• ほんとオレ

    2018-10-15 21:22
    ふざけるのやめよーぜ

    どーせいいことねーんだから

    あともめんどくせーし
  • 広告
  • 朝所定の時刻に起きるというビジョン

    2018-10-11 22:46
    しばしそいつを忘れてた。

    夏とか、冬とか、あまり考えなくても結構何とかなる。

    春とか、秋とか、なぜだかやばくなる。

    1日に1分、10日にすると10分などと、過激に日の出が変化するからか、などと考察するが、まぁ、ほんとうのところはわからない。


    とにかく、ビジョン。
  • 小説なんてくそだろ まじだぜ

    2018-10-10 16:30
    僕も本を読むのは好きです。

    僕は物理学の専門職が希望です。いじめやいろいろな問題があり、大学院を中退してから、社会に出られていません。

    もう半ばあきらめながらではあるけれど、なにかいつかきっかけがあって、社会に出られる時が来たら、しっかりやっていけるよう、万全な知識を準備しておくという方向性で、勉強しています。

    本を読む。

    ブルーバックスや、科学読みものなどを読み続け、つくづく、本は知識を身に着けていくのに、それは本しかないだろうと、思います。

    読書=小説 というイメージがあったために、本を読む習慣になるまえは、本が嫌いで、そのために本を読み始めるのが遅れました。それだけ考えても、小説は、害。知識を追い求めたいと思う人は、素直に本を読んだらいいのに、そして、知識を得る上でのいい本は、ほんとうにたくさんあるのに、本なんて主には(俺には興味のないつまんない)小説のことだよな、知識を得るための書を読みたいけど、そういうのは小難しい専門書ばかりで、やってらんねー。読みやすくかみ砕かれたいい本はたくさんあるのに、理系の僕は敬遠してしまいます。小説は害だ。


    小説読んで何の役に立ちます?人のことがよくわかるんですか。人の気持ちを研究できるんですか。人のことを知りたいですか。それとも単なる道楽ですか、くだらない。

    ある人が本によって科学的な知識を身に着け、それでその人の能力があがって、社会でも生産性を持つようになるのなら、本は意義がある。

    けれど、単なる道楽のための小説は、人を生産的にすることもしない。漫画と一緒じゃないかね。

    漫画より、小説は知的?文化的?

    小説を読んで、人の深みがよくわかる?苦労している人の話も好きなようだけれど。苦労してる人を見て、へぇって思って、自分が失敗しないように工夫するだけでしょ、思いやりを持つどころか。

    何の役にも立ってない。

    俺は、自分の前進のためにも、社会で自分の知識が役立つことのためにも、本を読む。そしてそれは生産性があることだといえる。知識があるということは、そこからものを始めることができることだから。新しい価値を生み出せる。

    でも小説読んでる奴は、ただの遊び。

    小説なんか読むやつは、図書館で読むんじゃねー俺の邪魔なんだ。家で読め。お前らのは遊びなんだよ、文化的であると思い込みながらの、実際はそうでない、あそび。そして、世の中の役に立たない。一方で、俺は真に意義のある読書をしているのだから、邪魔だ。

    小説を読むやつがほんと多くて、お前ら文化的に少しでも成長して人の深みがわかるのかというと、まったくそうでない。

    まったくそうだよ、お前らだったら絶対乗り越えられないような俺のたどってきた道も、俺の深い苦しみも、おれの輝くような才能も、とびぬけた良さも、だれ一人わからないじゃないか!

    人間的に豊かになって気持ちに余裕がでるんだろうな、はぁ、それが答えだよ。だったら、その余裕で自分以外の周りにもちゃんと手を差しのべたらどうなんだ。ついでにオレのこともこの地獄から救ってくれよ。でもどうせ結局は自分の利益になることしか考えてないんだろ?それのどこが人間的な豊かさって言えるんだよ。総じて文系なんてそんなもの。考えんの苦手、暗記のが楽。そうやって機械人間が増えていく。

    小説読んで人の心がいい方向に向かえば、社会はよくなると思う。でも愚鈍なお前らがいくら小説読んだって独りよがりの解釈をするだけでなんのプラスにもならないから、社会はよくならないよ。現実の世界には闇を抱えて差しのべてもらう手が必要だった俺がいたのに、お前らはそれに気づかず小説の中の架空の人間のほうにしか目がいかなかったんだから。

    以上!