルレート2000を・・・・・・そのうち達成できたらいいなぁ程度にやらせていただきたいと思います!


    そうこうしている間に三次会も終わり、四次会はボーリング。残りは15人だったので、3組みに別れました。俺のレーンにはメロンパさんがくるはずだったんですが、持病の切れ痔が悪化して帰ってしまいました。残念だと思っていましたが、代わりにボーリングになったらやってくるという謎の男、メロンパンさんがきてくれました

    というわけで対戦よろしくお願いします。まずはわたらい、見事なまでにストライクを決めてスタートして

    次に連続ガーターをするという始末


    はい、ボウリング初心者のわたらいは、安定して100いくかいかないスコアを叩き出し、特に変な成績にならず、ネタにならない半端な成績を残し続けました。
    結果はメロンパンさんがぶっちぎりました。さすがメロンパンさん、メロンパさんとは違うぜ!

    ボウリングが終わり、メロンパンさんは颯爽と帰って行きました。かっこいい!そして切れ痔の手術が終わったメロンパさんが再び合流し、五次会のカラオケには6人しかいませんでした。カラオケボックスだし、大きな音を出してもいい!?よし、今度こそ必殺のわたらいXを!?


    はい、カラオケ到着とほぼ同時にでぃーちょさんが爆睡。カラオケどころじゃなく、みんなダラダラと朝まで過ごすことになりました。ちょうど俺も限界だったのでちょうどいい!

    そのまま深夜のローテレートに行きました。ただローテにいくのはアレなので、「俺の構築を、メロンパさんが選出し、ひこさんが実際に動かしてみる」という方法でやってみました。最初はひこさんが選出してメロンパさんがやっていたんですが、メロンパさんが「あくのはどうは強い!」と、スカーフボルトロスのあくのはどうを安易に放ち続けたりで押し切られたりして負けてしまいました。ひこさんは俺の積み主体の構築を、積まずに動かして勝ち続けてくれました。
    なんとなく思います。同じ構築を使っても、人によってやり方が全然違うんだなぁって。俺は壁を貼ることなく多少強引にでも積んで上から全抜き狙い、ひこさんは安易に積まずに場を整えて臨機応変なプレイング、メロンパさんは耐性を整えて強力な技で制圧。人によって色々とあるんだなぁって思いました。

    「どうも、わたらいしんたろう、略してどんたです。本日はこうして多くの人に会えるのをずっと楽しみにしていて、でも今はそれよりも昨日、パンツが破れたのが気になって仕方ありません。本日はよろしくお願いします」

    そうこうしている間に、恐らくサンガーさん以外は全員が寝てしまい(俺は多分、10分程度しかねてないけど、ひゅーずさんが帰ったのを確認できなかった)朝7時に解散。お疲れさまでした!

    帰りはサンガーさんが大阪付近まで送ってくれたので迷わずに帰れました。その後、博多で少し迷子になったのは置いといて、8時の新幹線に乗り、特急、船と乗り継いで、17時に自宅に到着!無事に大阪ローテオフを終わらせて頂きました。本当に楽しいひと時をありがとうございました!
    その後の、18~24時は仕事が凄くしんどかったです。


    来週は日中対抗戦の代表者選抜大会。それが終わったら今度は東京ローテオフ。俺は恐らくどちらも参加できませんが、皆さん頑張って下さい!
















    あ、ツイッターのアイコンが女性の人は、全員女性でした。間違いありませんでした