• 【神社巡り】お加持・ご祈祷のススメ【石切劔箭神社・大阪】

    2017-06-25 18:09

    今年のGWのなか日(2017.5.4)に何気に思い立って訪れた石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ、以降石切神社)


    通称「石切さん」の石切神社(2017.5.4 撮影)

    この時は、宝物館特別公開で刀剣乱舞ネタ元の刀剣、石切丸、小狐丸、小烏丸を拝観したり御朱印もらったりしましたが、実は一つやってないことがありました。

    それは「お加持・ご祈祷」

    他ブログで見たお加持話に興味が湧いて是非受けてみたいと思っていたのですが、参拝したのは4日。毎月4日(と11日)はお加持がお休みということは事前に知っていました。そして参拝したのは丁度4日。なので、残念ながらこの日はご祈祷ともに諦めていました。

    それから一月半が過ぎて…

    2週間ほど前に「あー、厄払いしたいっ」とちょっと思うことがあり、夏越の祓(6月30日)も近いし、「今度の週末(2017.6.24)に行こう!」と思い起こして決行。


    すでに御百度参りが盛り上がっている石切神社

    石切さんのお祓いは人気が高いので早めに行った方が良いと思い、到着したのは午前9時過ぎ。手水で手を清め、本殿お参りしてから、ご祈祷受付の用紙に必要事項記入し受付してもらいました。

    基本のご祈祷料(お加持料1,000円込)は3,500円、5,500円、10,500円の3種類ですが、他にご祈祷期間延長希望には追加料金が設定されているようです。今回、私は5,500円でお願いしました。

    一通りの流れの説明を受けて、渡されたタスキを掛けて控えの間へ。
    少し先に受付を済ませた人はこの先のお加持の部屋で待機で、その後の私はこちらで待機し、先方が動いたら一人(一組)ずつ進む流れです。


    ここまでは写真OKと判断し撮影させていただきました


    この瞬間は自分以外誰もおらずでした(写真奥は入口受付側)

    次のお加持の部屋で待機し、前の人が終わって私の番です。
    神職の方へ受付で渡された用紙(ご祈祷申込み用紙とお加持後にお守りになる自分の名前が書かれた紙「御祈念紙(ごきねんし)」)を渡して、神職と対面した椅子に座ります。

    性格上、様子をがっつり見たいのは山々なのですが、そこは直視を避けて目を伏せがちに頭を少し下げます。何か呪文のようなものを唱えたり、印を切っている姿は感じ取れました。
    (あー、めっちゃ見たかった)

    お加持が終わると渡した用紙を返されるので、一礼して次の間へ移動します。太鼓橋を渡り、渡り終えたところにご祈祷申込み用紙(希望の祈祷内容が書いてある)を置く場所があるのでそこに置いて拝殿へ入ります。

    「普段お参りしている御賽銭箱や鈴のさらに奥の場所だあ」

    と、ご祈祷初心者の私は緊張の中にもワクワクしつつ大人しく待ちます。背中側の仕切りの向こうではお賽銭と鈴の音が絶え間無く聞こえています。

    拝殿に数組集まったところで神職さん登場、ご祈祷開始です。

    祝詞で自分の名前が読み上げられ、願い事についても叶うようにといった意味合いの言葉が続いたのがわかりました。他には初宮詣の方もおられ、赤ちゃん頭上で鈴を鳴らされていてよく泣き出さなかったなあと思ったり。

    さて、滞りなくご祈祷が終了し、拝殿を後にします。出口でお下がりとお札が入ったセットをもらって外に出ると、空は眩しく賑やかな風景に戻りました。
    そして御朱印をもらうためにもう一度祈祷受付の建物の方へ向かうと、ご祈祷受付入口には列ができてました。やっぱり早く来て正解だったようです。

    御朱印をいただいた後、上之社(かみのやしろ)を目指すべく、石切商店街を通ります。
    途中、和菓子のお店「梅月堂」で草団子を買い食い。


    1個から買えてサービスでお茶も出してくれます(2017.5.4 撮影)

    さて、上之社ですが、住宅街を通っていくので下手に道を曲がると迷子になりかねませんので注意が必要です。(上之社への看板がちょっと不案内なので)


