• 忍び。

    2017-07-04 01:14
    こんパンジャン、お久しぶりじゃないです。
    ルカですはっちゃんですコッペパンです。
    どれで呼んでも反応ない時は多分フライング爆発してます。

    先週久しぶりに映画を観まして。
    ほとんど拉致されたみたいなものなのですが、
    いざ観てみるととんでもなく面白く、思わず寒気がする感動場面もありました。
    その中でも最も寒気がした場面に、
    個人的な造語で表しますと「人望の開花」を起こしたシーンがありまして。

    言葉通りです。
    人望が突然開花して皆が皆従う、ついていく、そんな感じです。
    普段から無難な振る舞いしかできなかったり、ちょっと酷い人間だったり、真面目だったり、物事考えて動く人にはまず発現させることの出来ない現象です。
    ではどういう人間が起こせるのか。
    例えば、完璧を貫いてきた人間が、自身の弱さを吐露し、本性を認める発現をして身近になった上で協力を求めた時。
    例えば、最低な振る舞いをしていた人間が、その最低さを認め謝罪し、それでも協力を求めた時。
    おそらくこういう状況で人望が開花すると思います。
    「おそらく」というのは今回ばかりは経験をしたことがありませんし、実際にその現象に出会ったこともないからです。

    とは言え、この現象を起こしたとしても、周囲の人間によるのは事実でありますから、そう言った検証を含めて誰か試してみてください。(適当

    この内容で少しネタバレになっちゃっているのですが、
    とりあえず、
    映画「忍びの国」おすすめです。
    ジャニーズファンな方に拉致されて観に行きましたが、マキタスポーツさんが言っていた?(らしい)ようにジャニーズの人間出演の映画だと思って観ないのは勿体無いです。
    歴史自体史実にある程度基づいていたり、アクション一つ一つにわざとワイヤーを変につけてよろけさせたり等の拘りだったり、昔の史実に基づいた忍術再現を散りばめていたり、色々細工があるようですのでその辺を観てみるのも良いと思います。(拉致してきた方が色々解説してくれたので、私はあまり知らない)

    何ですかこの宣伝ブログ。
    PSOの要素何もないじゃないですか。

    というわけで逃げるようにお休みぱんころ~((
  • 広告
  • 言動的位相状態と言語による情報紐付け

    2017-06-27 01:07
    はーい、私です。
    ルカですはっちゃんですコッペパンです。
    ちゃんと紅茶キメてから読んでますか?残念私はキメていないです。

    紅茶キメなくともぶっ飛んだノリにはしちゃいますけどね。

    というわけで今日も何も書くこと無いのに書いてます。
    フィーリングみたいなものです。
    なので読み手な方々も適当に何か感じてください。

    そう言えばTwitterでブログまとめるって言った話あったのでそれでも書いておきますか。
    雑ですか、雑ですね、でも書いちゃいますね。
    PSO2の内容とか一切出ないのでそちらを好む方は今の内に閉じちゃいましょう。
    おすすめは今すぐ閉じてニコ動の某パンジャンドラム動画を観る事です。


    ※ここからめんどくさい言葉転がしているので爆発にお気をつけてお進み下さい。
    ややこしい言葉が苦手な方は某パンジャンドラムの動画で爆発の様を楽しく眺めましょう。


    Twitterに軽くだけ書いた内容をまとめると
    ・人間は情報が少ないと誤解する
    ・物事・人の状態や言動が普段と掛け離れる程誤解をし易くなる
    ・誤解を解消するには説明による情報が必要であるが賛同されないこともある
    とかですかね大体。そうですね。そうですよ。

    要するに、
    期間は人によりまちまちですが「普段」というここ最近の位置や状態、言動がどの物事やどの人間にも存在します。見る相手により変動するが大体一般平均のようなもので整えられた上で切り離せないものとして私達或いは事象全てに情報という意味合いで紐付けされているわけです。

    自身にくっ付けられたタグ(あまり良くない印象の言葉で言えばレッテル)に対して、同じ行動、類似した行動を取る際は、言葉は不要です。
    一番極端に言えば「私たちが呼吸をすることに説明が要りますか?」ということですね。
    生きるために必要ですし、それは皆が理解している事です。
    逆に理解出来ないと言う説明の方が必要と誤解されてしまうくらいにね。