    近鉄奈良線高架側にある看板

    少々不安になりながらも迷子にならずに到着しました上之社。
    私は目の前に見つけた石段を上がって行きましたが、正面鳥居は左手側にあると後で気づきました。


    正面はこの石段ではなく左側にあります


    こちらが正面入口ですね(之社は上之宮とも。本文は之社と表記)

    少しきつい上り坂を歩くので、ここまで来る人はそういません。でも来たかったから歩いたよ。(高架からおよそ15分くらい)

    お参りをして、御朱印をいただいて、ここで御百度参りを行いました。本宮では人が多いのですがここは神様の貸切って言うくらいに、自分がやっている時は誰もやってませんでした。


    お百度ひもをゲットしてさあ頑張るぞ

    パンプスのかかとを石畳に鳴らしながらぐるぐる回ります。
    途中、綺麗な猫がやってきて遠目にこちらを観察した後去って行くのを見たり、木の葉が風にそよぐ音や鳥の鳴き声、手水の水の音、玉石を掃除する音と、五感を研ぎ澄ましながら回って終了。


    頑張った後。(ちゃんと100本あったよ)

    その後、左手奥にある「石切の御滝」「御礼池」「婦道神社」「登美霊社」を巡りました。(登美霊社は写真撮り忘れ、八代竜王社はお参り忘れマシタ)


    がっつり滝じゃないけど水冷たかったです


    御礼池に並べられた亀たち。いつか自分のもここに並べたい


    婦道神社。ここをお参りの時モンシロチョウが飛んでいて印象的でした

    さて元来た道を戻ります。お昼時だったので、石切商店街の「たこつぼ」で明石焼を食べ、行きに買い食いした梅月堂で村雨(羊羹風な蒸菓子)を買いました。
    (あー、往きに東大阪アンテナショップでレインボーラムネ買ってました)

    そして、GWに訪れた時には入りそびれた石切神社の真ん前にある食事処「すずや」へ。


    石切神社の鳥居の真ん前にあります

    ここは、店先を見れば一目瞭然、今や刀剣乱舞クラスタの集まるところと言っても過言ではないお店です。もちろん、全然普通の参拝客もいらっしゃいます。私が入った時は、審神者らしきグループ(個人)が数組いらっしゃいました。(聞こえる話でわかる)

    さて何を頼もうかと、食事はさっき済んだしデザートだよね、と思いつつ、なんか頼みづらくって(だって、キャラ名的メニューなもんで。自分でも意識しすぎだと思うけど)。結局、「おでん盛合せとビール」なんて昼間っから頼むんかいってものを注文しちゃったじゃないか。


    お参り終了だから呑んでもいいんです

    さて、帰宅後、お下がりやお札を確認。
    お加持で貰ったお下がりは「お米」、次炊飯するときに足します。
    ご祈祷でのお下がりは「昆布」、だしに使うか煮物に使うか。
    そしてお札のいろいろ。夏越の祓の時期だからか茅の輪風お守りも。


    お下がりとお札いろいろ。左の夏越大祓守護のお札は別途いただいたもの

    今回、初めてお加持・ご祈祷受けたのですが、帰宅した時、気分が軽やかというかすっきりとしたというか、とにかく爽快な感覚でした。これはいい。ご祈祷とかお気軽にできるんだなとわかって、今後も、何かの折には受けよう。

    神社にもいろんな面で自分との相性があると思いますが、お加持もやってる石切神社でお加持・ご祈祷受けてみるのオススメします。(もちろん他の神社でもいいと思うよ)

    では、以上!
  • 広告
  • 【京散歩2017早春】再び刀剣乱舞のイベントへ・京の軌跡巡り[弐]【実行編2】

    2017-02-12 00:52

    《この日のルート》
     壬生寺=[嵐電]嵐山駅=大覚寺=映画村=北野天満宮=二条城
     =(おまけ)アニメイト京都=アニメイトカフェ京都
    《このルートでのポイント》
    ・平日(金曜日)の様子です
    ・バス一日乗車券使います
    ・天気が穏やかであれば各所もっとゆっくり過ごしたかも
    《かかった費用》
    ・嵐電&映画村 記念セット券 3,500円(事前購入済)
    ・バス一日乗車券 500円
    ・御朱印 300円×2枚=600円
    ・入場料 6カ所 2,350円
    ・グッズ 11,440円
    ・飲食 3,944円
    ・その他 2,338円(充電池、募金)、志し(お賽銭)など
     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     合計 24,672円〜 
    /_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

    週末のゲキ混みを避けるために平日に未消化の有給休暇をとり、
    やっとその日がきたと思ったら天候が荒れ模様という始末。
    しかし、変更するわけにもいかず雪が降ろうが吹雪になろうが
    このイベントメインのスタンプラリー決行です。

    8時14分大宮駅に到着。寒いけど大丈夫。
    まずは嵐電の四条大宮駅へ行き、1日乗車券を交換しました。
    各所で受けられる特典リーフレットももらえるので活用します。


    三日月さんおはようございます


    せっかくなので優待券も使っちゃいますよ

    8時28分壬生寺に到着、すでに審神者と思われる方々がいらっしゃいました。


    朝イチ、女性の拝観者が集まる壬生寺

    お参りを済ませ、御朱印をいただきます。
    嵐電フリーチケット特典は誠印のミニカードでした。


    左下のが嵐電特典のカード(言えばもらえます)

    9時3分壬生寺を出発し、四条大宮駅へ戻り、嵐電で嵐山駅へ。
    嵐電バルはまだ開店時間前なので、先に大覚寺へ向かいます。

    9時50分嵐山駅の近くにあるバス停「嵐山天龍寺前」から、64番京都バスに乗車。
    9時56分大覚寺到着。


    ここが時代劇ロケ場所でも有名な大覚寺

    入場料を払い、御朱印帳を預けます。嵐電特典は塗香(ずこう)です。
    寺の中は広くて景色も良くて見ごたえばっちりです。ここに膝丸のパネルがあります。


    凛々しく立つ膝丸。光がまぶしいのは雪のせいです

    晴れ間があるものの雪が吹雪いたりする天候だったので、屋根があるエリアでスタンディングの膝丸でした。


    屋根の下に避難中のようです

    膝丸がいる舞台には茅の輪が常設のようで(普通は6月30日のみのもの)、茅の輪くぐりができます。私も濡れた床に足を滑らさないようにしてくぐってきました。

    お土産コーナーへ立ち寄り、予定外にグッズを買ってしまいました。
    帰り際に御朱印帳を受け取り、10時36分大覚寺を出発。嵐山駅へ戻ります。


    塗香は手に塗るお香です。そして思わずグッズも買ってしまいました(限定に弱い)

    忘れちゃいけない、嵐電駅でスタンプを押します。岩融と今剣のパネルの写真もね。
    そして嵐電バルへ、幸運なことにこの時は混んでいなかったのですぐに注文できました。
    本当はチョコミントが気になっていたのだけどゆず茶を頼んじゃった。


    絵がかわいい持ち帰り可のプラカップでのサーブ。中の桜型のものはお麩です


    バルの奥側にあったのに見落としてインフォに尋ねたというのはナイショ

    嵐電バルの隣のマニキュアのお店で無料体験ができるとのことでふらり入店。
    非公式ながらもとうらぶコラボを展開していて、
    今回のパンフ表紙の6キャラのイメージカラーをピックアップしていました。
    (もちろん他の色でもやってくれます)
    私は膝丸イメージのうぐいす色をチョイス。右手の爪に施してもらいました。


    清光イメージカラー(赤系)が一番人気とのこと

    11時10分嵐電嵐山駅を出発、途中で乗り換えて撮影所前駅でおります。
    撮影所前駅は新駅で、映画村入り口まで徒歩1分です。


    ある種裏口から入る感じの入り口です。顔出しパネルが並んでました

    映画村って大人になってから来たの初めてなのよね、
    いかにも撮影施設っぽい雰囲気のある場所です。
    ここで、天候が雪、それも吹雪です。とりあえず目的を果たします。