    ですが、同じく極端に言えば「相手に呼吸をすることをやめさせようとした」とします。
    余程危険人物でない限り、周りの人はその人に対して「相手の呼吸を止めるような危険な事はしない」という情報をくくりつけています。もしそうじゃない相手を浮かべていた場合は今すぐ違う人を思い浮かべましょう。というかその人は危ないです。危ないです。

    当然呼吸の停止を行わせるにも、行わせたとしても当事者及びそれを見ていた周りにも理由は必要ですよね。
    例えば「毒ガスが一時的に蔓延したから助けたかった」や「その状態で笑わせて吹き出させたかった」であったり。まぁ理由はその人のセンスや誠実さが滲み出るものですので適当で。
    極端過ぎる内容の為ちょっとあり得難い理由付けになってしまってますが、もし本当に毒ガスが存在したという事実や、その人を本当に笑わせて吹かせたという事実がわかれば、真意はともかく納得には至れると思います。いや、事実として納得に至らざるを得ないです。

    逆に、説明がなければどうでしょう。
    先ほどにも述べたように「危険人物」というタグ付けが発生すると思います。
    「この人は意味も無く相手の呼吸を止める人間だ」と。
    例え誤解だとしても、説明による情報追加と事実確認による根拠追加がなければ、自然とそうなってしまうと思います。
    これは極端な例ですので普段有り得ないような事象で表しましたが、わかりにくい細かいそう言った事象が日々いくつもいくつも積み重なって人間同士の付き合いになります。
    人間関係の付き合いって大変ですね。大変ですよ。

    「集団的錯覚」についてもTwitter上では書いてますが、長くなりますので別のタイミングにさせてください。
    その代わり、この面倒なしがらみを前提から突破する思考法でも書いておきますので。

    簡単に言えば「評価を気にしない」「誤解に憤らない」「人間関係に拘らない」ということです。
    つまり、自身の評価を気にせず好き勝手振舞った末に誰も居なくなったとしても平然と生きればいいわけです。
    「ただの自己中じゃねえか!」「そんなの無理!!」
    という意見が聞こえてきそうですね。
    そうです完全にそういう考えになってしまえばただの自己中です。
    なので、程度を弁えて少しだけこの考えを持ちつつ、尚且つ説明をするように生きれば幸せじゃないかなって私は思ってます。
    気にしちゃえば何でも泥沼にはまるんですよ人間って。
    適度に考えを捨てるべき。
    出来ないのであれば堅実に説明の作業をしたりをするわけです。
    その辺は自身の性格や相性と相談して最も合う形を模索することになりますが。

    というわけで長くなっちゃいましたが、今回はこの辺で。
    珍しく面倒で真面目な事書いちゃってますか私。
    アイデンティティ消えちゃいそうですね。
  • 気付いたらキャラ紹介になってしまう英国面。

    2017-06-21 02:40
    こんばんは。
    ちなみにコンベアのスイッチ連打で遊んではいけません。いけません。
    ←→みたいなことになるのでいけません。


    というわけで、
    はちですルカですこっぺですはちりあだったりるぴしあだったりもします。
    そろそろよくわからないのでもう英国面で良いです。(適当

    昨日は全くPSO2にインできませんでしたが、
    今日はゆっくり楽しめた気がします。

    デウスにチムルでの謎ダンスに雨風固定におすすめにコンベア。
    コンベアはいいぞ。(良くない

    最近はそんなこんなでおすすめやレベリングやら緊急やらまったりやりつつ、
    一番最新で作ったキャラのルピシアを早くxhまで押し上げたい感…!

    書く事もないのでキャラ紹介で。(

    ルピシアこんな感じです。
    赤髪赤目。
    紅茶色ですね。
    まさしく英国面。
    多分道中で突然爆発します。嘘ですしないです。

    正しい色かどうかはともかく、ほんとに、
    髪はアールグレイの検索で出た色に近づけて、
    目はダージリンの検索で出た色に近づけてます。

    パンジャンドラムの申し子、英国面の深淵。生きたマーマイト。
    まさしくルピシア。(適当

    謎なキャラ紹介でお茶を濁しつつ、
    後味苦味残さないようにさっと終えたいと思います。

    すやるんぱんころ~