    まずは昼食、予定通り「わさびいなり寿司ときつねそばのセット」をいただきます。


    きつねうどんじゃなくそば、わさびいなりは見た目ほど辛くないです


    「カて何?」て聞いたら「刀です」って答えられたw 納得

    この後、最後スタンプと缶バッジゲットとグッズ購入のため場内を移動。


    花丸イベント会場


    手合わせをする道場


    縁側。もちろん鈴が鳴らせます


    時空門


    この装置、どう操作するんだろ


    審神者の部屋前、片付けられないダンボールの箱が積んであります


    審神者の部屋前は人気のコーナー。好きな刀剣男士と写真が撮れます(土足厳禁)

    このイベント会場の2階にグッズの売店があります。(お土産売り場に比べて若干しょぼめ)
    スタンプは1階と2階にそれぞれあります、私はここでスタンプコンプリート。
    さて、コラボグッス購入です。

    一番欲しかった京友禅仕様の鏡、そしてあぶらとり紙、桜クッキー。
    あと、クリアファイル(京の軌跡弐ver)に福袋ぽい詰め合わせ「福恋袋」を購入。
    そしてこのレジでスタンプコンプ缶バッジもらえます。


    裏面のデフォルメキャラがかわいいクリアファイル


    鏡ついたまま洗って大丈夫ってことかな


    スタンプページと記念品の缶バッジ

    ここで、桜クッキーについて。
    一昨年に行った京まふで買った薄桜鬼コラボの桜クッキーがお気に入りだったので
    メーカー同じだったらいいなと思っていたら同じでしたw


    ほんのり桜味のクッキーなんです

    ただ、双方お値段ほぼ同じながら量も同じ(小ぶりなクッキー12枚)なのに、
    パッケージが今回紙なのがちょい残念。(薄桜鬼は蓋付き容器)
    まあクッキーはお気に入りなので、この業者が作っている普通の商品探そっかなと思う。
    (情報お待ちしております)

    さらに吹雪いてきて、もっといろんなものを見学していいかもと思っていたけど無理。
    あと1種類のランチョンマットゲットのためにテイクアウト甘味のお店へ。
    なぜかこの時期にアイス系が多い中、唯一あったかいぜんざいを注文します。


    三日月は芋羊羹、白い点はなんと鶯ボール! 餅は下に沈んでいます


    ランチョンマット2種。持ち運びにはラップの芯を使用しました

    さて、ここまでだいたい計画より1時間早く消化しています。
    せっかくの有料エリアですが移動のため出ます。

    12時49分嵐電撮影所前駅出発。
    13時北野白梅町駅到着。

    ここでハプニング。持ってきた充電池が残量ゼロの状態になって、充電不能に。
    これはやばい、スマホの電池消耗激しいので急遽、駅近のイズミヤで充電池を購入。

    13時30分北野天満宮梅苑に。正直、まだ、いやかなり咲き頃には遠く、
    参道の梅の木でも十分だったのではという感じでした。
    とりあえず併設されているお茶席で一服します。


    半月〜ひと月先が全体的に見頃かな


    入苑料に込みの茶菓子。お茶は自分でお湯を注いで作ります


    名物と言われりゃ食べないわけにはいくまい


    この後満開ではなく吹雪の風景でした

    梅園を出たあと、お参りをして宝物殿へ。
    遠征から帰ってきた髭切を鑑賞です。


    吹雪の中たたずむ髭切


    夏以来のご対面


    スマホ撮影はOKだからね

    他にもたくさんの刀剣たちを鑑賞して宝物殿を後にしました。
    そして帰りの参道その途中…


    アルコール分が「含まれる」甘酒

    雪降る中いただく甘酒はあったまりますなあw
    ちなみに今回は御朱印はパス、その代わり嵐電特典のしおりいただきました。


    嵐電特典のしおり

    14時38分、北野天満宮前のバス停からバスに乗ります。
    この時一番吹雪がひどかったです。この日は晴れ間と吹雪の代わりばんこの天気でした。

    14時55分、バス亭「二条城前」到着。
    東大手門から北大手門へ入退城口が変更になっているので少し歩きます。
    チケット販売窓口は少し並んでいました。これはタイミングによっては時間食われる可能性ありです。

    ゲートでチケットをもぎってもらい入城。
    まっすぐ歩くとすぐ左右に分かれるポイントがあり、案内看板の横に陸奥守吉行のパネルが立っていました。(わかりやすw)


    パネルにはロゴとかないのね

    さすがに万人が写真を撮ってるわけじゃないみたい、さすが世界遺産の二条城。
    審神者以外が多いのは当たり前な訳だけど。

    まずは二の丸御殿を拝観します。一筆書き状に順路が設定されていて一通り見回れるようになっています。
    広い部屋がいくつもあってさすが御殿て感じです。
    なんといっても一番感慨深かったのは大広間。
    ここは150年前に大政奉還が行われた場所で、当時に思いを馳せればその瞬間どんな空気だったんだろうかと興味がわきます。

    二の丸御殿を拝観したあと、二の丸庭園を歩き、天守閣跡へあがりました。
    見晴らしが良い場所で、遠くの山が雪で白くなっているのがみえます。


    山肌は雪化粧するくらい降る時はガッツリ降ってる日でした

    そのあと、展示・収蔵館を鑑賞し、16時過ぎに二条城前から四条堀川へ向けてバスに乗ります。


    二条城の一口城主募金に参加。一口200円で缶バッジ1個もらえます(5種あり)

    16時24分バス停四条堀川に到着、四条大宮駅まで歩きます。
    その途中、松屋に寄って腹ごしらえ。そしてスタート地点の四条大宮に到着。

    ここで、帰宅ルートをとってもよかったのですが、まだ17時前だったので、
    どこか立ち寄りたいなと思い、思いついたのがよく行っているアニメイト京都店でした。
    バスの1日券は気兼ねなくバスに乗り降りできるので、四条大宮からバスにのり四条河原町へ。

    アニメイト京都店では、刀剣乱舞のコーナーが充実。
    しかし、特に買いたいものはなかったので何も買わず。
    ただ、出たばかりのガチャガチャがあったので、つい何回も回してしまいました。
    でも、自分が狙っていたものは出ず、あきらめかけていたとき、
    同じものを回していた女の子がちょっと戸惑っていた風だったので声をかけてみました。

    どうやらダブりがあって、次どうしようかと迷っていたということで、
    そのダブったものは自分が狙っていたものだったので、
    こちらがダブリで持っていたものは持ってなかったいうわけで交換成立。
    お互い助かることになってよかったです。(ありがとーその時の人)


    おかげで亀甲ゲットできました

    アニメイトを後にして、ついでに筋違いにあるアニメイトカフェ(アニカフェ)にも行ってみました。(つい最近とうらぶストアをやってたビルの1階)
    カウンターで声をかけたら席が空いているとのことでもれなく入店。
    天王寺や日本橋のアニカフェには行ったことあったのですが、
    ドリンク専門のアニカフェは初めて。
    (正式にはここはアニメイトカフェショップという名称)


    ドリンクのみ取り扱いのアニカフェです

    ルールは少々違っていて、制限時間は30分、会計は1回きりで
    先にグッズを選んで購入する際にドリンクを注文するシステム。
    自分はその時間帯の途中参加なのでさらに制限時間は短いですが、
    まあ1杯飲めたらよかったので大丈夫。



    さくらソーダを注文、持ってきてくれた男の子商品名ちゃんと全部言ってくれたっけ?

    花丸コラボ前半では買えなかったクリアファイルと、缶バッジとアクキーを購入。
    缶バッジがコースターと同じ長谷部でした。アクキーは小夜左文字。


    クリアファイルはもうありすぎるけどつい買っちゃうんだよね

    程なく本日の行程は終了。帰路に着きました。
    今回は荒天に見舞われましたがほぼ予定通りに進んだのでよきかなよきかな。

    これにて、「京の軌跡巡り・弐」イベントは完走です。

    次は京都文化博物館の特別展が気になるところ…
  • 【京散歩2017早春】再び刀剣乱舞のイベントへ・京の軌跡巡り[弐]【計画編・改1】

    2017-02-02 01:20
    先日の巡礼を踏まえて、新たに計画を練り直します。

    今回のスタート地点は、[嵐電]四条大宮駅です。
    先に嵐電の1日乗車券を引き換えます。(各箇所で特典を受けるため)
    バス1日フリーきっぷもあったほうが良さげかな。

    《移動》出発駅〜[阪急]大宮駅=[嵐電]四条大宮駅…[徒歩9分]壬生寺
    《目標時刻》壬生寺8時半到着

    ★1★ 壬生寺 [拝観コア時間 8:30〜16:30(入場は終了30分前まで)]
    壬生寺は有料エリア内に長曽祢虎徹・堀川国広・和泉守兼定のフォトスポットがあります。
    予定滞在時間は30分。(嵐電協賛施設特典:オリジナルカード進呈)


    ※【計画編1】から再掲載

    《移動》壬生寺…[徒歩]…[嵐電]四条大宮駅〜[嵐電]嵐山駅
    《目標時刻》電車移動時間約22分、嵐山駅9時半到着

    ★2★ 嵐電(京福)嵐山駅《フォトスポット・今剣、岩融》
    ここでのスタンプは「駅前広場」「RANDENバル」の2箇所あります。
    RANDENバルでコラボドリンクが提供されているのですが、
    混み具合によっては後回しにするかも。プラカップはまあ諦めもつくかな。

    《移動》[京都バス64]京福嵐山駅前〜大覚寺、または、
        京福嵐山駅…[徒歩1分]…[市バス28]嵐山天龍寺前〜大覚寺
    《目標時刻》バス移動時間約6〜10分、大覚寺10時半到着

    ★3★ 大覚寺 [拝観時間 9:00~17:00(受付は16:30まで)]《フォトスポット・膝丸》
    当初は朝イチスポットに予定していましたが、今回の計画練り直しでそうもいかなくて。
    滞在時間は35分を予定、ゆっくり見たい場所ではあるんですけどね。
    (嵐電協賛施設特典:記念品授与

    《移動》大覚寺〜[バス]京福嵐山駅前=[嵐電]嵐山駅〜[嵐電]太秦広隆寺駅…[徒歩5分]東映太秦映画村
    《目標時刻》電車移動時間約10分、東映太秦映画村12時到着
    ★4★ 東映太秦映画村[営業時間(2月) 平日 9:30~16:30、土日祝 9:30~17:30]
    スタンプ唯一の有料エリアの映画村、企画イベント「花丸まつり」が開催中。
    こちらもスタンプは2箇所、パディオス1Fと2F。
    先日の御朱印集めの時に他の2箇所のスタンプが終わっているので、
    ここでスタンプはコンプリート、オリジナル缶バッジGET予定。

    映画村で、コラボフードでランチしてグッズのお買い物。
    滞在時間は1時間半を予定。

    《移動》東映太秦映画村…[徒歩]…[嵐電]太秦広隆寺駅〜[嵐電]北野白梅町駅…[徒歩6分]北野天満宮
    《目標時刻》電車移動時間約15分、北野天満宮14時到着

    ★5★ 北野天満宮《フォトスポット:髭切》
    先日の御朱印巡りで参拝済みなのですが、梅苑のお茶席で一服して、
    宝物殿で帰ってきた髭切を鑑賞したいです。滞在時間は1時間を予定。
    (嵐電協賛施設特典:オリジナルしおり進呈)
    《移動》北野天満宮前〜[市バス101]二条城前…[徒歩3分]二条城
    《目標時刻》バス移動時間約12分、二条城15時15分到着



    ★6★ 二条城《フォトスポット:陸奥守吉行(有料エリア内)》
    どう計画しても入場時間がギリギリになる二条城。
    お城は広いから、時間取られるだろうと予測。で、予定滞在時間は1時間半。

    ここでタイムオーバーかな。
    もし、時間に余裕があったら再度嵐電嵐山駅へ向かいたい気もある。
    多分疲れて気力なしだろうけど。

    実は、この【計画編・改1】を書き始めた時は嵐山出発ルートでした。
    二条城あたりのルートを決める時どうもしっくりいかず、上記ルートに。
    実際は何が起こるかわからないので予定はあくまでも予定ですけどね。